Posts tagged ‘Japanese’

February 4, 2013

Mike Groves Loses Track Of Time In Tokyo Subway

February 4th, 2013 -Tokyo

Mike Groves (28) was found deep asleep while holding a cord on his guitar and lost a track of time in Tokyo Subway. Mr. Groves didn’t know where he was, who he was, and what time it was when he woke up. “When I woke up, the train was stopping at Shinjuku station again. I saw my watch and it said it was 9 o’clock. But I couldn’t tell if it was 9 in the morning or 9 at night because I can’t see the sun in the subway,” he says.

IMG_7451

A photo taken by his friend while the similar phenomenon happened to Mr.Groves at his friend’s house

The incident happened when he was on Toei Shinjuku Line. He transferred from JR Line to Toei Shinjuku Line at Shinjuku station. His destination was Ichigaya, only 3 stations away from Shinjuku. This means he started to writing a song in a empty train and fell fast asleep in approximately about 5 minutes. He doesn’t remember neither what cord he was holding down nor a new song he was writing. The witnesses, a station worker and high school girls, said that he was snoring with high intensity.

Mr. Groves was exhausted from writing songs for his music project The Sound Grove non-stop for about 2 days while managing his podcast that features San Diego local musicians. “Tokyo is a rough city,” he says.

thesoundgrove.com

soundcloud.com/thesoundgrove

<日本語版>

マイク・グローブス(28)が東京の地下鉄でギターのコードを押さえながら熟睡しているところを発見されました。グローブス氏は目覚めたとき、自分がどこにいるのか、自分が誰なのか、今一体何時なのか全くわからない、忘却状態でした。「起きた時、電車はまた新宿駅に停車しているところでした。腕時計を見ると、時計は9時を差していましたが、それが朝の9時なのか夜の9時なのか、地下鉄からは太陽が見えない為、全くわかりませんでした」とグローブス氏は語ります。

事件は彼が都営新宿線を利用しているときに起きました。彼は新宿駅で、JR線から都営新宿線へと乗り換えました。目的地は新宿駅から3駅先の市ヶ谷でした。これは、およそ5分間の間に彼が空の電車に乗り込みギターを弾き始めて眠りに至ったということになります。グローブス氏は書いていた曲も、どのコードを押さえていたのかも思い出せない状態です。目撃者達、駅員と女子高生達は、グローブス氏は強烈ないびきをかいていたと証言しています。

グローブス氏は、およそ2日間の間ノンストップで彼の音楽プロジェクト、サウンドグローブの作曲をし、同時にサンディエゴのローカルミュージックを特集しているポッドキャストの運営もしていたことから疲労が極限状態だったようです。「東京はラフな都会だ」と彼は言います。

October 12, 2012

Hanging Garden 空中庭園

Rain fell this morning turned the air and the town transparent all together. In my sleep, I was listening to the transparent sound of rain falling from top-to-bottom.

朝降った雨は、空気や街をそっくり透明にしてしまった。私は長いこと眠りの中で上から下へ落ちる透明な雨の音を聞いていた。

In the afternoon, the town had become a cloud town. Big white crisp clouds surrounded every direction of the town, and transparent sunlight made the just-washed transparent town even more tightly crisp. I took a walk in the transparent cloud town and felt good like I was walking through a hanging garden.

午後の街は雲の街になっていた。凛とした白く大きい雲が街の東西南北を囲み、透明な陽の光が雨が洗ったばかりの透明な街をさらにきりりとさせていた。透明な雲の街を散歩していると、空中庭園を歩いているようないい気分になった。

——————————————————————————————————

10/11 Thu

It rained beautifully in San Diego. As Albert Hammond sings, “it never rains in Southern California.” But when it does, it is even memorable sometimes.  I did a photo project this afternoon to capture the town after the rare rain. Below are the photos. Enjoy.

サンディエゴで美しく雨が降りました。アルバート・ハモンドが歌うように「南カリフォルニアでは雨が降らない」のです。だけど雨が降ると、時にそれは記憶に残ります。そういうわけで、今日の午後に稀な雨が降った後の街の様子を収めるのに、フォトプロジェクトをやりました。下の写真が今日撮ったものです。
楽しんで下さい。

August 29, 2012

「時間と空間と可能性の観念」”Concept of time, space and possibilities”

今日これらの言葉を目にした。こういうことについて、明日の朝起きたら考えてみようと思う。

I saw these words today. I think I’m gonna think about things like these when I wake up tomorrow.

そういうことについて熟考してみることによって、ある種の循環せずに滞ってしまっている
空気のようなものが気持ちよく流れ出すかもしれない。

By pondering about such things, some sort of air-like thing that is stagnating might be start to flow and circulate again.

子供のように一人で考えてみることで。

By thinking alone like a kid.

今日バーで会った男の名前はテランスといった。彼が自分の名前を私に言った時、まるで今の今まで同じ名前を持った人間というのがこの世にいるとは知らなかったみたいに、私にはそれがすごくおかしく感じた。

A postman I met today at the bar, his name was Terrance. When he told me his name, it felt really funny as if  I never knew before that there were people in the world who shared the same names.

February 21, 2012

日本語講座 Japanese Class

Japanese Lesson 1

I’ve been making videos for a production company called Eagles Nest Productions. Eagles Nest used to be an artist collective in Golden Hill, San Diego. But we decided to make it into a business. It feels really good to do what we love 🙂

私はイーグルズ・ネスト・プロダクションズという会社でビデオを作製しています。
イーグルズ・ネストは元々はサンディエゴのゴールデンヒルのアーティスト・コレクティブでしたが、私たちはそれをビジネスとすることにしました。
やりたいことをやるのはとても気分がいいです。

And this is one of the videos I made lately.
そしてこれは私が最近作ったビデオの中の一つです。

日本語講座

More and deeper you learn a foreign language and culture, it creates a secret depth inside you.

外国語や文化は、深く学べば学ぶほど、あなたの中に秘密の奥行きを生み出してくれます。

November 22, 2011

Accidental Visual Poetry 偶然の視覚的な詩

I filmed around my house when it was raining to made a video about a rainy day.
雨の日に自分の家の周辺をフィルムして、雨の日についてのビデオを作りました。

The video was beautiful but also boring.
それはとても綺麗でしたが退屈でもありました。

So I layered random old videos I shot on top of it.
なので私は昔とったランダムなビデオをビデオの上に重ねました。

It was fun but also didn’t make sense.
それは愉快でしたが意味がわからなくもありました。

So I wrote some words that go along with the video and edited them in the video.
なので私は編集したビデオに合う言葉を書き、ビデオに加えました。

And it ended up being like a visual poetry.
そんなわけで、ビデオは視覚的な詩になりました。

translation of the words in the video
ビデオの中の言葉

雨の音

私は雨の日に空を見つめ、その音を聞く。一粒一粒の雨粒について考える。
そうしていると、毛並みの良い馬達が私の心の中にやってくる。
馬達がやってくるのを合図に空に花火が上がる。
立体的な空の一点で花火は炸裂し色を散りばめくらげの火の粉を残してゆく。
地上では美しい馬達が駆けている。
放たれたくらげはぼんやりと濡れた空気の中を舞い、私の耳元にやってきて言葉をささやく。
人々は数を数えることや賭け事に忙しく、オレンジのクラゲに気づかない。
オレンジのくらげは言う、世界はとても柔らかい場所なのだと。
白い鳥がやってきて、ジャングルの話を聞かせてくれる。
雨が降る時、それは全ての物ものに対して平等に降るのだと。
空と海、そして雨、全ての物は繋がり、私たちはその繋がりの中に含まれている。
私が歩くと馬達も歩みを進める。
100歳まで生きる白い賢い鳥は、体を膨らませ、羽根を逆立たせてひとふるいした後
1、2、3歩で私の意識の中から出て行った。
外を見ると、雨は全てのものを濡らしながら、地面の深いところへとしみ込んでいった。
雨の日の空は幻想的な色に染まり、その色が無くなる時、夜が全てのものに訪れる。

August 4, 2011

information 情報

A flow of information is something like this if I try to draw.
情報の流れってのは、絵にするとこんな感じかな。

A flow of information.
情報の流れ。

A flow of information.
情報の流れ。

A flow of information.
情報の流れ。

ACTION!
アクション!

June 23, 2011

軸 An axis

「僕にとって、死はある意味人生の軸なんだ」
“Death is an axis of my life for me.”

「だからほぼ毎日、最低3分くらいは死ぬことについて考えるよ」
“So I think about death at least for 3 minutes everyday.”

「ものすごく嬉しくて楽しくて、生が充実しているときほど
僕は真っ黒い死の存在をすぐ側に感じるよ」
“I feel a presence of death very closely especially when my life is full of
joy and fun.”

「それは決してネガティブなことではないんだ」
“That’s not a negative thing at all.”

「死はいつか必ずやってくる波みたいなものだから
それについて考えることはある種の準備なんだ」

“Thinking about death is a kind of preparation because

death is like a wave that surely arrives on the shore someday.”

「時々死と向かい合って、死を受け入れ、死について考えることによって
僕は芯があって、強くて優しい生き方をすることができるんだ。
それもけっこう楽しくね」

“I can have an axis and live strongly and kindly by facing death, accepting death and thinking about death.

pretty pleasantly too.”

アプリコットティーを飲んでいた私にそう言って
勇敢な猿と馬は怪物の住む暗い山へと入っていった。

Brave monkey and horse said to me when I was drinking a cup of apricot tea.

And they entered a dark mountain where a monster lives.

「まじか…」と呟いて私は友達に今聞いたことを伝える為に電話した。

そして終末の予定を決めた。

“Dude…” I murmured and called a friend to tell what I just heard. And we made a plan for the weekend.

ピクニック!

Picnic!

June 2, 2011

知らない人々とすれ違うこと。Walking pass by strangers

旅先で目にするのは、そこに染み付いている日常性だ。
Stained day-to-dayness is what I see in the travel destinations.

旅行に出発する前には、旅行先に着いた瞬間何かが劇的に変わってサウンドトラックが
流れてきそうな気がするけれど、実際そこにあるのは日常的な音だ。
Before the departure, I feel like something changes drastically and soundtrack starts to play when I arrive there, but what’s there is the day-to-day sound.

日常性とはいくら拭いても洗っても焼いても取れない染みのようなもので、それは世界中の
どんな場所にもちゃんと存在し、人々はそれぞれの日常性の中で生きている。
Day-to-dayness is like a stain cannot be wiped, washed or burnt away.
It exists anywhere in the world, and each day-to-dayness has people living in it.

そして私が見たニューヨークの日常性の1つは、人の多さである。
コンクリートの都市の密度は濃く、絶えず何かが動き回り、クラクションの音がし、ゴミの匂いが
少し混ざった生温い空気がそこに座っている。だけど、そのどれよりも印象深いのが、とにかく人が多いこと。
And one of the day-to-dayness I saw in NYC is overwhelming numbers of people there.
The concrete city is dense, something constantly moves around, klaxons sounds, and lukewarm air with some smell of garbage sits there. But the strongest impression I got was the number of people in the city.

街が選り好みせずに人々を惹き付け、そして世界中から様々な理由で街に引きつけられた人々が
街を創っていく。「何が起きてもおかしくない」という街のカオス的な雰囲気は、街に惹き付けられる
ランダムな人々と、人々を惹き付け続ける街の共同産物だ。
The city attracts people without daintily, and people attracted from all over the world creates the city. Anything-can-happen-like chaotic atmosphere is co-created by random people attracted by the city and the city attracts those people.

私は今日1日歩き回っている間、天文学的な数の人々とすれ違った。
その数は私がサンディエゴで1日にすれ違う人々の数よりも明らかに多い。
夏と冬が違うのと同じくらい明らかに。ある種のものはものすごく明らかだ。
I passed by astronomic numbers of people when I was walking around all day.
That number is obviously greater than the number of people I pass by in San Diego.
It is as obvious as the difference between summer and winter. Certain kind of things are very obvious.

そして私は今日すれ違った人々のことを全く知らない。
そして彼らは私のことを全く知らない。
And I don’t know any of those people I pass by.
And they don’t know me at all.

ここでの誰かを知ることというのは、俗に言う有名であるかどうかではなく
本当の意味で誰かを知っているか、誰かに知られていないかということ。
I don’t mean “knowing” in terms of fame here.
What I mean is if I truly know someone or someone truly knows me.

他の人間を知ること、他の人間に知られないこと。
それは多分人間が社会的な動物だから、人々に、私にとても大きな
インパクトを与える。
Knowing other people, not being known by other people impacts people
and me tremendously probably because humans are social animal.

私の場合、天文学的な数の知らない人々とすれ違うとき
自分の存在が少し揺さぶられる。自分がどんな人間であるはずなのか
少しわからなくなる。
Walking pass by astronomic numbers of people shakes my existence a little bit.
I slightly lose a sense of what kind of person I am or I think I am.

サンディエゴで親友と話しているとき、私は自分がどんな人間なのか
わりとはっきりとしたイメージを持つことができる。
When I talk with my close friends in San Diego, I can have a pretty clear
image about what kind of person i am.

だけど、知らない土地で知らない人々と話し
すれ違うとき、彼らはある種の可能性を見せてくれるだけで
私がどんな人間なのかは教えてくれない。
But when I talk and pass by strangers in the place I don’t know
they don’t tell me what kind of person I am, they only show me possibilities.

それは鏡を覗き込んでも自分の姿がよく見えないのと少し似ている。
It is similar to not being able to see myself well in the mirror.

彼らは私が誰なのか知らない。
そして私は彼らを知らない。
They don’t know me.
And I don’t know them.

外的な要因に影響されにくいタイプの人々も世の中にはかなりいるけれど
私はけっこう周りの人や環境に合わせるタイプだから、旅の間に、方向感覚を失って
道に迷ったり、数えきれない知らない人々とすれ違うことは、自分の存在を調整したり
色濃くしたり、考え直したりすることである。
Some people are resistant to exogenous factors, but I tend to modify a bit
of myself to people around and the environment. So losing a sense of direction , walking pass by countless people are to adjust my existence, strengthen my color and rethink.

そして新しい日常性に馴染みながら、私はまた自分を形成していく。
And I build up myself as I warm up in the new day-to-dayness.