Posts tagged ‘japanese language’

December 31, 2011

Stop Motion Video/ and about Technological Capability

This is a stop-motion video I (Shoko Hachiya) and Glendon Romett made together.
Music are done by Glen’s project called Balloon Guyand San Diego’s local band called Sleep Lady

このビデオは、私(蜂谷翔子)とグレン・ロメットが共同で作った
ストップモーションビデオです。
音楽はグレンのバルーン・ガイと、サンディエゴのバンド、スリープ・レディーの
音楽です。

A great thing about the age we live in is that technologies with strong processing power is widely available to ordinary people.

私たちの時代の素晴らしいところは、一般にコンピューターを始めとした
強力なプロセス能力を持つテクノロジーが広まっているところだと思う。

Anyone can make music and film by using computers, camera and software far easier than it was in the past. Researching to get mere information is also a lot easier although the best type of research, direct experience, still has to be directly experienced.

コンピューターやカメラやソフトウェアを使って、誰だって
昔よりもはるかに安く音楽やフィルムを作る事ができます。
一番いいタイプのリサーチ、生の経験は生でやるしか得る方法はないけれど
情報だけを得るためのリサーチなら、昔よりもずっと簡単です。

Technologies not only make everyday things easy, but also can stimulate our minds, enrich cultural life and possibly make positive impact in individual level.

テクノロジーとは、日々の生活を楽にしてくれるだけではなく
上手く使えば、私たちの知性を刺激し、文化的な生活も豊かにし、個人的なレベルでも
ポジティブな影響を与える可能性のあるものです。

In the time everyone has tools to create, we don’t need to buy into poor-taste Hollywood movies and be repeatedly fed with advertisement and propaganda coming out from TV screens anymore.

1人1人が道具を持つ今、私たちはもう品の悪いハリウッド映画を観る必要も
なければ、テレビの画面を通して流れてくる宣伝やプロパガンダを繰り返し見つめる
必要もありません。

People who live in this age,if they want to, can record many different aspects of the world in many different ways and share unique realities with others.
Sharing many different aspects and accepting each other with respect are important even though we could never completely understand.

今の世代を生きる多くの人達は、やろうと思えば、多様な世界の見方を
多様な方法で記録し、ユニークなリアリティを他の人々とシェアすることができます。
多様な世界の見方をシェアし、理解できなくても認め合うことが大事なのです。

December 20, 2011

裸体を描くこと Drawing Naked Bodies

私は大学でメディア学を専攻していました。そこで学んだことは、世の中ではものすごく多くの情報や価値観が
メディアによって操作されているということです。多くの場合、それは人々に良い影響を及ぼさない情報操作です。
美意識も操作されているものの1つです。

I majored in Media Studies in college. What I learned there was that so much information and values were manipulated by media for profit. Most of the cases, manipulation doesn’t affect people positively.
Beauty sense is one of the values that are manipulated.

私は女性の裸体を描いていて、絵を描くことやクリエイティビティーは、そのような情報操作に対する
強力なディフェンスになりうると感じました。それは、絵を描くことによって気づかされることがあるからです。

I felt drawing and creativity in general could be a strong defense against the manipulation while I was drawing female naked bodies. That is because there are things that I can realize by drawing.

私は女性の裸体を見て、その体の線を描いているとき、女性の体というのは本来とても美しいものなのだと感じました。
そしてその美しさは、全ての女性に備わっているものです。
女性の美しさというのは、化粧品によって引き出されるものでもなければ、香水によって引き立てられるものでもありません。
もちろん商品を使って美しくなろうとするのが間違っているというわけではありませんが
化粧品や服や香水なしでは自信が持てない女性というのは、もっと根源的なことに気づく必要があると思います。
そして男性もそれに気づく必要があります。

I felt female bodies are intrinsically beautiful while I was looking at naked bodies and drawing body lines of them. And that beauty inhere in every woman.
Cosmetics or perfumes don’t make women’s beauty.
Of course it isn’t wrong to use products to polish beauty.
But women need to realize the intrinsic beauty they have if they cannot feel beautiful without products.
And men need to realize it too.

しかし一般的に見て、女性は、体重や化粧やファッションなどの容姿に、男性と比べて気を使う人が多いと思います。
そして男性と比べて、女性は外見によってジャッジされることが多いというのも事実だと思います。
化粧なしでは外には出れないという女性も世の中にはいます。

But generally speaking, women are more conscious about their looks such as their weight, cosmetics, fashion compared to men. And I think it is a fact that women are more likely to be judged by their looks compared to men. There are women who wouldn’t go out without make-up on.

しかし、産業の狙いというのはまさにそれなのです。
今の社会で美意識は、映画や宣伝広告によって大きく操作されています。なぜ映画や宣伝広告に出てくる女優の体は
平均と比べて何倍も細く、髪は完璧にセットされ、顔は完璧に化粧され、肌には皺ひとつなく、キレイな洋服を来ているのか
そこには訳があります。
なぜ映画や宣伝広告に出てくる俳優はみな筋肉質で、高いスーツを着て、高い車に乗っているのか、それには訳があります。

However, that’s the very intention of the industry.
In today’s society, beauty sense is largely manipulated by films and advertisement. There are reasons for many actresses who appear in movies are extremely thin. There are reasons for their perfectly set-up hair, perfectly put up make-up, wrinkle-less skins and beautiful clothes.
There are reasons why actors in films and ads are masculine, have expensive suits and drive expensive cars.

そのようなタイプのお金のかかった「美しさ」は、消費者に劣等感を感じさせます。
そして消費者は、非現実的なゴールに向けてお金を出します。
それは、人々の潜在意識の中には異性とのセックスというのがあるからです。だから美しくなるというのはとても重要なのです。
自分が醜いと感じる人々は、それが体重のせいであれ、顔立ちのせいであれ、髪の薄さのせいであれ、体型のせいであれ
その状況から抜け出そうとします。そして多くの場合その美しなるための必死の努力は、産業にとっての利益となります。

Those kinds of expensive “beauty” make consumers feel inferior.
And consumers spend money to reach unrealistic goals.
It is because appealing to opposite sex is important for humans in subconscious level. So becoming beautiful is important in very deep level.
People who feel ugly for whatever reasons, weight, face feature, thin hair, body shape try to get out from the situation. And that desperate effort to become beautiful is the benefit for the industry.

化粧品、香水、エステ、脱毛、育毛、整形手術、脂肪吸引。
Cosmetics, perfume, esthetic clinic, hair removal, hair restoration, cosmetic surgery, aspiration of fat.

多くの人々が自分自信の潜在的な美しさに気づかず、買う事によって美しさを求めるのは悲しいことだと私は思います。
絵を描いてみて下さい。たくさんのアーティストが人間の自然の裸体が美しいと感じたように
あなたも絵を描くことによって、様々なことに気づくと思います。

I think it is sad that many people try to “buy” beauty because they don’t realize their intrinsic beauty. Try drawing. You will realize many things by drawing, like many artists feel natural human bodies are beautiful.

November 4, 2011

Halloween Monster March

What did you do this Halloween?
このハロウィーンは何をしましたか?

Occupy San Diego protesters used this Halloween to learn and spread scary facts about this nation of corpocracy.
サンディエゴ占拠のプロテスター達はこのハロウィーンを利用して、この企業主義の国の怖い事実を学び
広めました。

アメリカはこのまま発展途上国の奴隷同然の労働者によって支えられ、税金すら払わない企業の発展と侵略によって
人々の文化は衰退し続け、資本主義にのっとって利益を生まないものには価値を見いだせない人間を生み出し続け
国民の声を反映しない政府は何兆円もの国費を使って海外で石油の為に人殺しをし
教育への予算のカットが続く為大学へ行くことはますます難しくなり、知識と貧富の差もさらに広がり
環境へ多大なダメージを与えなければ維持不可能な物質や食物の大量生産を続け
致命的なダメージを認識しながら
カルト的な熱心さで自由市場と資本主義を神のように崇め続けるのでしょうか?

I don’t even wanna translate this part.
It’s way scary.

November 2, 2011

Occupy San Diego, Interviews on the street サンディエゴ占拠、路上インタビュー

I started interviewing Occupy Wall Street movement’s protesters.
On October 28th, I interviewed 6 protesters at Occupy San Diego.

私はウォルストリート占拠運動のプロテスター達のインタビューを始めました。
10月28日、サンディエゴ占拠にて、6人のプロテスター達のインタビューをしました。

I strongly feel it is necessary to get people’s raw voice out, unedited by mainstream media who maintains its financial health by selling advertising space for corporations.

企業に宣伝スペースを売ることによって経済的に健康な運営が可能になっているメインストリームメディアによって
編集されていない、人々の生の声を伝えることが必要だと私は強く感じます。

Protesters are smart enough not to believe everything the government and corporations say and recognize their agenda that is hidden behind the scene.
They are smart enough to know any “ism” is not absolutely perfect.
They recognize the need for fundamental change in the system.
They are very brave people.

プロテスター達は政府や企業の言うことを鵜呑みにせず、どのようなアジェンダが舞台裏にあるのかを認識している
スマートな人々です。
彼らはどんな「主義」も完璧ではないと知っている人々です。
彼らは今のシステムには根源的な変化が必要だと認識している人々です。
彼らはとても勇敢な人々です。

I respect the protesters who are exercising Freedom of Speech peacefully and non-violently.
I will keep supporting the movement.

私は非暴力主義にのっとって平和的に言論の自由を行使しているプロテスター達を尊敬しています。
私はこの運動をサポートし続けます。

August 25, 2011

ラマダン Ramadan

「おいお前何してんだよ!?」
“What the hell are you doing!?”

「ガラガラガラガラ…」
“gargle gargle…”

「ラマダン中に水飲んじゃいけないんだぞ!」
“You must not drink water during ramadan!”

「ごくん!」
“gulp!”

「!?」
“!?”

「うがいしてただけなのに、お前がうっさいから飲み込んじゃったよ」
“I was just gargling but I swallowed it because you were so loud”

August 23, 2011

いとこのスピーチ My Cousin’s Speech

これは私の高校生のいとこのスピーチの原稿です。
My cousin is a high school student. This is her speech manuscript.

彼女は日本の福島県に住んでいます。
She lives in Fukushima prefecture, Japan.

What is it to live?When I was in junior high school, I had an ethics class, and there was a lecture to think about life. Of course I understood that life was precious and shouldn’t be wasted, but I didn’t think the issue was related to me personally. However, one event triggered to change my concept about “life.”

In spring of my second year of junior high school, tumor of a malignant nature was found in my mother’s body. It was breast cancer. My mother told me and my three siblings without hiding anything. At that time, my brother, who was three years younger than me, was crying because he thought his mother was pity. I thought that my mother probably had hoped that we thought about “life” and “death” even when we were not adult yet. And we decided that everyone in the family try to reduce my mother’s burden to boost up the effect of the medical treatment. Then my mother’s medical treatment started. Although my mother became bedridden once because of the side effects of anti-cancer drug, she never forgot to smile and didn’t show a slightest indication of suffering. I believed without any doubt that my mother’s cancer was going to be cured and everyone was going to be able to have happy life together again like before.

One day, after about three months since we found out about the cancer, my mother became very upset with me. At that time, I was in some sort of comfort because I believed that my mother was going to get better with no basis in reality, and I thought I was also starting to lose a sense of reality that she was fighting cancer. While thinking that it was not my business, I listened to my mother reluctantly. But my shallow thoughts disappeared in a moment. My mother cried and said, “I don’t know how much longer I have to stay with you guys. I don’t know how many more things I can teach you guys.” I was stunned at that time. There was my mother’s figure facing “death” right in front of her. I saw her pain for the first time and couldn’t even say a word. “Death” exists near us. This reality gave me a strong impact. Everyday my mother was directly facing “death.” I couldn’t sense anything. I felt like I witnessed a part of meaning of “life.”

Next two years, my mother spent time at home to enhance her own healing ability. Condition of the cancer repeatedly became good and bad, but gradually it kept going bad. And February of this year, my mother became unable to breathe, ambulance carried her to the hospital, and got hospitalized to receive medical treatment. She was refusing to use anti-cancer drugs, but she started using them again. There was my mother seeking “life” for her family. We saw her struggle, and every one of the family reflected upon oneself and seemed to strengthen the hope to keep living with her.

On March eleventh, Great East Japan Earthquake happened. The hospital was damaged too and my mother came home temporally. Even though I was happy that my mother came home after being hospitalized for a while, I sensed that earthquake affected her physically and mentally, and her life was about to be gone. And at the second night after she came home, I talked with my mother, just two of us. My mother said she was not going to last that much longer, and wanted me to look after my siblings as the oldest sister, and lastly she said with her ordinary smile, “maybe my life was short, but I was very happy that I met you guys. Even after my body is gone, I will be watching for you guys. I want you to be just yourself and live your life hard.” My mother talked with my brother and two little sisters as well. It was the last conversation we had. The next day, she became unable to breathe and got hospitalized again. And a week later she went back to the world of lights.

Before, I only thought about how I was going to live in future, but after I experienced some time with my mother, I started thinking about what kind of death would arrive to me too. Humans cannot refuse death, and death equally arrives to everyone. I think that “life” without setting “death” equal “goal” isn’t real “life.” This is why people live hard everyday, learn many things and move forward until “death” arrives. I don’t know what is going to happen to my life I am going to live from now, but I found out that facing what is right in front of me and discovering myself little by little is living. Lastly, I’d like to thank my mother for making me realize what it means to live. Thank you.

生きるとはどういうことなのでしょうか?私が中学生の時、道徳の時間に命について考える授業がありました。もちろん命は大切だし、粗末にしてはいけないものだと分かっているが、そんなの自分には関係がないと思っていました。しかし、ある出来事がきっかけで私の「生」に対する概念ががらりと変わりました。

中学2年生の春、母に悪性の腫瘍が見つかりました。乳ガンでした。母はそのことを私を含む4人の兄弟に隠すことなくすべて教えてくれました。その時、3つ下の弟はお母さんがかわいそうだと泣いていました。母には、まだ大人になっていない私たちにも「死」について、そして「生」について考えて欲しいという思いがあったのだと思います。そして、家族みんなで母の負担を少しでも減らし、治療の効果を高められるようにしていこうという話になりました。それから母の治療が始まりました。抗がん剤の副作用で一時は寝たきりになってしまうこともあったが、母は常に笑顔を絶やさず、つらいそぶりも一切見せませんでした。私は、母はすぐに治り、もとのようにみんなで楽しく生活できるものと信じて疑いませんでした。

母からのガン告知から3ヶ月ぐらい経ったある日、私は母にとても怒られたことがありました。その時は私の頭の中には、たぶん母は治るだろうという何の根拠もない安心感に浸っていたというか、母がガンと闘っている現実を忘れかけていたような気がします。私はそんなの私の勝手じゃないかと思いながら、渋々母の話を聞いていました。しかし私のその浅はかな考えは一瞬のうちに消え去りました。母は「私はいつまであなたのそばに居られるのか分からないの。あといくつのことをあなたに教えられるのか分からないのよ。」と言って泣いていました。その時私は愕然としました。そこには目前の「死」と向き合う母の姿がありました。その苦しみを初めて目の当たりにし、私は言葉も出ませんでした。「死」は身近に存在する。この現実に私は強い衝撃を受けました。日々「死」と真正面から向き合っていた母。そばにいても何も察しなかった私。「生」の意味の一端を垣間見たようなきがしました。

 それから2年近く、母は自宅で自分自身の治癒能力を高める生活を送りました。病状は良くなったり、悪くなったりの繰り返しでしたが、徐々に悪くなっていました。そして今年の2月、呼吸困難に陥った母は、救急車で病院に運ばれ、そのまま入院、治療を受けることとなりました。それまで、拒んできた抗がん剤も再開しました。そこには家族のために「生」を求める母がいました。その姿を見て、家族一人一人が、今の自分を見つめ直し、これからも母と共に過ごしていきたいという思いを強くしたようでした。

 そして3月11日。東日本大震災が起きました。母の入院していた病院も被災し、母が一時退院をしました。久しぶりに母が戻ってくることに喜びながらも、私は震災によって精神的にも体力的にも影響を受けた母の命が残りわずかであることを感じ取っていました。そして家に来て2日目の夜、私は母と2人で話をしました。母は自分がもう長くないこと、長女として兄弟みんなを見守って欲しいということ、そして最後に母は、「私の命は短かったかもしれないけど、あなたたちに会えて本当に幸せだったよ。お母さんの体はなくなっても、ずっとあなたたちのことを見守っているから。あなたらしく一生懸命生きていって欲しい。」といつもの笑顔で言いました。母は、弟や幼い妹達ともそれぞれ話をしました。それが母と私たちとの最後の会話となりました。次の日、母は呼吸困難に陥り再度入院。そして1週間後に光の世界へ戻りました。

母との時間を通して、将来はどう生きていこうかとしか考えていなかった自分が、どのような死を迎えるのかについても考えるようになりました。人は「死」を拒絶することはできないし、死は誰にでも平等に訪れます。「死」=「ゴール」を設定しない「生」は本当の意味での「生」ではないと考えます。だからこそ人は毎日を精一杯生き、「死」を迎えるまで、多くのことを学び、前進していくのではないでしょうか。私のこれから進む人生には何が起こるのか全く分からないけれど、今自分の目の前にあることに真正面から向き合い、少しずつ新しい自分を発見していくこと、それこそが、生きることであると私は分かりました。最後に、私に生きるという意味を気付かせてくれた母に心からの感謝を伝えたいと思います。ありがとう。

August 11, 2011

夏 summer

プールパーティーはどこ?
where is a pool party?

詩を書いてくれたら教えてあげるよ。
ill tell you if you write me a poetry.