Posts tagged ‘film’

December 29, 2012

anticlimaxikovsky -short film

anticlimaxikovsky is my new short film that I shot in Manhattan and Brooklyn. It is a playful experimental film full of varieties of music such as noise music, garage rock, 8bit music and pop rock. I tried to emulate Hiroshi Teshigahara’s style a little bit so you might see that a tiny bit.

アンチクライマクシコブスキーは私がマンハッタンとブルックリンで撮影したショートフィルムです。遊び心のある実験的フィルムで、ノイズミュージック、ガレージロック、ゲームボーイミュージック、ポップロックなど、様々な音楽を使っています。勅使河原宏さんのスタイルを見習おうと試みたので、ほんの少しそんな感じがするかもしれません。

It’s been about a year since I started making videos. A video below, Sound of Rain, is one of the very first videos I made. This year is ending, and I’m looking forward to making new films.

ビデオを作り始めてから約一年になりますが、下のビデオは初めて作ったビデオの一つです。年ももうすぐ終わりますが、また新しいフィルムを作っていくのが楽しみです。

Advertisements
December 28, 2012

Kobo Abe and Hiroshi Teshigahara 安部公房と勅使河原宏

日本映画界の大御所で大きな力を持っていた黒沢彰や小津安二郎の後に、新しいタイプの文学や芸術や映画の世界を切り開いて行った勅使河原宏や安部公房についての話です。

There are stories about people such as Kobo Abe and Hiroshi Teshigahara who developed new kind of literature, art and films after domination of huge formidable power of big names in the industry such as Akira Kurosawa and Yasujiro Ozu. Very inspiring stories.

December 10, 2012

“Head Space” art show/ film screening

Good evening people floating in the blog-sphere in the global village. I have news for you regarding the cultural event in San Diego region. Tin Can, one of my favorite music venues in San Diego, is hosting an art opening for my very first solo art show on Tuesday December 11th. On opening night, I am screening my new short film at 9:30 p.m. I spent so many hours on making this film so now my biological clock is so off-synched with the earth’s rotation and most of the responsible people. I hope that made this film good at least. The film is an experimental film (check out the trailer!) that I shot in NYC in October earlier this year. I am curious to see what people think about it.

And of course there will be art. The theme of the show is “Head Space.” You can read my interview with Magic Brotherhood here if you are interested  (http://www.magicbrotherhood.blogspot.com/2012/12/head-space-works-by-shoko-hachiya-tin.html)

And the night is also the first ever Trippy Tuesday Freakout Jam hosted by Magic Brotherhood. All Welcome! Doods Foods will be serving great foods till 10 p.m. My personal favorite from them is Grilled cheese with tomatos. They make it with sourdough bread and it’s crispy like early summer day in San Diego.

I am looking forward to hanging out with my friends, meeting new people, drinking and releasing all the stress that I built up preparing for this show on Tuesday 🙂

Hope to see you there!

Tin Can: 1863 5th Avenue, San Diego CA 92103

January 28, 2012

A Canvas/ Part 4

This is a dream sequence.
これは夢のシーケンスです。

Dreams are good.
夢はいいもんです。

This dream contains national parks’ beautiful views, my friends’ music, Occupy Wall Street and Terence McKenna and such.
この夢は国立公園の美しい景観や、私の友達の音楽、ウォルストリート占拠運動や
テレンス・マッケナなどを含んでいます。

January 24, 2012

A Canvas/ Part 3

Part 3 features my friends’ band called Primitive Noyes.
The band consists of a naturally curly haired man, Jordan Hammond, a pizza man that migrated to the South West from Philadelphia, Glendon Romett, and a girl with fairy like face features and beautiful voice, Shannon St.John.

フィルムのパート3では私の友達、天然パーマ男ジョーダン・ハモンド、フィラデルフィアから南西にやって来たピザ男のグレンドン・ロメット、妖精のような顔立ちと美声を持つシャノン・セントジョンのバンド、プリミティブ・ノイズをフューチャーしました。

Primitive Noyes is a very special band for me.

プリミティブ・ノイズは私にとってとても特別なバンドです。

Right around the time I was moving from North County to San Diego due to transferring school I met Jordan and Glen at a house show that my friend Jesse threw. And ever since I moved to San Diego, I started to see them almost everyday.

私が大学の編入の為にノース・カウンティーからサンディエゴに引っ越すのと
ほぼ同じタイミングでプリミティブ・ノイズのジョーダンとグレンと
友達のジェシーが開いたハウス・ショーで出会い、サンディエゴに引っ越して以来
毎日のように彼らと会うようになりました。

Meeting them simultaneously and inevitably meant meeting music, many fabulous local musicians, and the San Diego music scene. Through meeting them I got a lot of inspiration.

彼らとの出会いは同時に音楽との出会いであり、たくさんの素敵なローカル・ミュージシャン達との出会いでもあり、サンディエゴのミュージック・シーンとの出会いであり
私はその出会いによってたくさんのインスピレーションを得ました。

Even though I didn’t paint or draw for really long time, closely watching them putting so much time and energy into making good music
became a trigger for me to start making art again.

長い間描いていなかった絵を描き始めたのも、一生懸命音楽を紡ぎ出す
彼らをいつも身近で見ていたのがきっかけでした。

I feel very grateful that I met Primitive Noyes
because they changed the course of my life more than a little
and enriched my sensibility.

私の人生の軌道を少なからず変え、感性を豊かにしてくれた彼らとの出会いに
私はとても感謝しています。

I hope you enjoy a little bit of their world through this film.
You can download Primitive Noyes 1st album for free here.
http://www.primitivenoyes.com/

このフィルムを通して彼らの世界の少しを楽しんでくれると嬉しいです。
彼らのサイトでファーストアルバムを無料でダウンロードできます。

This live performance was at Tin Can Ale House on November 3, 2011.
*Shannon didn’t play this show.

ライブは2011年の11月3日、ティン・キャン・アレ・ハウスで撮影しました。
※シャノンは体調不良の為このライブでは演奏していません

January 18, 2012

A Canvas/ Part 2

This is the part 2 of the film.
これはフィルムのパート2です。

A trivial story associated with this film
このフィルムにまつわるトリビア

This film was my final project for a media studies class that I had at SDSU.
And the professor of that class and I were not very good friends because we were both pretty honest with each other.
このフィルムは私がSDSUで取ったメディア学のクラスのファイナル・プロジェクトでした。
このクラスの教授と私とは決して良い友達だったとは言えません。
それは私たちがお互いに正直であったからです。

Through varieties of communication tools including face-to-face, he told me my writing seriously sucks. And I politely and softly told him the class sucks.
直接の会話も含めて、様々なコミュニケーション・ツールを通して、彼は私のライティングのスキルが最低だと言い、私は丁寧に、柔らかく、このクラスが最悪だと伝えました。

He had this YouTube contest in the class. Several groups made up in the class post YouTube videos and the group who got the most views get 20 points. And I thought it was kind of stupid. I didn’t know which video won, but it probably was a video of cats or dogs.
彼は最も多くのYouTubeヒットを獲得したビデオを作ったグループが
20ポイントを獲得するというコンテストをクラスで催しました。
それを私は少なからず下らないと思いました。私はどのビデオがもっとも多い
ヒットを獲得したのか知りませんが、それはおそらく猫か犬のビデオだったのでしょう。

At least to me, that professor didn’t seem like he believed in students that much.
I’ve seen some of the students in the class who did a presentation about Jersey Shore to explain Italian culture, so I understand teaching is a tough job. But it would be a wonderful thing if teachers believe students’ power to be creative.
少なくとも私には、その教授が生徒達をあまり信じていたとは思えませんでした。
私はクラスの何人かの生徒がイタリアの文化を説明するのに「ジャージー・ショアー」の
プレゼンテーションをやったのをみたことがあるので、教えるというのは簡単な
仕事ではないというのはよくわかります。だけど、教授達が生徒達にはクリエイティブになる力があると信じてくれるならそれは素晴らしいことだと思います。

January 16, 2012

A Canvas/ Part 1

This is a first 20 minutes of the film project called “A Canvas” that I did with my talented friends.

これは私が才能ある友達と一緒に作った「キャンバス」というフィルムの最初の20分です。

The film is rather experimental. The contents include varieties of elements such as fiction, documentary and stop motion animation.

このフィルムはどちらかというと実験的で、内容はフィクション、ドキュメンタリー、ストップモーション・アニメーションなど、様々な要素を含んでいます。

In the fiction part, the story revolves around a canvas that I steal from a homeless lady in the beginning of the film. And the documentary part features 3 San Diego bands that are friends of mine, Scruffles, Primitive Noyes and Bruisecaster.

フィクションの部分のストーリーは、私がフィルムの最初にホームレスの女性から盗むキャンバスを中心に展開します。ドキュメンタリーの部分はサンディエゴ出身の友達のバンド、スクラッフルズ、プリミティブ・ノイズ、ブルーズキャスターをフューチャーしています。

I honestly can’t say the film is very well done, but this is the very first thing I made a film that is almost 2 hours long. I definitely spent a lot of time shooting and editing and put effort to make it enjoyable.

正直言ってフィルムはとてもよくできているとは言えませんが、今回が2時間の長さのものを作るのは私にとって初めてでした。私はもちろんたくさんの時間を撮影や編集につぎ込みましたし、フィルムが楽しめるものになるように努力もしました。

So I hope you enjoy this.
I will post other parts of the film later.

なのであなたがこのフィルムを楽しんでくれると願っています。
フィルムの続きはまた後でポストします。

January 13, 2012

Visual Poem/ Oh Man Poem

This is the second visual poem I made.
The first one is called “Sound of Rain”
Compared to the first one, this one is more fun and humorous.

これは私が作った2つ目の視覚的な詩です。
最初のは「雨の音」という題です。
最初の詩と比べて、これはもっと楽しくユーモラスな詩です。

Hope you enjoy this.

楽しんでくれると嬉しいです。

December 30, 2011

Film/Art show @Eagles Nest

12月22日、ウサギはパーティーを開きました。
ウサギは自分で作った約2時間のフィルムを披露し、パーティーの当日は
緊張のあまりお酒を飲み過ぎ、危うく嘔吐しかけるという様でした。

Dec 22, Rabbit threw a party.
She showed her 2 hour long hand-made film.
On the day of the party, she almost threw up because she was nervous and drunk too much.

しかし、よくよく考え直して、家を見回してみると
手作りのフィルムと、たくさんの食べ物とお酒、そしてたくさんのアーティストに
持ち寄られたアートが家中に飾られていました。

But when Rabbit looked around the house
she saw hand-made film, great food and drinks, and art brought by
many artist friends.

こんなパーティーが開けるようになったなら、月にいる家族もきっとウサギのことを
誇りに思ってくれるだろうとウサギは思った。

Rabbit thought her family on the moon would be proud of her if they knew that she could throw such an awsome party.