Posts tagged ‘drawing’

September 3, 2012

Good bye Jon Blaj and Neat Beats

When Jon visited my house a couple of days before he left San Diego, I pulled my gun from my waist and pointed at his head. Then, I turned the gun away from his head and shot the California Condor that was flying outside the window. It was the last wild California Condor alive, but of course it doesn’t matter to me. I asked “How much cash do you have?” And pale-faced Jon handed me all the money he had in his wallet. I thought that I could have thrown a rock in the air and cut it in half in the mid-air with a Samurai sword with Japanese Samurai soul, but I re-thought. Unfortunately Samurai sword is illegal in Japan, and merely possessing it is illegal. Also this is America, the country of cowboys. So I ended up choosing the most logical and legal and easiest option. Outside the window, crows were curiously staring at the fresh carcass of the last wild California Condor.

*This is a fiction

ジョンがサンディエゴを去る数日前に私の家を訪れたとき、私は腰のところに挟んでおいた銃を彼の頭に突きつけました。そしてそれをそらして窓の外を飛んでいたカリフォルニア・コンドルを撃ち殺してみせました。それは野生で最後のカリフォルニア・コンドルでしたが、そんなことはもちろん私には関係ありません。「現金でいくら持っている?」と聞くと、彼は真っ青な顔で財布の中のお金を全て私に手渡しました。侍の魂とも言える日本刀で外に転がっている石を宙に放り、それを空中で切ってみせてやっても良かったな、と思ったのですが、私は考え直しました。残念ながら日本刀は少なくとも日本では違法で、それを持つことは違法なのです。それにここはカウボーイの国アメリカなので、手近で簡単で合法な銃を選ぶというロジカルな選択に至ったわけです。窓の外ではカラス達が今できたばかりのカリフォルニア・コンドルの死骸を興味深そうに見つめていました。

※この話はフィクションです

Thank you Jon for buying my art. Hope you enjoy them. And  I hope Jon, Tara and Alvin enjoy the new city and keep discovering the different and interesting aspects of life.

ジョン、私のアート買ってくれてありがとう。ジョンとタラとアルヴィンの3人が新しい街で実りある日々を過ごし、人生の違った面や興味深い面を発見し続けることを祈っています。

Looking forward to seeing Neat Beats again as well.

またニート・ビーツのライブを見るのも楽しみにしています。

December 20, 2011

裸体を描くこと Drawing Naked Bodies

私は大学でメディア学を専攻していました。そこで学んだことは、世の中ではものすごく多くの情報や価値観が
メディアによって操作されているということです。多くの場合、それは人々に良い影響を及ぼさない情報操作です。
美意識も操作されているものの1つです。

I majored in Media Studies in college. What I learned there was that so much information and values were manipulated by media for profit. Most of the cases, manipulation doesn’t affect people positively.
Beauty sense is one of the values that are manipulated.

私は女性の裸体を描いていて、絵を描くことやクリエイティビティーは、そのような情報操作に対する
強力なディフェンスになりうると感じました。それは、絵を描くことによって気づかされることがあるからです。

I felt drawing and creativity in general could be a strong defense against the manipulation while I was drawing female naked bodies. That is because there are things that I can realize by drawing.

私は女性の裸体を見て、その体の線を描いているとき、女性の体というのは本来とても美しいものなのだと感じました。
そしてその美しさは、全ての女性に備わっているものです。
女性の美しさというのは、化粧品によって引き出されるものでもなければ、香水によって引き立てられるものでもありません。
もちろん商品を使って美しくなろうとするのが間違っているというわけではありませんが
化粧品や服や香水なしでは自信が持てない女性というのは、もっと根源的なことに気づく必要があると思います。
そして男性もそれに気づく必要があります。

I felt female bodies are intrinsically beautiful while I was looking at naked bodies and drawing body lines of them. And that beauty inhere in every woman.
Cosmetics or perfumes don’t make women’s beauty.
Of course it isn’t wrong to use products to polish beauty.
But women need to realize the intrinsic beauty they have if they cannot feel beautiful without products.
And men need to realize it too.

しかし一般的に見て、女性は、体重や化粧やファッションなどの容姿に、男性と比べて気を使う人が多いと思います。
そして男性と比べて、女性は外見によってジャッジされることが多いというのも事実だと思います。
化粧なしでは外には出れないという女性も世の中にはいます。

But generally speaking, women are more conscious about their looks such as their weight, cosmetics, fashion compared to men. And I think it is a fact that women are more likely to be judged by their looks compared to men. There are women who wouldn’t go out without make-up on.

しかし、産業の狙いというのはまさにそれなのです。
今の社会で美意識は、映画や宣伝広告によって大きく操作されています。なぜ映画や宣伝広告に出てくる女優の体は
平均と比べて何倍も細く、髪は完璧にセットされ、顔は完璧に化粧され、肌には皺ひとつなく、キレイな洋服を来ているのか
そこには訳があります。
なぜ映画や宣伝広告に出てくる俳優はみな筋肉質で、高いスーツを着て、高い車に乗っているのか、それには訳があります。

However, that’s the very intention of the industry.
In today’s society, beauty sense is largely manipulated by films and advertisement. There are reasons for many actresses who appear in movies are extremely thin. There are reasons for their perfectly set-up hair, perfectly put up make-up, wrinkle-less skins and beautiful clothes.
There are reasons why actors in films and ads are masculine, have expensive suits and drive expensive cars.

そのようなタイプのお金のかかった「美しさ」は、消費者に劣等感を感じさせます。
そして消費者は、非現実的なゴールに向けてお金を出します。
それは、人々の潜在意識の中には異性とのセックスというのがあるからです。だから美しくなるというのはとても重要なのです。
自分が醜いと感じる人々は、それが体重のせいであれ、顔立ちのせいであれ、髪の薄さのせいであれ、体型のせいであれ
その状況から抜け出そうとします。そして多くの場合その美しなるための必死の努力は、産業にとっての利益となります。

Those kinds of expensive “beauty” make consumers feel inferior.
And consumers spend money to reach unrealistic goals.
It is because appealing to opposite sex is important for humans in subconscious level. So becoming beautiful is important in very deep level.
People who feel ugly for whatever reasons, weight, face feature, thin hair, body shape try to get out from the situation. And that desperate effort to become beautiful is the benefit for the industry.

化粧品、香水、エステ、脱毛、育毛、整形手術、脂肪吸引。
Cosmetics, perfume, esthetic clinic, hair removal, hair restoration, cosmetic surgery, aspiration of fat.

多くの人々が自分自信の潜在的な美しさに気づかず、買う事によって美しさを求めるのは悲しいことだと私は思います。
絵を描いてみて下さい。たくさんのアーティストが人間の自然の裸体が美しいと感じたように
あなたも絵を描くことによって、様々なことに気づくと思います。

I think it is sad that many people try to “buy” beauty because they don’t realize their intrinsic beauty. Try drawing. You will realize many things by drawing, like many artists feel natural human bodies are beautiful.

August 11, 2011

夏 summer

プールパーティーはどこ?
where is a pool party?

詩を書いてくれたら教えてあげるよ。
ill tell you if you write me a poetry.

August 4, 2011

information 情報

A flow of information is something like this if I try to draw.
情報の流れってのは、絵にするとこんな感じかな。

A flow of information.
情報の流れ。

A flow of information.
情報の流れ。

A flow of information.
情報の流れ。

ACTION!
アクション!

August 4, 2011

カラスはとてもハンサムな顔をしている。A crow has a very handsome face.


a very handsome crow

自己嫌悪にはまり込んで、体中がこわばり、血圧が上昇するのがわかった。
clearly felt self-loathing was stiffen up the body and raised the blood pressure.

これは絶対に健康に良くない、これは絶対に健康に良くない!
This is definitely bad for the body, this is absolutely bad for the body!

のりこはそう思いながら、高血圧で、脳の血管がプツリと切れて死んだ祖父のことを思い出した。
Noriko thought and recalled her grand father. He died because a vein in his brain cut because of high blood pressure.

手がわなわなと震え、何か叩き壊せるなら是非たたき壊してやりたかった。
Her hands were shaking and she wanted to break something if possible.

だけど、モダンな人間はストレスを破壊行為で発散したりしないのよ
とのりこは自分に言い聞かせた。
But, modern humans don’t deal with stress by destroying things, she told herself.

なので彼女はワインのボトルを開けた、それをグラスに注いだ。
So she opened a bottle of wine and poured that into a glass.

それでも自己嫌悪から発生する行き場の無いイライラは、次から次へと湧いてきて、それが無くなる気配は無かった。
But the frustration derived from self-loathing couldn’t find a place to go and kept coming without showing any sign of the end.

なのでDirty Pretty Things のファーストアルバムを聴いてみることにした。
So tried the first album of Dirty Pretty Things.

ダメだ。
Not working.

だけどアルバムを聴いてると、そういえば昔、3曲目を練習して
けっこううまく弾けるようになったんだ!と思い出した。
But as she kept listening, she remembered that she used to practice the third song and she could play that song pretty well.

そして彼女は部屋の隅に立てかけてあるアコギを手に取った。
And she grabbed an acoustic guitar that was sitting in the corner in her room.

音楽を弾けば、心が癒されるかもしれないと期待したのだ。
She expected that playing music might heal her spirit.

音楽の力は偉大だ。
The power of music is great.

だけど、しばらく弾いていなかったので、コードをすっかり忘れてしまっていた。
But she found out that she forgot all the chords after not playing guitar for a while.

よってのりこのイライラはさらに増す結果となった。
As a result, her frustration was even more increased.

それから仕方が無いので、ソーシャルネットワーキングサイトに
心のわだかまりを、ピザ1切れ分程載せることにした。
Then, since she couldn’t think of any smart idea, she decided to put a slice-of-pizza-size of her frustration on social networking site.

だけど心のわだかまりは、小指の爪一枚分ほどの面積しか取り除かれなかった。
But it only removed her stress as little as an area of a pinky nail.

なのでもう二杯目のワインをグラスに注いだ。
So she poured a second glass of wine.

そしてそのワインも飲み干した。
And finished that wine as well.

だけど、自己嫌悪は解消されず、お腹のあたりで作り出されるネガティブな上昇気流に乗って次々と湧いてくる。
But the self-loathing doesnt go away. It keeps coming up, riding on the negative updraft created inside the stomach.

自己嫌悪は、精神を蝕むストレスとなり、そしてそれは肩こりと頭痛という
具体的な形となった。
Self-loathing turned into a stress that erode her mind, and it concretely showed up as headache and shoulder stiffness.

あぁ、やっぱり心と体ってのは繋がってるんだ…とのりこは思った。
Noriko thought, “knew it! body and mind are connected!”

そうだ!何かに没頭すればいいんだ!と、二杯目のワインを飲み終えた17分後にのりこは閃き、望遠レンズを使って
隣の家の木にとまっていたカラスの顔のアップを撮影し、その高画質の画像をコンピューターに取り込み
それの絵を描く事にした。
I got it! I should get into something! Noriko realized 17 min after she finished her second glass of her wine. She used a telescopic lens and shot a photo of close-uped face of a crow resting on a tree in the neighbor’s backyard. She imported that high-defined photograph into her computer and drew that picture.

その作業をしている時も、のりこは体の中から休み無く押し寄せてくる怒りにも似た
自己嫌悪の波を感じ続け、歯を食いしばっていた。
Noriko kept feeling waves of rage-like self-loathing constantly coming and gritted her teeth even while she was doing that.

彼女は危うくワイングラスを歯で噛み砕きそうになった。
She almost broke the glass with her teeth.

だけど、のりこは自分をなんとか落ち着かせ、カラスの絵を描き始めた。
But Noriko somehow calmed herself down and started drawing a crow.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

絵を描いていると、彼女の心は少しばかり落ち着きを取り戻した。
Drawing calmed her mind a little bit.

そして34羽のカラスを描き終えたとき、のりこは眠りに落ちた。
And Noriko falt asleep when she finished drawing the 34th crow.

起きなきゃいけない時間にちゃんと起きれる人間になれますように
Hope I can be a person who can wake up at the time I’m supposed to get up.

薄れてゆく意識の中でのりこは願った。
Noriko wished in her fading consciousness.