Posts tagged ‘A Canvas’

March 8, 2012

Review of an Ear Hole 耳の穴のレビュー

Last year I made a film called A Canvas as a school project.

去年大学で、A Canvas という題名のフィルムを作りました。

Without telling me, my friend who is in a band called Bruisecaster submitted the part 5 of the film (because part 5 featured Bruisecaster) as a music demo to San Diego Citybeat. And it got reviewed in the local music issue 2012.

私の許可無しにブルーズキャスターというバンドをやっている友達がそのフィルムのパート5(パート5はブルーズキャスターのフューチャリング)をサンディエゴのローカル・ペーパーのシティービートに送りました。そしてそれはローカル・ミュージック号でレビューされました。

A Canvas (Part 5)

The Review レビュー

“Not sure how I feel about this video-as-demo thing. Kind of artsy? Kind of douchey? A little of both? But if a band can put a CD in a record sleeve and call it a demo, why can’t Bruisecaster shoot a rehearsal and call it a movie? But it’s more than that: Directed by Shoko Hachiya, it’s a live show and a whole bunch of other stuff, too. Twelve minutes in, there’s a close up of someone’s ear hole, and I kept looking at it until it didn’t look like an ear hole anymore. That’s Bruisecaster.”

-Jim Ruland

「このデモとしてのビデオに対してどう感じていいのかはよくわからない。芸術肌っぽい?それとも嫌がらせ?もしくは両方のミックス?だけれどもしバンドがCDをレコードのジャケットに入れてそれをデモと呼べるなら、なぜブルーズキャスターがリハーサルを撮影してそれを映画と呼んではいけないのだろう?しかしそれは単なるリハーサルの撮影記録ではない。蜂谷翔子に監督された『デモ』は、ライブショーや他の様々なものも含んでいる。12分経過したところで、誰かの耳の穴のクロースアップシーンがある。そして私はそれが耳の穴に見えなくなるまで見つめ続けた。それがブルーズキャスターだ」

-ジム・ルーランド

I’m not too sure how I feel about this review, but I thought it was hilarious and made me smile.

私はこのレビューについてどう感じていいのかはよくわからないけれど、とても面白いと思ったし、私はこれを読んで微笑んだ。

And I really like the last sentence.

それに最後のセンテンスがとても好きだ。

“I kept looking at it until it didn’t look like an ear hole anymore. That’s Bruisecaster.”

「そして私はそれが耳の穴に見えなくなるまで見つめ続けた。それがブルーズキャスターだ」

Sounds like the last sentence of a paragraph in the novel that I would preferably read.

なんだか私が好んで読みそうな小説の1つのパラグラフの最後のセンテンスみたいだ。

January 24, 2012

A Canvas/ Part 3

Part 3 features my friends’ band called Primitive Noyes.
The band consists of a naturally curly haired man, Jordan Hammond, a pizza man that migrated to the South West from Philadelphia, Glendon Romett, and a girl with fairy like face features and beautiful voice, Shannon St.John.

フィルムのパート3では私の友達、天然パーマ男ジョーダン・ハモンド、フィラデルフィアから南西にやって来たピザ男のグレンドン・ロメット、妖精のような顔立ちと美声を持つシャノン・セントジョンのバンド、プリミティブ・ノイズをフューチャーしました。

Primitive Noyes is a very special band for me.

プリミティブ・ノイズは私にとってとても特別なバンドです。

Right around the time I was moving from North County to San Diego due to transferring school I met Jordan and Glen at a house show that my friend Jesse threw. And ever since I moved to San Diego, I started to see them almost everyday.

私が大学の編入の為にノース・カウンティーからサンディエゴに引っ越すのと
ほぼ同じタイミングでプリミティブ・ノイズのジョーダンとグレンと
友達のジェシーが開いたハウス・ショーで出会い、サンディエゴに引っ越して以来
毎日のように彼らと会うようになりました。

Meeting them simultaneously and inevitably meant meeting music, many fabulous local musicians, and the San Diego music scene. Through meeting them I got a lot of inspiration.

彼らとの出会いは同時に音楽との出会いであり、たくさんの素敵なローカル・ミュージシャン達との出会いでもあり、サンディエゴのミュージック・シーンとの出会いであり
私はその出会いによってたくさんのインスピレーションを得ました。

Even though I didn’t paint or draw for really long time, closely watching them putting so much time and energy into making good music
became a trigger for me to start making art again.

長い間描いていなかった絵を描き始めたのも、一生懸命音楽を紡ぎ出す
彼らをいつも身近で見ていたのがきっかけでした。

I feel very grateful that I met Primitive Noyes
because they changed the course of my life more than a little
and enriched my sensibility.

私の人生の軌道を少なからず変え、感性を豊かにしてくれた彼らとの出会いに
私はとても感謝しています。

I hope you enjoy a little bit of their world through this film.
You can download Primitive Noyes 1st album for free here.
http://www.primitivenoyes.com/

このフィルムを通して彼らの世界の少しを楽しんでくれると嬉しいです。
彼らのサイトでファーストアルバムを無料でダウンロードできます。

This live performance was at Tin Can Ale House on November 3, 2011.
*Shannon didn’t play this show.

ライブは2011年の11月3日、ティン・キャン・アレ・ハウスで撮影しました。
※シャノンは体調不良の為このライブでは演奏していません

January 18, 2012

A Canvas/ Part 2

This is the part 2 of the film.
これはフィルムのパート2です。

A trivial story associated with this film
このフィルムにまつわるトリビア

This film was my final project for a media studies class that I had at SDSU.
And the professor of that class and I were not very good friends because we were both pretty honest with each other.
このフィルムは私がSDSUで取ったメディア学のクラスのファイナル・プロジェクトでした。
このクラスの教授と私とは決して良い友達だったとは言えません。
それは私たちがお互いに正直であったからです。

Through varieties of communication tools including face-to-face, he told me my writing seriously sucks. And I politely and softly told him the class sucks.
直接の会話も含めて、様々なコミュニケーション・ツールを通して、彼は私のライティングのスキルが最低だと言い、私は丁寧に、柔らかく、このクラスが最悪だと伝えました。

He had this YouTube contest in the class. Several groups made up in the class post YouTube videos and the group who got the most views get 20 points. And I thought it was kind of stupid. I didn’t know which video won, but it probably was a video of cats or dogs.
彼は最も多くのYouTubeヒットを獲得したビデオを作ったグループが
20ポイントを獲得するというコンテストをクラスで催しました。
それを私は少なからず下らないと思いました。私はどのビデオがもっとも多い
ヒットを獲得したのか知りませんが、それはおそらく猫か犬のビデオだったのでしょう。

At least to me, that professor didn’t seem like he believed in students that much.
I’ve seen some of the students in the class who did a presentation about Jersey Shore to explain Italian culture, so I understand teaching is a tough job. But it would be a wonderful thing if teachers believe students’ power to be creative.
少なくとも私には、その教授が生徒達をあまり信じていたとは思えませんでした。
私はクラスの何人かの生徒がイタリアの文化を説明するのに「ジャージー・ショアー」の
プレゼンテーションをやったのをみたことがあるので、教えるというのは簡単な
仕事ではないというのはよくわかります。だけど、教授達が生徒達にはクリエイティブになる力があると信じてくれるならそれは素晴らしいことだと思います。

January 16, 2012

A Canvas/ Part 1

This is a first 20 minutes of the film project called “A Canvas” that I did with my talented friends.

これは私が才能ある友達と一緒に作った「キャンバス」というフィルムの最初の20分です。

The film is rather experimental. The contents include varieties of elements such as fiction, documentary and stop motion animation.

このフィルムはどちらかというと実験的で、内容はフィクション、ドキュメンタリー、ストップモーション・アニメーションなど、様々な要素を含んでいます。

In the fiction part, the story revolves around a canvas that I steal from a homeless lady in the beginning of the film. And the documentary part features 3 San Diego bands that are friends of mine, Scruffles, Primitive Noyes and Bruisecaster.

フィクションの部分のストーリーは、私がフィルムの最初にホームレスの女性から盗むキャンバスを中心に展開します。ドキュメンタリーの部分はサンディエゴ出身の友達のバンド、スクラッフルズ、プリミティブ・ノイズ、ブルーズキャスターをフューチャーしています。

I honestly can’t say the film is very well done, but this is the very first thing I made a film that is almost 2 hours long. I definitely spent a lot of time shooting and editing and put effort to make it enjoyable.

正直言ってフィルムはとてもよくできているとは言えませんが、今回が2時間の長さのものを作るのは私にとって初めてでした。私はもちろんたくさんの時間を撮影や編集につぎ込みましたし、フィルムが楽しめるものになるように努力もしました。

So I hope you enjoy this.
I will post other parts of the film later.

なのであなたがこのフィルムを楽しんでくれると願っています。
フィルムの続きはまた後でポストします。