Posts tagged ‘高尾洋平’

February 19, 2014

【大雪災害】#市民災害対策本部5日目:経過報告

2014/2/19

14日にオペレーション・コドモタチの横川圭希さんと日本アーティスト有意識者会議NAUの高尾洋平さんが開始し現在も続いている #市民災害対策本部、今日は作業が始まってから5日目。東京都内の横川さんの事務所では現在もツイッター、ネットを利用した情報収集・拡散作業やプランニングが続いている。

横川さんによると、少しずつ災害救助ボランティアのベテランの方々は甲府などにも入り始めているけれど、本格的にボランティアが山梨などに入るのは今週末からで、除雪作業などにあたる予定。孤立世帯の救出や大きな道路の除雪、素人には難しい雪下ろしなどは消防や自衛隊などのプロの方々があたり、ボランティアは大きい道に出るまでの道路を確保したりするような作業にあたる予定。甲府在住、東北関東大震災支援隊本部BOND&JUSTICEのラッパーのベガティーさんは今日は市役所と連携して動いている。自衛隊なども入り始めているが、近所の人しかわからないような情報を「声掛け」することがこれからも大事だと横川さんは言う。

shimintaisakuhonbu

事務所の様子

このような「勝手連」的な人々の助け合いの形は一般的ではないかもしれないが、#市民災害対策本部は組織ではなくネットワーク。ボランティアは皆自発的に動いている人々。カンパも集めているが基本的には自腹。しかし311以降、このような形で人々は災害時などに助け合ったり情報を共有拡散する為のネットワークを自分たちが当事者となりつくっている。

横川さんや高尾さんのネットワークはこの雪の為突然生じたものではなく、311以来オペレーション・コドモタチのような活動を開始したことや、三宅洋平さんのネット選挙運動など、様々な機会を経て繋がり育ってきたネットワークがこの災害時に生きている。

311後に、拾えばよかったという病気や怪我をたくさん見てきた横川さんはこの活動をやる理由の一つとして、困っている人達は統計的な数として存在するのではなく、目の前にいるのと同じような感覚を持っているからだという。善となりたいのではなく自分が後悔するのが嫌なだけ。311以降、被曝の問題に対する取り組みを仕事よりも優先してきたし、その活動を見守ってくれている人々も存在する。ツイッターやネットを通して彼らはじっと彼の活動を見ているのだと横川さんは言う。自分のやっていることが駄目ならカンパのような支援はとまるし、駄目じゃないときは支援してくれる。それに結局「動かない善よりは行動する偽善」なのだと横川さんは三宅洋平さんの言葉を引用した。

——————————————————————————————————-

火の鳥新聞で#市民災害対策本部のフォローアップをしたいので、#市民災害対策本部の情報がどのように役に立ったか、キャスの感想、現地の様子や人々の連携、これからの動きなど、是非@ShokoHachiyaに飛ばして下さい。