Posts tagged ‘香港’

October 21, 2014

【編集長からのお知らせ】今年3月から私が何をしていたか/香港プロテスト取材後の感想

ずっと前に報告しておくべきだったことだけれど、今年の3月くらいから火の鳥新聞ではなくて8bit Newsという参加者投稿型のNPO市民メディアで記事を書いています。8bit Newsは堀潤さんの始めた参加者投稿型の市民ニュースメディアです。堀さんはネットとテレビを繋げたがっていた人で、私の取材をTOKYO MXのモーニングCROSSで紹介してもらったりもしています。

1つ言えることは、ウェイトレスとかバーテンダーをしながら1人で編集長として反体制的な態度を持ってせっせと火の鳥新聞をやっていたときと、気分や見える世界が大分違うということです。なんというか、より社会に近づいた感じがします。新しく気づいたこともあり、逆に失った感覚みたいなものもあり、恐怖や戦慄があり、なーんだ社会ってこんなもんかと思うことがあり、突然コンテンポラリーという言葉の意味がピンと来たりします。ツイッターも馬鹿にしていたし、テレビのことも心底憎んでいたし、大して新聞も読まない人間だったのに、そういったタイプのメディアを意識し受け入れようとし始めたので当然けっこう辟易しています。

最も最近やった取材は、10月1日から10月16日の間、普通選挙を求める香港の学生のプロテストの取材です。プロテストは今も続いています。私はカリフォルニアでの約7年間の生活を終えて2013年の春に日本に帰ってきてから、滑り出しは悪くはなかったものの、じわじわとカルチャーショックとホームシックにやられてひどい混乱の中に陥りましたが、アジアと西洋が混じる香港という土地でほぼ日本抜きの時間を過ごして、カリフォルニアにいた頃の脳みそをフルで使って、日本社会の呪いにやられて病んだ精神を大分回復しました。そして人類は1つの繋がった世界に住んでいるということや、違う土地に行くと本当に世界が違って見えるという新鮮な実感を得ました。

香港のプロテストを取材し、毎日ストリートを占拠して普通選挙の実現を求める香港の人々の姿を見て、私は公民権運動に身を投じたアメリカの黒人の人達の姿を想像しました。今のアフリカン・アメリカン達が今のアフリカン・アメリカンの地位を有しているのは、過去に彼らが自由や権利を求めて戦ったからです。香港の人々は今立ち上がって戦っています。未来はわかりません。相手が中国なので、普通選挙の実現はかなり難しい、ということをほとんどの香港人は理解していますが、それでも声を上げて戦うことに意味があるとプロテスター達は思っています。彼らは例えば誇りや自由のような、お金以外の価値観を心の中に持っているのです。

香港では色んな人々に会い、皆自分の気持ちを語ってくれました。民主主義の大スポンサーであるアメリカ出身の男の子は民主主義自体をかなりシニカルな目て見ていました。プロテストを見に来て大興奮して帰った日本の大学生もいれば、あれは日本では絶対無理だ!という感想を持って帰った子もいました。ナイジェリアの男性は、ナイジェリアの腐敗した政府と次の選挙のことを語りました。そして中国からプロテストを見に来た学生カップルは、「これは中国では絶対にできないよ」と言っていました。みんな自分の国のことを想いながら香港のプロテストを見守っていました。

1つの政治的現実として、中国は香港をより中国的な場所にしようとしています。「香港は中国の一部だが、香港は世界に属している」というフレーズを聞きました。ここでいう「世界」というのは自由な情報の流れであったり、人権であったり、表現の自由ということだと思います。日本の言論環境や政府はけっこう中国的な感じがするので、日本も「世界」からあまり離れないでいてほしいと私は個人的には思っています。

書く予定では無かったことも書いてしまいましたが、とにかく私は今も書き続けています。

どうかこれからもよろしくおねがいします。

2014/10/22

hkmongkokstreet

A photo taken by Vic Shing in Mong Kok, Hong Kong