Posts tagged ‘日本語’

February 4, 2013

Mike Groves Loses Track Of Time In Tokyo Subway

February 4th, 2013 -Tokyo

Mike Groves (28) was found deep asleep while holding a cord on his guitar and lost a track of time in Tokyo Subway. Mr. Groves didn’t know where he was, who he was, and what time it was when he woke up. “When I woke up, the train was stopping at Shinjuku station again. I saw my watch and it said it was 9 o’clock. But I couldn’t tell if it was 9 in the morning or 9 at night because I can’t see the sun in the subway,” he says.

IMG_7451

A photo taken by his friend while the similar phenomenon happened to Mr.Groves at his friend’s house

The incident happened when he was on Toei Shinjuku Line. He transferred from JR Line to Toei Shinjuku Line at Shinjuku station. His destination was Ichigaya, only 3 stations away from Shinjuku. This means he started to writing a song in a empty train and fell fast asleep in approximately about 5 minutes. He doesn’t remember neither what cord he was holding down nor a new song he was writing. The witnesses, a station worker and high school girls, said that he was snoring with high intensity.

Mr. Groves was exhausted from writing songs for his music project The Sound Grove non-stop for about 2 days while managing his podcast that features San Diego local musicians. “Tokyo is a rough city,” he says.

thesoundgrove.com

soundcloud.com/thesoundgrove

<日本語版>

マイク・グローブス(28)が東京の地下鉄でギターのコードを押さえながら熟睡しているところを発見されました。グローブス氏は目覚めたとき、自分がどこにいるのか、自分が誰なのか、今一体何時なのか全くわからない、忘却状態でした。「起きた時、電車はまた新宿駅に停車しているところでした。腕時計を見ると、時計は9時を差していましたが、それが朝の9時なのか夜の9時なのか、地下鉄からは太陽が見えない為、全くわかりませんでした」とグローブス氏は語ります。

事件は彼が都営新宿線を利用しているときに起きました。彼は新宿駅で、JR線から都営新宿線へと乗り換えました。目的地は新宿駅から3駅先の市ヶ谷でした。これは、およそ5分間の間に彼が空の電車に乗り込みギターを弾き始めて眠りに至ったということになります。グローブス氏は書いていた曲も、どのコードを押さえていたのかも思い出せない状態です。目撃者達、駅員と女子高生達は、グローブス氏は強烈ないびきをかいていたと証言しています。

グローブス氏は、およそ2日間の間ノンストップで彼の音楽プロジェクト、サウンドグローブの作曲をし、同時にサンディエゴのローカルミュージックを特集しているポッドキャストの運営もしていたことから疲労が極限状態だったようです。「東京はラフな都会だ」と彼は言います。

Advertisements
December 21, 2012

夢を見ることについて About Dreaming: Haruki Murakami and Frying Dutchman

このスピーチで、世界的に評価されている日本の作家村上春樹が、日本人の精神性や、東北での地震や福島での原子力発電所での事故、そして「非現実的な夢想家」になることの大切さについて話をしています。英語の字幕付きのものを見つけられなかったので、一部だけですが英訳して下に載せます。

In this speech, world-class Japanese novelist Haruki Murakami talks about Japanese spiritual nature, Earthquake in North East Japan and nuclear incident in Fukushima, and an importance of being “unrealistic dreamer.” I couldn’t find his speech with subtitles, so I translate some parts of his speech even though it’s pain in the ass and my translation skill isn’t quite pro. But I know some people would enjoy it.

「今回の福島の原子力発電所の事故は我々日本人が歴史上体験する二度目の大きな核の被害です。しかし今回は誰かに爆弾を落とされたわけではありません。私たち日本人自身がそのお膳立てをし、自ら過ちを犯し、自らの国土を汚し、自らの生活を破壊しているのです。どうしてそんなことになったのでしょう?戦後長い間日本人が抱き続けてきた核に対する拒否感は一体どこへ消えてしまったのでしょう?私たちが一貫して求めてきた平和で豊かな社会は何によって損なわれ歪められてしまったのでしょう?答えは簡単です。効率です。Efficiencyです。原子炉は効率の良い発電システムであると電力会社は主張します。つまり、利益が上がるシステムであるわけです。また日本政府は特にオイルショック以降原油供給の安定性に疑問を抱き原子力発電を国の政策として押し進めてきました。電力会社は膨大な金を宣伝費としてばらまき、メディアを買収し、国民に原子力発電はどこまでも安全だという幻想を国民に植え付けてきました。そして気がついたときには、日本の発電量の約30%が原子力発電によってまかなわれるようになっていました。国民が良く知らないうちに、この地震の多い狭く混み合った日本は世界で三番目に原子炉が多い国になっていたのです。」

“This nuclear incident in Fukushima is the 2nd nuclear damage we Japanese people experience. But this time isn’t like someone dropped an bomb on us. We prepared for it, we made mistakes, we polluted our own land and we destroyed our own lives. Why this ended up happening? The feeling we had for a long time after the war, the feeling of rejection against nukes, where on earth did it disappear? What did impair and distort the peaceful and affluent society we consistently searched for? The answer is easy. It’s efficiency. Power company insists that nuclear reactor is an efficient electric power generating system. In short, it is the system they can make the most profit. Also, Japanese government nationally pushed nuclear power especially after the oil shock due to their skepticism about the stability of crude oil supply. Power company made the money fly as advertising money, bribed media, and planted seeds of an illusion in citizens to make belief of safe nuclear energy. And before we realized, 30% of electricity in Japan was generated by nuclear power. While citizens didn’t know about it too well, this small and crowded country with frequent earthquakes had become the 3rd largest number of nuclear power plants in the world.   ”

「まず既成事実が作られました。原子力発電に危惧を抱く人々には「じゃああなたは電気が足りなくなってもいいんですね?夏場にエアコンが使えなくてもいいんですね?」という脅しが向けられます。原発に疑問を呈する人々には「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られていきます。そのようにして私たちはここにいます。安全で効率的であったはずの原子炉は今や地獄の蓋を開けたような惨状を呈しています。原子力発電を推進する人々が主張した「現実を見なさい」という現実は実は現実でもなんでもなく表面的な便宜に過ぎなかったのです。それを彼らは「現実」という言葉と置き換え、論理をすり替えていたのです。それは日本が長年に渡って誇ってきた技術力神話の崩壊であると同時にそのようなすり替えを許してきた私たち日本人の倫理と規範の敗北でもありました。「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」私たちはもう一度その言葉を心に刻み込まなければなりません。」

“At first, they created accomplished facts. People who are concerned about nuclear power, will be intimidated by accomplished facts like “OK, so you are OK if there isn’t enough electricity? You are OK if you cannot use air-conditioner in summer?” They label people who are skeptical about nuclear power as “unrealistic dreamer.” Then now we are here. Supposedly safe and efficient nuclear reactor is now displaying a terrifying state as if someone opened the lid of the hell. “Look at the reality,” the reality people who supported nuclear power actually wasn’t the reality at all, it was just their superficial convenience. They switched “superficial convenience” and “the reality” to switch the logic. It was the collapse of Japan’s long-lasted technical power myth, and at the same time it was loss of our ethic and norm that tolerated such a switch of the logic. “Please rest in peace. We won’t repeat the mistake.” We have to etch these words in our minds once again.”

「私たち日本人は核に対するノーを叫び続けるべきだった。それが僕の個人的な意見です。私たちは技術力を総動員し、英知を結集し、社会資本をつぎ込み、原子力発電に変わる有効なエネルギー開発を国家レベルで追求するべきだったのです。それは広島と長崎で亡くなった多くの犠牲者に対する私たちの集合的責任の取り方となったはずです。それはまた我々日本人が世界に真に貢献できる大きな機会となったはずです。しかし急速な経済発展の途上で効率という安易な基準に流されその大事な道筋を私たちは見失ってしまいました。」

“We Japanese people should have kept shouting “NO” against nukes. This is my personal opinion. We should have pursued alternative energy that can replace nuclear energy in the national level by fully mobilizing our technological capabilities, by calling upon wisdom, and by putting social capital into it. That would had been a way for us to collectively take a responsibility for the victims of Hiroshima and Nagasaki. That also would had been an big opportunity for Japan to truly contribute to the world. However, we lost our precious way in amid rapid economic development because we bought into the standard of efficiency.”

スピーチの最後に村上氏はこう言っています。Mr. Murakami says lastly.

「夢を見ることは小説家の仕事です。しかし小説家にとってより大事な仕事はその夢を人々と分かち合うことです。そのような分かち合いの感覚無しに、小説家であることはできません。カタルーニャの人々がこれまでの長い歴史の中で、多くの苦難を乗り越え、ある時期には過酷な目に遭いながらも、力強く生き続け、独自の言語と文化を守ってきたことを僕は知っています。私たちの間には分かち合えることがきっと数多くあるはずです。日本で、このカタルーニャで、私たちが等しく、「非現実的な夢想家」となることができたら、そしてこの世界に共通した新しい価値観を打ち立てて行くことができたら、どんなに素晴らしいだろうと思います。それこそが近年様々な深刻な災害や悲惨極まりないテロを通過してきた我々のヒューマニティーの再生への出発点になるのではないかと僕は考えます。私達は夢を見ることを恐れてはなりません、理想を抱くことを恐れてもなりません。そして私達の足取りを、便宜や効率といった名前を持つ制約の犬達に追いつかせてもなりません。私たちは力強い足取りで前に進んで行く「非現実的な夢想家」になるのです。」

“Dreaming is a novelists’ job. But more importantly, novelists have to share their dreams with people. Without such a sense of sharing, we cannot be novelists. I know that people in Catalonia have been protecting their own language and culture even though they had many difficulties and cruelty in their long history. There must be many things we can share among us. In Japan, and here in Catalonia, if we can equally be “unrealistic dreamers,”  if we can build new values that are common in the world, I think it would be so wonderful. I think that would be a starting point of regrowth of our humanity that went through horrible disasters and horrifying terrors in recent years. We must not fear dreaming. We also must not fear having ideals. We must not let dogs of limitations that have names such as “convenience” and “efficiency” catch up to our footsteps.  We will be “unrealistic dreamers” who move forward with strong steps.”

END

原子力発電について、日本のバンド、フライングダッチマンが素晴らしいパフォーマンスをしているので、それもこの機会にここに載せておきます。こちらのビデオには英訳がついています。

Japanese band Frying Dutchman did a great performance regarding nuclear power, so I put a video of their street performance below in this opportunity. This video has English subtitles.

September 3, 2012

Good bye Jon Blaj and Neat Beats

When Jon visited my house a couple of days before he left San Diego, I pulled my gun from my waist and pointed at his head. Then, I turned the gun away from his head and shot the California Condor that was flying outside the window. It was the last wild California Condor alive, but of course it doesn’t matter to me. I asked “How much cash do you have?” And pale-faced Jon handed me all the money he had in his wallet. I thought that I could have thrown a rock in the air and cut it in half in the mid-air with a Samurai sword with Japanese Samurai soul, but I re-thought. Unfortunately Samurai sword is illegal in Japan, and merely possessing it is illegal. Also this is America, the country of cowboys. So I ended up choosing the most logical and legal and easiest option. Outside the window, crows were curiously staring at the fresh carcass of the last wild California Condor.

*This is a fiction

ジョンがサンディエゴを去る数日前に私の家を訪れたとき、私は腰のところに挟んでおいた銃を彼の頭に突きつけました。そしてそれをそらして窓の外を飛んでいたカリフォルニア・コンドルを撃ち殺してみせました。それは野生で最後のカリフォルニア・コンドルでしたが、そんなことはもちろん私には関係ありません。「現金でいくら持っている?」と聞くと、彼は真っ青な顔で財布の中のお金を全て私に手渡しました。侍の魂とも言える日本刀で外に転がっている石を宙に放り、それを空中で切ってみせてやっても良かったな、と思ったのですが、私は考え直しました。残念ながら日本刀は少なくとも日本では違法で、それを持つことは違法なのです。それにここはカウボーイの国アメリカなので、手近で簡単で合法な銃を選ぶというロジカルな選択に至ったわけです。窓の外ではカラス達が今できたばかりのカリフォルニア・コンドルの死骸を興味深そうに見つめていました。

※この話はフィクションです

Thank you Jon for buying my art. Hope you enjoy them. And  I hope Jon, Tara and Alvin enjoy the new city and keep discovering the different and interesting aspects of life.

ジョン、私のアート買ってくれてありがとう。ジョンとタラとアルヴィンの3人が新しい街で実りある日々を過ごし、人生の違った面や興味深い面を発見し続けることを祈っています。

Looking forward to seeing Neat Beats again as well.

またニート・ビーツのライブを見るのも楽しみにしています。

August 23, 2012

Rice Cooker/ Entrance to the other dimension

The rice cooker with ingenuity came to our house when my new roommate moved in.

新しいルームメイトが引っ越してきた時に、創意工夫に富んだ炊飯器を我が家に持ってきた。

This rice cooker is such an excellent product that plays a melody line from Japanese children’s folk music when it starts cooking and finishes cooking, and makes me feel warm. And of course its fundamental function as a rice cooker is perfect as well, it cooks rice and keeps rice warm and moist and tasty for extended time.

炊飯器はお米を炊き始める時と炊き終えた時に、日本の民謡のメロディーを演奏し、ほっとした気持ちにさせてくれるという、とても気の利いた優れものだ。そしてもちろんお米を炊き、長い時間に渡ってしっとりと保存するという炊飯器にとって根源的な機能の方も滞りない。

I was very happy that I was always able to enjoy tasty rice as any proud Japanese person should be. My life was up-graded.

私は日本人らしくおいしい米をいつも食べられるようになり、とても嬉しかった。
暮らしがグレードアップしたのだ。

However, seasons changed from Spring to Summer, and Summer is the prime season for bugs. A couple of month after we deployed the rice cooker to our kitchen, the roach issue started get worsen.

しかし、季節は春から夏へと変わり、夏と言えば、虫が最も勢力を得る季節だ。炊飯器が導入された数ヶ月後、私たちの家では、ゴキブリ問題が深刻化し始めた。

One day, roach babies were witnessed inside the display screen of the rice cooker. And it was the beginning. Two months later, when I turned on the rice cooker, the electric melody was played as usual. However, several minutes later, many roaches were witnessed around the rice cooker. I called my roommate for help, and everyone saw the scene was in awe.

ある日、炊飯器の表示スクリーンの内側のところに小さなゴキブリの赤ん坊達がいるのが目撃される。それが始まりだった。そして、その約二ヶ月後、私が夕食を作ろうと思い、炊飯器のスイッチを入れると、電子音のメロディーがいつものように日本の民謡を奏でた。しかし、数分後、見逃せないほどの数のゴキブリ達が炊飯器の周りをうろついているのが発見される。私はルームメイトに助けを求め、その場面を目撃した全員が唖然とする。

Roaches were comfortably living inside the rice cooker.  Apparently, roaches evacuated outside the machine because they couldn’t tolerant the heat when the rice cooker was cooking rice.

ゴキブリ達は、炊飯器の中でぬくぬくと生活していたのだ。どうやら米を炊いている炊飯器の熱に耐えられずに、炊飯器の中に住んでいたゴキブリ達が避難してきた模様である。

The next day, my roommate took the rice cooker to the space 3 stories down from our place and conducted a dismantling operation. I was on standby at the 3rd floor and heard my roommate screamed. I couldn’t abandon my buddy so went downstairs to check on him. His roach combat spray was already empty, and he was agitated. I was also surprised at the number of roaches. However, they looked defenseless outside the kitchen, under the bright sun. The eerie powerful aura they wear in the kitchen at night was gone. So I gained courage to stomp them regardless of age or sex.

次の日、私のルームメイトが炊飯器を家から3階下にある広場に持ち出し、そこで炊飯器の解体作業を行った。3階で待機していると、ふいに下からルームメイトの叫び声が聞こえてくる。仲間を見捨てるわけにはいかないので、下に行って様子を見てみると、ゴキブリ退治用のスプレーは既に空になってしまったようで、ルームメイトはうろたえていた。ゴキブリの数に、私も驚いた。しかし、屋外で昼間の太陽の下にさらされたゴキブリ達はとても無防備に見えた、夜のキッチンで彼らがまとっている不気味な迫力は消え失せていた。なので私は強気になり、次々に老若男女かまわずゴキブリ達を踏みつぶした。

After the battle, we stared at the rice cooker. Dismantled rice cooker looked strangely bare. It looked like something that was not rice cooker. It looked like a time-machine to my eye. There were hundreds of roaches inside this small rice cooker. Perhaps, this rice cooker was an entrance to the other dimension. My imagination expanded.

戦が終わった後、私たちは炊飯器を見つめた。解体された炊飯器は不思議とガランとしていて、炊飯器ではない他の何かに見えた。それはタイムマシンのように私の目には映った。この小さな炊飯器の中から、何百というゴキブリ達が出てきたのだ。もしかしたら、この炊飯器は異次元への入り口か何かだったのではないか、と想像が膨らんだ。

Below are photos of the dismantled rice cooker.

下は解体された炊飯器の写真。

April 12, 2012

Landscape In My Dream 夢の中の風景

This painting, consisting of 2 paintings, is my latest work.

2枚の絵からなるこの絵は、私の一番最近の作品です。

I wanted to describe landscape in my dream where ratio of things are off, walls are huge and ceilings are high, and abstraction and realism mix.

いろんなものの比率があべこべで、壁が巨大で、天井が高く、アブストラクションとリアリズムが混ざる夢の中の景色を表現しようと試みました。

The dog in the painting is my dog Kuri who is 15 years old now. I haven’t seen him for about 2 years because he is at my parents’ house in Japan. I asked my mom to send a picture of my dog, and couldn’t believe how fucking old he looked with his whiter fur in the picture my mom sent me. He is slowly becoming deaf too. One cold winter night, we adopted him when he was a puppy crying outside of our house. He was a very new and fresh puppy. And now he has become an very old dog. When I witness somebody’s life course, it makes me look at my own life simpler, and it is nice and serene feeling for me. I love my dog. Somehow he managed to knock up my friend’s dog too.

絵の中の犬は私の犬クリで、今は15歳です。私の犬は日本の実家にいるので、私は約2年間クリに会っていません。母親にクリの写真を送ってくれるように頼んで送られた写真を見たとき、クリの毛皮も昔よりも白くなり、信じられないくらい老け込んでいました。彼はゆっくりと耳も聴こえなくなってきています。ある冬の夜、私の家族はクリがまだ子犬だったときに家の外で泣いていたところを引き取ったのでした。彼はとても新しく、フレッシュな子犬でした。そして今彼はとても古く年老いた犬となりました。私が誰かの人生のコースを見るとき、自分自身の人生をよりシンプルに見ることになります、そしてそれは私にとってとても穏やか感覚です。私は私の犬が大好きです。どういうわけか、彼は私の友達の犬を妊娠させることにも成功しました。

I am showing my art (mostly newer ones) at this event called Hostel Takeover. It is at Hostelling International in downtown San Diego this Saturday, 4/14. The address is 521 Market Street. Time is 6pm-11pm. If you happen to be around the area, you should come out. There will be over 25 artists and music acts. I believe there will be free food there too. You can park your car at City College’s parking lot, and there will be shuttle bus running during the event because the parking might be difficult in downtown. Hope to see you there!

 

 

 

 

March 31, 2012

Shaking Pyramid

If you are a fan of psychedelic rock, shredding, skills and good rock music in general, you are more than likely to enjoy videos of a band called (Shaking) Pyramid. Crews from Eagles Nest Productions went to Casbah San Diego to film and record  this new band of Mike Eginton (bass) from Earthless, Zack Oakley (guitar and vocal) from JOY and Space Nature, and Paul Marrone (drum) from Psicomagia.

サイケデリック・ロックやミュージカルスキル、ジャンルを問わずいい音楽のファンであるなら、イーグルズ・ネスト・プロダクションの作製した(シェイキング)ピラミッドというバンドのライブビデオを楽しんでもらえると思います。(シェイキング)ピラミッドは、アースレスのマイク・エギントンがベースを、ジョイとスペース・ネイチャーのザック・オークリーがギターとボーカルを、サイコマギアのポール・マローネがドラムを担当する新しく結成されたバンドです。

You can watch the whole set, or individual songs. first songsecond songthird song and the last song.

セットの始めから終わりまでを通して、もしくは1曲ごとのビデオを見ることができます。

 

Advices from Egypt

エジプトからのアドバイス

1. Listen to old jaded writes

一。年老い疲れ果てたライターの言葉を聞くべし

2. If you are carnivore, eat goat meat instead of beef

二。肉食なら、牛ではなくヤギを食べるべし

3. Read Kafka on the Shore by Haruki Murakami

三。村上春樹の海辺のカフカを読むべし

February 21, 2012

日本語講座 Japanese Class

Japanese Lesson 1

I’ve been making videos for a production company called Eagles Nest Productions. Eagles Nest used to be an artist collective in Golden Hill, San Diego. But we decided to make it into a business. It feels really good to do what we love 🙂

私はイーグルズ・ネスト・プロダクションズという会社でビデオを作製しています。
イーグルズ・ネストは元々はサンディエゴのゴールデンヒルのアーティスト・コレクティブでしたが、私たちはそれをビジネスとすることにしました。
やりたいことをやるのはとても気分がいいです。

And this is one of the videos I made lately.
そしてこれは私が最近作ったビデオの中の一つです。

日本語講座

More and deeper you learn a foreign language and culture, it creates a secret depth inside you.

外国語や文化は、深く学べば学ぶほど、あなたの中に秘密の奥行きを生み出してくれます。

January 16, 2012

A Canvas/ Part 1

This is a first 20 minutes of the film project called “A Canvas” that I did with my talented friends.

これは私が才能ある友達と一緒に作った「キャンバス」というフィルムの最初の20分です。

The film is rather experimental. The contents include varieties of elements such as fiction, documentary and stop motion animation.

このフィルムはどちらかというと実験的で、内容はフィクション、ドキュメンタリー、ストップモーション・アニメーションなど、様々な要素を含んでいます。

In the fiction part, the story revolves around a canvas that I steal from a homeless lady in the beginning of the film. And the documentary part features 3 San Diego bands that are friends of mine, Scruffles, Primitive Noyes and Bruisecaster.

フィクションの部分のストーリーは、私がフィルムの最初にホームレスの女性から盗むキャンバスを中心に展開します。ドキュメンタリーの部分はサンディエゴ出身の友達のバンド、スクラッフルズ、プリミティブ・ノイズ、ブルーズキャスターをフューチャーしています。

I honestly can’t say the film is very well done, but this is the very first thing I made a film that is almost 2 hours long. I definitely spent a lot of time shooting and editing and put effort to make it enjoyable.

正直言ってフィルムはとてもよくできているとは言えませんが、今回が2時間の長さのものを作るのは私にとって初めてでした。私はもちろんたくさんの時間を撮影や編集につぎ込みましたし、フィルムが楽しめるものになるように努力もしました。

So I hope you enjoy this.
I will post other parts of the film later.

なのであなたがこのフィルムを楽しんでくれると願っています。
フィルムの続きはまた後でポストします。

January 13, 2012

Visual Poem/ Oh Man Poem

This is the second visual poem I made.
The first one is called “Sound of Rain”
Compared to the first one, this one is more fun and humorous.

これは私が作った2つ目の視覚的な詩です。
最初のは「雨の音」という題です。
最初の詩と比べて、これはもっと楽しくユーモラスな詩です。

Hope you enjoy this.

楽しんでくれると嬉しいです。