Posts tagged ‘堀潤’

October 21, 2014

【編集長からのお知らせ】今年3月から私が何をしていたか/香港プロテスト取材後の感想

ずっと前に報告しておくべきだったことだけれど、今年の3月くらいから火の鳥新聞ではなくて8bit Newsという参加者投稿型のNPO市民メディアで記事を書いています。8bit Newsは堀潤さんの始めた参加者投稿型の市民ニュースメディアです。堀さんはネットとテレビを繋げたがっていた人で、私の取材をTOKYO MXのモーニングCROSSで紹介してもらったりもしています。

1つ言えることは、ウェイトレスとかバーテンダーをしながら1人で編集長として反体制的な態度を持ってせっせと火の鳥新聞をやっていたときと、気分や見える世界が大分違うということです。なんというか、より社会に近づいた感じがします。新しく気づいたこともあり、逆に失った感覚みたいなものもあり、恐怖や戦慄があり、なーんだ社会ってこんなもんかと思うことがあり、突然コンテンポラリーという言葉の意味がピンと来たりします。ツイッターも馬鹿にしていたし、テレビのことも心底憎んでいたし、大して新聞も読まない人間だったのに、そういったタイプのメディアを意識し受け入れようとし始めたので当然けっこう辟易しています。

最も最近やった取材は、10月1日から10月16日の間、普通選挙を求める香港の学生のプロテストの取材です。プロテストは今も続いています。私はカリフォルニアでの約7年間の生活を終えて2013年の春に日本に帰ってきてから、滑り出しは悪くはなかったものの、じわじわとカルチャーショックとホームシックにやられてひどい混乱の中に陥りましたが、アジアと西洋が混じる香港という土地でほぼ日本抜きの時間を過ごして、カリフォルニアにいた頃の脳みそをフルで使って、日本社会の呪いにやられて病んだ精神を大分回復しました。そして人類は1つの繋がった世界に住んでいるということや、違う土地に行くと本当に世界が違って見えるという新鮮な実感を得ました。

香港のプロテストを取材し、毎日ストリートを占拠して普通選挙の実現を求める香港の人々の姿を見て、私は公民権運動に身を投じたアメリカの黒人の人達の姿を想像しました。今のアフリカン・アメリカン達が今のアフリカン・アメリカンの地位を有しているのは、過去に彼らが自由や権利を求めて戦ったからです。香港の人々は今立ち上がって戦っています。未来はわかりません。相手が中国なので、普通選挙の実現はかなり難しい、ということをほとんどの香港人は理解していますが、それでも声を上げて戦うことに意味があるとプロテスター達は思っています。彼らは例えば誇りや自由のような、お金以外の価値観を心の中に持っているのです。

香港では色んな人々に会い、皆自分の気持ちを語ってくれました。民主主義の大スポンサーであるアメリカ出身の男の子は民主主義自体をかなりシニカルな目て見ていました。プロテストを見に来て大興奮して帰った日本の大学生もいれば、あれは日本では絶対無理だ!という感想を持って帰った子もいました。ナイジェリアの男性は、ナイジェリアの腐敗した政府と次の選挙のことを語りました。そして中国からプロテストを見に来た学生カップルは、「これは中国では絶対にできないよ」と言っていました。みんな自分の国のことを想いながら香港のプロテストを見守っていました。

1つの政治的現実として、中国は香港をより中国的な場所にしようとしています。「香港は中国の一部だが、香港は世界に属している」というフレーズを聞きました。ここでいう「世界」というのは自由な情報の流れであったり、人権であったり、表現の自由ということだと思います。日本の言論環境や政府はけっこう中国的な感じがするので、日本も「世界」からあまり離れないでいてほしいと私は個人的には思っています。

書く予定では無かったことも書いてしまいましたが、とにかく私は今も書き続けています。

どうかこれからもよろしくおねがいします。

2014/10/22

hkmongkokstreet

A photo taken by Vic Shing in Mong Kok, Hong Kong

 

June 24, 2013

ジャーナリスト堀潤、日本のメディア界に新しい風を吹かせる Jun Hori: Finally Someone Sane With Passion and Vision From Japanese Media Industry

6/24/2012 -Tokyo

今年3月にNHKを退社した堀潤さんが、日本でのジャーナリズム環境を変える為の新しい試みをしている。8bit Newsを創設し、市民ジャーナリズムの活性化をはかってきたきた堀さんの新たな取り組みは、市民の発信力の底上げ。堀さんは6月12日に講談社にて、著者でありフリーのジャーナリストである牧野洋さんをゲストに迎えて第一回「僕らのジャーナリズム学校」を開催した。参加費は無料で、イベントではトークとワークショップが行われた。ジャーナリズムの基本である事実に基づいた報道の大切さや、プロのメディア人と市民が共同でニュースを作ることによって生まれてくる可能性、スマートフォンなどを利用した発信方法など、様々なトピックがカバーされた。

「僕らのジャーナリズム学校」の会場には、毎日内容の詰まった発信を世界に送りつけている、闇のエンターテイナー座間宮ガレイさんなども出没。座間宮さんは参院選スペシャルということで、現在は2018年に効力の無くなる、そして2018年が来た時には日本政府は必ず更新しようとするであろう「日米原子力協定」について毎日リサーチに基づいたメールマガジンやYouTubeを利用した発信をし、日本中の市民を賢くしようという企てをしている。

堀さんは、8bit Newsを一年間やってきて、現在改善の為のリニューアルの時期に来ている為、クラウドファンディングを利用して資金集めをしている。(http://shootingstar.jp/projects/14)目標金額は三百万円で、今のところ半分ほど集まっていて、残り期間はあと48日間。期間以内に三百万円集まれば、めでたく活動の為の資金を獲得することができる。

クラウドファンディングとは、プロジェクトに必要な資金を一般の人達から募るという資金集めの方法。アメリカではキックスターターやインディーゴーゴーなどが主流で、中小企業、ミュージシャン、アニメーターなど、幅広い人達がプロジェクトの資金集めに利用している。日本では映画監督の湯浅正明さんが2000万円の資金をクラウドファンディングで調達し、Kick-Heart覆面舞踏会というアニメーション映画作品を製作した。利益を出さなければいけない、確実に利益を出すには従来型の「ウケる」とわかっているものを作った方がリスクが少ない、という理由で新しい試みを敬遠しなかなかお金を出したがらないのが時に企業などの上にいる人間の欠点なので、このクラウドファンディングというのは、おもしろい優れたアイディアを持った、だけどアイディアが斬新であるが為に組織から投資してもらえない、もしくはコネを持っていない個人などがアイディア勝負で資金を集めるのに役に立っている。

アメリカの市民メディアだと、デモクラシー・ナウ(democracynow.org)のようなメディアは、完全に市民の寄付によって成り立っている。宣伝広告費から運営費を得るメディアと違った独立したメディアの強みは、企業や国からお金を貰わないことによって、独立した立場で、きちんと市民の為のジャーナリズムができるというところだ。上杉隆さんのジャーナリズム崩壊を読んでもわかるように、日本のジャーナリズムは世界的に見ても稀な、かなり権力に寄り添いながらのジャーナリズムだ。しかし寄付で成り立つメディアは、資金も全て質の良いジャーナリズム報道を求める意識の高い市民から来ているので、おのずとメディア側の正義感や使命感も強く、報道も表面的な垂れ流し報道ではなく、内容的にも突っ込んだものが多い。しかしそれは寄付文化あってのものなので、これから日本で寄付文化を根付かせることができるかどうかというのは大事になってくる。

私利私欲の為では無く、倫理を以て社会の為に動いてくれる人間、恐れずに新しい試みをしてくれる人間、そういった人達を資金面で応援することができるのがクラウドファンディング。とても意義のあるお金の使い方ではないだろうか。そして寄付をした人には、寄付した金額によって何かしらプロジェクトの主催者側からお礼があることも多い。堀さんは福島原発事故後に「国民の生命財産を守る公共放送の役割を果たさなかった」などと報道批判をしており、ジャーナリストとしての意思の強さや、これからの取り組みに対する決意の堅さが伺える。

堀潤さんの取り組みがきっかけとなり、寄付文化が一般的なものとして日本に根付き、既存の形にこだわらない質を追求する独立したメディアや、若々しく新しく、人間らしい文化が日本でこれからどんどん出てくることに期待している。

Jun Hori, CEO of 8bit News, a former NHK announcer who actively criticized Japanese mass media after 3.11 Fukushima nuclear disaster, quit NHK in March this year. Hori left NHK to establish a functioning media platform for the citizen journalism, in which professionals like himself and citizens work together to make news. He decided that it would take too long to achieve his ideal way of media in the massive conservative organization like NHK. If this effort succeeds, it will reduce the gap between what media reports and what citizens actually want the media to report. In fact, citizens will be participating in journalism.

Mr. Hori hosted the first round of “Everyone’s Journalism School” with a guest, an author and freelance journalist Yo Makino in Tokyo on June 12th. This event consisted of talk and workshop was free and live streamed on nico nico douga (www.nicovideo.jp). Educating and making stronger foundation of citizen journalism is one of his goals. He is currently trying to raise 3,000,000 yen (about $30,000) by crowd-funding. (http://shootingstar.jp/projects/14)

Why did Mr. Hori choose a hard way, grassroots efforts, instead of staying in NHK as some sort of elite, a popular announcer? Japanese journalism had a corrupt system such as “journalist club” for a long time. Even before 3.11, it was a general consensus especially among younger generation that the media industry, not just journalism, was corrupt. And 3.11 was probably a trigger. A trigger for Mr. Hori and a trigger for countless people to wake up and face what Japan has become of a “democratic” country.

The impact of 3.11 Fukushima nuclear disaster in a tiny country Japan, about the same size as California, was beyond devastating, and will be for a long time. Now even the capital Tokyo is blanketed by radioactive materials, and the radiation is in the food source and causing internal exposure which is even more dangerous. Radioactive materials such as cesium have been found in many different food sources. There are already 12 thyroid cancer confirmed among Fukushima children. However the authority says that it is not certain that these cases are caused by the nuclear disaster because it took 4 to 5 years for Chernobyl children to develop thyroid cancer. It’s been only about 2 years and 3 month since the Fukushima disaster. Usually thyroid cancer is found one in one million children. So Fukushima’s thyroid cancer rate among children is about 70 to 150 times higher than the normal chance.

When the disaster happened, Japanese government failed to prioritize its citizens safety, instead they worked very hard on covering up the severeness of the disaster and kept saying “it’s safe.”  Mass media failed to report the most needed information for the citizens to survive. Even today, many people including children, the most vulnerable to radiation, are still living in highly radioactive areas that are not appropriate for living. There’s not enough reporting about radiation nor the health risk of the exposure. Liberal Democratic Party keeps promoting nuclear energy and actively making nuclear agreements with foreign countries to sell nuclear power plants. And because the issue has been downplayed so much, citizens seems to just ignore the issue. There are many activists still going strong, however activists’ efforts are usually not covered by the media at all.

It is also likely that most of the Japanese citizens, except extremely dull and delusional ones, knew that the shit just got real after 3.11. Sane and powerless citizens thought that Japan was going to abandon nuclear energy and try to become a world’s leader of renewable energy or something because having nukes was never a good idea anyway. And those people who were smart enough to think like that need to make moves.

Jun Hori’s attempt in journalism will be crucial to Japan’s future of the media. Unlike the U.S., Japan doesn’t have donation culture. There is not much independent media that’s directly supported by the citizens. If donation culture get recognized more and become a common thing through Mr. Hori’s attempt with crowd-funding, Japan might get a bit more interesting.

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130612-00000010-mantan-ent

http://mainichi.jp/select/news/20130421mog00m040003000c.html