Posts tagged ‘ネット選挙’

February 3, 2014

【都知事選】ネット選挙速報:現時点で一本化を求めることがなぜ「茶番」であるか

2014/2/3

結論から言ってしまうと、それは公職選挙法上不可能だからだ。今の段階では一本化することも、どちらかが降りることもできない。

宇都宮健児候補と細川護煕候補の一本化が実現されなかったことが、選挙終盤戦になっても未だに引きずられ、両陣営に悪い影響を与えている。両陣営は同じ脱原発運動の流れを汲んでいるにも関わらず、一本化を巡ってお互いを傷つけ合う形になっている状況がしばらく続いている。

細川ガレイ

細川護煕候補と座間宮ガレイさん(せんきょcampにて)2014/2/1

今日、18時30分頃、ブロガーであり「ひっくり返しましょうぞ!100万人無料メルマガプロジェクト」の編集長である座間宮ガレイさんは、記者に公開されていた、鎌田慧さんなど脱原発運動に力を尽くしてきた著名人らによって書かれた、宇都宮健児候補に対して一本化を要求する文書をツイキャスを通して生中継で読み上げた。

細川候補を確実に勝たせたいという想いから書かれた文書の内容は「綺麗」ではあるが、選挙に関しては全くの素人によって書かれたもので、宇都宮陣営に対する「言葉の暴力」ですらあり、脱原発のムーブメントを盛り下げるものだと座間宮氏は表現し、厳しく批判した。

一本化は、公示日前に民主的なプロセスを踏んでなされなければならないことであり、公示日を過ぎた現時点では一本化は不可能。選挙戦も終盤のこの時期にまだこのようなことが行われているのは茶番だと、座間宮氏は怒りを露にした。

本来効果的な一本化とは、選挙戦が始まる前に、候補者同士が類似した政策を擦り合わせ、両候補が納得した上でのみ行われるプロセス。両候補は彼らのバックにいる支持者の民意を繁栄できる場合のみ一本化をするのが妥当。つまり、両候補の後ろにいる支持者達が手を携えあい、結束を深め強められるやり方でなければ、一本化は両方の勢力を削ぎ落とす結果となってしまう。

脱原発のムーブメントをより洗練し大きく広げてゆきたいのなら、口先だけではなくて、実際に細川氏や宇都宮氏の勝手連事務所や選挙事務所に足を運ぶこと。できるならば両方の陣営の人々と話をしてかけ橋となり、地道にしかし堅実によい空気を耕し、結束を強めることが脱原発のムーブメントを強く育てるために大切だと座間宮氏は言う。

座間宮氏は、2月1日代々木公園で行われた「せんきょキャンプ」にて、細川氏が三宅洋平氏と対談した後のタイミングで細川氏とも直接会って話をしており、座間宮氏が自身の進めているプロジェクトの「がんばれよ オマエモナ」バナーを細川氏に見せ、「お互いエールを送り合うのはどうか?」という提案をすると、一本化しない前提で、お互いエールを送り合うことは好ましいというのが細川氏の見解だった。座間宮氏がそれを宇都宮氏に伝えると、エールを送り合うことについての反応は肯定的なものだったという。

2月1日に筆者が座間宮氏と「せんきょキャンプ」の会場で話をした際には、座間宮氏は、細川氏が宇都宮陣営と「エールを送り合う」ことは好ましいと述べたことに関して、「このままじゃ(舛添さんに)勝てないという危機感があるんだろう」と感想を述べた。

お前もがんばれよ

座間宮さんは明日、2月4日、19時より細川護煕勝手連事務所にて「ネット選挙レク」を行う。(中止の可能性もあり。詳細は現在調整中のようです)

———————————————————————————————————————

細川護煕勝手連: http://katterentokyo.wordpress.com/2014/01/16/contactus/

ひっくり返しましょうぞ!100万人無料メルマガプロジェクト: http://senkyo.blog.jp/

ツイキャスアーカイブ: http://twitcasting.tv/zamamiyagarei/movie/37056025

January 14, 2014

【最先端のネット選挙】効果を追求するネット選挙運動に必要なもの

2014/1/15

ネット選挙:インターネットを利用した選挙運動。

前回の参院選から、ネット選挙が解禁となり、誰でもネット選挙運動員となることができるようになった。インターネットの特性上、世界中どこにいても候補者を応援したり、離れた場所にいる仲間と連携して動いて選挙に関わることができる。例えばカリフォルニアにいながら、この先の米軍基地問題を大きく左右する沖縄の名護市長選挙(1月19日投票)を盛り上げたり、関心や投票率が上がるように働きかけたりすることができる。選挙区外にいる人が応援できる、もしくは選挙区の人達が外から応援されることができるので、ポジティブなネットワーク、人間関係や空気ができる。

人々はまずインターネットを介して繋がり、トップダウンの組織ではなくフラットなネットワークを構築し、ざっくりとしたゴールや目的や意識を共有する。そしてネットワーク(つまり人の繋がり)は、それを構成している人々が効果的に連携しながら動くことができれば、選挙で勝つために多大な力を発揮することができる。

では、ただ単に繋がっているだけでない、力のあるネットワーク、もしくはチームをつくるには何が必要なのか?

細やかなコミュニケーション(意思の疎通)、お互いをケアする気遣い、信頼関係、ネットワーク内のモチベーションを高く保つこと、選挙期間中状況に素早く細やかに反応し対応する能力、その動きをネットワークの外にいる人々に向けて細やかに伝わる方法で発信(プレゼン)し、具体的に変化している、興味深く細かい動きをスピーディーにしていることを見せること、クリエイティブなコンテンツをつくり、効果的な戦略、良い印象を与えるポジティブな発信をすることなどで、効果的にネット選挙を戦うことができる。

ネットワークと組織の違いは多くある。組織は基本的にトップダウンで指示が出され、動きが遅いことが多く、どんな動きをするのかある程度予測がつく。ネットワークは自発的な人々の繋がり、パイプ、意思の疎通なので、組織と比べてコミュニケーションがフラットで自由で柔軟。様々な人々がネットワークを構成している為、その分視点も多く広がりがある。どんな動きがあるか予測するのが難しい。特にスピード感、速さは大きな武器となる。

自発的で自由な個で構成されるネットワークが効果的に機能する為には、個人が目的はなんであるかを理解し、効果を求めて行動する必要がある。

勝つために必要なタスクを消化するシステム、人手、手法、時間、発想などが必要となる。

スポーツと同じで、後手後手になるチームは弱い。常に後手後手にならないように考え、判断し、行動する。後手に回らない為には、絶対に追い込まれないようにする、そしてそれに必要なのは入念な準備や練習や試行錯誤や情報収集。時間があればあるほど良い準備ができる。逆に言えば、計画性無しでネット選挙に挑んでも、時間無くなって何もできずに終わってしまう可能性もある。公示日にバタバタしないのがベスト。限られた時間をどのように使うのか、なにをやってなにをやらないか、それをうまく判断できる人間が多いほど良い。

人手に関しても、早めに集めておいた方がいい。それは情報を共有したり、教育するためには必ず時間がかかるからだ。人が足りなくなってから人を探すのでは遅い。

選挙は短期決戦の為、選挙が始まったら持論や議論はあまり必要ない。それは選挙期間でないときにやれば良いからだ。選挙に勝つためにはシビアに効果を求めて行動する方が得策。

絶対にしてはならないのが、味方を減らすコミュニケーションや情報の発信やメッセージ。

国をつくるのは政治であり、政治を決めるのは選挙。国を変えるという目的を果たすためには選挙には勝たなければいけない。そして選挙に勝つには票(つまり多くの人々の支持)仲間や友達が必要となる。まだ仲間でない人々の賛同を得る必要がある。

思想やイデオロギーや理想も大切だが、選挙に勝つために最も大切なのは効果的であるかどうか。良い形で妥協できるかどうか。生理的に嫌がられない、排他的でない、固くない、良い印象を与えるオープンなスタンスでコミュニケーションができるか。誰とでも友達になれるようなオープンさ、どんな人の話でも落ち着いて聞ける器の大きさ、そういった懐の深さや姿勢は、場合によっては意見を主張する能力よりも有効になりうる。結局のところ、相手の話を聞けない人間には(合意形成型の)民主主義を実行することはできない。分断状態、対立状態を深刻化させるのが政治の役割ではない。

もしもネット選挙で仲間が違う候補者を応援するということになっても、それはかまわない。様々な意見があり、色んな種類の人間がいるのが多様性があるということ。信頼できる仲間が違う候補者を応援したとしても、その経験や繋がりは後々生きることになる。繋がり続け、コミュニケーションができる状態を保つことが大切。分断してはいけない。

シビアに現実を見ることで、勝つ為に考え行動することで、様々なことが具体的に始まる。

※参照【最先端のネット選挙】「なぜ、あの選対はスピードがないのか」

January 12, 2014

座間宮ガレイさんから:世界中にいるネット選挙運動員へのアドバイス

2014/1/13

インターネット上での選挙運動、「ネット選挙」が前回の参院選から解禁となった。インターネットで選挙運動をするということの本質とは何なのか?実際に何ができるのか?どうやったら効果的に「ネット選挙運動」ができるのか?

ネット選挙の有効性に気づいた人は、辺野古の米軍基地の移設が焦点となっている1月19日の名護市長選挙や、2月9日の東京都知事選においてどうインターネットを活用しようか考えているのではないだろうか。

IMG_2554

1.19名護市長選挙プロジェクトで現在名護市入りしている座間宮ガレイさんが、1月5日に東京都内で「勝ちに行くネット選挙の戦い方」という題で、ネット選挙のコンセプトや具体的な戦術をレクチャーした。

座間宮さんは去年の参院選でインターネットを効果的に利用し、山本太郎参議院議員の当選に大きく貢献し、現在「ひっくり返しましょうぞ!100万人無料メルマガプロジェクト」をスピーディーにちゃくちゃくと進め耕している。

以下は抜粋したレクチャーの内容。

【ネット選挙運動員としてできること】

今まで選挙運動と言えば、コアは選対本部、ボランティア、勝手連だったけれど、今はネットを使えば世界中の人がネットワークコア、ネット選挙運動員、つまり当事者になることができる。

ネット選挙運動員は、世界中どこにいても

1.投票を促すこと

2.寄付すること

3.戦術を考え、提案すること

4.仲間を鼓舞すること

などができる。

社会問題や日本の政治を自分のこととして捉えるセンスを持った有意識者達が自発的に、自由な形でクリエイティブにネット選挙運動に関わり、当事者が増えることで、民主主義には良い影響がもたらされる。ネットをとっかかりにオンライン、オフライン両方で市民のネットワークがつくられてゆき、細分化されコミュニティーを失った社会に再び血の通ったネットワークやコミュニティーを創出する機会ともなり、創出されたネットワークは様々な形で今後生きてくる可能性がある。当事者の数を増やすことは非常に大切になる。

【ネット選挙運動員のウォーミングアップ】

スポーツの試合の前にウォーミングアップをするように、ネット選挙の前にもウォーミングアップが大切。 ネットの使い方に慣れたり、どのようなコンテンツが効果的なのか、どこで発信するのかなどを心得ておくと良い。

「動画よりも画像のが軽くて速い」

座間宮さんは、ネット選挙においては動画よりも画像の方が有効だと言う。動画は重くて長い。だけど画像は軽くて速い。つまり情報の伝達速度や見る側にかかる負担に違いがある。画像の方が短時間で情報や印象を伝えるのに適している為、座間宮さんは「徹底的に画像で勝負」すると言う。

例えば、座間宮さんは参院選中に、山本太郎さんの街頭演説にたくさんの人だかりができている写真や、山本さんが赤ちゃんと握手している写真をネットに投稿した。「たくさんの人」がいて「山本太郎さんが小さく映ってる」写真。国民主権の象徴のようだと感じる人もいれば、こんなに人がいるなら行ってみたいと思う人もいる。こいつは憎めない!という写真も有効。そういった効果的な写真を撮り、ネット選挙で使う。「行列を作って行列に並ばせる」心理戦でもある。

「Yahoo!とGoogleのちょっとした違いを知る」

検索エンジン別のちょっとした違いも知っておくといい。例えば「宇都宮けんじ」と検索したとき、届けたいコンテンツが上位に出れば出る程そのコンテンツはオーディエンスに届く可能性が上がるからだ。

Yahoo!の場合、NAVERまとめとYahoo!知恵袋が優遇され、画面の上位に表示される。Google検索だとYouTubeが優遇され、クリックされる可能性が高い。

「ツイキャスとYouTubeの違い」

山本太郎さんや三宅洋平さんの選挙チームは、誰でも簡単に生中継ができるツイキャスやYouTubeを有効に利用した。この2つのツールの違いも心得ておくと良い。

ツイキャスのおもしろいところはなんといっても「生中継」ができるということ。朝から晩までツイキャスを回し続けて選挙の現場を可視化したり、公安対策にも使われた。主にツイッターやフェイスブックから、「既に繋がっている人達」にリーチして呼び込むことができる。逆に言えば、新しい繋がりをつくるのにはそれほど向いていないことと、どうしても長くなってしまうというデメリットがある。

お馴染みのYouTubeは、タイトルをつけたり、タグやキーワードをつけて、検索に引っ掛けることができる。つまり「友達以外の人達」や新しいオーディエンスにコンテンツを届けることができ、コツがわかればコンパクトで効果的なコンテンツをつくることができる。

このあたりを考えてコンテンツをつくり発信すると良いだろう。

【結果ではなく過程、伝え方を工夫し大切にする】

熱×インターネット=投票行動

座間宮さんは「ネット選挙で集票しようという安易な発想を捨てる」ことが大切だと言う。ポジティブかつシビアな姿勢が大切。勝つためには単にシェアしたりリツイートするだけでは足りないし、コンテンツの内容ももちろん大切となる。

「投票」や「当選」という結果だけではなく「どうしたら投票に行ってくれるだろうか」という過程を大切にしなければいけない。ビジネスの上手い人は日常的にやっていることかもしれないが、これはネット選挙でも同じ。特定の候補者を応援したり、投票や選挙運動を促すときも伝え方が大切になる。

例えば「醤油を買ってくれ!」とストレートに言うのではなく、醤油をぺろりと舐めて「この醤油すごくおいしい!お刺身と合うかも!」と言ってみせたりする工夫が必要。「うまいうまい!」という人が増えれば、勝手に醤油は売れる。「選挙楽しい!おもしろい!あつい!」という人が増えれば、自然と投票率も上がり、当事者も増えてゆく。

効果を追求するならば、「なぜこんな大切なことに対してみんな無関心なんだ!」と怒ったり嘆いたり悲しくなったりするよりも、楽しくクリエイティブに、「投票したい!」「私も(ネット)選挙運動したい!」という気持ちをどうつくりだすかにエネルギーを使う方が得策。相手を批判するのはほとんどの場合は逆効果。

【誹謗中傷・デマ対策】

何か事件が起きたときの対応としては、1つずつツイートを返したりすることもできるが、コンテンツを作製して対応するという方法もある。そして選挙期間は短く短期決戦なので、とにかくスピーディーな対応が求められる。できるならもうコンテンツを作っておくくらいでも良い。そしてそのコンテンツをリツイート、シェアすれば良い。

【速さ】

そしてネット選挙において大事なのは速さ。スピーディーなコンテンツの立ち上げや発信。スピーディーなミスへの対応。行動は速ければ速いほど自分の状況は有利になり、相手は後手後手になる。小さなミスや問題には早く対応できればできるほどそれによる被害は最小限に押さえることができる。なにか良いこと、良い功績があったらそれを細やかに発信し、変化や動きを可視化して、オーディエンスにそれを追体験してもらうこともできる。

—————————————————————————————————

下のビデオでネット選挙レクを見ることができる。

July 11, 2013

ネットからリアルへ 座間宮ガレイ流、ネット選挙の戦い方

7月11日ー東京

IMG_1117

ネット選挙が解禁になったこの参院選、皆さんはネット選挙をどう戦っているだろうか。昨日10日、渋谷のカフェで会議室をブッキングし、ブロガーの座間宮ガレイさんがネット選挙のレクチャーを行った。座間宮さんはツイッターのフォロワー数が約1万6千人、YouTubeのチャンネル登録者が1900人以上、そしてなんと言っても日本が脱原発できない大きな一因である日米原子力協定に光を当てた第一人者だ。

座間宮さんはこの参院選中はブロガーとしてネット選挙を全力で戦ってみるのは「おいしい」ということで、候補者達の中で唯一日米原子力協定について言及し、原発事故後ずっと市民運動をして全国を駆け回ってきた東京選挙区の山本太郎(38)さんと、ミュージシャンであり、「選挙フェス」という前例のない選挙戦を全国で展開している全国比例区の三宅洋平(34)さんの2人を参院選で勝たせる為に毎日知恵を絞り発信している。

ここでネット選挙レクで座間宮さんがあげたいくつかのポイントを紹介する。

(1)ストロングコンテンツ

ネット選挙では、ストロングコンテンツを作ることが大切となる。ストロングコンテンツは、短く、見た人に「自分が投票しなければいけない」と思わせ、「絶対に勝つ!」という感情を起こさせるようなものが理想的。個人個人が自分の強みや得意分野を把握した上でストロングコンテンツを作っていくことが大事だ。例えば、座間宮さんのストロングコンテンツはブログや日米原子力協定、山本太郎さんのストロングコンテンツは脱原発、TPP反対や市民運動、そして三宅洋平さんのストロングコンテンツは音楽や感性やカリスマ性。あなたのストロングコンテンツは何だろうか。まず自分のストロングコンテンツを把握し、それを応援している候補者への一票に繋げ、勝つために利用しよう。

(2)情報

「誰が言ったのか」「何を言ったのか」という観点から見ると、情報は2種類に分けることができる。「誰が何を言ったのか」どちらも重要なことであるが、あなたが応援する候補者に票を入れてもらう為に人と話すときに注意しなければいけないのは、その相手がどのように情報を受け取る人間であるかということ。例えば都会人で博学でパッケージよりも物事の内容を重視するような相手ならば、あなたの応援する候補者が「何を言ったのか」という内容や論理を伝えるべきだ。しかし相手が情報に疎い田舎のおばあちゃんだったりした場合は「誰が言ったのか」を話した方が効果的な場合もある。人を動かして票を貰うわけだから、候補者のどのようなことをどんな風にアピールしたら相手があなたの応援する候補者に票を入れてくれるかということを考える必要がある。

(3)ツイッター

あなたはツイッターをやるときにどんなデバイスを利用しているだろうか。スマホは便利だか、スマホでツイッターをやると情報の受信者になりがち。強い発信者になりたい場合は、ツイッターでもブログでもパソコンでやった方が効果的。それは画面が大きい分把握できる情報も大きくなるからだ。ツイッターにはツイートデックというアプリがあり、それを利用するとツイッターをより多くの情報を把握しながら戦略的に管理したり利用したりすることができる。

(4)争点を自分で考える

現在山本太郎さんは当選圏内。しかしまだ当選確実ではない。では他に4位、5位、6位あたりを走っているのは誰なのか?山本さんに援護射撃をするなら、戦う相手が誰なのか把握する必要がある。例えば民主党で「やや苦戦」をしている鈴木寛さんという人がいる。彼はミスター20ミリシーベルトというニックネームで呼ばれ、SPEEDIの隠蔽をして被災者をよりひどい被曝に追いこんだという過去のある人間だ。しかしそのようなことを知っている人間や、原発問題に関心の高い人間はおそらく既に山本陣営だろう。なのでそこを争点にすることの意味はそれほど大きくない可能性がある。つまり、より多くの票を集めるには、山本さんの他の魅力を争点にするのがおそらく有効。例えば山本さんの38歳という若さ、利権と繋がっていないという純粋さ、ボランティアが1000人以上いて市民選挙をしているということなど、脱原発や選挙に関心の薄い人達に対しては、そのようなわかりやすい争点を話すと効果的かもしれない。自分で争点を作ってしまうこともネット選挙では有効。

(5)喧嘩はしなくていい

政治の話をすると、つい熱くなって喧嘩をしてしまうということがあるかもしれない。そんな時は、政治のことで喧嘩しているということは、お互いが日本について、日本を良くするためにはどうしたらいいのか本気で考えているということの裏返しであるということを思い出そう。そうすればより冷静により良い議論ができるのではないだろうか。

これらのことを踏まえてネット選挙を自分なりに戦ってみると、この参院選は非常におもしろい経験になるだろう。個人も一緒に「全員参加型」で、自分にできることをやって選挙を戦うという意識はこれから日本の為になることだろう。ネット選挙についてもっと知りたい人は、座間宮ガレイさんを追うことをおすすめする。

筆者は公示日以来この参院選を見つめていて、多くのドラマが生まれたり、人が心を動かされたり、希望を持ったり、候補者以外の一般人達が行動を起こして戦う姿を見たり、選挙フェスの雰囲気を肌で感じたりしていて、若い人達が立ち上がる時代が来たのではないかと予感したりしている。

原発事故後にテレビ界からはじかれた「市民活動家」と、窮屈な日本に少しでも自分たちの価値観や感性を混ぜてもらうために立ち上がった「ミュージシャン」と、頭の切れる「ブロガー」と、自分たちにも力があると気づいたたくさんの「市民」が化学反応を起こしながら一緒にこの参院選を戦っている。こんなに多様でおもしろい選挙が今まであっただろうか。この現実に起きているある種のムーブメントは見ておく価値があるだろう。次に東京で選挙フェスがあるのは7月14日、渋谷のハチ公前だ。

July 6, 2013

7月5日:参院選を戦う山本太郎と、上野の老若男女の声

7月6日 ー東京

IMG_0914

公示日であり、ネット選挙が解禁した日でもあった4日、火の鳥新聞はブロガー座間宮ガレイさんのリアルタイムの写真のアップデートの助けを得て、山本太郎さんの公示日の1日を追った。

そしてネット選挙の解禁、山本太郎さんや三宅洋平さんなど市民側と極めて距離の近い候補者の出現などがあり、新しいうねりが生まれそうな雰囲気があり、おもしろそうだし、せっかくなので一生懸命ディープに追ってみようということで、2日目の5日は、山本さんの上野での街頭演説の様子の取材に加えて、上野の街にいた人々、アメ横の気のいいあんちゃん達、初々しくてかわいい高校生達、3代続いている果物屋をやっているおじいちゃんから、美しい着物姿の学生2人組まで、様々な人々に参院選、ネット選挙、山本太郎さん、原発問題、日本の政治や選挙についてどう感じているのか聞いてみた。

まず、下のビデオは山本太郎さんのアメ横での街頭演説の様子。原発収束作業員、原発の危険性、放射能汚染、未だに避難生活をしている方々、東電や政治家、食の安全、放射能汚染対策などについて話しています。

そして下のビデオが、山本さんの街頭演説の後に行った上野の人々の街頭インタビュー。様々な年齢、職業、性別の方々からお話を聞いた。一人一人にまんべんなく質問したのでインタビューは長めですが、なかなか興味深く、映っている方々も素敵なので、敢えてほとんどカットせずに載せました。

インタビュー後に雑談をしていた時に、「無関心」について、重富さんが「もっと政治を身近にするPRをしなきゃいけない」と話していたのが印象的だった。

インタビューの技術がまだまだ未熟な筆者ですが、快くインタビューに答えて下さった方々、本当にありがとうございました。

ちなみに今日、7月6日もイベントがある。ミュージシャンである三宅洋平さんは「選挙フェス」というイベントを7月4日から21日まで行っていて、今日の「選挙フェス」は渋谷ハチ公前から始まり、代々木公園のアースガーデンへと移動しコンサートが行われる。「政治をまつりごとに」というスローガンの元に、政治に対する意識改革や、政治を取り巻く根本的な雰囲気を変えよう、という三宅さんの姿勢はとても興味深い。山本太郎さんと三宅洋平さん、この二人の、票の為に戦うのではなく、市民、日本の為に戦うという姿は見ておいた方がいいかもしれない。

【選挙フェス】

日時:2013年7月6日(金) 14:00~20:00

場所:渋谷ハチ公前特設ステージ

14:00 SUNDRUM アフリカンパーカション軍団
14:15 座間宮ガレイ
14:30 CHICO
14:45  宙sora
15:00 NAS
15:15 Ucoca
15:30 OKI
16:00 沖野修也
16:30   ハンサム判治
16:45 K DUB シャイン×DELI×OASIS
17:30 三宅洋平LIVE w/ROOT SOUL.中村新史
18:00 山本太郎(三宅洋平送り出し→アースガーデンへ)
18:30 選挙フェスSPECIAL SESSION w/梅津和時
19:15 山本太郎
19:30 三宅洋平×山本太郎(トークセッション)
19:45 三宅洋平
20:00 終了