Archive for ‘video’

July 7, 2013

7月6日:三宅洋平と「選挙フェス」という新しい政治の感性

7月7日ー東京

IMG_1066

7月6日、東京、渋谷ハチ公前の特設ステージにて、炎天下の中「選挙フェス」が午後2時から8時まで行われた。この「選挙フェス」という政治をまつりごとにしようという、日本では前例のないコンセプトを発案し、見事に実行に移し多くの聴衆を集めているのは、緑の党推薦候補、全国比例で立候補している三宅洋平さんだ。7月4日に選挙戦幕開け以来、胸に直接響く言葉と感性と音楽と、アメリカで始まった世界的な市民運動オキュパイ運動を彷彿とさせるビジョンを力強く披露し、今までの日本の選挙には前例のない臨場感やある種の予感や期待を生み出している。

なぜミュージシャンである三宅さんが参院選で立候補するのかについて三宅さんは、「日本を僕ら色にちょっと染めたい」と言う。つまり、今の日本を変えたいならば、自分達のような感性を持った人間がまずは政治に混ぜてもらわなければいけないと彼は考えたのだ。

「俺は選挙を絶対に楽しくしたいの。政治を必ずおもしろくしたいの。眠ってるみんなを覚ましたいの。おかしいことをおかしいと言える人々にしたいの」彼はこう言う。「おかしいことをおかしいと言える」これは原発事故後の政府や東電の対応を見ている多くの見識ある国民が感じていることではないだろうか。しかしそのような声を繁栄してくれる政治家は出て来なかったし、言っても説得力のないということがほとんどだった。しかしミュージシャンであり、市民との距離が極めて近い三宅洋平の選挙フェスでのライブや街頭演説を見つめる人々の中には、この人なら自分たちの声をきちんと国会に持って行ってくれるかもしれない、と感じていた人々も少なくないのではないだろうか。

三宅さんが演説中に言った「なんで山本太郎だけ10円ハゲできてんの?なんで俺の声だけ枯れんの?」という言葉が筆者には印象的だった。これは有権者も一緒に戦わなければ、2人だけの力では勝てないという意味だが、同時に痛快な「おまかせ民主主義」への批判ではないだろうか。市民が無知であることを意識的に拒み、勉強し、社会について考え、積極的に政治について話し合ったり参加することは本来民主主義社会の理想だ。日本が良くならないのは何も政治家だけのせいではない。市民の無知や無関心はいつか治さなければいけない民主主義にとっての病気だ。

そして「家に帰ったらみんなの番だよ」とも三宅さんは言っている。それは野党や無所属の新人で、選挙資金の少ない山本太郎さんや三宅洋平さんのような候補者を勝たせて国会に送るには、応援する人間が一票入れるだけではなく、横の繋がりを広げ、周りの友達や家族が自分の応援する候補者に票を入れてくれるように、応援する側も候補者と一緒に戦わなければいけないという意味だ。ネット選挙が解禁になった為、ソーシャルネットワーキングサイトを有効に利用して、選挙資金の少ない若い候補者が戦えるかどうかというのもこの選挙の見所の一つだろう。

昨日の渋谷での選挙フェスでは、数々のミュージシャンの出演に加え、プロのブロガーであり、日米原子力協定という脱原発の為にはネックとなる協定について暴いている座間宮ガレイさんの初の公共の場での演説があった。そして東京選挙区に無所属で立候補し、原発問題やTPPについて、見識に基づき厳しい言及をしている山本太郎さんも演説を行った。

昨日の渋谷ハチ公前での「選挙フェス」での雰囲気は、筆者がアメリカのニューヨークで経験したオキュパイ運動が始まった時の雰囲気と酷似していた。オキュパイ運動とは2011年9月にアメリカで始まった市民運動。アメリカでは超エリートである人口のたった1%の人々が、国の40%以 上 の富を独占し、もちろんロビー活動により事実上政治を動かしている。そしてアメリカ式資本主義により、傷つけられ失われてゆくものは、底辺の労働者達や、 環境や文化だ。破壊すること、搾取することによって成長する経済の構造、システム、銀行や大企業に、真っ向から声を上げたのがオキュパイ運動だった。力なき声なき市民の声を代弁したオキュパイ運動はあっという間に世界中に広がった。

この参院選をきっかけに、日本からも良い流れが生まれるのではないだろうか。日本や世界の未来は私たち一人一人にかかっている。今まで選挙や政治に興味がなかった人達も、とりあえず選挙フェスに出かけてみるといいだろう。音楽や人間らしさが溢れる選挙フェスによって選挙のイメージが覆され、政治に関心を持つきっかけになるかもしれない。

三宅洋平オフィシャルサイト https://miyake-yohei.jp/

Advertisements
February 28, 2013

Five Steps To Spend A Really Fun Thursday Night In San Diego

February 28th, 2013 -San Diego, California

1. Jenga. Start out the night by playing Jenga with good friends to get blood circulation going. Moderate amount of alcohol recommended at this stage. This is a crucial stage to get a momentum going for the night.

IMG_6374

2. “Phantom Vernacular” closing reception at Disclosed Unlocation 6-9 p.m.

Disclosed Unlocation: 1925 30th Street, San Diego

After the Jenga session, go see some art, think and play with your perspective. Group Art Installation by Jfre Robot Coad, Andrea Giaier, William Goff, Shoko Hachiya, Daniel Headley, Annie Perkins and Cari Veach ,which had a opening back in December 2012, is going to have a closing reception tonight to say good-bye. J Doerck and Jason Sores are going to be playing audio component for the show.

3. VAMP Showcase “Dirty Talk vol.2” at Whistle Stop Bar 8:30-11p.m.

After getting some wine and cheese and art blast at the gallery, walk to Whistle Stop for some story time. Every last Thursday of the month is So Say We All’s VAMP Showcase at Whistle Stop Bar. Sip your drink, relax and listen to unique stories performed by cute intelligent locals. Tonight’s vamp features David Latham, Juliet Escoria, Marion Wilson, Justin Hudnall, Jennifer Jamall, Eddie Deull, Yesi Padilla, Holland Holzer, Delia Knight.  https://www.facebook.com/events/458346487555381/

4. Drinking Whiskey on the beach

VAMP showcase ends early, around 11p.m. So why not go to the beach and drink some whiskey with friends, listen to the ocean, have some intellectual talks and look for UFO.

IMG_7672

5. Someone’s birthday party in a random hotel room

After the beach, go to the random hotel birthday party that you were somehow invited to.

IMG_7675

December 29, 2012

anticlimaxikovsky -short film

anticlimaxikovsky is my new short film that I shot in Manhattan and Brooklyn. It is a playful experimental film full of varieties of music such as noise music, garage rock, 8bit music and pop rock. I tried to emulate Hiroshi Teshigahara’s style a little bit so you might see that a tiny bit.

アンチクライマクシコブスキーは私がマンハッタンとブルックリンで撮影したショートフィルムです。遊び心のある実験的フィルムで、ノイズミュージック、ガレージロック、ゲームボーイミュージック、ポップロックなど、様々な音楽を使っています。勅使河原宏さんのスタイルを見習おうと試みたので、ほんの少しそんな感じがするかもしれません。

It’s been about a year since I started making videos. A video below, Sound of Rain, is one of the very first videos I made. This year is ending, and I’m looking forward to making new films.

ビデオを作り始めてから約一年になりますが、下のビデオは初めて作ったビデオの一つです。年ももうすぐ終わりますが、また新しいフィルムを作っていくのが楽しみです。

December 5, 2012

JOY: Casbah 8/31/12

Eagles Nest Productions hour long psychedelic music video project with JOY is done!

サイケデリックロックバンド、ジョイの約一時間のビデオが完成しました!

Congrats JOY for their first record release!

JOY: Zack Oakley, Paul Marrone, Justin Hulson

filmed by: Ayari Kanezashi, Shoko Hachiya, Tom Rowden

sound recording by: Glendon Romett

sound mix by: Chris Grundy

lighting by: Operation Mind Blow

edited by: Shoko Hachiya, Glendon Romett

Produced by: Eagles Nest Productions

Thank you everyone who helped to make this production possible.

http://www.reverbnation.com/joyband

December 1, 2012

A Few Hours/ A Few Things

IMG_3157

In the last few hours

2、3時間の間に

I fed turkey to my black cat, cooked my own vegetarian dinner and ate it.

黒猫に七面鳥をやり、自分のベジタリアンの夕食を作り食べた。

Meat for cats, vegetables for people.

猫には肉を、人には野菜を。

Then I made this video for tomorrow’s show. “Phantom Vernacular”

それからこのビデオを明日のショーの為に作製。「実在しないお国言葉」

I relocated onto the couch and read a few chapters of 1984 by Geroge Orwell while listening to Cathedral X.

それからソファに移動し、カテドラルXを聴きながらジョージ・オーウェルの1984を読んだ。

Music started becoming louder in my head, took over, and I fell asleep on the couch.

音楽が頭の中で大きく響き始め、取って代わり、私はソファの上で眠りに落ちた。

—————————————————————————————–

One time one of my roommates came home drunk, sort of raged and confused, like an avalanche.

一度ルームメイトの一人が酔っぱらって、激怒し混乱しながら、雪崩のように家に帰ってきた。

She repeatedly said, “People are so weird!”

彼女は繰り返し何度も「みんなおかしい!」と言った。

She certainly had a point that night.

その夜確かに彼女は的を得ていた。

November 19, 2012

Films and a Film in Progress

I started making a short film that I was talking about since the NYC trip. It is an experimental film and all of the music in the film is my friends’ and the girls in the film are also my friends from high school met up in NYC. This video is an intro for the film. Music (moon jam) is by Jamaal Clarke.

ニューヨークの旅行以来話していたショートフィルムを作り始めました。フィルムはエクスペリメンタル(実験的な)フィルムで、音楽は私の友達の音楽で、演技もニューヨークに集まった高校時代の友達に頼みました。このビデオはフィルムのイントロで、音楽はジャマール・クラークです。

The reason why I decided to do this project was a short film by Hiroshi Teshigahara. Just before the NYC trip, I was watching his short film White Morning and got really inspired to make an experimental short film. His other works such as Woman in the Dunes, based on Kobo Abe’s novel, are very well done, artistic, interesting, and not typical.

刺使河原宏さんの作ったショートフィルムがこのプロジェクトをやることにした理由でした。ニューヨークに行く数日前に彼のホワイトモーニングというショートフィルムを観て感化され、エクスペリメンタルフィルムを作ることにしました。安部公房の小説に基づいて作られた砂の女のような彼の他のフィルムはとてもアーティスティックで、興味深く、とても独特です。

Since this post is about films, I want to take this opportunity to introduce an animation and a film that are done by my friends around the town.

このポストはフィルムについてなので、この機会に同じ街に住んでいる友達の作ったアニメーションやフィルムを紹介したいと思います。

Kleeman and Mike is done by Randall Christopher. It is a comic animation about skateboarders, Kleeman and Mike. The movements of skating is based on Mr. Christopher’s pro-skater friends. It’s a show for children, but it is very intelligent, cleverly written and quick witted. So it is enjoyable for adults as well.

クリーマンとマイクは、ランダル・クリストファーによるスケートボーディングのアニメーションです。スケーターのアニメーションの動きは、彼の友達のプロスケーターのスケーティングを基にしていて、とてもリアリスティックです。ショーは子供向けですが、とても知的で、脚本はとてもクレバーで機知に富んでいるので、大人も楽しめます。

And this film is by my friend Samsy. The film consists of shots across California, Peru, the Yucatan, and Sindel’s bedroom. Sam said “it’s a life style movie.” Shots of nature are stunningly beautiful, and the pace of the film is easing and relaxing. Very unique film.

このフィルムはサムによるもので、カリフォルニア、ペルー、ユカタン、シンデルのベッドルームなどのショットで溢れている「ライフスタイルムービー」です。自然のショットはとても美しく、フィルムのペースはとても緩和で、観ているととてもリラックスした気持ちになる、とても独特なフィルムです。

Hope you enjoy them.

楽しんで下さい。

November 10, 2012

Hour Long Psychedelic Music Video Project

Eagles Nest Productions have been working on a video covering the whole live set of San Diego local psychedelic band JOY. The band’s show was at Casbah on 8/31 along with Astra, Dahga Bloom, and Shiva Trash. Local record label Cave Punk released JOY’s first album that night, it was a great party. Every band that night was thoroughly enjoyable. Some were very intense. And Operation Mindblow killed it with their lighting show with exploding and flowing colors. They even had a projection of live fish swimming. Science! I think watching solid musicians play live set and get body and soul shaken by the sound is equivalent to eating infinite popcicle and drinking infinite beer by the great ocean in a hot perfect summer day naked with best friends. It’s a powerful and important experience for creative ever developing humans.

After working on the JOY footage for 2 months, the video is finally coming together. Here is a 2 minutes promo video for you to enjoy until it’s finalized.

Also, you can listen to some of the JOY’s album here.

August 28, 2012

Eagles Nest 2nd art/ music/ film show

The place I live is called “Eagles Nest” because it is on the 3rd floor with a good view. We can see the city lights of Tijuana in distance at night because we are (San Diego is) close to the border.

私の家は見晴らしの良い3階にある為、イーグルズ・ネスト(鷲の巣)と呼ばれています。メキシコとの国境に近く、夜になるとバルコニーからティファナの街の明かりが見えます。

The reason why Eagles Nest started having a show was because I made a 2 hour long film as my final project against my professor’s will last year, so we did a screening party/ art show. Last December’s show was a success, many people came out to the show, so we decided to do the 2nd one. All the roommates cooperated to make the 2nd show happen on 8/17. We converted the house into the galleries and made the living room a screening room. And this time more artists, musicians and filmmakers participated.

去年の冬に私が大学の課題として、教授の意に反して約2時間のフィルムを作ったので、そのフィルムの試写会をしようというのがイーグルズネストでアート/フィルム・ショーをやるきっかけでした。去年の12月のショーが成功だったので、2度目をやろう!ということで、ルームメイト4人全員一致団結してそれを先日8月17日に第二回目のショーを実現させました。ショーの為に家をアートギャラリーに改造し、リビングルームを小さな映画館としました。2度目ということで、今回はより多くのアーティストと、ミュージシャンが参加しました。

We wanted the show to be informal and unpretentious, and didn’t want people to feel a weird lump like I do sometimes at art shows. And I hope the show was a good stimulant for local artists. Overall I personally had a very good time organizing and hanging out with many friends at the show, and hope everyone else enjoyed the show as well.

形式的で堅くなく、妙なしこりのない楽しい夜を過ごすことができました。地元のアーティストにとって、こういった機会はとても刺激になるのではないかと思います。そして来てくれた人々は皆家中に飾られたアートやライブミュージックやフィルムや料理や会話を楽しんでれたように思います。

You can watch the video of the show. ビデオはこちら。

List of the visual artists: Shoko Hachiya, Ayari Kanezashi, Sam Hears, Danica Molenaar, Robert Khasho, Jefry Coad, Josh Wessling, Jeremy Woodall, Jenni Simms, Kristy Hayden, Matthew Groves, Clay Kolts, Julie, Maria Cochina, M.R. Volpe

今回参加したビジュアル・アーティストはShoko Hachiya、Ayari Kanezashi、Sam Hears、Danica Molenaar、Robert Khasho、Jefry Coad、Josh Wessling、Jeremy Woodall、Jenni Simms、Kristy Hyden、Matthew Groves、Clay Kolts、Jury、Maria Cochina、M.R. Volpeの15人。

Live music performance was by The Napps and Tyler Daughn.

Jonathan Owens と彼の友達、それとTyler Daughnがライブミュージックパフォーマンスをしてくれました。

And films were Randall Christopher’s new animation, Maria Cochina’s music videos, Jeremiah Wessling’s Cheryl & Tammy, Clay Kolts’ music video and Shoko Hachiya’s The Bike Shop. After the screening, we showed Eagles Nest Productions’ local music showcase.
それからフィルムはRandall Christopherの新作アニメーションと、Maria Cochinaのミュージックビデオ、Jeremiah WesslingのCheryl & Tammyシリーズ、Clay Koltsのミュージックビデオと、Shoko HachiyaのThe bike shopのスクリーニングをしました。スクリーニングの後は、Eagles Nest ProductionsのLocal music showcaseを流しました。

Also Eagles Nest residents cooked lots of food for the party. I wasn’t used to cook that much food so my head got really confused, forgot what I was doing while I was cutting daikon radish, and the room temperature rose, but it was worth the effort. And of course the head chef Fernando Astorga’s moves in the kitchen was eye-openingly beautiful.

それからイーグルズネストの居住者達が、腕によりをかけてパーティーの為に料理をして、来てくれてた人達に振る舞いました。あれ程の量の料理をするのに慣れていない為、私の頭は軽い錯乱状態となり、キッチンの温度もかなり上がりましたが、皆料理を楽しんでくれたのでそれも報われました。そしてなんと言ってもヘッド・シェフのフェルナンドの活躍には目を見張るものがありました。

The day after the show, I was drinking coffee and trying to read a book at a cafe, but I realized I was severely hangover because I couldn’t understand anything that I was reading. All the hosts spent the day hooked to IB.

ショーが成功に終わった次の日、私はカフェに行ってコーヒーを飲みながら本を読んでいると、全く本の内容が理解できなかったことから、極度の二日酔いだということに気づきました。主催者達は全員二日酔いで、点滴を打ちながら翌日を過ごしました。

End

August 6, 2012

Videos from Eagles Nest Night

Eagles Nest’s Glen hosted a show at the Tin Can on 7/17.

Line up was

Mystery Cave, Killer Swan, Californino, Rebuilder and The Sound Grove

It was Tuesday night but many friends came out and became a really fun night.

Fernando did live visual for the artists and I filmed the performance and later made videos.

I am happy documenting local music and art, and it is satisfying to consistently making media arts and piling them up 🙂

I made 4 videos from the night. I hope you enjoy watching them.

Mystery Cave + Killer Swan, Californino, Rebuilder and The Sound Grove

July 10, 2012

Real ART: Reflection of the reality

Lately I’ve been hearing lots of good news from Japan about anti-nukes movement that’s been going on after 3.11 nuclear power plant incident.

最近3月11日の福島の原子力発電所事故によって反原発に関するいいニュースがたくさん日本から聞こえてきます。

This street performance by Frying Dutchman is very informative, moving, poignant and straight to the point.

このフライングダッチマンの路上パフォーマンスはとてもインフォーマティブ、感動的で、痛切で、そして的を得ています。

Country like Sweden is already progressing towards generating energy without nukes. We already have the technology to achieve it.

スウェーデンのような国はすでに原発なしで発電していく方向に向かっています。私たちは、すでにそうするためのテクノロジーを持っています。

It is obviously wrong to put the country, citizens and the nature that keeps us alive in risk for the sake of some elites’ profits.

一部の人々の利益の為に、国や国民や私達を生かしてくれている自然を犠牲にするのは、明らかに間違っています。

Support clean energy.

クリーンな自然エネルギーを支持しましょう。