Archive for ‘short story’

December 1, 2012

A Few Hours/ A Few Things

IMG_3157

In the last few hours

2、3時間の間に

I fed turkey to my black cat, cooked my own vegetarian dinner and ate it.

黒猫に七面鳥をやり、自分のベジタリアンの夕食を作り食べた。

Meat for cats, vegetables for people.

猫には肉を、人には野菜を。

Then I made this video for tomorrow’s show. “Phantom Vernacular”

それからこのビデオを明日のショーの為に作製。「実在しないお国言葉」

I relocated onto the couch and read a few chapters of 1984 by Geroge Orwell while listening to Cathedral X.

それからソファに移動し、カテドラルXを聴きながらジョージ・オーウェルの1984を読んだ。

Music started becoming louder in my head, took over, and I fell asleep on the couch.

音楽が頭の中で大きく響き始め、取って代わり、私はソファの上で眠りに落ちた。

—————————————————————————————–

One time one of my roommates came home drunk, sort of raged and confused, like an avalanche.

一度ルームメイトの一人が酔っぱらって、激怒し混乱しながら、雪崩のように家に帰ってきた。

She repeatedly said, “People are so weird!”

彼女は繰り返し何度も「みんなおかしい!」と言った。

She certainly had a point that night.

その夜確かに彼女は的を得ていた。

November 25, 2012

Turkey and My Theme

Why would she be so ordinary while the world is filled with infinite things? It might be because she ate turkey every year for last 250 years, even without putting herself in a shoe of turkey once. Of course I do not know how I can precisely put myself in a turkey’s shoe, but at least I know what could happen to a turkey could easily happen to myself. She might have spent a tremendous amount of energy to be ordinary and silently have killed many things. Maybe I should have lowered my flag way earlier and lived earnestly like her. Also she probably could handle various things better than I could.

世界には無限に物事が溢れているのに、なぜ彼女はあんなに平凡なのだろう?それは過去250年間彼女は感謝祭に欠かさず七面鳥を食べ続けてきたからかもしれない、それも七面鳥の立場に一度も立つことなくだ。僕にもどうやったら正確に七面鳥の立場に立てるのかはわからないけど、僕は少なくとも、七面鳥に起こりえることは、僕の身に起こってもおかしくないということを知っている。彼女は平凡になるために莫大なエネルギーを使い、平凡になるためにたくさんの物事を黙殺してきたのかもしれない。もしかしたら僕も彼女のようにすごくマジメに、さっさと旗を降ろして生きるべきだったのかもしれない。それにきっと彼女はいろんなことを僕よりも上手くやることができるだろう。

But I think like this.

だけど僕はこう思う。

I have to release my soul from: the curse of school training, repetitive everyday, simplified thoughts, generalized aspects and standardized themes.

僕は学校教育の呪いから、反復する毎日から、単純化されてしまった思考から、一般化されてしまった見地から、画一化されてしまったテーマから、僕自身の魂を解放してやらなければいけない。

That is my theme.

それが僕のテーゼだ。

 

September 3, 2012

Good bye Jon Blaj and Neat Beats

When Jon visited my house a couple of days before he left San Diego, I pulled my gun from my waist and pointed at his head. Then, I turned the gun away from his head and shot the California Condor that was flying outside the window. It was the last wild California Condor alive, but of course it doesn’t matter to me. I asked “How much cash do you have?” And pale-faced Jon handed me all the money he had in his wallet. I thought that I could have thrown a rock in the air and cut it in half in the mid-air with a Samurai sword with Japanese Samurai soul, but I re-thought. Unfortunately Samurai sword is illegal in Japan, and merely possessing it is illegal. Also this is America, the country of cowboys. So I ended up choosing the most logical and legal and easiest option. Outside the window, crows were curiously staring at the fresh carcass of the last wild California Condor.

*This is a fiction

ジョンがサンディエゴを去る数日前に私の家を訪れたとき、私は腰のところに挟んでおいた銃を彼の頭に突きつけました。そしてそれをそらして窓の外を飛んでいたカリフォルニア・コンドルを撃ち殺してみせました。それは野生で最後のカリフォルニア・コンドルでしたが、そんなことはもちろん私には関係ありません。「現金でいくら持っている?」と聞くと、彼は真っ青な顔で財布の中のお金を全て私に手渡しました。侍の魂とも言える日本刀で外に転がっている石を宙に放り、それを空中で切ってみせてやっても良かったな、と思ったのですが、私は考え直しました。残念ながら日本刀は少なくとも日本では違法で、それを持つことは違法なのです。それにここはカウボーイの国アメリカなので、手近で簡単で合法な銃を選ぶというロジカルな選択に至ったわけです。窓の外ではカラス達が今できたばかりのカリフォルニア・コンドルの死骸を興味深そうに見つめていました。

※この話はフィクションです

Thank you Jon for buying my art. Hope you enjoy them. And  I hope Jon, Tara and Alvin enjoy the new city and keep discovering the different and interesting aspects of life.

ジョン、私のアート買ってくれてありがとう。ジョンとタラとアルヴィンの3人が新しい街で実りある日々を過ごし、人生の違った面や興味深い面を発見し続けることを祈っています。

Looking forward to seeing Neat Beats again as well.

またニート・ビーツのライブを見るのも楽しみにしています。

August 23, 2012

Rice Cooker/ Entrance to the other dimension

The rice cooker with ingenuity came to our house when my new roommate moved in.

新しいルームメイトが引っ越してきた時に、創意工夫に富んだ炊飯器を我が家に持ってきた。

This rice cooker is such an excellent product that plays a melody line from Japanese children’s folk music when it starts cooking and finishes cooking, and makes me feel warm. And of course its fundamental function as a rice cooker is perfect as well, it cooks rice and keeps rice warm and moist and tasty for extended time.

炊飯器はお米を炊き始める時と炊き終えた時に、日本の民謡のメロディーを演奏し、ほっとした気持ちにさせてくれるという、とても気の利いた優れものだ。そしてもちろんお米を炊き、長い時間に渡ってしっとりと保存するという炊飯器にとって根源的な機能の方も滞りない。

I was very happy that I was always able to enjoy tasty rice as any proud Japanese person should be. My life was up-graded.

私は日本人らしくおいしい米をいつも食べられるようになり、とても嬉しかった。
暮らしがグレードアップしたのだ。

However, seasons changed from Spring to Summer, and Summer is the prime season for bugs. A couple of month after we deployed the rice cooker to our kitchen, the roach issue started get worsen.

しかし、季節は春から夏へと変わり、夏と言えば、虫が最も勢力を得る季節だ。炊飯器が導入された数ヶ月後、私たちの家では、ゴキブリ問題が深刻化し始めた。

One day, roach babies were witnessed inside the display screen of the rice cooker. And it was the beginning. Two months later, when I turned on the rice cooker, the electric melody was played as usual. However, several minutes later, many roaches were witnessed around the rice cooker. I called my roommate for help, and everyone saw the scene was in awe.

ある日、炊飯器の表示スクリーンの内側のところに小さなゴキブリの赤ん坊達がいるのが目撃される。それが始まりだった。そして、その約二ヶ月後、私が夕食を作ろうと思い、炊飯器のスイッチを入れると、電子音のメロディーがいつものように日本の民謡を奏でた。しかし、数分後、見逃せないほどの数のゴキブリ達が炊飯器の周りをうろついているのが発見される。私はルームメイトに助けを求め、その場面を目撃した全員が唖然とする。

Roaches were comfortably living inside the rice cooker.  Apparently, roaches evacuated outside the machine because they couldn’t tolerant the heat when the rice cooker was cooking rice.

ゴキブリ達は、炊飯器の中でぬくぬくと生活していたのだ。どうやら米を炊いている炊飯器の熱に耐えられずに、炊飯器の中に住んでいたゴキブリ達が避難してきた模様である。

The next day, my roommate took the rice cooker to the space 3 stories down from our place and conducted a dismantling operation. I was on standby at the 3rd floor and heard my roommate screamed. I couldn’t abandon my buddy so went downstairs to check on him. His roach combat spray was already empty, and he was agitated. I was also surprised at the number of roaches. However, they looked defenseless outside the kitchen, under the bright sun. The eerie powerful aura they wear in the kitchen at night was gone. So I gained courage to stomp them regardless of age or sex.

次の日、私のルームメイトが炊飯器を家から3階下にある広場に持ち出し、そこで炊飯器の解体作業を行った。3階で待機していると、ふいに下からルームメイトの叫び声が聞こえてくる。仲間を見捨てるわけにはいかないので、下に行って様子を見てみると、ゴキブリ退治用のスプレーは既に空になってしまったようで、ルームメイトはうろたえていた。ゴキブリの数に、私も驚いた。しかし、屋外で昼間の太陽の下にさらされたゴキブリ達はとても無防備に見えた、夜のキッチンで彼らがまとっている不気味な迫力は消え失せていた。なので私は強気になり、次々に老若男女かまわずゴキブリ達を踏みつぶした。

After the battle, we stared at the rice cooker. Dismantled rice cooker looked strangely bare. It looked like something that was not rice cooker. It looked like a time-machine to my eye. There were hundreds of roaches inside this small rice cooker. Perhaps, this rice cooker was an entrance to the other dimension. My imagination expanded.

戦が終わった後、私たちは炊飯器を見つめた。解体された炊飯器は不思議とガランとしていて、炊飯器ではない他の何かに見えた。それはタイムマシンのように私の目には映った。この小さな炊飯器の中から、何百というゴキブリ達が出てきたのだ。もしかしたら、この炊飯器は異次元への入り口か何かだったのではないか、と想像が膨らんだ。

Below are photos of the dismantled rice cooker.

下は解体された炊飯器の写真。

January 13, 2012

Visual Poem/ Oh Man Poem

This is the second visual poem I made.
The first one is called “Sound of Rain”
Compared to the first one, this one is more fun and humorous.

これは私が作った2つ目の視覚的な詩です。
最初のは「雨の音」という題です。
最初の詩と比べて、これはもっと楽しくユーモラスな詩です。

Hope you enjoy this.

楽しんでくれると嬉しいです。

January 8, 2012

Jamuel Saxon hangs out with Haruki Murakami ジャミュエル・サクソン、村上春樹と遊ぶ

Keith Milgaten and Jayson Ehm from Jamuel Saxon are San Diego’s musicians that I have genuine admiration for.
I feel very lucky that I could contribute a little bit in their
creative process by making an album cover for their album Pre-Madonnna that is going to be released from Single Screen Records on January 17th. The album release party is on Jan 19th at Casbah.
Thanks!

ジャミュエル・サクソンのキースとジェイソンは私が心から賞賛する
サンディエゴのミュージシャンです。今月17日にシングル・スクリーン・レコードからリリースされるプレ・マドンナのアルバムカバー作成という形で、少しだけ彼らのクリエイティブ・プロセスに関わる事ができてとても幸運に思っています。今月の19日にカスバでアルバム・リリース・パーティーがあります。
ありがとう!
——————————————————————-

One night, When I and Keith and Jayson and Haruki Murakami were drinking whisky together, Haruki said, “Act of making something from absolute zero nothing takes lots of whisky and beer, and imagination and energy that are so intense and enormous that could distort and deform your head.”

ある夜、私とキースとジェイソンと村上春樹がウィスキーを飲んでいると
春樹が「ゼロからものを作り出すという作業は、たくさんのウィスキーやビール、
そして、頭がねじれて変形してしまうくらい強烈な想像力と膨大なエネルギーを要する」と言った。

Haruki is a guy who was usually quiet. Because Haruki suddenly came out with dense sentences, Jayson looked at him skeptically, Keith stopped his thoughts about his new remix, and I forgot 3 nights worth of dreams and 2 mathematical equations in a split second.

普段あまり喋らない春樹が突然密度の濃いセンテンスを口走ったので、ジェイソンは
懐疑的な目つきで春樹を見つめ、キースは新しいリミックスに関しての思考を一端中断し
私は3日分の夢と2つの数式を一瞬にして忘れた。

The sound o Haruki eating pistachio echoed in the room as if it’s some sort of foretaste.
When Jayson drunk beer, the sound of liquid running through his throat made surprisingly loud sound.
The sober world of Keith is about to reach 3 month of its existence, and only the birds who cry at night know what it’s like.
I observe bizzarre dynamic of three guys and drink straight whisky.

春樹がピスタチオを食べる音が、なにかの予兆のように部屋に響いた。
ジェイソンがビールを飲むと、液体が喉を流れて行く音が驚く程大きく聞こえた。
3ヶ月に及ぼうとしているキースのシラフ世界がどのような世界なのかは、夜に鳴く鳥
だけが知っている。私はそんな3人の奇妙なダイナミックを見つめ、ウィスキー
をストレートで飲む。

Haruki said, “There are kinds of things you can realize only in the superior music. In some cases, it is so powerful that it changes people’s lives when the raw sound seeps through not only ears but also skins to shake organs then to reach brain.”

「世の中には優れた音楽の中でしか気づけないタイプのものがある。生の音が耳だけでなく皮膚を通過して内臓に力強く響き、それが脳に届くとき、場合によってはそれは人の人生を変えてしまうくらいの力がある」と春樹が言った。

When Keith and Jayson started playing music from laptop and keyboard and drums set up in the room, Haruki started dancing as if it was some sort of predestination he couldn’t change anything about it.

部屋にセットしてあるラップトップを使ってキースが音楽をやりだすと
春樹は、これはある種の宿命で、自分でもどうしようもないんだ、という感じで
踊り出した。

When I woke up in the morning, Haruki was gone. And there was a memo that wrote,”I like brave people who are able to create something. Intelligent Dance Music. And All God’s Children Can Dance.”

次の日の朝目覚めると、春樹はいなくなっていて「僕は何かを作り出すことができる勇敢な人々が好きだ。インテリジェント・ダンス・ミュージック。そして、神の子どもたちはみな踊る」と書いた紙が置いてあった。

※This is a fiction
※この話はフィクションです

Bandcamp
http://jamuelsaxon.bandcamp.com/

Article on Reader
http://www.sandiegoreader.com/weblogs/jam-session/2011/dec/12/jamuel-saxon-new-year-new-video-new-album/

September 10, 2011

A Day In September. 9月の1日。

It was the first week of September and the first rainy day after the summer faded.
I spent all morning having sex with my girlfriend in bed, on a chair, on a desk, on floor. It seems like I hate condoms more and more as I get older.

それは9月の最初の週、そして夏が後退した後の最初の雨の日だった。僕は午前中ずっとベッドの中や、イスの上、机の上、床の上なんかでガールフレンドとセックスをして過ごした。年を取るにつれて僕はコンドームというものをますます嫌いになるようだ。

I love how her nose moves like a pink pig’s when she is shows affection. Today I got to see her lovable movement of her nose once. Although it is not as rare as rain in San Diego, she still does it only rarely.

僕は彼女が愛情を見せるときの、ピンクの豚のような鼻の動き方が大好きだ。今日はその愛らしい動きを1度見る事ができた。サンディエゴの雨ほど珍重ではないにしても、彼女はそれを滅多にやらない。

I liked how the rain signed long summer’s declination and quiet but sure arrival of the fall like a poet. It hadn’t rained for very long time in San Diego. Season of change. It hits my every sense so I know.

僕は静かだけど確実な秋の到来と、長い夏の後退を雨が詩人のように印したのが気に入った。サンディエゴでは長い間雨が降らなかった。季節の変化。それは僕のあらゆる感覚を打つ、だから僕にはそれがわかる。

I told that to my girlfriend, and she knew it too. So we had sex again. This time we set a mirror in front of the bed. We looked just like 2 snuggled up seals.

それを僕のガールフレンドに言うと、彼女にもそれがわかっていた。だから僕らはまたセックスをした。今回は僕らは鏡をベッドの前に置いた。僕らは心地よく寄り添う2頭のアシカそっくりに見えた。

In the afternoon, I tried to add a symmetrical effect on my painting called “Where I Got Kidney Infection.” So far, I have spent 54 hours painting this piece, excluding 30 hours of staring.

午後には「僕が腎感染症をもらった場所」というタイトルの絵に左右対称の効果を加えることを試みた。今のところ僕は、30時間の眺める作業を除いて、54時間をこの時間に費やした。

I went out to Casbah with my friends at night. 7 more friends I wasn’t expecting to see were there.

夜には友達とカスバに行った。7人の会うと予想していなかった友達もそこにきていた。

Paul Remund was playing sharp and metallic drums behind 2 dancing girls dressed up in seductive Arabian styled costumes in a band called Carthedral X. Always liked Paul’s drumming. Somehow I felt like I was in San Francisco. But I was in San Diego. San Diego is a secret.

カセドラルXというバンドで、ポールリマンドが、アラビアンスタイルの魅惑的なコスチュームに身を包んだ2人のダンサーの後ろで鋭くメタリックなドラムを叩いていた。僕はポールのドラムが好きだ。どういうわけか、僕は自分がサンフランシスコにいるような気がした。だけど僕がいるのはサンディエゴだった。サンディエゴは秘密だ。

I realized that I didn’t like Chromatics that much when they were 30 minutes into their set. While I was telling that to my friend during the set, my feet and knees and head were still moving to their music. I could see the singer’s fake eyelashes from 20 meter away, and it pulled me.

クロマティックスがパフォーマンスを開始した30分後あたりで、僕は彼らがあまり好きでないと気づいた。僕がそれを友達に話している間、僕の足と膝と頭はまだ彼らの音楽に合わせて動いていた。僕は20メートル先からシンガーのつけまつげを確認することができた。そしてそれは僕を引っ張った。

Glass Candy was awesome. It pleased me every single time the singer screamed. I danced with my friends and all of us got all sweaty, and we laughed a lot.

グラスキャンディーは最高だった。僕はシンガーが叫ぶ度に喜んだ。僕は友達と踊り僕らはみんな汗だくになった、そして僕らはたくさん笑った。

After the show was over, I was chatting with my friends. Talked about new life. My friends moved to LA found needles on the ground in their new neighborhood. He took a picture of the needle and sent it out to his friends, “Welcome to the new neighborhood.”

ショーが終わった後、僕は友達と話をしていた。新しい人生について話した。ロスアンジェルスに引っ越した友達は、近隣で注射の針が地面に落ちているのを見つけた。彼は注射器の写真を撮り、友達に送った。「新しい街へようこそ」

When I stepped out from the building, night air was very fresh.
僕が建物から出たとき、夜の空気はとても新鮮だった。

August 4, 2011

カラスはとてもハンサムな顔をしている。A crow has a very handsome face.


a very handsome crow

自己嫌悪にはまり込んで、体中がこわばり、血圧が上昇するのがわかった。
clearly felt self-loathing was stiffen up the body and raised the blood pressure.

これは絶対に健康に良くない、これは絶対に健康に良くない!
This is definitely bad for the body, this is absolutely bad for the body!

のりこはそう思いながら、高血圧で、脳の血管がプツリと切れて死んだ祖父のことを思い出した。
Noriko thought and recalled her grand father. He died because a vein in his brain cut because of high blood pressure.

手がわなわなと震え、何か叩き壊せるなら是非たたき壊してやりたかった。
Her hands were shaking and she wanted to break something if possible.

だけど、モダンな人間はストレスを破壊行為で発散したりしないのよ
とのりこは自分に言い聞かせた。
But, modern humans don’t deal with stress by destroying things, she told herself.

なので彼女はワインのボトルを開けた、それをグラスに注いだ。
So she opened a bottle of wine and poured that into a glass.

それでも自己嫌悪から発生する行き場の無いイライラは、次から次へと湧いてきて、それが無くなる気配は無かった。
But the frustration derived from self-loathing couldn’t find a place to go and kept coming without showing any sign of the end.

なのでDirty Pretty Things のファーストアルバムを聴いてみることにした。
So tried the first album of Dirty Pretty Things.

ダメだ。
Not working.

だけどアルバムを聴いてると、そういえば昔、3曲目を練習して
けっこううまく弾けるようになったんだ!と思い出した。
But as she kept listening, she remembered that she used to practice the third song and she could play that song pretty well.

そして彼女は部屋の隅に立てかけてあるアコギを手に取った。
And she grabbed an acoustic guitar that was sitting in the corner in her room.

音楽を弾けば、心が癒されるかもしれないと期待したのだ。
She expected that playing music might heal her spirit.

音楽の力は偉大だ。
The power of music is great.

だけど、しばらく弾いていなかったので、コードをすっかり忘れてしまっていた。
But she found out that she forgot all the chords after not playing guitar for a while.

よってのりこのイライラはさらに増す結果となった。
As a result, her frustration was even more increased.

それから仕方が無いので、ソーシャルネットワーキングサイトに
心のわだかまりを、ピザ1切れ分程載せることにした。
Then, since she couldn’t think of any smart idea, she decided to put a slice-of-pizza-size of her frustration on social networking site.

だけど心のわだかまりは、小指の爪一枚分ほどの面積しか取り除かれなかった。
But it only removed her stress as little as an area of a pinky nail.

なのでもう二杯目のワインをグラスに注いだ。
So she poured a second glass of wine.

そしてそのワインも飲み干した。
And finished that wine as well.

だけど、自己嫌悪は解消されず、お腹のあたりで作り出されるネガティブな上昇気流に乗って次々と湧いてくる。
But the self-loathing doesnt go away. It keeps coming up, riding on the negative updraft created inside the stomach.

自己嫌悪は、精神を蝕むストレスとなり、そしてそれは肩こりと頭痛という
具体的な形となった。
Self-loathing turned into a stress that erode her mind, and it concretely showed up as headache and shoulder stiffness.

あぁ、やっぱり心と体ってのは繋がってるんだ…とのりこは思った。
Noriko thought, “knew it! body and mind are connected!”

そうだ!何かに没頭すればいいんだ!と、二杯目のワインを飲み終えた17分後にのりこは閃き、望遠レンズを使って
隣の家の木にとまっていたカラスの顔のアップを撮影し、その高画質の画像をコンピューターに取り込み
それの絵を描く事にした。
I got it! I should get into something! Noriko realized 17 min after she finished her second glass of her wine. She used a telescopic lens and shot a photo of close-uped face of a crow resting on a tree in the neighbor’s backyard. She imported that high-defined photograph into her computer and drew that picture.

その作業をしている時も、のりこは体の中から休み無く押し寄せてくる怒りにも似た
自己嫌悪の波を感じ続け、歯を食いしばっていた。
Noriko kept feeling waves of rage-like self-loathing constantly coming and gritted her teeth even while she was doing that.

彼女は危うくワイングラスを歯で噛み砕きそうになった。
She almost broke the glass with her teeth.

だけど、のりこは自分をなんとか落ち着かせ、カラスの絵を描き始めた。
But Noriko somehow calmed herself down and started drawing a crow.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

絵を描いていると、彼女の心は少しばかり落ち着きを取り戻した。
Drawing calmed her mind a little bit.

そして34羽のカラスを描き終えたとき、のりこは眠りに落ちた。
And Noriko falt asleep when she finished drawing the 34th crow.

起きなきゃいけない時間にちゃんと起きれる人間になれますように
Hope I can be a person who can wake up at the time I’m supposed to get up.

薄れてゆく意識の中でのりこは願った。
Noriko wished in her fading consciousness.

May 9, 2011

JOY in Haze 霞の中のジョイ

A sushi chef who takes his pride upon logic, reasonability and modesty finally flipped out.

ロジカルでリーズナブルで控えめであることを誇りにしている寿司職人がついにキレた。

“I have feelings too gad dammit!”

「僕にだって感情はあるんだこんちきしょう!」と。

The world of sushi chef has varieties of constraints too.

寿司職人の世界にも、いろいろなしがらみがある。

That night, the sushi chef went to Soda Bar to see a band called JOY.

その夜寿司職人は友達とウィスキーを飲み、ソーダ•バーへ、ジョイというバンドを観に行った。

Inside Soda Bar was filled with light and sound. Through layers of water and oil, projected blue and pink and yellow colored lights dilutely wrapped the surface of the stage and the musicians and people. The projector reflects the movement of water and oil when they move.

ソーダ•バーの中は光と音で溢れていた。水と油の層を通してプロジェクトされる青とピンクと黄色い光がステージとミュージシャンと人々の表面を淡く包んでいた。水と油が動くとプロジェクターの光がその動きを反映する。

Dense, addictively energetic and technical music was overwhelmingly penetrating the air inside the venue without leaving any space, like massive outbreak of locust or jellyfish.

密度が濃く、中毒的にエネルギッシュで、テクニカルな音楽が、大量発生したイナゴかクラゲみたいに、隙間なく圧倒的にベニューの中の空気を満たしていた。

Everything was in haze. In the haze, what secular people call “something tangible” can’t be captured.

すべては霞んでいた。その霞の中では、現世的な人々が言う「確かなもの」を捉えることができない。

For instance, plans for 5 years later or something good for resumé.

例えば5年先のプランや、履歴書に書きこめるタイプのものを。

But there a kind of thing we can only capture in the haze strongly exist. It breathes, has a series of internal organs, and possesses a substance just as clear as street cats do.

だけど、そこには霞の中でしか捉えることのできない種類のものが色濃く存在している。それには野良猫と同じくらいはっきりとした実体があり、ちゃんと一揃いの臓器を持ち、呼吸をし、生きている。

For instance, something like inspiration.

例えばインスピレーションのようなものが。

So, the sushi chef has to forget about secular “tangible things” and go solo as a craftsman for a while.

だから寿司職人は、現世的な「確かなもの」のことは忘れて、しばらくは職人として、ソロで突き進まなければいけない。

The sushi chef cannot give upon inspiration yet.

寿司職人はまだ、インスピレーションを諦めることができない。

April 20, 2011

もっさり白髪おじさん Mr. Aplenty-Gray-Hair

私は週に2、3回、大学のプールに泳ぎにいく。現代人はある意味、文明的に呪われているから、少しは意識して運動しないと(時にはそれなりに運動していても)いつの間にか体がぽちゃつくし、単純に泳ぐのが好きでもあるからだ。そして泳ぎ終わった後、ジャグジーに浸かりながら本を読む。だから30分くらいはジャグジーに浸かっている。そんなわけで、今日もひと泳ぎした後ジャグジーで本を読んでいた。イタリア人の天気予報士の激しいジェスチャーと天気の変化に見事なまでに影響されるイタリア人天気予報士の激しい感情の起伏についての記述を読みながら、1人心の中でケラケラ笑っていた。

I go to a swimming pool at my university a couple times a week. Since modern humans are cursed by civilization in some ways, my body get chubby before I realize it if I don’t consciously exercise (sometimes even if I do exercise), and I simply like swimming. After swim, I read a book in the Jacuzzi. So I’m in the jacuzzi for about half an hour. So I was reading a book in the jacuzzi after I had a swim today. I was incessantly cackling inside when I was reading a description about Italian weatherman’s exquisite gestures and his emotions heavily affected by weather in a wonderful degree.

すると、50歳代の、もっさりとした白髪で、立派なお腹を有したアメリカ人のおじさんに「いやー今日はプールの水がいつもより冷たかったね」と話しかけられる。どことなく楽観的で満足そうな顔をしていて、サングラスの奥の片目は、どういった理由かはわからないけど開かないようで、常に閉じている。そしてプールの水温の話から、大学の話になり、日本の話になる。知らない人と話すことは、アメリカだとけっこう日常茶飯事です。アメリカで生活したことのある人はわかると思うんだけど、初対面の人と話をすると、ほぼ必然的と言っていいくらい日本の話をする羽目になる。それは多分アメリカだと私は未だに外国人だからだと思う。大抵のアメリカ人達は、アメリカで何をしているのか、アメリカは好きか、卒業後にアメリカに残りたいのか、日本へ戻るのかとかそのあたりについて質問をしてくる。

Then, an American man in his 50’s with aplenty gray hair and respectable belly talked to me, “Hi there, water was cold today.” His facial expression somehow optimistic and satisfied, one eye behind his sunglasses is always closed for the reasons I don’t know. And the topic shifts from the water temperature to the university to Japan. Chatting with strangers is pretty daily happening in America. Though you probably know if you have lived in the U.S., I almost inevitably end up talking about Japan when I talk with new people I meet. Probably it is because I am still a foreigner in the U.S. Almost always, they ask if I like America, what I am doing in America, if I want to stay in America after graduation or go back to Japan.

そしてこのもっさり白髪のおじさんとも、まずは社交辞令的にそういう話をした。そしてアメリカに残るか否かについて話していたとき、「働くのもいいけど、もしアメリカに残りたいなら、結婚しちゃうのもありだと思うよ」ともっさり白髪おじさんは言った。アメリカ人と日本人の結婚に対するイメージや意識やリアリティーにどのくらい差があるのかはわからないけど、アメリカは離婚率が50%を超える国だから、やっぱり同じとは言い切れないと思う。「知り合いのブラジル人の女の子で、君みたいな状況だった女の子はどうやら結婚してアメリカに落ち着いたみたいだよ」と、もっさり白髪おじさんは私に教えてくれた。一時的にアメリカにいる外国人は、基本的に後々はアメリカに残りたいと考えている、と想定するのもアメリカ人の傾向だと私は感じる。私は「まぁそれもありですね」と適当に返事をし、そう言えばかわいいベトナム人の知り合いの女の子が数年前にアメリカ人と結婚したな、と思い出した。

And I talked over that same old topics diplomatically with Mr. Aplenty-Gray-Hair as well. And when we were talking about if I wanted to stay in the U.S., Mr. Aplenty-Gray-Hiar said, “If you want to stay, working is fine but getting married is a pretty good option too.” I don’t know what the actual difference of image, consciousness and the reality about marriage between Americans and Japanese, but it probably safe to say that it is not the same since the device rate in America is over 50%. “A Brazilian girl I know, she was in a similar situation as you were, got married to a American guy and settled down,” Mr. Aplenty-Gray-Hiar told me. I feel it is another tendency of Americans to think that foreigners temporally staying in the U.S. basically want to be American citizens. “Well that’s not impossible,” I lightly responded and recalled a cute Vietnamese girl I knew got married to an American guy a few years ago.

もっさり白髪おじさんは、15年前くらいに日本に行ったことがあるらしく、ネタは尽きなかったので、私たちは日本とアメリカの話を続けた。日本とアメリカのデーティングの違い、セックスに対する意識の違い、国民性の違いみたいな話だ。その中でも一際デーティングの際のコミュニケーションの微妙なニュアンスや、フィジカル的、性的な行為の順序の違いなんかについて話した。もっさり白髪おじさんは、日本で女性を口説くのに苦労したのか、デーティングの文化的な違いについてけっこう熱心に質問をしてきた。15年前、彼は日本人という集団の中に外国人として、1人の人間として混じってみて、日本人の中に民族的に内在する固有の文化の癖や国民性を肌で感じ、少なからず戸惑ったのだと思う。そして時々、あの時感じたあの歯がゆい違和感のようなものは一体何だったんだろう?と疑問に感じながら人生を送ってきたのかもしれない。

We kept talking about the differences between Japan and America because the topics kept coming up especially after Mr. Aplenty-Gray-Hair told me he visited Japan 15 years ago. Topics like the difference in dating, the difference in attitude about sex and the difference in national characters. Among those topics, we talked especially about small nuance in communication at dating, different steps people tend to take in physical and sexual interaction. Assuming that Mr. Aplenty-GrayHair had a hard time hitting on Japanese ladies in Japan, he enthusiastically asked questions about cultural differences of dating. 15 years ago, when he jumped in and got mixed into a collective group of Japanese people as a foreigner, as a person, he probably felt that there were internal existence of ethnically distinct culture and nationality shared inside people. He felt it on his own skin and puzzled more than a little. And perhaps, he might have spent his life sometimes wondering what was that irritate feeling of strangeness he felt.

こういうアメリカ人の素直なところはすごくかわいいと思う。それに年隔てなく誰とでもわりとまっすぐな会話ができるのもすごく楽。アメリカ人は日本人と比べて物事をかなりはっきり言うし、性的な描写とかも激しかったりする。それが普通なのだ。そしてこの初対面のもっさり白髪おじさんとも、セックスの話だとか、少し個人的な恋愛観のようなものについてまで話したりしていることに、はっと気づいたりする。私は源来シャイで根暗ではなかったのか?よくよく考えてみれば、こういう話は日本の両親とさえまともに話したことがないのだ。そして最近の私は、もうここまできたらなんでもいいじゃないかと、終末的にオープンになってきている。西と東の2つの両極端な文化に揉まれていると、私はそんな感じになってきてしまう。シャイで根暗だった時代を考えると、我ながらなかなか図太く立派になったものだと思う。

I think this kind of straightforwardness of Americans is very cute. And it is a nice easy feeling that I can talk with anyone pretty straight without being too conscious and careful about age differences. Americans spell things out very clearly compared to Japanese, and often do pretty sexually explicit description. It is normal here. And in the middle of conversation with this Mr. Aplenty-Gray-Hair who I just met, I was kind of surprised that we were talking about sex and some personal views about relationships. If I think about it twice, these topics are the ones I have never even really discussed with my parents. And recently, I am becoming apocalyptically open. I’ve come this far, whatever, everything is just great. I cannot help being like that when I am constantly caught up in the 2 extremely distinct cultures from East and West. If I thought of how I used to be shy and gloomy, I had to admit myself I became pretty tough and esteemed.

しばらく異文化デーティングの話をしていて、(もっさり白髪おじさんはのぼせないように既にジャグジーから出てコンクリートの上に座っている)もっさり白髪おじさんは、「今好きな男の子はいるのかな?」と私に聞く。私は「いる」と答える。「好きな男の子がいるなら気持ちを伝えなさい」と彼は言う。そういったアドバイスから、何となくもっさり白髪おじさんの世界観のようなものが伝わってくる。結婚指輪はしていない。「君はとても奇麗な女の子なんだから、好きな男の子がいるなら素直に恋をしなさい」みたいなことをもっさり白髪おじさんは私に言う。この辺も日本とアメリカの違いだ。日本だったら、「彼氏が欲しいなら、あと5キロくらい痩せたほうがいいかもね」的な、冷静かつ固定観念的、さらにひどい場合では統計的かつ攻撃的なリアリズム調な言葉を浴びせられそうなところだけど、そういうことはアメリカではほぼない。不思議な話っちゃ不思議な話だ。

After we talked about cross-cultural dating for a while (Mr. Aplenty-Gray-Hair was getting too hot and already out of jacuzzi, sitting on the concrete), Mr. Aplenty-Gray-Hair asked me, “do you like someone in your mind right now?” I say, “Yes.” “If you like someone, you should tell him,” he says. Such advice somehow gives me some ideas about Mr. Aplenty-Gray-Hair’s world-view. He is not wearing a wedding ring. Mr. Aplenty-Gray-Hair says something like, “you are a really beautiful girl, you should genuinely date someone” to me. This is a difference between Japan and America too. If I this was happening in Japan, I am likely to hear something like, “if you want a boy friend, you should loose about 10 pounds,” kind of thing, something coolly fixed-concept, if worse, something statistically aggressive realism comment. But it almost never happens in the U.S. It is kind of a myth if I try to think about it.

初対面の人達と話すのはけっこうおもしろい。シャイと根暗を大分克服したせいもあって、昔よりも人の話を聞くのが上手くなった気もする。したいとさえ思えば、ジャグジーみたいな一時的な場所で、けっこうゆったりと、運が良ければ本音で赤の他人とでも話すことができる。私は大学のジャグジーで、インド人の学生や、ヒッピー風のアート専攻の学生や、年下の若干精神的に不安定な人生を送っているミュージシャンの男の子や、今回のもっさり白髪おじさんみたいな人達といろんな話をした。もう彼らとは会わないかもしれないけど、こういうのって悪くない。もしかしたら、もう2度と会うことはないかもしれないからこそいいのかもしれない。

It is pretty fun to talk with strangers. Thanks to not being shy and gloomy like before, I feel like I am better at listening as well. Only if I wish to do so, I can converse pretty relaxingly, genuinely if lucky, with strangers in a temporary place like a jacuzzi. I have talked about many things with an Indian student, a Hippie-like art-major student, a young musician spending a little bit mentally unstable life and this Mr. Aplenty-Gray-Hair in the jacuzzi. I might never see them again, but this isn’t bad. Maybe it is good because we might never see each other again.

個人的な好みを言えば、特に年配の人達やアーティスト系の人達と話すのが私は好きだ。同年代の普通のアメリカの大学生達は、どことなくせかせかしている感じがする。多分彼らは典型的学生的に忙しいのだ。違ったタイプの忙しさの中で呼吸している年配の人達やアーティスト達の言葉にはいやらしさや浅はかさがなく、微妙な言葉の響き方や、目を見れば本心や好奇心から話しているのがわかる。それに、もちろん例外はあるけれど、年配の人達ってのはやっぱり落ち着いているし、押し付けがましさがない。彼らは経験済みなのである、私のやったことのない何かを、私の感じたことのない長い時間の流れを。

If I tell me personal preference, I especially like talking with elderly people and artist types. Typical American students in my age somehow seem driven and busy. Maybe they are very busy in a typical student way. There is no fakeness or shallowness in words of elderly and artists who breathe in a different kind of busyness, and I can tell they are speaking genuinely and curiously when I hear how their voice sounds and by the look of their eyes. Though there always are exceptions, elderly people are calm and have no oppressive pushy attitude. They had already experienced, something I haven’t done, a flow of a long time I haven’t felt.

「好きな男の子がいるなら気持ちを伝えなさい」年配の人からこういう言葉を聞くと、人生は太陽の良くあたる平らな原っぱみたいに、平和でシンプルなものに感じられる。実際的なあらゆる面での曖昧さというのは一時的にどこかに行ってしまう。ラブ アンド ピース。みたいな感じで。

“If you like someone, you should tell him.” When I hear something like this from an older person, the life seems like a very peaceful and simple thing, like a wide plain field in the sun. All kinds of practical ambiguities go away temporally. Love and Peace. Sort of like that.