Archive for ‘literature’

December 28, 2012

Kobo Abe and Hiroshi Teshigahara 安部公房と勅使河原宏

日本映画界の大御所で大きな力を持っていた黒沢彰や小津安二郎の後に、新しいタイプの文学や芸術や映画の世界を切り開いて行った勅使河原宏や安部公房についての話です。

There are stories about people such as Kobo Abe and Hiroshi Teshigahara who developed new kind of literature, art and films after domination of huge formidable power of big names in the industry such as Akira Kurosawa and Yasujiro Ozu. Very inspiring stories.

December 24, 2012

安部公房の演説 Talks by Kobo Abe

Completely fulfilling jail cell or completely deprived freedom? This is the question Kobo Abe asked in his talk among some things he talked about. In later parts of the talk, he talks about the role of literary works. I really enjoyed this talk,  but it is in Japanese, so I write down some of his points below.

Which one would we choose? Completely fulfilling jail cell, or completely deprived freedom? Our lives are double-crossing of both. We generally choose more predictable situations. Almost all the science are attempts to predict the future. Human thoughts and efforts seek stability. But if everything were predictable, we would not be able to tolerate it. We would kill ourselves. Desire of people who practice literacy works and other forms of arts is to put themselves in the deprived freedom. Fortune-telling has the exact opposite role as literacy works. There is a type of novel that corners people into the deprived freedom. Literacy works are useless things, they are not practical things. But if there is a reason why literature exists, I think bringing people back to the deprived freedom is the literacy works’ only reason of existence.

What do you think? I watched Groundhog Day a few days ago and reminded me of this talk not entirely but a little bit especially when Bill Murray was freaking out because everyday was Groundhog Day. I think “deprived freedom” is what’s essential to develop our individuality and internal freedom. “Fulfilling jail cell” would make us and our minds powerless.

完全に満たされた独房か、完全に欠乏した自由か?予測可能な未来と、次の瞬間が予 測できない状況。我々は両方に二股かけた感じで生きている、実際に次が見えてしまうと人間はそれに耐えることができない。人間は予測可能な状態を自ら選 ぶ。例えば占いなんかは人間の未来を予測したいという願望の現れである。しかし文学と占いは正反対の役割を果たすものである。欠乏した自由の方に身を置く ということが、文学、芸術一般に身を置く人々の欲望。そして欠乏した自由の方に人間を追い込むタイプの文学がある。それは本質として人間を不安に陥れる。世の中のほとんどのもの、自然科学は未来を予測しようとするもの。人間の思考や努力は安定を求める、だけど文学は人間をまた欠乏した自由の方向に引き戻すという役割がある。僕はそれが文学の存在理由だと思う。

といったようなことを彼は語っています。

December 21, 2012

夢を見ることについて About Dreaming: Haruki Murakami and Frying Dutchman

このスピーチで、世界的に評価されている日本の作家村上春樹が、日本人の精神性や、東北での地震や福島での原子力発電所での事故、そして「非現実的な夢想家」になることの大切さについて話をしています。英語の字幕付きのものを見つけられなかったので、一部だけですが英訳して下に載せます。

In this speech, world-class Japanese novelist Haruki Murakami talks about Japanese spiritual nature, Earthquake in North East Japan and nuclear incident in Fukushima, and an importance of being “unrealistic dreamer.” I couldn’t find his speech with subtitles, so I translate some parts of his speech even though it’s pain in the ass and my translation skill isn’t quite pro. But I know some people would enjoy it.

「今回の福島の原子力発電所の事故は我々日本人が歴史上体験する二度目の大きな核の被害です。しかし今回は誰かに爆弾を落とされたわけではありません。私たち日本人自身がそのお膳立てをし、自ら過ちを犯し、自らの国土を汚し、自らの生活を破壊しているのです。どうしてそんなことになったのでしょう?戦後長い間日本人が抱き続けてきた核に対する拒否感は一体どこへ消えてしまったのでしょう?私たちが一貫して求めてきた平和で豊かな社会は何によって損なわれ歪められてしまったのでしょう?答えは簡単です。効率です。Efficiencyです。原子炉は効率の良い発電システムであると電力会社は主張します。つまり、利益が上がるシステムであるわけです。また日本政府は特にオイルショック以降原油供給の安定性に疑問を抱き原子力発電を国の政策として押し進めてきました。電力会社は膨大な金を宣伝費としてばらまき、メディアを買収し、国民に原子力発電はどこまでも安全だという幻想を国民に植え付けてきました。そして気がついたときには、日本の発電量の約30%が原子力発電によってまかなわれるようになっていました。国民が良く知らないうちに、この地震の多い狭く混み合った日本は世界で三番目に原子炉が多い国になっていたのです。」

“This nuclear incident in Fukushima is the 2nd nuclear damage we Japanese people experience. But this time isn’t like someone dropped an bomb on us. We prepared for it, we made mistakes, we polluted our own land and we destroyed our own lives. Why this ended up happening? The feeling we had for a long time after the war, the feeling of rejection against nukes, where on earth did it disappear? What did impair and distort the peaceful and affluent society we consistently searched for? The answer is easy. It’s efficiency. Power company insists that nuclear reactor is an efficient electric power generating system. In short, it is the system they can make the most profit. Also, Japanese government nationally pushed nuclear power especially after the oil shock due to their skepticism about the stability of crude oil supply. Power company made the money fly as advertising money, bribed media, and planted seeds of an illusion in citizens to make belief of safe nuclear energy. And before we realized, 30% of electricity in Japan was generated by nuclear power. While citizens didn’t know about it too well, this small and crowded country with frequent earthquakes had become the 3rd largest number of nuclear power plants in the world.   ”

「まず既成事実が作られました。原子力発電に危惧を抱く人々には「じゃああなたは電気が足りなくなってもいいんですね?夏場にエアコンが使えなくてもいいんですね?」という脅しが向けられます。原発に疑問を呈する人々には「非現実的な夢想家」というレッテルが貼られていきます。そのようにして私たちはここにいます。安全で効率的であったはずの原子炉は今や地獄の蓋を開けたような惨状を呈しています。原子力発電を推進する人々が主張した「現実を見なさい」という現実は実は現実でもなんでもなく表面的な便宜に過ぎなかったのです。それを彼らは「現実」という言葉と置き換え、論理をすり替えていたのです。それは日本が長年に渡って誇ってきた技術力神話の崩壊であると同時にそのようなすり替えを許してきた私たち日本人の倫理と規範の敗北でもありました。「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」私たちはもう一度その言葉を心に刻み込まなければなりません。」

“At first, they created accomplished facts. People who are concerned about nuclear power, will be intimidated by accomplished facts like “OK, so you are OK if there isn’t enough electricity? You are OK if you cannot use air-conditioner in summer?” They label people who are skeptical about nuclear power as “unrealistic dreamer.” Then now we are here. Supposedly safe and efficient nuclear reactor is now displaying a terrifying state as if someone opened the lid of the hell. “Look at the reality,” the reality people who supported nuclear power actually wasn’t the reality at all, it was just their superficial convenience. They switched “superficial convenience” and “the reality” to switch the logic. It was the collapse of Japan’s long-lasted technical power myth, and at the same time it was loss of our ethic and norm that tolerated such a switch of the logic. “Please rest in peace. We won’t repeat the mistake.” We have to etch these words in our minds once again.”

「私たち日本人は核に対するノーを叫び続けるべきだった。それが僕の個人的な意見です。私たちは技術力を総動員し、英知を結集し、社会資本をつぎ込み、原子力発電に変わる有効なエネルギー開発を国家レベルで追求するべきだったのです。それは広島と長崎で亡くなった多くの犠牲者に対する私たちの集合的責任の取り方となったはずです。それはまた我々日本人が世界に真に貢献できる大きな機会となったはずです。しかし急速な経済発展の途上で効率という安易な基準に流されその大事な道筋を私たちは見失ってしまいました。」

“We Japanese people should have kept shouting “NO” against nukes. This is my personal opinion. We should have pursued alternative energy that can replace nuclear energy in the national level by fully mobilizing our technological capabilities, by calling upon wisdom, and by putting social capital into it. That would had been a way for us to collectively take a responsibility for the victims of Hiroshima and Nagasaki. That also would had been an big opportunity for Japan to truly contribute to the world. However, we lost our precious way in amid rapid economic development because we bought into the standard of efficiency.”

スピーチの最後に村上氏はこう言っています。Mr. Murakami says lastly.

「夢を見ることは小説家の仕事です。しかし小説家にとってより大事な仕事はその夢を人々と分かち合うことです。そのような分かち合いの感覚無しに、小説家であることはできません。カタルーニャの人々がこれまでの長い歴史の中で、多くの苦難を乗り越え、ある時期には過酷な目に遭いながらも、力強く生き続け、独自の言語と文化を守ってきたことを僕は知っています。私たちの間には分かち合えることがきっと数多くあるはずです。日本で、このカタルーニャで、私たちが等しく、「非現実的な夢想家」となることができたら、そしてこの世界に共通した新しい価値観を打ち立てて行くことができたら、どんなに素晴らしいだろうと思います。それこそが近年様々な深刻な災害や悲惨極まりないテロを通過してきた我々のヒューマニティーの再生への出発点になるのではないかと僕は考えます。私達は夢を見ることを恐れてはなりません、理想を抱くことを恐れてもなりません。そして私達の足取りを、便宜や効率といった名前を持つ制約の犬達に追いつかせてもなりません。私たちは力強い足取りで前に進んで行く「非現実的な夢想家」になるのです。」

“Dreaming is a novelists’ job. But more importantly, novelists have to share their dreams with people. Without such a sense of sharing, we cannot be novelists. I know that people in Catalonia have been protecting their own language and culture even though they had many difficulties and cruelty in their long history. There must be many things we can share among us. In Japan, and here in Catalonia, if we can equally be “unrealistic dreamers,”  if we can build new values that are common in the world, I think it would be so wonderful. I think that would be a starting point of regrowth of our humanity that went through horrible disasters and horrifying terrors in recent years. We must not fear dreaming. We also must not fear having ideals. We must not let dogs of limitations that have names such as “convenience” and “efficiency” catch up to our footsteps.  We will be “unrealistic dreamers” who move forward with strong steps.”

END

原子力発電について、日本のバンド、フライングダッチマンが素晴らしいパフォーマンスをしているので、それもこの機会にここに載せておきます。こちらのビデオには英訳がついています。

Japanese band Frying Dutchman did a great performance regarding nuclear power, so I put a video of their street performance below in this opportunity. This video has English subtitles.

October 12, 2012

Hanging Garden 空中庭園

Rain fell this morning turned the air and the town transparent all together. In my sleep, I was listening to the transparent sound of rain falling from top-to-bottom.

朝降った雨は、空気や街をそっくり透明にしてしまった。私は長いこと眠りの中で上から下へ落ちる透明な雨の音を聞いていた。

In the afternoon, the town had become a cloud town. Big white crisp clouds surrounded every direction of the town, and transparent sunlight made the just-washed transparent town even more tightly crisp. I took a walk in the transparent cloud town and felt good like I was walking through a hanging garden.

午後の街は雲の街になっていた。凛とした白く大きい雲が街の東西南北を囲み、透明な陽の光が雨が洗ったばかりの透明な街をさらにきりりとさせていた。透明な雲の街を散歩していると、空中庭園を歩いているようないい気分になった。

——————————————————————————————————

10/11 Thu

It rained beautifully in San Diego. As Albert Hammond sings, “it never rains in Southern California.” But when it does, it is even memorable sometimes.  I did a photo project this afternoon to capture the town after the rare rain. Below are the photos. Enjoy.

サンディエゴで美しく雨が降りました。アルバート・ハモンドが歌うように「南カリフォルニアでは雨が降らない」のです。だけど雨が降ると、時にそれは記憶に残ります。そういうわけで、今日の午後に稀な雨が降った後の街の様子を収めるのに、フォトプロジェクトをやりました。下の写真が今日撮ったものです。
楽しんで下さい。

July 6, 2012

Sleep, Wake, Tendencies 眠り、覚醒、傾向

Sleeping is a rest for body and mind.

眠りとは心と体の休息です。

While people are sleeping, sleep fixes people’s “tendencies.”

眠っている間に、眠りは人々の「傾向」を癒します。

If there are muscles that are tended to overworked, sleep will fix that part of muscle.

使われすぎている筋肉があれば、眠りはその部分の筋肉を治します。

If there are heavy tendency in the thinking, sleep will disperse it as dreams.

もし考え方に重い傾向があれば、眠りはそれを夢として散らします。

I read things like that in TV People by Haruki Murakami

こういうことを村上春樹のTVピープルで読みました。

 

If the scientist program massive amount of data in the robot’s Artificial Intelligence, the robot won’t wake.

プロセスできないほどの量のデータを人工知能にプログラムされたロボットは目覚めない。

The scientist programmed 6 billion minds in the robots. There are too many varieties.

科学者は60億人分のデータをロボットにプログラムした。それは多すぎるバラエティーだ。

To wake the robot, the scientist needs to give it “tendencies”. Strong emotional tendency.

ロボットを覚醒させるために、科学者はロボットに「傾向」を与える必要がある。強い感情の傾向を。

Strong emotion simplifies the world, and tendency sorts out information.

強い感情は世界を単純化し、傾向は情報を取捨選択する。

That was what needed to wake the robot up from sleeping in eternal varieties.

それが永遠に続く選択肢の眠りの中からロボットを覚醒するのに必要なものでした。

TENDENCIES.

傾向。

I read this last night in Japanese comic book series called Pluto, remake of Atom Boy by Osamu Tezuka.

昨日の夜私はこれを、手塚治虫の鉄腕アトムのリメイクの、プルートゥという日本のマンガで読みました。

In our sleep, tendencies are balanced out, cured, enhanced, added, and we wake.

私たちの眠りの中で、傾向はバランスを整えられ、治癒され、拡大され、加えられ、そして私達は目覚める。

The photo is a painting I finished lately. I tried to describe a boy falling into unconscious state.

写真は私が最近完成させた絵で、男の子が無意識に落ちていくのを絵で表現しようとしたものです。

January 8, 2012

Jamuel Saxon hangs out with Haruki Murakami ジャミュエル・サクソン、村上春樹と遊ぶ

Keith Milgaten and Jayson Ehm from Jamuel Saxon are San Diego’s musicians that I have genuine admiration for.
I feel very lucky that I could contribute a little bit in their
creative process by making an album cover for their album Pre-Madonnna that is going to be released from Single Screen Records on January 17th. The album release party is on Jan 19th at Casbah.
Thanks!

ジャミュエル・サクソンのキースとジェイソンは私が心から賞賛する
サンディエゴのミュージシャンです。今月17日にシングル・スクリーン・レコードからリリースされるプレ・マドンナのアルバムカバー作成という形で、少しだけ彼らのクリエイティブ・プロセスに関わる事ができてとても幸運に思っています。今月の19日にカスバでアルバム・リリース・パーティーがあります。
ありがとう!
——————————————————————-

One night, When I and Keith and Jayson and Haruki Murakami were drinking whisky together, Haruki said, “Act of making something from absolute zero nothing takes lots of whisky and beer, and imagination and energy that are so intense and enormous that could distort and deform your head.”

ある夜、私とキースとジェイソンと村上春樹がウィスキーを飲んでいると
春樹が「ゼロからものを作り出すという作業は、たくさんのウィスキーやビール、
そして、頭がねじれて変形してしまうくらい強烈な想像力と膨大なエネルギーを要する」と言った。

Haruki is a guy who was usually quiet. Because Haruki suddenly came out with dense sentences, Jayson looked at him skeptically, Keith stopped his thoughts about his new remix, and I forgot 3 nights worth of dreams and 2 mathematical equations in a split second.

普段あまり喋らない春樹が突然密度の濃いセンテンスを口走ったので、ジェイソンは
懐疑的な目つきで春樹を見つめ、キースは新しいリミックスに関しての思考を一端中断し
私は3日分の夢と2つの数式を一瞬にして忘れた。

The sound o Haruki eating pistachio echoed in the room as if it’s some sort of foretaste.
When Jayson drunk beer, the sound of liquid running through his throat made surprisingly loud sound.
The sober world of Keith is about to reach 3 month of its existence, and only the birds who cry at night know what it’s like.
I observe bizzarre dynamic of three guys and drink straight whisky.

春樹がピスタチオを食べる音が、なにかの予兆のように部屋に響いた。
ジェイソンがビールを飲むと、液体が喉を流れて行く音が驚く程大きく聞こえた。
3ヶ月に及ぼうとしているキースのシラフ世界がどのような世界なのかは、夜に鳴く鳥
だけが知っている。私はそんな3人の奇妙なダイナミックを見つめ、ウィスキー
をストレートで飲む。

Haruki said, “There are kinds of things you can realize only in the superior music. In some cases, it is so powerful that it changes people’s lives when the raw sound seeps through not only ears but also skins to shake organs then to reach brain.”

「世の中には優れた音楽の中でしか気づけないタイプのものがある。生の音が耳だけでなく皮膚を通過して内臓に力強く響き、それが脳に届くとき、場合によってはそれは人の人生を変えてしまうくらいの力がある」と春樹が言った。

When Keith and Jayson started playing music from laptop and keyboard and drums set up in the room, Haruki started dancing as if it was some sort of predestination he couldn’t change anything about it.

部屋にセットしてあるラップトップを使ってキースが音楽をやりだすと
春樹は、これはある種の宿命で、自分でもどうしようもないんだ、という感じで
踊り出した。

When I woke up in the morning, Haruki was gone. And there was a memo that wrote,”I like brave people who are able to create something. Intelligent Dance Music. And All God’s Children Can Dance.”

次の日の朝目覚めると、春樹はいなくなっていて「僕は何かを作り出すことができる勇敢な人々が好きだ。インテリジェント・ダンス・ミュージック。そして、神の子どもたちはみな踊る」と書いた紙が置いてあった。

※This is a fiction
※この話はフィクションです

Bandcamp
http://jamuelsaxon.bandcamp.com/

Article on Reader
http://www.sandiegoreader.com/weblogs/jam-session/2011/dec/12/jamuel-saxon-new-year-new-video-new-album/

November 22, 2011

Accidental Visual Poetry 偶然の視覚的な詩

I filmed around my house when it was raining to made a video about a rainy day.
雨の日に自分の家の周辺をフィルムして、雨の日についてのビデオを作りました。

The video was beautiful but also boring.
それはとても綺麗でしたが退屈でもありました。

So I layered random old videos I shot on top of it.
なので私は昔とったランダムなビデオをビデオの上に重ねました。

It was fun but also didn’t make sense.
それは愉快でしたが意味がわからなくもありました。

So I wrote some words that go along with the video and edited them in the video.
なので私は編集したビデオに合う言葉を書き、ビデオに加えました。

And it ended up being like a visual poetry.
そんなわけで、ビデオは視覚的な詩になりました。

translation of the words in the video
ビデオの中の言葉

雨の音

私は雨の日に空を見つめ、その音を聞く。一粒一粒の雨粒について考える。
そうしていると、毛並みの良い馬達が私の心の中にやってくる。
馬達がやってくるのを合図に空に花火が上がる。
立体的な空の一点で花火は炸裂し色を散りばめくらげの火の粉を残してゆく。
地上では美しい馬達が駆けている。
放たれたくらげはぼんやりと濡れた空気の中を舞い、私の耳元にやってきて言葉をささやく。
人々は数を数えることや賭け事に忙しく、オレンジのクラゲに気づかない。
オレンジのくらげは言う、世界はとても柔らかい場所なのだと。
白い鳥がやってきて、ジャングルの話を聞かせてくれる。
雨が降る時、それは全ての物ものに対して平等に降るのだと。
空と海、そして雨、全ての物は繋がり、私たちはその繋がりの中に含まれている。
私が歩くと馬達も歩みを進める。
100歳まで生きる白い賢い鳥は、体を膨らませ、羽根を逆立たせてひとふるいした後
1、2、3歩で私の意識の中から出て行った。
外を見ると、雨は全てのものを濡らしながら、地面の深いところへとしみ込んでいった。
雨の日の空は幻想的な色に染まり、その色が無くなる時、夜が全てのものに訪れる。

September 14, 2010

Empire of Illusion by Chris Hedges 勘違い帝国

Buddha: ……

ブッダ:……

Hachi: what are you reading?

はち:何読んでるの?

Buddha: A really depressing book by this guy Chris Hedges.

ブッダ:クリス・ヘッジズって人の書いた気の滅入る本。

Hachi: What is it about?

はち:何についてなの?

Buddha: It basically says people are manupulated by media and corporations so can’t see the reality. And we don’t really have democracy anymore because unregulated free market capitalism allowed corporate state to grow stronger than democratic state itself. And corporate state is fundamentally corrupted because it is all about money, not intrinsic humane values.

ブッダ:簡単に言うと、一般人はメディアや企業に操られてるから、リアリティーが見えてない、ってような類の話。アメリカは民主主義国家のようだけど、規制のないフリーマーケット資本主義のせいで、法人企業の力が民主主義国家自体よりも強いから、もはや民主主義ではないんだよね。で、法人国家は基本的に人間の本質的な価値じゃなくてお金に価値を見出すから根本的に腐敗してるんだね。

Hachi: So that the book helps you wrapping your head around the harsh depressing reality huh?

はち:この本は厳しい現実を把握するのになかなかよさそうだね?

Buddha: The capitalistic society commodify almost literary everything including ourselves and losing the sacred dimension of nature and human being.

ブッダ:資本主義の社会は文字通りほぼ全てのものを商品化するから、自然や人間の神聖なディメンションを失ってしまうんだね。

Hachi: Now you sound like how Buddha is supposed to. Good for you.

はち:ブッダらしく聴こえるよ。よかったね。

Buddha: I need a beer.

ブッダ:ビールが必要だね。

Hachi: IPA?

はち:IPA?

Buddha: I usually don’t drink to get over depression. But this book is harsh.

ブッダ:普段はメンタル回復するのに酒は飲まないけど、この本はきついね。

Hachi: You better enjoy that beer though because some kids in India are sober.

はち:インドにはシラフの子供がたくさんいるから、ビールは楽しく飲まないとね。

Buddha: The book had 5 chapters so I need at least 5 beer.

ブッダ:本は5章だったから、ビールも少なくとも5本必要だね。

Hachi: The chapter one is called …Illusion of Literacy?

はち:第一章は識字率のイルージョン?

Buddha:  Yea, third of Americans are apparentlly illiterate or barely literate.

ブッダ:3割のアメリカ人は字がやっと読めるか全く読めないかみたいだよ。

Hachi: “The cult of self dominates our cultural landscape. This cult has within it tha classic traits of psychopaths: superficial charm, grandiosity and self-importance; a need for constant stimulation; a pechant for lying; deception and manipulation, and the inability to feel remorse or guilt. This is, of course, the ethic promoted by corporations… We have a right, in the cult of the self, to get whatever we desire. We can do anything, even belittle and destroy others around us, including our friends, to make money, to be happy, and to become famous. Once fame and wealth are archieved, they become their own justification.”

はち:「自我のカルトが文化の景観を支配している。このカルトはクラシックなサイコパスの特徴を持っている、表面的な魅力、尊大さ、絶え間ない刺激への要求、嘘をつく才能、ごまかしと操作、自責の念を感じる能力の欠落。そしてもちろんこれらは法人企業によって推奨されている道徳である。自我の文化では、私達は望むものはなんでも手に入れる権利がある。私達はお金の為なら、裕福になるためなら、有名になるためならなんでもできる、たとえそれが友達を含む私達の周りの人々を軽視することでも。そして名声や富が手に入れられるとき、私達がやったことは結果論として正当化される。」

Buddha: pretty severe right?

ブッダ:なかなか厳しいでしょ?

Hachi: And chapter 2 is Illusion of Love.

はち:で、第二章は愛のイルージョン。

Buddha: that’s about porn and Vegas and stuffs.

ブッダ:それはポルノとかベガスの話。

Hachi: That’s awsome.

はち:いいね。

Buddha: It’s fucked up. kinda hot though.

ブッダ:なかなかアツイけど、めちゃくちゃだね。

Hachi: But we are kinda all about getting laid though.

はち:けど、私達はある意味みんなやるために生きてるようなもんだけどね。

Buddha: Well, that chapter is basically about how porn makes love look like it’s all about hot sex so it makes relationships hard. Do you have Jameson?

ブッダ:まぁ、その章はポルノが親密な意味のある愛と売り物のエンターテイメント用のセックスと混同させるから、ポルノに影響される人たちにとって異性と親密な関係を築くのを難しくさせるって話。ジェームソンある?

Hachi: No I finished the bottle last night. Is drinking OK in buddhism?

はち:昨日の夜飲んじゃったからない。仏教って飲酒OKなの?

Buddha: Well, heavy drinking is kinda like training. You know how some people stare at the sun and stuff. If it’s internaly destructive, it kinda works in a similar way.

ブッダ:泥酔するのはある意味修行みたいなもんだから。太陽を見つめ続ける人とかいるじゃん。内面的に破壊的なことなら似たような風に働くんだよ。

Hachi: “Las Vegas strips away the thin moral pretension and hypocrisy of consumer society to reveal its essence. The commodification of human beings, the heart of the consumer society, is garishly celebrated in Las Vegas.” …I see.

はち:「ラスベガスは消費者社会の薄いニセのモラルと偽善を引き剥がして、その実体を顕にする。人を商品化すること、消費者社会の心臓部、はけばけばしくラスベガスで祝われている。」……なるほどね。

Buddha: right? let’s not talk about it though.

ブッダ:でしょ?けどその話はやめようか。

Hachi: Let’s get high.

はっち:ハイになろうか。

Buddha: I don’t have weed.

ブッダ:葉っぱ持ってないよ。

Hachi: I found  a new way the other day. Let’s just drink some more and get on the roof. And we see the view upside down. It’s pretty fun.

はち:この前新しい方法を見つけたんだ。もうちょい飲んだら屋根に上ろう。で、景色を逆さまに眺めるの。けっこう楽しいよ。

Buddha: Sounds good.

ブッダ:いいね。

July 24, 2010

I Am a Cat by Soseki Natsume 我輩は猫である 夏目漱石

just finished reading I Am a Cat  by Soseki Natsume, one of the best Japanese classic literature.

日本文学の最高傑作の1つ、夏目漱石の我輩は猫であるをついさっき読み終わった。

The main character, the cat, observes people around him with keen eye, humorously describe and sharply spell out the depth and meanings hiding behind visible human behavior with witt.

主人公のネコは、人間を鋭い目で観察し、描写し、人間の行動の実態が何なのかを文字にして鋭くユーモラスに書き出します。

Quiz. What are good reasons to eat something or not eat something (何かを食べる、または食べない理由はなんですか?)

1. not that smart, tasty, green house gas (あまり賢くない、おいしい、グリーンハウスガス)

are these good reasons to eat cows? (これらは牛を食べるいい理由ですか?)

2. intelligent, friendly (インテリジェント、フレンドリー)

are these good reasons not to eat dolphines? (これらはイルカを食べないいい理由ですか?)

3. smart, over populated (スマート、過剰人口)

are these good reasons not to eat people? (これらは人間を食べないいい理由ですか?)

4. adorable, over populated (かわいい、多すぎる個体数)

are these good reasons to eat rabbits? (これらはうさぎを食べるいい理由ですか?)

I personally eat meat for like once a month.

個人的には肉は1ヶ月に1度くらい食べます。

We can eat pretty much whatever they want to eat, but I think we should think about it at least.

私達はたいてい食べたいものを食べれるけど、少なくとも考えるべきだと思う。