Archive for ‘letter’

April 18, 2011

両親への手紙。歯と目の近況。A letter to my parents. recent update about my teeth and eyes.

最近はもっぱらクリエイティブな人として生きていこうとしています。
子供っぽく聞こえるかもしれないけど、写真を撮ったり、絵を書いたり、文章を
書いたり、音楽を弾いたりしているときに1番幸せで、1番自然だと感じるので、自分の生きる道は多分そっち側なんだとひしひしと感じています。

It might sounds childish, but I feel the happiest and most natural when I take pictures, paint, write sentences and play music. So recently, I desperately feel that’s the side I’m gonna walk on.

最近気づいたことは、みんながみんなそういう風に感じているわけでは
ないということです。

The latest thing I realized was not everyone feels the same way as I do.

官僚になりたい人もいれば、何らかのエリートになりたい人もいれば、有名に
なりたい人もいれば、できるだけめいいっぱいお金を稼ぎたい
ひともいれば、ただただ日々生きることが楽しいひともいれば、最先端にいると
感じることに幸せを感じる人もいれば、人助けが生き甲斐みたいな人も
いれば、社会批判をすることで自分の中の何らかのバランスを保っている人
もいれば、消防士になって火を消したい人もいれば、人々の髪をこぎれいに
切りそろえたい人もいれば、海で漁をしたい人もいれば、クリエイティブに
新しいものを生み出したいひともいます。

Some people want to be government officials, some people want to be some sort of elite, some people want to be famous, some people want to make as much money possible, some people want to just feel happy about living, some people love feeling cutting edge, some people feel alive when they help other people, sow people somehow balance something inside them by criticizing society, some people want to extinguish fire, some people really want to cut people’s hair neatly, some people want to fish in the ocean, some people want to give a birth to new things creatively.

最近、自分の中に潜在するポテンシャルに届く為にはクリエイティブに生活するのが1番いいんじゃないかと感じています。

Lately, I feel it is the best to live creatively to reach my own subconscious potential.

P.S. この間ピザの耳をかじったときに、昔詰めた死んだ銀歯がポロリと取れました。
そして昔作った眼鏡の度が合っていません。コンタクトも買い足す必要があります。
視力がますます弱まっています。

そういうことが立て続けに起こるとき、どういうわけかいろんなものが
生々しく感じられ、自分の体が永遠ではないことを実感し、妙なものに感謝したり
自分の存在というものを客観的に知覚したりします。

P.S. The old dead stuffing in my tooth lately came off when I had a big bite off pizza. I can’t see too well in my old glasses anymore, I need to buy brand new contacts. My eye sight is getting weaker.

When something like that happens in sequence, somehow many things feel very raw, my body feels like something very temporary, appreciate bizarre things and perceive my self-existance objectively.

Advertisements