Archive for ‘experiment’

May 22, 2012

Many failed attempts to capture solar eclipse

I heard that we can see very rare solar eclipse on 5/20, I finished up work, bought beer and viewed solar eclipse with friends from the balcony to confirm that we are a part of the space and our existence is in sync with the cosmic rhythm.

滅多に見ることができない日食が見れるということで、5月20日は仕事を切り上げ、ビールを買って、我々が宇宙の一部となりコズミックなリズムに合わせて存在していると確認するために、友達とバルコニーから日食を眺める。

While we stared at the sun, the sun slowly got eroded from the right side and became croissant shape, and though I thought it was going to be the ring, the shadow of the erosion moved upward and made a round shadow on the upper part of the sun. And the sun went behind the clouds after a while.

我々が太陽を見つめている間、太陽は少しずつ右側から浸食されクロワッサンのような形になり、その後そのまま輪になるのかと思いきや、浸食の影は上の方角へ進み、太陽の上の方にぽかりと影ができる。そしてその後しばらくして太陽は雲に隠れしまった。

We tried many methods to capture the eclipse that was (supposedly) once every 300 years.

300年に一度の日食の写真を撮ろうと、私たちは様々な方法を試みる。

(1) brown beer bottle (2) green beer bottle (3) beer glass (4) sunglasses (5) vinyl painted in black (6) seaweed paper (7) recyclable bag

(1)茶色いビール瓶(2)緑のビール瓶(3)ビールジョッキ(4)サングラス(5)黒く塗ったビニール

(6)海苔(7)リサイクルマーク付きの袋

But every attempt failed.

が、試みはことごとく失敗する。

But fortunately we could capture the eclipse when the clouds came out from nowhere and weakened the sunlight.

しかし運良く雲がどこからともなくやってきて、太陽の光を和らげてくれたため、日食の終盤を写真に収めることに成功。

During the eclipse, someone who lived across the street from us put up a piece of paper against their window, and when I used zoom-in function of camera, it read “We are neighbors, Let’s be friends!” Then 2 neighbors visited our place later on. For a little while, it felt like the great success of the new communication technology experiment and the beginning of the new era of human race.

日食中に向かいのアパートの窓に紙が張りつけられ、望遠機能を使って読み取ると「ワレワレワゴ近所ナノデ友達二ナリマショウ」とのメッセージ。そして女の子2人が後ほど訪れる。少しの間新しいコミュニュケーションテクノロジーの実験が成功したような、新時代が幕明けたような気持ちになる。

Strange things kept happening that night besides that. Unidentified man came over to our house, looking like he was going to cry, saying his girlfriend just cheated on him and she got arrested on his birthday. We were kind enough to let him in, and he drank a beer, but he didn’t cry. Then, another stranger who said he just got out from the jail asked us for a ride to Pacific Beach when we were leaving the house to go out to eat. Strange day.

その他にも身元不明の男が家にやってきたり、刑務所から出たばかりと称する男にパシフィックビーチまで乗せてくれと頼まれたり、奇妙なことが起こる。

Anyway, below are photos from the eclipse day (both success and fail)

何はともあれ、下は日食時の成功と失敗の写真。

January 16, 2012

A Canvas/ Part 1

This is a first 20 minutes of the film project called “A Canvas” that I did with my talented friends.

これは私が才能ある友達と一緒に作った「キャンバス」というフィルムの最初の20分です。

The film is rather experimental. The contents include varieties of elements such as fiction, documentary and stop motion animation.

このフィルムはどちらかというと実験的で、内容はフィクション、ドキュメンタリー、ストップモーション・アニメーションなど、様々な要素を含んでいます。

In the fiction part, the story revolves around a canvas that I steal from a homeless lady in the beginning of the film. And the documentary part features 3 San Diego bands that are friends of mine, Scruffles, Primitive Noyes and Bruisecaster.

フィクションの部分のストーリーは、私がフィルムの最初にホームレスの女性から盗むキャンバスを中心に展開します。ドキュメンタリーの部分はサンディエゴ出身の友達のバンド、スクラッフルズ、プリミティブ・ノイズ、ブルーズキャスターをフューチャーしています。

I honestly can’t say the film is very well done, but this is the very first thing I made a film that is almost 2 hours long. I definitely spent a lot of time shooting and editing and put effort to make it enjoyable.

正直言ってフィルムはとてもよくできているとは言えませんが、今回が2時間の長さのものを作るのは私にとって初めてでした。私はもちろんたくさんの時間を撮影や編集につぎ込みましたし、フィルムが楽しめるものになるように努力もしました。

So I hope you enjoy this.
I will post other parts of the film later.

なのであなたがこのフィルムを楽しんでくれると願っています。
フィルムの続きはまた後でポストします。

January 13, 2012

Visual Poem/ Oh Man Poem

This is the second visual poem I made.
The first one is called “Sound of Rain”
Compared to the first one, this one is more fun and humorous.

これは私が作った2つ目の視覚的な詩です。
最初のは「雨の音」という題です。
最初の詩と比べて、これはもっと楽しくユーモラスな詩です。

Hope you enjoy this.

楽しんでくれると嬉しいです。

November 22, 2011

Accidental Visual Poetry 偶然の視覚的な詩

I filmed around my house when it was raining to made a video about a rainy day.
雨の日に自分の家の周辺をフィルムして、雨の日についてのビデオを作りました。

The video was beautiful but also boring.
それはとても綺麗でしたが退屈でもありました。

So I layered random old videos I shot on top of it.
なので私は昔とったランダムなビデオをビデオの上に重ねました。

It was fun but also didn’t make sense.
それは愉快でしたが意味がわからなくもありました。

So I wrote some words that go along with the video and edited them in the video.
なので私は編集したビデオに合う言葉を書き、ビデオに加えました。

And it ended up being like a visual poetry.
そんなわけで、ビデオは視覚的な詩になりました。

translation of the words in the video
ビデオの中の言葉

雨の音

私は雨の日に空を見つめ、その音を聞く。一粒一粒の雨粒について考える。
そうしていると、毛並みの良い馬達が私の心の中にやってくる。
馬達がやってくるのを合図に空に花火が上がる。
立体的な空の一点で花火は炸裂し色を散りばめくらげの火の粉を残してゆく。
地上では美しい馬達が駆けている。
放たれたくらげはぼんやりと濡れた空気の中を舞い、私の耳元にやってきて言葉をささやく。
人々は数を数えることや賭け事に忙しく、オレンジのクラゲに気づかない。
オレンジのくらげは言う、世界はとても柔らかい場所なのだと。
白い鳥がやってきて、ジャングルの話を聞かせてくれる。
雨が降る時、それは全ての物ものに対して平等に降るのだと。
空と海、そして雨、全ての物は繋がり、私たちはその繋がりの中に含まれている。
私が歩くと馬達も歩みを進める。
100歳まで生きる白い賢い鳥は、体を膨らませ、羽根を逆立たせてひとふるいした後
1、2、3歩で私の意識の中から出て行った。
外を見ると、雨は全てのものを濡らしながら、地面の深いところへとしみ込んでいった。
雨の日の空は幻想的な色に染まり、その色が無くなる時、夜が全てのものに訪れる。

August 4, 2011

information 情報

A flow of information is something like this if I try to draw.
情報の流れってのは、絵にするとこんな感じかな。

A flow of information.
情報の流れ。

A flow of information.
情報の流れ。

A flow of information.
情報の流れ。

ACTION!
アクション!

August 4, 2011

カラスはとてもハンサムな顔をしている。A crow has a very handsome face.


a very handsome crow

自己嫌悪にはまり込んで、体中がこわばり、血圧が上昇するのがわかった。
clearly felt self-loathing was stiffen up the body and raised the blood pressure.

これは絶対に健康に良くない、これは絶対に健康に良くない!
This is definitely bad for the body, this is absolutely bad for the body!

のりこはそう思いながら、高血圧で、脳の血管がプツリと切れて死んだ祖父のことを思い出した。
Noriko thought and recalled her grand father. He died because a vein in his brain cut because of high blood pressure.

手がわなわなと震え、何か叩き壊せるなら是非たたき壊してやりたかった。
Her hands were shaking and she wanted to break something if possible.

だけど、モダンな人間はストレスを破壊行為で発散したりしないのよ
とのりこは自分に言い聞かせた。
But, modern humans don’t deal with stress by destroying things, she told herself.

なので彼女はワインのボトルを開けた、それをグラスに注いだ。
So she opened a bottle of wine and poured that into a glass.

それでも自己嫌悪から発生する行き場の無いイライラは、次から次へと湧いてきて、それが無くなる気配は無かった。
But the frustration derived from self-loathing couldn’t find a place to go and kept coming without showing any sign of the end.

なのでDirty Pretty Things のファーストアルバムを聴いてみることにした。
So tried the first album of Dirty Pretty Things.

ダメだ。
Not working.

だけどアルバムを聴いてると、そういえば昔、3曲目を練習して
けっこううまく弾けるようになったんだ!と思い出した。
But as she kept listening, she remembered that she used to practice the third song and she could play that song pretty well.

そして彼女は部屋の隅に立てかけてあるアコギを手に取った。
And she grabbed an acoustic guitar that was sitting in the corner in her room.

音楽を弾けば、心が癒されるかもしれないと期待したのだ。
She expected that playing music might heal her spirit.

音楽の力は偉大だ。
The power of music is great.

だけど、しばらく弾いていなかったので、コードをすっかり忘れてしまっていた。
But she found out that she forgot all the chords after not playing guitar for a while.

よってのりこのイライラはさらに増す結果となった。
As a result, her frustration was even more increased.

それから仕方が無いので、ソーシャルネットワーキングサイトに
心のわだかまりを、ピザ1切れ分程載せることにした。
Then, since she couldn’t think of any smart idea, she decided to put a slice-of-pizza-size of her frustration on social networking site.

だけど心のわだかまりは、小指の爪一枚分ほどの面積しか取り除かれなかった。
But it only removed her stress as little as an area of a pinky nail.

なのでもう二杯目のワインをグラスに注いだ。
So she poured a second glass of wine.

そしてそのワインも飲み干した。
And finished that wine as well.

だけど、自己嫌悪は解消されず、お腹のあたりで作り出されるネガティブな上昇気流に乗って次々と湧いてくる。
But the self-loathing doesnt go away. It keeps coming up, riding on the negative updraft created inside the stomach.

自己嫌悪は、精神を蝕むストレスとなり、そしてそれは肩こりと頭痛という
具体的な形となった。
Self-loathing turned into a stress that erode her mind, and it concretely showed up as headache and shoulder stiffness.

あぁ、やっぱり心と体ってのは繋がってるんだ…とのりこは思った。
Noriko thought, “knew it! body and mind are connected!”

そうだ!何かに没頭すればいいんだ!と、二杯目のワインを飲み終えた17分後にのりこは閃き、望遠レンズを使って
隣の家の木にとまっていたカラスの顔のアップを撮影し、その高画質の画像をコンピューターに取り込み
それの絵を描く事にした。
I got it! I should get into something! Noriko realized 17 min after she finished her second glass of her wine. She used a telescopic lens and shot a photo of close-uped face of a crow resting on a tree in the neighbor’s backyard. She imported that high-defined photograph into her computer and drew that picture.

その作業をしている時も、のりこは体の中から休み無く押し寄せてくる怒りにも似た
自己嫌悪の波を感じ続け、歯を食いしばっていた。
Noriko kept feeling waves of rage-like self-loathing constantly coming and gritted her teeth even while she was doing that.

彼女は危うくワイングラスを歯で噛み砕きそうになった。
She almost broke the glass with her teeth.

だけど、のりこは自分をなんとか落ち着かせ、カラスの絵を描き始めた。
But Noriko somehow calmed herself down and started drawing a crow.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

絵を描いていると、彼女の心は少しばかり落ち着きを取り戻した。
Drawing calmed her mind a little bit.

そして34羽のカラスを描き終えたとき、のりこは眠りに落ちた。
And Noriko falt asleep when she finished drawing the 34th crow.

起きなきゃいけない時間にちゃんと起きれる人間になれますように
Hope I can be a person who can wake up at the time I’m supposed to get up.

薄れてゆく意識の中でのりこは願った。
Noriko wished in her fading consciousness.

April 29, 2011

プラスチックのプチプチ The Bubble Wrap

金曜日の朝起きると、頭の中がプラスチックのプチプチでいっぱいになっていた。壊れやすいものを郵送するときに使用されるあのプラスチックのプチプチだ。大人も子供もねじってパチパチ音をだして喜ぶあれだ。頭の中がプラスチックのプチプチでいっぱいになってしまうと、その日一日の大半をプラスチックのプチプチをパチパチ潰す作業に費やすことになる。

When I woke up on Friday morning, the bubble wrap was filling up inside my head. Yes, that plastic bubble wrap used when people mail something fragile. Yes, that bubble wrap everyone, kids and adults, enjoy twisting and popping. I end up spending all day when the bubble wrap fills up my head.

やれやれまたこの日が来たか、と思いながら私は柔らかい泥の中から起き上がるみたいにベッドから起き上がる。そしてAlbert Hammond.Jr. の音楽をかけ、服を着替える。Albert Hammond. Jr.は今何をしているんだろう?私は時々会ったこともない人達の生活について想像する。彼の人生も、私の人生と同じように、頭の中にいっぱいに詰まったプラスチックのプチプチを潰すのに丸一日を費やさないといけないような日々をかかえているはずだ。そういう日が彼の人生を訪れるとき、Albert Hammond. Jr. はどう対処するんだろう? ”I’m not gonna change till I want to,” Albert Hammond. Jr. は歌った。

Good grief, this day again, I tiresomely think and get up from my bed like getting up from soft mud. I play Albert Hammond Jr.’s music and change my clothes. What is Albert Hammond Jr. doing right now? Sometimes I imagine lives of people I have never met. Like my life, his life has to contain days he has to spend all day long popping bubble wrap filled inside his head. How does he deal with it when that kind of day arrives to his life? “I’m not gonna change till I want to,” Albert Hammond Jr. sang.

“I’m not gonna change till I want to.” 「変わりたくなるまで僕は変わらない」

気持ちはわかるけど、ある種の変化は必然だ。そして自発的に見える変化も、外的な要因にけっこうちゃんと影響されている。

I understand that feeling, but certain kinds of changes are inevitable. And external factors are often causing the seemingly spontaneous changes.

だけどもし自分に選択する自由があるなら、いつ、どこで、なぜ、どんな人達と、どんな風に自分は変わっていくだろうか。

But if I had freedom to make choices, when, where, why and who would I going to change with?

ある種の変化は、連鎖反応的に劇的な変化をもたらすことがある。社会的に言えば、原油の発見、教育の発展、ダイヤモンドの発見、外国による侵略、蒸気機関車の発明、原子爆弾の投下、観光事業の発展、高度資本主義の発達、メディアの発達。そしてそこには常にメリット、デメリットがある。

Certain kind of change brings chain-reaction like dramatic change. Socially speaking, discovery of crude oil, development of education, excavation of diamonds, invasion by foreign country, invention of steam engine, drop of atomic bomb, development of tourism industry, development of advanced capitalism, development of media. And there always merit and demerit.

パーソナルなレベルで言ったら、誰か1人の人間に対して接し方や内面的な構えを変えることは、他の全ての人達に対するそれを変えることになるかもしれない。特定の思想や宗教を選ぶなら、一緒に時間を過ごす人々や、支援するものしないものも、食べるもの食べないものも変わるかもしれない。全ての人に対してやさしくなろうとするなら、特定の人に対して(そういう人達は身近にいる場合が多い)意地悪く振る舞うことはできなくなる。もしそこに一貫性のような統一されたロジックを求めるなら。

In personal level, changing an internal attitude toward just one person, or how to treat just that one person might lead to the change of your attitude toward all the other people. People you spend your time with, things you support or not support, what eat and what you don’t eat might change when you choose particular thoughts, philosophy or religion. If you try to be nice to everyone equally, you cannot be mean to particular person (and they are often close to you.) If you seek an integrated logic, consistency.

私の個人的な小さな人生は、現実的な変化の時期にゆっくりと、だけど確実に近づいている。今年の冬に私は大学を卒業する。そして私は大学生活という時間割やら必須科目やら五段落のエッセイみたいな枠組みの中から一端逃れて、完全にフリーな状態になる。そのときに自分が取るべき方向性、いるべき場所、一緒にいて影響し合うべき人々について考える。そしてそれによってもたらされる結果や可能性について考える。

My very small personal life is approaching the time of realistic change slowly but steadily. I’m going to graduate from a University this winter. And I will be free from the frames of college life like class schedules, required courses, 5 paragraph essays, and I temporally will be in a completely free state. I think of the actions I should take when I’m there, direction I should take, the places I should be and people I should spend time with and influence each other.
And I think about the results and possibilities being brought by my decisions.

今の自分が知ってて、昔の自分が知らなかったことは、世界は限りなく自由な場所で、そこで何をするかも完全に自由だということ。限りないっていう宇宙的な形容詞を使うのが正しいのかはイマイチわからないけれど。だけど、それは私が何かを選ぼうとするときに頭をよぎる。

What I know now, which is what I didn’t know before, is that the world is the place without limit, and I also have complete freedom about what I do there. I’m not sure if the word “without limit”, such a cosmic-like description, is the right way to describe it. But it crosses my mind when I try to choose something.

だけど、そういった限りない可能性について知らず知らずの内に考えていると、何かが煮詰まってしまう。なんか立派で野心的な感じの心理状態から、ただの考え過ぎになっているわけである。そして目の前にあるものに上手く集中できなくなり、透明で暗いガラスケースの中に座っているような気持ちになり、目の前で起こっていることが上手く捉えられなくなり、声を出すと他人の声のように聞こえ、頑張って喋ろうとするとやたら噛んだりする。

But before I realize, my brain boils down to nothing when I think about that kind of unlimited possibilities. Seemingly fine and ambitious state of mind turns into a mere over-thinking. I end up not being able to focus on what’s in front of me, feeling like I’m sitting in a transparent and dark glass case, being unable to recognize what is happening right in front of me, and my own voice sounds strange and I stutter badly if I try to speak.

そして、そんなこんなを小さな頭の中で繰り返し繰り返し繰り広げた後の金曜日の朝、目覚めると頭の中にプラスチックのプチプチがいっぱい詰まっている、みたいな事態になってしまう。そして私は、外はとてもいい天気なのに一日中頭の中のプラスチックのプチプチを潰しながら過ごす羽目になる。

And when I wake up Friday morning, after I repeat such things over and over and over again in my little head, I find myself in the situation like the plastic bubble wrap densely filling up my head. And I end up spending all day popping the plastic bubble wrap in a very nice sunny day.

February 11, 2011

Conversations About Nothing 1 意味のない会話 一

“What if three of us try to make money? We are not going to give a shit about anything but money.”
「3人で金儲けしようとしたらどうだろう?他のことは気にとめないでお金のことだけ考えてさ。」

“How are we gonna do that?”
「どうやってやるんだい?」

“What are we gonna sell?”
「何を売るんだい?」

“…We can sell intelligence?”
「僕らの知性を売れる?」

“We certainly look pretty smart.”
「確かに僕らはなかなかスマートに見えるな。」

“Ill just talk very smart and intelligent, and people gonna be like ‘can I just pay you?'”
「僕がとてもスマートに知的に話して、人はみんな『お金払っていいですか?』みたいになるよ。」

“Yes you can.”
「はいできますよ。」

“If we fail and end up being poor, we can start playing soccer on the street.”
「もし僕らが結局貧しくなったら、路地でサッカー始められるな。」

“And play music.”
「楽器弾いたりね。」

“And make art.”
「アート作ったりね。」

“And post high quality blogs.”
「やたら質のいいブログポストしたりね。」

“Or maybe Ill just go to developing countries to do volunteer works to help little kids there while manipulate them, and tell them to get on my website when they are older.”
「もしくは発展途上国に行ってボランティアして子供達を助けつつ、彼らを操作して大人になったら僕のウェブサイトに行くように言うとか。」

“That’s messed up.”
「それはめちゃくちゃだな。」

“I heard a lecture about a history of leisure. Apparently people during the industrialization was stoked about their free time. There were so many more varieties of leisure compare to before the industrialization because people had more money and time.”
「今日レジャーの歴史って講義聞いたんだ。産業革命の頃、人々はフリータイムができてかなり喜んでたらしいよ。みんな産業革命以前と比べてお金と時間があったから、すごくいろんな種類のレジャーがあったんだってさ。」

“Really?”
「ほんとに?」

“Yeah, they had to work only 14 hours a day instead of 16 hours a day.”
「うん、彼らは1日16時間の代わりに14時間だけ働けばよかったらしいよ。」

“That’s shitty.”
「最悪だな。」

“Well, I gotta get going. I’m gonna go see a pop band. have you checked out their song called ‘fuck you?'”
「さて、そろそろ行かないと。このポップ・バンドを見に行くんだ。ファックユー、って曲もう聴いた?」

“Nope. But sounds like they might save the pop music.”
「いいや。けど、彼らはもしかしたらポップ・ミュージックを救うかもしれないね。」

January 8, 2011

ジェンガ jenga

私とアーネスト・ヘミングウェイは、アパートの一室でジェンガをしていた。
Ernest Hemingway and I were playing jenga in a room in an apartment.

「私はとうとう少し解り始めてきたんだ。」私は言った。
“I’m finally starting to understand a little bit.”

「何について?」ヘミングウェイは聞いた。
“About what?” Hemingway asked.

「世の中の人達や自然や宇宙なんかは、それぞれ自分の軸を中心に回っていて、その軸は私の想像もつかないようなものだってこと。」私は言った。
“People in this world and nature and space are spinning around their own axises, and those axises are something I can’t even imagine.”

ヘミングウェイは大胆にジェンガのブロックを引き抜こうとしていた。
Hemingway was trying to make a bold move on jenga.

「それで、君はその軸を想像するのを諦めようとしてるわけ?」ヘミングウェイはジェンガを見つめたままゆっくりと言った。
“So, are you about to give up imagining what those axises are?” Hemingway, still keeping his eyes on jenga, slowly asked.

「もしかするとね。」私は不確かな答えを不確かに答えた。
“Perhaps.” I uncertainly answered an uncertain answer.

するとジェンガはグラグラし、全てを帳消しにするように崩れた。
Then jenga started wobbling and collapsed as if writing everything off.

ヘミングウェイと私は、3秒ほど崩れたジェンガ・ブロックを見つめ、ウィスキーをもう1杯ずつ注ぎあい、ジェンガを積みなおし、違うことについて話始めた。
Hemingway and I stared at collapsed jenga blocks for about 3 seconds, poured whiskey into each other’s glass, rebuilt jenga and started talking about a different thing.

時間はまだまだあるのだ。焦ることはない。
There is plenty of time. I don’t have to rush.

July 24, 2010

I Am a Cat by Soseki Natsume 我輩は猫である 夏目漱石

just finished reading I Am a Cat  by Soseki Natsume, one of the best Japanese classic literature.

日本文学の最高傑作の1つ、夏目漱石の我輩は猫であるをついさっき読み終わった。

The main character, the cat, observes people around him with keen eye, humorously describe and sharply spell out the depth and meanings hiding behind visible human behavior with witt.

主人公のネコは、人間を鋭い目で観察し、描写し、人間の行動の実態が何なのかを文字にして鋭くユーモラスに書き出します。

Quiz. What are good reasons to eat something or not eat something (何かを食べる、または食べない理由はなんですか?)

1. not that smart, tasty, green house gas (あまり賢くない、おいしい、グリーンハウスガス)

are these good reasons to eat cows? (これらは牛を食べるいい理由ですか?)

2. intelligent, friendly (インテリジェント、フレンドリー)

are these good reasons not to eat dolphines? (これらはイルカを食べないいい理由ですか?)

3. smart, over populated (スマート、過剰人口)

are these good reasons not to eat people? (これらは人間を食べないいい理由ですか?)

4. adorable, over populated (かわいい、多すぎる個体数)

are these good reasons to eat rabbits? (これらはうさぎを食べるいい理由ですか?)

I personally eat meat for like once a month.

個人的には肉は1ヶ月に1度くらい食べます。

We can eat pretty much whatever they want to eat, but I think we should think about it at least.

私達はたいてい食べたいものを食べれるけど、少なくとも考えるべきだと思う。