Archive for ‘brainstorm’

August 29, 2012

「時間と空間と可能性の観念」”Concept of time, space and possibilities”

今日これらの言葉を目にした。こういうことについて、明日の朝起きたら考えてみようと思う。

I saw these words today. I think I’m gonna think about things like these when I wake up tomorrow.

そういうことについて熟考してみることによって、ある種の循環せずに滞ってしまっている
空気のようなものが気持ちよく流れ出すかもしれない。

By pondering about such things, some sort of air-like thing that is stagnating might be start to flow and circulate again.

子供のように一人で考えてみることで。

By thinking alone like a kid.

今日バーで会った男の名前はテランスといった。彼が自分の名前を私に言った時、まるで今の今まで同じ名前を持った人間というのがこの世にいるとは知らなかったみたいに、私にはそれがすごくおかしく感じた。

A postman I met today at the bar, his name was Terrance. When he told me his name, it felt really funny as if  I never knew before that there were people in the world who shared the same names.

Advertisements
August 23, 2012

Rice Cooker/ Entrance to the other dimension

The rice cooker with ingenuity came to our house when my new roommate moved in.

新しいルームメイトが引っ越してきた時に、創意工夫に富んだ炊飯器を我が家に持ってきた。

This rice cooker is such an excellent product that plays a melody line from Japanese children’s folk music when it starts cooking and finishes cooking, and makes me feel warm. And of course its fundamental function as a rice cooker is perfect as well, it cooks rice and keeps rice warm and moist and tasty for extended time.

炊飯器はお米を炊き始める時と炊き終えた時に、日本の民謡のメロディーを演奏し、ほっとした気持ちにさせてくれるという、とても気の利いた優れものだ。そしてもちろんお米を炊き、長い時間に渡ってしっとりと保存するという炊飯器にとって根源的な機能の方も滞りない。

I was very happy that I was always able to enjoy tasty rice as any proud Japanese person should be. My life was up-graded.

私は日本人らしくおいしい米をいつも食べられるようになり、とても嬉しかった。
暮らしがグレードアップしたのだ。

However, seasons changed from Spring to Summer, and Summer is the prime season for bugs. A couple of month after we deployed the rice cooker to our kitchen, the roach issue started get worsen.

しかし、季節は春から夏へと変わり、夏と言えば、虫が最も勢力を得る季節だ。炊飯器が導入された数ヶ月後、私たちの家では、ゴキブリ問題が深刻化し始めた。

One day, roach babies were witnessed inside the display screen of the rice cooker. And it was the beginning. Two months later, when I turned on the rice cooker, the electric melody was played as usual. However, several minutes later, many roaches were witnessed around the rice cooker. I called my roommate for help, and everyone saw the scene was in awe.

ある日、炊飯器の表示スクリーンの内側のところに小さなゴキブリの赤ん坊達がいるのが目撃される。それが始まりだった。そして、その約二ヶ月後、私が夕食を作ろうと思い、炊飯器のスイッチを入れると、電子音のメロディーがいつものように日本の民謡を奏でた。しかし、数分後、見逃せないほどの数のゴキブリ達が炊飯器の周りをうろついているのが発見される。私はルームメイトに助けを求め、その場面を目撃した全員が唖然とする。

Roaches were comfortably living inside the rice cooker.  Apparently, roaches evacuated outside the machine because they couldn’t tolerant the heat when the rice cooker was cooking rice.

ゴキブリ達は、炊飯器の中でぬくぬくと生活していたのだ。どうやら米を炊いている炊飯器の熱に耐えられずに、炊飯器の中に住んでいたゴキブリ達が避難してきた模様である。

The next day, my roommate took the rice cooker to the space 3 stories down from our place and conducted a dismantling operation. I was on standby at the 3rd floor and heard my roommate screamed. I couldn’t abandon my buddy so went downstairs to check on him. His roach combat spray was already empty, and he was agitated. I was also surprised at the number of roaches. However, they looked defenseless outside the kitchen, under the bright sun. The eerie powerful aura they wear in the kitchen at night was gone. So I gained courage to stomp them regardless of age or sex.

次の日、私のルームメイトが炊飯器を家から3階下にある広場に持ち出し、そこで炊飯器の解体作業を行った。3階で待機していると、ふいに下からルームメイトの叫び声が聞こえてくる。仲間を見捨てるわけにはいかないので、下に行って様子を見てみると、ゴキブリ退治用のスプレーは既に空になってしまったようで、ルームメイトはうろたえていた。ゴキブリの数に、私も驚いた。しかし、屋外で昼間の太陽の下にさらされたゴキブリ達はとても無防備に見えた、夜のキッチンで彼らがまとっている不気味な迫力は消え失せていた。なので私は強気になり、次々に老若男女かまわずゴキブリ達を踏みつぶした。

After the battle, we stared at the rice cooker. Dismantled rice cooker looked strangely bare. It looked like something that was not rice cooker. It looked like a time-machine to my eye. There were hundreds of roaches inside this small rice cooker. Perhaps, this rice cooker was an entrance to the other dimension. My imagination expanded.

戦が終わった後、私たちは炊飯器を見つめた。解体された炊飯器は不思議とガランとしていて、炊飯器ではない他の何かに見えた。それはタイムマシンのように私の目には映った。この小さな炊飯器の中から、何百というゴキブリ達が出てきたのだ。もしかしたら、この炊飯器は異次元への入り口か何かだったのではないか、と想像が膨らんだ。

Below are photos of the dismantled rice cooker.

下は解体された炊飯器の写真。

July 6, 2012

Sleep, Wake, Tendencies 眠り、覚醒、傾向

Sleeping is a rest for body and mind.

眠りとは心と体の休息です。

While people are sleeping, sleep fixes people’s “tendencies.”

眠っている間に、眠りは人々の「傾向」を癒します。

If there are muscles that are tended to overworked, sleep will fix that part of muscle.

使われすぎている筋肉があれば、眠りはその部分の筋肉を治します。

If there are heavy tendency in the thinking, sleep will disperse it as dreams.

もし考え方に重い傾向があれば、眠りはそれを夢として散らします。

I read things like that in TV People by Haruki Murakami

こういうことを村上春樹のTVピープルで読みました。

 

If the scientist program massive amount of data in the robot’s Artificial Intelligence, the robot won’t wake.

プロセスできないほどの量のデータを人工知能にプログラムされたロボットは目覚めない。

The scientist programmed 6 billion minds in the robots. There are too many varieties.

科学者は60億人分のデータをロボットにプログラムした。それは多すぎるバラエティーだ。

To wake the robot, the scientist needs to give it “tendencies”. Strong emotional tendency.

ロボットを覚醒させるために、科学者はロボットに「傾向」を与える必要がある。強い感情の傾向を。

Strong emotion simplifies the world, and tendency sorts out information.

強い感情は世界を単純化し、傾向は情報を取捨選択する。

That was what needed to wake the robot up from sleeping in eternal varieties.

それが永遠に続く選択肢の眠りの中からロボットを覚醒するのに必要なものでした。

TENDENCIES.

傾向。

I read this last night in Japanese comic book series called Pluto, remake of Atom Boy by Osamu Tezuka.

昨日の夜私はこれを、手塚治虫の鉄腕アトムのリメイクの、プルートゥという日本のマンガで読みました。

In our sleep, tendencies are balanced out, cured, enhanced, added, and we wake.

私たちの眠りの中で、傾向はバランスを整えられ、治癒され、拡大され、加えられ、そして私達は目覚める。

The photo is a painting I finished lately. I tried to describe a boy falling into unconscious state.

写真は私が最近完成させた絵で、男の子が無意識に落ちていくのを絵で表現しようとしたものです。

October 18, 2011

Sox and Indian Art 靴下とインディアンアート

Sometimes I wonder, if there are fundamental differences between people who are all about Indian art and sox, and people who are all about marketing and baseball.

時々、インディアンアートと靴下を愛する人々と、マーケティングと野球を愛する人々の間に根源的な違いがあるのかとぼんやり思うことがある。

Tags: ,
August 25, 2011

ラマダン Ramadan

「おいお前何してんだよ!?」
“What the hell are you doing!?”

「ガラガラガラガラ…」
“gargle gargle…”

「ラマダン中に水飲んじゃいけないんだぞ!」
“You must not drink water during ramadan!”

「ごくん!」
“gulp!”

「!?」
“!?”

「うがいしてただけなのに、お前がうっさいから飲み込んじゃったよ」
“I was just gargling but I swallowed it because you were so loud”

August 11, 2011

夏 summer

プールパーティーはどこ?
where is a pool party?

詩を書いてくれたら教えてあげるよ。
ill tell you if you write me a poetry.

August 4, 2011

information 情報

A flow of information is something like this if I try to draw.
情報の流れってのは、絵にするとこんな感じかな。

A flow of information.
情報の流れ。

A flow of information.
情報の流れ。

A flow of information.
情報の流れ。

ACTION!
アクション!

August 4, 2011

カラスはとてもハンサムな顔をしている。A crow has a very handsome face.


a very handsome crow

自己嫌悪にはまり込んで、体中がこわばり、血圧が上昇するのがわかった。
clearly felt self-loathing was stiffen up the body and raised the blood pressure.

これは絶対に健康に良くない、これは絶対に健康に良くない!
This is definitely bad for the body, this is absolutely bad for the body!

のりこはそう思いながら、高血圧で、脳の血管がプツリと切れて死んだ祖父のことを思い出した。
Noriko thought and recalled her grand father. He died because a vein in his brain cut because of high blood pressure.

手がわなわなと震え、何か叩き壊せるなら是非たたき壊してやりたかった。
Her hands were shaking and she wanted to break something if possible.

だけど、モダンな人間はストレスを破壊行為で発散したりしないのよ
とのりこは自分に言い聞かせた。
But, modern humans don’t deal with stress by destroying things, she told herself.

なので彼女はワインのボトルを開けた、それをグラスに注いだ。
So she opened a bottle of wine and poured that into a glass.

それでも自己嫌悪から発生する行き場の無いイライラは、次から次へと湧いてきて、それが無くなる気配は無かった。
But the frustration derived from self-loathing couldn’t find a place to go and kept coming without showing any sign of the end.

なのでDirty Pretty Things のファーストアルバムを聴いてみることにした。
So tried the first album of Dirty Pretty Things.

ダメだ。
Not working.

だけどアルバムを聴いてると、そういえば昔、3曲目を練習して
けっこううまく弾けるようになったんだ!と思い出した。
But as she kept listening, she remembered that she used to practice the third song and she could play that song pretty well.

そして彼女は部屋の隅に立てかけてあるアコギを手に取った。
And she grabbed an acoustic guitar that was sitting in the corner in her room.

音楽を弾けば、心が癒されるかもしれないと期待したのだ。
She expected that playing music might heal her spirit.

音楽の力は偉大だ。
The power of music is great.

だけど、しばらく弾いていなかったので、コードをすっかり忘れてしまっていた。
But she found out that she forgot all the chords after not playing guitar for a while.

よってのりこのイライラはさらに増す結果となった。
As a result, her frustration was even more increased.

それから仕方が無いので、ソーシャルネットワーキングサイトに
心のわだかまりを、ピザ1切れ分程載せることにした。
Then, since she couldn’t think of any smart idea, she decided to put a slice-of-pizza-size of her frustration on social networking site.

だけど心のわだかまりは、小指の爪一枚分ほどの面積しか取り除かれなかった。
But it only removed her stress as little as an area of a pinky nail.

なのでもう二杯目のワインをグラスに注いだ。
So she poured a second glass of wine.

そしてそのワインも飲み干した。
And finished that wine as well.

だけど、自己嫌悪は解消されず、お腹のあたりで作り出されるネガティブな上昇気流に乗って次々と湧いてくる。
But the self-loathing doesnt go away. It keeps coming up, riding on the negative updraft created inside the stomach.

自己嫌悪は、精神を蝕むストレスとなり、そしてそれは肩こりと頭痛という
具体的な形となった。
Self-loathing turned into a stress that erode her mind, and it concretely showed up as headache and shoulder stiffness.

あぁ、やっぱり心と体ってのは繋がってるんだ…とのりこは思った。
Noriko thought, “knew it! body and mind are connected!”

そうだ!何かに没頭すればいいんだ!と、二杯目のワインを飲み終えた17分後にのりこは閃き、望遠レンズを使って
隣の家の木にとまっていたカラスの顔のアップを撮影し、その高画質の画像をコンピューターに取り込み
それの絵を描く事にした。
I got it! I should get into something! Noriko realized 17 min after she finished her second glass of her wine. She used a telescopic lens and shot a photo of close-uped face of a crow resting on a tree in the neighbor’s backyard. She imported that high-defined photograph into her computer and drew that picture.

その作業をしている時も、のりこは体の中から休み無く押し寄せてくる怒りにも似た
自己嫌悪の波を感じ続け、歯を食いしばっていた。
Noriko kept feeling waves of rage-like self-loathing constantly coming and gritted her teeth even while she was doing that.

彼女は危うくワイングラスを歯で噛み砕きそうになった。
She almost broke the glass with her teeth.

だけど、のりこは自分をなんとか落ち着かせ、カラスの絵を描き始めた。
But Noriko somehow calmed herself down and started drawing a crow.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

カラスはとてもハンサムな顔をしている。
A crow has a very handsome face.

絵を描いていると、彼女の心は少しばかり落ち着きを取り戻した。
Drawing calmed her mind a little bit.

そして34羽のカラスを描き終えたとき、のりこは眠りに落ちた。
And Noriko falt asleep when she finished drawing the 34th crow.

起きなきゃいけない時間にちゃんと起きれる人間になれますように
Hope I can be a person who can wake up at the time I’m supposed to get up.

薄れてゆく意識の中でのりこは願った。
Noriko wished in her fading consciousness.

June 30, 2011

June 30 六月三十日

Food: cous-cous

食べ物:クスクス

Magazine: Orion july|august 2011 issue

雑誌:オリオン

Ism to think about: anarchism

イズム:アナーキズム

Jenni and Shoko’s band name: Wealth

ジェニーと翔子のバンド名:ウェルス

Things to see: dinosaur and unicorn

見るもの:恐竜とユニコーン

Place to go: Portland

場所:ポートランド

Lifestyle: minimal shower

ライフスタイル:シャワー少々

Food to avoid: cheese

避けるべき食べ物:チーズ

Lucky Number: 10 people

ラッキーナンバー:10人

June 23, 2011

軸 An axis

「僕にとって、死はある意味人生の軸なんだ」
“Death is an axis of my life for me.”

「だからほぼ毎日、最低3分くらいは死ぬことについて考えるよ」
“So I think about death at least for 3 minutes everyday.”

「ものすごく嬉しくて楽しくて、生が充実しているときほど
僕は真っ黒い死の存在をすぐ側に感じるよ」
“I feel a presence of death very closely especially when my life is full of
joy and fun.”

「それは決してネガティブなことではないんだ」
“That’s not a negative thing at all.”

「死はいつか必ずやってくる波みたいなものだから
それについて考えることはある種の準備なんだ」

“Thinking about death is a kind of preparation because

death is like a wave that surely arrives on the shore someday.”

「時々死と向かい合って、死を受け入れ、死について考えることによって
僕は芯があって、強くて優しい生き方をすることができるんだ。
それもけっこう楽しくね」

“I can have an axis and live strongly and kindly by facing death, accepting death and thinking about death.

pretty pleasantly too.”

アプリコットティーを飲んでいた私にそう言って
勇敢な猿と馬は怪物の住む暗い山へと入っていった。

Brave monkey and horse said to me when I was drinking a cup of apricot tea.

And they entered a dark mountain where a monster lives.

「まじか…」と呟いて私は友達に今聞いたことを伝える為に電話した。

そして終末の予定を決めた。

“Dude…” I murmured and called a friend to tell what I just heard. And we made a plan for the weekend.

ピクニック!

Picnic!