Archive for August, 2013

August 20, 2013

プロジェクトFUKUSHIMAレポート: 新しい文化、再生への意識を福島から世界へ PROJECT FUKUSHIMA REPORT: Sending Out The New Culture And The Consciousness Of The Regeneration From Fukushima To The World

2013/8/20

日本にとっての終戦記念日でもある先週8月15日に、大友良英さん、遠藤ミチロウさん、和合亮一さんが代表を務める、プロジェクトFUKUSHIMAの企画の1つである、フェスティバルFUKUSHIMAが福島市の街なか広場で行われた。フェスティバルFUKUSHIMAは、震災のあった2011年に始まり、今年が3回目。

Hideyoshi Ohtomo, Michirou Endou, Ryouichi Wago hosted “Festival Fukushima” at Machinaka Hiroba (park) in Fukushima city on August 15th, also an anniversary of Japan’s WWII surrender. Festival FUKUSHIMA is one of the many projects of Project FUKUSHIMA which started in 2011 after the 3.11 earthquake, tsunami and the nuclear disaster.

IMG_1310

イベントには、遠藤ミチロウ、長見順、坂本龍一、勝井祐二、ユザーン、大友良英、テニスコーツ、浜田真理子など、数多くのミュージシャンが出演。会場にはプロジェクトの「工場部隊」が全国から送られてきた様々な柄や色の布を利用して作った味のある大風呂敷が敷かれ、広場の中央には盆踊りの為の櫓が建てられ、福島県内外から多くの人々が来場した。

Musicians who played at the event were Ryuichi Sakamoto, Yoshihide Ohtomo, Michirou Endou, Yuji Katsui, Jyun Nagami, U-zhaan, Tenniscoats and Mariko Hamada and more. The “factory team” made a huge piece of “furoshiki” with various fabrics with different colors and patterns that were sent from all over Japan. The “furoshiki” was spread on the ground of the festival site. They built a tower for Bon festival in the middle of the site. Many people came to the festival from in and outside of Fukushima.

フェスティバルFUKUSHIMAは、主催の大友さんの人柄が繁栄され、終始愉しくゆるく進行された。会場全体に気を使わない心地よい一体感があり、参加者の皆がフィードバックをしながらジャムをやっているような柔らかい人間らしい手作りの温かい雰囲気が終始あった。

Reflecting Mr. Ohtomo’s personality, the event was very laid-back. There was a sense of comfortable togetherness and warm hand-made atmosphere as if everyone at the festival was jamming and giving feedback to each other.

筆者は会場で出会った人々にインタビューを行い、楽しい話、真面目な話、そしてプロジェクトFUKUSHIMAについての、様々な話や想いを聞いた。

Hinotori Shimbun interviewed people at the site and heard fun stories, serious stories and various thoughts about Project FUKUSHIMA.

まず、インタビューを受けてくださったボランティアの方は、プロジェクトFUKUSHIMAの良いところは、声高々に反原発を主張するわけでもなく、敢えて目的や趣旨が明確にされていないというところだと言う。プロジェクトFUKUSHIMAに集まる人々は、主催の大友さんの声で集まり、皆で1つのものを作り上げるという共同作業が楽しくて毎年集まっている。プロジェクトFUKUSHIMAは、人々が何の説明や目的もなく、ただ集まり、共同作業をし、時間を共有し、1つのものを作り上げる「きっかけ」として機能している、参加者にとって年に1度の同窓会のような場であり、夏の風物詩になっている。

One of the volunteers said that a good thing about the project FUKUSHIMA is that they have very loose way of protesting against the nuclear power. There is no sign saying “NO NUKES” or people giving out flyers against nukes. There isn’t clear purpose or main point for the event. People who gather at Project FUKUSHIMA do so because it’s simply fun to gather and create this event together once a year. Mr. Ohtomo created an opportunity for people to gather, work together, share the time and create a scene. Project FUKUSHIMA is like a whistle for the unite. It has become like a reunion for participants and a scene of the summer time.

仙台の苦竹という街からやってきた門脇さんは、プロジェクトFUKUSHIMAに感化され、自分の住む街で音楽仲間とプロジェクト苦竹という計画をおよそ 1年前に始動し、既に飲み屋や駄菓子屋などの活動基盤となるインフラ「ハードウェア」の整っていた街に、プロジェクト苦竹という文化的な「アプリケーショ ン」をインストールし、新しい街の使い方、見え方を模索している。

Mr. Kadowaki who came from a town called Nigatake started his own project with his musician friends in his town called Nigatake in Sendai about a year ago. He says that Project FUKUSHIMA inspired him to start a similar project in his own community. Nigatake already has an infrastructure, “hardwear,” such as bars and snack shops, so Mr. Kadowaki wants to install an “application,” Project Nigatake, and explore new ways of looking at the town Nigatake.

出演バンドの1つ、テニスコーツの植野隆司さんとサヤさんに、福島に来るということについて複雑な気持ちはしないのかと質問をすると彼らは、プロジェクトFUKUSHIMAは福島に来る「きっかけ」をくれるものであり、ここに人が住んでいるから福島に来る、行きたいから行く、自分が見たいものを見に行く、福島に元気を貰いに来る、難しいことは抜きでそれでいいと語った。

I asked a question, “how do you feel about visiting Fukushima where the level of radiation is high?” to Takashi Ueno and Saya from Tenniscoats, one of the bands played at the event. They said that Project FUKUSHIMA is something that gives them an opportunity to come to Fukushima. They like to visit Fukushima because there are still people living in Fukushima, they visit because they simply wants to, they go see what they want to see, they come to Fukushima to get the good spirit. They say that they don’t need complicated rationalization to come to Fukushima.

イベント終了後にインタビューを受けて下さった、2011年から毎年イベントに参加している現在ROVOなどで活動しているヴァイオリニストの勝井祐二さんは、今年の「盆踊り」企画はとても良い手応えがあったと感想を述べてくれた。

Yuji Katsui, an electronic violinist from ROVO who’s been participating in Project FUKUSHIMA since 2011, mentioned that this year’s Bon festival was a success in an interview after the event.

「2年前と1年前と今年はそれぞれいろんな意味で福島と福島の人と、そして僕たち自身の状況もすごく変わっているし、2年前のプロジェクト福島の時 は、とにかく福島に行って何ができるのか、自分たちが確認することがすごく大切だった。とにかく福島に音楽を届けたいという気持ちがすごく強かった。そして2年目、3年目は、いつも自分たちが普段東京とかでやっている音楽をそのまま福島に届けに行くのではなく、福島から新しい何かを発信できるかどうかというところに転換してきた。それが今日やった盆踊りの『ええじゃないか音頭』とかそういうことだと思う」と、プロジェクトFUKUSHIMAのあり方や趣向の推移を話してくれた。

“Many things have changed since the disaster. Situations surrounding Fukushima, people in Fukushima and people outside of Fukushima like myself were in different situations 2 years ago, last year, and this year. 2 years ago, it was very important for us to just go to Fukushima to know that there was something we can do for Fukushima.  In 2011, the first year, we had a strong desire to come to Fukushima and play music for the people in Fukushima. Then we realized that it was better to create something new from Fukushima and send out the new culture from Fukushima to the world instead of playing regular music that we usually play in anywhere else like Tokyo. So after the 1st year the focus of this project changed. ‘Eejyanaika Ondo (It’s all good song)’ that we played tonight is one example,” he talked about a shift of the project FUKUSHIMA’s focus over the course of 3 years.

原発事故や、決して安全とは言えない福島に人を集めることについては、「原発事故についての議論や原因究明や収束はもちろんしなければならない、しかし何よりも先にやらなければならないのは、『怪我をして血を流して倒れている』福島を助けること。まずは倒れている人を助ける、怪我を直すこと。福島の外にいる人と中にいる人が今日のような場を共有することが大事。希望が持てるような状況を作りたい」と語った。

He also said that helping Fukushima who is bleeding on the ground is what they need to do first even though discussing, investigating and fixing the nuclear disaster is obviously necessary.  Helping Fukushima who’s bleeding on the ground, helping people who fell and taking care of their injuries are the priority. “It is necessary to bring people together from in and outside of Fukushima and share experience like we did today. We want to create a situation that people can have a hope,” he said.

原発事故という1つの事態に対しても様々な考え方、捉え方がある。プロジェクトFUKUSHIMAをやるにあたって福島で集まりイベントをやるということについては、「良いか悪いか」という単純な問題ではない、と勝井さんは言う。

There are many ways of perceiving and thinking of one nuclear disaster. About having an event in Fukushima, Mr. Katsui said that it is not a type of simple question that can be answered by just “yes” or “no” or “good” or “bad.”

「自分の考えを元に、今日ここに行って、こういうことをしたいから来る。そのような人々がいて、福島の人々がいて、そのような人々が集まり共有する。東京にいて福島が大変だと言っていても、来てみないとわからないことがたくさんある。線量が高いというようなこともあるが、実際に人々が生活を営んでいる場所である。そこに来るだけで意味があると思う。その人々に会いにくる、見に来る」

“People come here today and do these things because they decide that they want to based on their own thinking. There are people like that, people in Fukushima and these people gather and share the experience. People always say that “Fukushima is having a trouble” in Tokyo, but there are many things we cannot understand unless we actually come to Fukushima. Radiation level is quite high here, but this is also a place where people live and work. Simply coming to Fukushima is meaningful. We come to meet those people, we come here to see them.”

勝井さんにとっても原発事故は、彼自身に関するあらゆるものを変えてしまった事件だったと言う。原発事故が起きた後、30年以上音楽活動をやってきたが、音楽をそもそもやっていくのかどうかというところから考えざるを得ないような状況だったと語った。

Mr. Katsui said that the Fukushima nuclear disaster changed his life in many ways. He has been playing music for more than 30 years, but he even had to think about if he should keep playing music.

「自分の人生、自分の表現も変わった。自分のやるべきことは何なのか、全て1から考え直した。大友さんや、今日参加した多くの人もそう。それから繋がってゆく人達も増えた。しばらく会っていなかったミュージシャン達とも、それがきっかけで繋がっていく機会が増えた。311の後、新しい生命力のようなものがないと僕らは生きていけなかった、そういったようなものが必要だった」と勝井さんは言う。

It was that kind of situation, he said. “My life changed, my expression also changed. I had to think everything over and figure out what are the things that I should do. That’s the same for Mr. Ohtomo and many musicians that played today. The opportunities to reconnect with old musician friends also increased because of the disaster. After 3.11 we couldn’t keep living without some sort of a new spirit, we needed something like that,” Mr. Katsui said.

筆者が8月15日に福島で様々な人々と出会い、話を聞いて一貫していたことは、プロジェクトFUKUSHIMAに参加している人達が、新しいものを共同で作り上げ、それを福島から発信するという作業、そして皆で集まり時間を共有するということを純粋に楽しんでいるということだった。そして彼らは「福島」を、名前を聞いただけで嫌な気持ちのする地名ではなく、逆にむしろ新しいことが発信されている、再生への希望が持てるような地名にしていきたいという想いの元に企画をしている。記者会見で大友良英さんは、「最近は『盆ビート』がきてる、とか言って福島発の音楽についてロンドンの奴らが話すようになるかもな」と楽しげに話した。「ええじゃないか音頭」は、プロジェクトのスタッフによって作詞され、大友さんによって作曲プロデュースされた、フェスティバルFUKUSHIMAの為のオリジナルのチューン。当日の盆踊りは、全てオーケストラFUKUSHIMAによる生演奏で、唄もマダムギターこと長見順さんと遠藤ミチロウさんによる生唄で行われた。

What was consistent about the people who participated in Project FUKUSHIMA was that they all simply and purely enjoyed creating something together, transmitting the music and art they made in Fukushima to the world and sharing time together. One of the aim of the project is to change the image of Fukushima from something that people feel bad or annoyed when they hear to something that people feel hope of regeneration. They want to make Fukushima a symbol of regeneration where new culture is created. In the press conference, Mr. Ohtomo fondly said, “I imagine kids in the street of London talking that ‘bon-beat (of bon odori)’ is cool.” “Eejyanaika Ondo (It’s all good)” is an original bon dance tune that created by the project FUKUSHIMA. On August 15th, Orchestra FUKUSHIMA performed this song live, Jyun Nagami played the guitar and Michirou Endou sang as the people lively danced.

彼らは福島の中と外を繋ぎ、新しい文化を福島から紡ぎ出し人々の間に絆を生み、発信し、意識の持ち方の転換、状況の捉え方の転換をしようとしている。イベントに足を運んだ人々は、そんな彼らの想いを感じたのではないだろうか。予習無し、どちらかと言うと懐疑的な気持ちで会場に足を運んだ筆者も、彼らの想いをはっきりと肌で感じることができた。

Project FUKUSHIMA is trying to make a bridge that connect Fukushima and outside of Fukushima, weaving a new culture from Fukushima and tying people with a real bond, transmitting their ideas, shifting the way of consciousness surrounding Fukushima and the way of perceiving the situation. People who attended the event probably sensed that intention. I went to this event without doing much research. I was rather skeptical about this event, however the intention of the event was thoroughly humane and they were succeeding at what they wanted to do.

記者会見で大友さんは、「福島の中の人と外の人がぶつかるエネルギーが必要」だと言った。「怪我をして血を流して倒れている」福島を孤独にしてはいけない。「ええじゃないか音頭」の歌詞には、「シャッター街」や「線量」など、福島だけでなく日本の様々な場所に空気のように存在しているが、それほど騒ぎ立てられない現状も皮肉っぽく、ユーモラスに、あっけらかんと組み込まれている。福島に対して限定的に悪い印象を持っている人も少なくないかもしれないが、様々な事柄は福島だけの問題ではなく、日本のあちこちに存在している共有されるべき問題だ。

“It is necessary to make an opportunity to crash the energy of the people in Fukushima and the people outside of Fukushima,” Mr. Ohtomo said in the press conference. We must not abandon injured Fukushima who fell on the ground and bleeding. There are words like “’shuttered local shopping district’ and ‘radiation level’ which exist like atmosphere all over Japan in the lyrics of “Eejyanaika Ondo.” The song is very humorous and innocent even though it poignantly includes the serious situation of Japan. Some people might exclusively have a bad image against Fukushima, however many problems are actually something that should be shared by everyone.

8月15日に、福島に集まった人々は、汚染された土地で、様々なことを充分頭で理解した上で、現実を直視しながら「ええじゃないか」と唄いながら踊ったのだ。

People who gathered in Fukushima on August 15th sang “it’s all good!” and lively danced in the radioactive place while understanding and straight up facing the reality of the Post 3.11 world.

収束の目処が立たない原発事故後の世界という極めて難しい状況の中で生きていくためには、おそらく科学や政治や経済や言葉や理論だけでは足りないのだろうと思う。あらゆる理由付けや不安や矛盾を越えて、私達は集まり、祭りをし、唄い、踊ることが必要な時もある。人間が持つプリミティブで、命を持つものなら誰でも持っている、言葉では定義しきることのできない人間のエネルギーや心、そういったものを人々が集まり、集結させて爆発させることが今、この惨事を経験してもなお生きていくために、前に進むために必要なのではないだろうか。絶望的と思われる状況下で人々に希望を与える。それが祭り、音楽、アート、文化のなせる技なのではないだろうか。そしてプロジェクトFUKUSHIMAはそれを見事にやってのけていると感じる。

The world doesn’t know how to put an end to the Fukushima nuclear disaster. Radiation is emitted from Fukushima Daiichi everyday into the atmosphere and to the Pacific Ocean. To keep living in the Post-Fukushima world, probably science, politics, economics, words and rationals are not enough. Sometimes people need to transcend all the reasoning, insecurity and paradox and simply gather, have a Matsuri (festival), sing and dance. In order to keep living and going forward in the Post 3.11 world, it might be necessary for people to assemble and let their primitive and indescribable type of energy explode. Generating hope in the desperate situation. That would be the special skill of matsuri (festival), music, art and culture. And I feel that Project FUKUSHIMA is actualizing that beautifully.

筆者は当日会場に行くまで、福島で敢えてこのようなイベントを行う理由を上手く見つけることができなかった。会場である街なか広場の角にも「除染をしています」と書かれた看板がある。しかし実際に足を運んでみないとわからないことは、本当にあるのだ。

I couldn’t find a reason to hold an event like this in Fukushima till I went. There is a sign that says, “We Are Cleaning Up The Radioactive Materials” at the corner of the park. However, there really are things that we can’t understand unless we actually go there and experience.

最後に、和合亮一さんが櫓の上から朗読した詩の掲載をもって、レポートの終わりとします。

At last, I end this report with a poetry performance by Ryouichi Wagou.

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

我らは踊り明かすだろう

手を叩き 足踏みならし

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

我らは叫び 我らは聖者 我らは思想 我らは祭り

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

我らは踊り明かすのだ

声を上げて 汗拭って

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

我らは真夏 我らは足跡 我らは入道雲 我らは祭り

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

我らは踊り明かすのだ

手をかざし 夜 風に吹かれて

我らはふるさと 我らは交響曲 我らは群像 我らは決意

我らは踊り明かすのだ 語り合うのだ 解り合うのだ

我らは生きる 我らは祭り 我らはお囃子

我らは言葉 我らは生きる 失われた命の為に

我らは生きる 生きることのできなかった魂の為に

我らは生きる 生まれ来る新しい命の為に

我らは生きる 緑 風 土 水 の為に

ふるさとを取り戻す為に

あの日亡くなりし人々よ ここに集え

踊れ 語れ 泣け 叫べ 踊り明かすのだ

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

我ら亡くなりし人々の代わりとなって生きるため

さあ 我ら 踊る 心優しい鬼となろうぞ 叫び狂う鬼となろうぞ

ふるさとを守る鬼となろうぞ

亡くなりし魂を沈める 魂となろうぞ

我々は踊り明かすだろう 手を握り 歌くちずさみ

我らは祈り 我らは叫び 我らは足踏み

我らは遥か彼方 我らは踊り明かすだろう

踊りながら 今を噛み締める

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

我らは季節 我らは呼吸 我らは子供 我らは風

この街の子供 我らは鳥 我らは雲 我らは野道

我らはノミ 我らはお囃子 我らは太鼓 我らはとびしめ

我らは麦わら帽子 我らは調べ 我らはロックンロール

我らは大河 我らは何億頭の馬 我らは熱帯雨林 我らは入道雲

我らは鉄砲 我らはシオカラトンボ 我らは水田 我らはスカイブルー

我らは吾妻の山々 我らは阿武隈川

我らは言葉 我らは画用紙 我らは悲しみ 我らはジダンダ

我らはこぶし 怒りのこぶし

我らはエネルギー 透明なエネルギー 我らは口笛 我らは八月十五日

雲が追うてくる 雲が追うてくる

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

我らは 我らの命を生きる 命を生きる為に

ここに 集い 集まる 守る 福島を

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

どぅーた どぅーた どぅどぅどぅーた

あなたにそっと 落ちた木の実を知って欲しい

実を 木の実を 落とされたままの実を わかって欲しい

実を 木の実を あなたにそっと拾われたくて

この世界に 現れてきた 美しい実を

あなたの掌に その実の 重たさを 知って欲しい

この夏の 夕暮れに

あの日 亡くなりし人々に

捧げる プロジェクト福島

Advertisements
August 11, 2013

The Power of Artistic Acts: A Case Of Yohei Miyake’s Election In Japan, The Election Campaign Done In The Most Artistic, Fashionable and Underground Way Possible

8/10/2013

Highly unexpected, extraordinarily artistic and poignant events sometimes liberate people from repressed situation. Sometimes artistic acts reveal how people unconsciously self-regulate and mindlessly accept repressing status quo. And it ends up hardening the already rigid view of the reality. It often takes extraordinary courage and action to breakthrough the firm situation.

In Japan, recently Yohei Miyake, a candidate from Greens Japan, did something extraordinary. In July, he utilized an Upper House election to pull out a major political and artistic act in the national scale and it ended up being a movement. He used music to the fullest, and sent out political messages mainly about environmental concerns and world peace artistically and he even weaved some spirituality into it. His decision to put aside his music career to run for election was out of a strong sense of crisis he had since 3.11 nuclear disaster in Japan. His determination, courage, strong will, consistency in his words and actions and sophisticated messages moved many people.

He defined the election as “festival” and brought up a bunch of his fellow musicians from underground music scene and toured all over Japan during the election campaign. He used the network that he built all over Japan through his music career in the last 15 years. He called his campaign “Election Fest,” used it to promote democracy and participation in the politics. It succeeded in getting attention from wide demographics including the so-called most apathetic, or desperate young generation who never were able to expect anything from the politicians.

He didn’t wear a suit, didn’t shave, didn’t even wear shoes on the stage sometimes. He wore shorts and T-shirt and a green cap. He refused to be a preexisting someone in order to be consistent with his belief which respects diversity. If the politicians reflect the diversity, it shouldn’t be such a big deal if a politician don’t wear a suit.

His election campaign was one of the lowest budget campaign supported by donation and a couple of thousand of volunteers.

He was bluntly honest and had intelligence to back up his points. And he had an excellent communication skill. He said many things that typical politicians don’t dare to say. His contested grounds were the world peace and environmental issues especially regarding the ongoing Fukushima nuclear crisis and 400 nuclear power plants in the world. These are serious concerns shared by many in Japan.

Throughout the campaign, he kept bringing up the repressed issues on the table, showed people how to face and deal with those issues, and ended up changing the conversation and atmosphere. Even though he didn’t win, he got 17,6970 votes which was 26th place among 162 candidates. There were 48 seats. But the current system didn’t allow him to win a seat.

What was played out seemed like a revolution, a movement, a shift of age, or an epic joke. It probably was a little bit of everything. Mr. Miyake somehow managed to leave a texture and iconic impression in Japan, and he is not stopping.

Followings videos are some of the musicians who played at the “election fest” to support Yohei Miyake.

August 7, 2013

市民が建設的にムーブメントを成功させてゆく為に

2013/8/7

近年、世界の様々な場所で民主主義や社会正義や平和や地球環境保護を求めるムーブメントが起きています。日本でも、先月の三宅洋平さんの参院選での立候補は、従来の選挙キャンペーンの枠組みを大きく飛び越えて(彼本人は「ムーブメント」ではなく「時代」だと言っていますが)ムーブメントの始まりとなりました。では、社会正義や平和を求める市民側は、どのように建設的に社会をシフトさせていけばいいのでしょうか。

社会にはざっくりと分けると2つのサイドがあります。「権力側」と「市民側」です。この構図をごく単純に、一般的に解釈すると、権力側が市民側を統治しているということになります。しかし、権力は常に統治される側、民衆側の手中にあるというのが実際の状態です。民衆の力が権力にとって大きな脅威であるからこそ、権力側は市民側を押さえつける為に、様々な手法を用い、膨大な金と労力を費やします。民衆の意見や態度の統制が、社会そのものとなるからです。

もしも本当に権力が民衆側にあるのだとしたら、なぜ戦争、貧困、奴隷制、核開発、遺伝子組み換え食品の開発、地球環境の破壊など、様々な人類の未来の為に望ましくない状況が世界の至る所に蔓延しているのでしょうか。その理由の1つは、市民側を押さえつける為の権力側のプロパガンダが非常に良く民衆に浸透し、それがそのまま社会風土となってしまっているからです。

例えば、日本では政治に対する「無関心」ということが長年問題とされてきました。日本人は実際のところ自然な流れとして必然的に「無関心」になってしまったのでしょうか?この「無関心」という状態は「無力感」や「諦め」とは判別されなければいけません。多くの人が「無関心」である理由として、「どうせ政治や社会は変わらないと思うから」と述べます。それは「無力感」や「諦め」の感情で、必ずしも「無関心」ではありません。つまり、現状に満足しているわけではないけれど、自分たちにはそれを変える力が無いと思い込んでいるのです。そして「無力感」や「諦め」は、自然に人間が持つ感情ではなく、報道やプロパガンダや社会風土によって外部から人々の心の中に植え付けられる感情です。つまり、変えることができるものです。

実際、現状を変える為に一般の市民ができることは数多くあります。しかしそれが行われない、起こらないのは、どうせ自分達が何をしたところで苦しい現実は変えることができない、自分たちは耐え忍ぶしか無い、と権力側が民衆に思い込ませることに成功しているというのも1つの理由です。

市民側の力を押さえつける為に、権力側はもちろん直接的な弾圧や、構造的な暴力をふるうこともあります。貧困を作り出したり、人々を分断し憎悪を煽るようなプロパガンダキャンペーンをしたり、地域コミュニティーを破壊すような社会構造を確信犯的に推進するのも1つの権力による暴力の形です。

それに加えて、現在は長い年月をかけて権力や大企業、(権力と大企業は同義語といっても差し支えないでしょう)が多大な労力を費やして推進してきた、資本主義や新自由主義、物質主義や消費至上主義のイデオロギーが世界規模で蔓延し、常識化し、人々の感性として内面化すらしています。

他人や社会のことは考えずに自分の富を増やせ、人権や社会正義や地球環境よりも経済を優先せよといったようなイデオロギーや、労働者や地球環境を搾取し破壊すればするほど成長する資本主義、消費経済のシステムがこの先も一般的に良きもの、もしくは受け入れざるを得ないものとして認識され続けるなら、未来は明るくありません。

それでは権力や大企業に対抗する為に、市民側は何ができるのでしょうか?

まずは、市民側が自分達に社会を立て直し、舵を取り、自由に生きる力があると認識し、目覚め、行動する為の意識改革が必要となります。意識改革をもたらすものは様々で、多くの場合リーダーがいますが、オキュパイ運動のように、1人の特定のリーダーを持たないムーブメントもあります。

それから自由へと向かう複合的な統一体の形成。その形成には、市民側の組織化や、地域ごとの自発的に機能するコミュニティーの創出が必要となります。これらのことが必要な理由は、細分化され、人と人がばらばらになったコミュニティーには力が無いからです。個人が孤立してしまう細分化された社会というのは、権力側にとって最も統治しやすい社会でもあります。団結を強め、自分たちのコミュニティーに必要とされることをコミュニティーの人間で実践し、可視化し、政府や企業への依存を減らしてゆくことで自信が生まれ、不安が払拭されていきます。地域に良い影響を与えられれば、仮にムーブメントにネガティブなイメージがあったとしても払拭することができます。

ムーブメントがすぐに結果を出すことができないとしても、根気よく語り、伝え、組織化を進め、外部の人々にも働きかけ続ければ影響を序所に広めることができます。

この世界に住む大多数の人々はおそらく社会正義や平和を望んでいるでしょう。その圧倒的な民意を少しずつ実現していく為に、市民側も組織化を図り、団結を強め、建設的に、戦略的に取り組んでゆく必要があります。なぜなら権力側や大企業は、既に巨大なネットワークを築き、長年に渡って意識的に、戦略的に彼らの目的を達成してきたからです。

参考文書

アメリカを占拠せよ! ノーム・チョムスキー