現役女子高生の彼氏にしたい男性の職業ランキング1位は「革命家」

7/3/2013 -Tokyo, Japan

今年も早くも半分が過ぎ、現役女子高生から「彼氏にしたい男性の職業ランキング」の統計を取る時期がやってきた。

火の鳥新聞が独自に調査を行ったところ、今年の彼氏にしたい男性の職業第一位に輝いたのはなんと「革命家」だった。そもそも「革命家」とは職業なのかよくわからないが、ライフスタイルや職種が半端ないくらい多様化してきている世の中のあり方を、現役女子高校生達は柔軟に受け入れているのかもしれない。

IMG_0904

それにしてもなぜ「革命家」なのか、いくつか女子高生達の意見を紹介しようと思う。

「ツイッターでエジプトやトルコやブラジルやアメリカのオキュパイ運動や日本の脱原発運動を追っているんですが、彼らの姿にいつも胸を打たれます。草の根の運動をしている一般の市民の人達が、一番まともなことを言っているって気づいたんです、彼らはとてもいい目をしていますし、勇気が素晴らしいです」と言ったのは東京都内の高校に通う畑中みかさん。

「革命家からは加齢臭がしないし、ヒッピーみたいに髭や髪が伸びててもかっこいい」と答えたのは西村あかねさん。「私利私欲の為じゃなくて、社会や世界の為に頭や心を使っている人達は見た目も若いしなんだか人間らしくて輝いています。自分の小さな世界のことしか考えてない人達は、会話もつまらないし、ちょっと危機的に感覚鈍いよな、って思っちゃいます」

「将来の安定や、貯金や家や老後のことしか考えていない人達が死ぬ程退屈」と少しきつめのコメントをしたのは辻あいこさん。「堅実」であることは重要ではないのか?という質問に対して彼女は、「遠い未来や長生きのことばかり考えている人達は今を雑に生きているように見えて魅力的じゃないし、長生きしたから何なの?と思う。人格形成もできてなくて、自分の頭でものも考えないくせにだらだら長生きしててなんなんだよ、と思う」とさらにコメントがきつくなった。おもしろいので、「長生き」は素晴らしいことではないですか?と聞いてみると、「時間はただの概念。みんな遅かれ早かれ死ぬんだから、強い信念や使命感を持って生きている人のがかっこいい」と言い切った。

「安倍さん、東北や関東がすっかり放射線物質に汚染されてるのに、原発推進したり輸出したり、TPP交渉進めたり、被爆者全く支援しないし、企業のことばっかで市民のこと考えてくれないし、失敗したけど女性手帳とか意味分からないもの作ろうとするし、かなり国民のこと舐めてますよね。私は将来子供生むかわかりません。自分も絶対に被曝しているので、子供や、子供の子供に影響が出ることはもちろんあり得ます。だから日本政府がそういう非人道的な姿勢を取り続けるなら、私は将来、子供を生まない女性を組織して日本政府に対してプロテストして、すごく慌てさせてやります」と女性革命家の卵のような女子高生もいた。

他にも、「革命家」を理想像とする女子高生達の意見には、保身的な人間にうんざり、資本主義のシステムがマジで怖い、いい加減何か変わって欲しい、あんなに悲惨な原発事故あったのに変わらないのは異常、などの意見があった。

現役女子高生がどんなものを映画で観たり、本で読んだり、ウェブで閲覧したりして影響されているのかは、火の鳥新聞はNSAではないのでわからない。ましてや現役女子高生がどんなことを思考しているのかはさっぱりわからない。とにかく革命家の方々おめでとう!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: