Post-Fukushima Stories

こんにちは。このインターネット上の場所、ポスト福島ストーリーズは、福島の原発事故や原子力に関する皆さんの個人的なストー リーやアー トや音楽の為の場所です。世界はあなたの声を必要としています。原発事故によって人々や自然が危険にさらされている今、私たちは表現の自由や言論の自由を 駆使し、私達の受けた傷や不安や怒りや悲しみ、私たちの心が感じた生のものを表現し、それを世界に発信することは必要なことです。日本政府は日本国民を 守ってくれません。メディアは的確な情報を与えてはくれません。それは原発事故後の2年間で明確になったことです。村上春樹さんは「我々日本人は核に対す るノーを叫び続けるべきだった」と言いました。「福島の後に声を発しないことは野蛮である」と坂本龍一さんは言いました。権力やお金が価値基準である日本 政府やメディアが沈黙しても、私たちは沈黙してはいけません。私たち一人一人は尊い存在であり、民主主義国家が人権を蹂躙することは許されることではありません。

Hello. Post-Fukushima Stories is a place for your personal stories, art and music about the Fukushima nuclear disaster and nuclear power. The world needs your voice. In a time like this, when people and nature are in danger, it is necessary to exercise our freedom of speech/freedom of expression. We have to express our pain, uneasiness, anger, sadness and the raw feelings we perceive and let our voices be heard throughout the world. The Japanese government does not protect its citizens. The media does not provide good information. This has become very clear in the last 2 years after Fukushima. Haruki Murakami said, “We, Japanese people, should have kept saying ‘NO’ to nuclear power.” Ryuichi Sakamoto said, “Keeping silent after Fukushima is barbaric.” We must not keep silent, even though the government and the media, heavily influenced by money and the…

View original post 132 more words

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: