Ryuichi Sakamoto Shows What’s Up At UC Berkeley 坂本龍一、バークレー大学で粋な生き方を示す

February 16th, 2013 -Berkeley

Ryuichi Sakamoto, internationally acclaimed musician, gave a talk about eco-activism in Japan and the U.S. after Fukushima, and also had a solo piano recital on Feb 9th at UC Berkeley. Mr. Sakamoto is one of the few Japanese public figures who could speak out against nuclear energy industry and be the voice that Japanese people desperately need after the Fukushima nuclear disaster. Many anti-nuke people who spoke about the nuclear disaster on Japanese television were silenced, eliminated from the television medium and practically lost their voice. However, Mr. Sakamoto is still going strong to push eco-activism for people and the planet and spreading positive hope for people. Nikki Cameron, local artist who was at the event says, “he is so punk and hardcore and charismatic!”

IMG_7632

At the event, Mr. Sakamoto inspired the audience with his world-class musical talent, intelligence and heart and showed what’s up with formidable dignity and charisma. In addition, American rock star professors backed up Mr. Sakamoto. Fritjof Capra, author of Tao Of Physics, Barbara Rose Johnston and Brett L. Walker gave presentations about the issue from different aspects to give more profound and comprehensive understanding about the issue. The team of a world-class musician and professors gave the audience very high anticipation and they didn’t let them down. Glen Romett, one of the audience who flew from San Diego for this event, said with a beaming smile, “I feel like I am a teenager who are going to Radiohead concert! I’m that excited!” Greg Poland said, “those people are like Jedi!” He was single-mindedly taking a note during the presentation.

At his concert that night, Mr. Sakamoto showed his overwhelmingly precise and beautiful control of the sound. He performed many of his hit songs such as a song from Merry Christmas Mr. Lawrence. But he also surprised the audience. At the very beginning of the concert, Mr. Sakamoto and Ken Ueno performed an experimental noise and vocal piece that sounded disturbing, intense, scary and highly intriguing. It sounded like as if the lid of the hell was removed and monsters were coming out. Keiko Sakata, one of the audience, said that she thought the piece was about the nuclear disaster and radiation.

国際的に評価されているミュージシャンの坂本龍一さんが、2月9日にカリフォルニア州立バークレー大学で福島での原子力発電所事故後の日本とアメリカでのエコアクティビズムという題の講義とソロのピアノリサイタルを行いました。坂本さんは原子力発電所の事故後に脱原発の活動を続け、日本の国民が切実に必要としている声になっている数少ない日本の著名人の一人です。日本のテレビで脱原発、原子力反対派の発言をした著名人達の多くは、テレビ界から追放され事実上声を失いました。しかし坂本さんは今でも人々や環境の為にエコアクティビズムの活動を力強く続け、人々にポジティブな希望を与えています。イベントに来ていたローカルアーティスト、ニッキー・キャメロンは「彼はパンクでハードコアでカリスマ性がある!」と感激の声を上げました。

イベントで坂本さんは、世界クラスの音楽の才能と知性と心を示し、ただならぬ威厳とカリスマで、粋な人間性と生き方で観客に強いインスピレーションを与えました。さらにアメリカの大学教授陣も坂本さんを力強くサポートしました。タオ・オブ・フィジックスの著者あるフリチョフ・カプラ、バーバラ・ローズ・ジョンストン、ブレット・エル・ウォーカーは原子力問題に対するより深く包括的な理解を深めるために、様々な局面から問題にメスを入れ、プレゼンを披露しました。世界クラスのミュージシャンと頭脳のチームはオーディエンスに高い期待を持たせましたが、彼らはそれを裏切りませんでした。このイベントの為にサンディエゴからやって来たグレン・ロメットは「レディオヘッドのライブを観たティーンエイジャー並に興奮してます!」と輝く笑顔で語った。グレッグ・ポーランドは「彼らはまるでジェダイのようだ!」と言い、プレゼン中には一心不乱にノートをとっていました。

夜のピアノコンサートでは、坂本さんは恐ろしく正確で美しい音のコントロールを見せつけました。彼は戦場のメリークリスマスなど、たくさんのヒット曲を演奏しましたが、観客へのサプライズも用意していました。コンサートの一番始めに、坂本氏は上野ケン教授と、不気味で強烈で戦慄的で、おどろおどろとした興味をかき立てる、エクスペリメンタル・ノイズ&ボーカルのセッションを披露しました。それはまるで地獄の蓋が開いて、妖怪たちが続々と這い出してくるような音でした。オーディエンスの坂田桂子さんは「あのピースはきっと今回の原子力発電所の事故と、そこからばらまかれている放射能汚染についての曲なんだと思います」と語りました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: