Archive for October, 2012

October 18, 2012

Head Space Series

I finished a new series called “Head Space” that consists of 5 paintings. When I started painting a few years ago, my approach to visual art was to create something that’s visually pleasing for me because visual art is visual art: it is good if I enjoy making art: putting meanings on paintings are not always necessary. But this time I consciously took a different approach. For this series, I created a main character and made the series around him. The approach was to create (paint) the space that doesn’t physically exist but does exist through his perceptions and experiences. I put commentaries for some of the paintings. Hope you enjoy the series.

5枚の絵から成る新しいシリーズ「ヘッドスペース」が完成しました。私は数年前に絵を描き始めたとき、絵は絵であり、視覚的に美しいければ、描くということが楽しければいい、そこに意味が必ずしもある必要はないというアプローチで絵を描きましたが、今回は意識的に今までとは違うアプローチをとりました。今回は絵の中に主人公を描き、彼(主観)が経験したり知覚している感覚的で、物理的には存在しないスペースを描き出すというアプローチを取りました。いくつかの絵には解説を入れておきます。

(1)Attempt to Organize Information 情報整理の試み

In this painting, boxes and shapes are the information that floats in the reality, but they are unorganized and not making sense. He is reaching for the scene or some sort of point of view or understanding that he might be able to see by trying to connect pieces of information with the telephone-wire like wires.

情報は四角や三角といったようないびつで不完全な形をとっていて、情報はリアリティーを構成するピースでしかありません。この絵の中で主人公は電話線のようなワイヤーを使ってなんとか情報を繋げることによって見えてくるかもしれない風景やある種の見解に手を伸ばしています。

(2)Resident in the Music 音楽の中の居住者

(3)Rain and the Window 雨と窓

(4)Childhood and Kokoro 子供時代とこころ

I think “Kokoro” is a unique Japanese word. English translation for “kokoro” would be mind or heart, but “kokoro” has a difference nuance and feel.

「こころ」とは日本語特有の言葉だと思います。英語に翻訳すると、マインドやハートになるわけですが、こころには日本語特有のニュアンスがあります。

(5)Unbiased Yet Limited Sight 先入観のない、しかし限られた視覚

He is trying to see the world with unbiased eyes, but his sight is still limited.

主人公は先入観を無しに世界を見ようとしています、しかしその視界は限られています。

If you feel like supporting my art through facebook, I have a page called Space House People.

ちなみに Space House People はフェイスブックでもやってるのでよろしく!

Thank you!

Advertisements
October 12, 2012

Hanging Garden 空中庭園

Rain fell this morning turned the air and the town transparent all together. In my sleep, I was listening to the transparent sound of rain falling from top-to-bottom.

朝降った雨は、空気や街をそっくり透明にしてしまった。私は長いこと眠りの中で上から下へ落ちる透明な雨の音を聞いていた。

In the afternoon, the town had become a cloud town. Big white crisp clouds surrounded every direction of the town, and transparent sunlight made the just-washed transparent town even more tightly crisp. I took a walk in the transparent cloud town and felt good like I was walking through a hanging garden.

午後の街は雲の街になっていた。凛とした白く大きい雲が街の東西南北を囲み、透明な陽の光が雨が洗ったばかりの透明な街をさらにきりりとさせていた。透明な雲の街を散歩していると、空中庭園を歩いているようないい気分になった。

——————————————————————————————————

10/11 Thu

It rained beautifully in San Diego. As Albert Hammond sings, “it never rains in Southern California.” But when it does, it is even memorable sometimes.  I did a photo project this afternoon to capture the town after the rare rain. Below are the photos. Enjoy.

サンディエゴで美しく雨が降りました。アルバート・ハモンドが歌うように「南カリフォルニアでは雨が降らない」のです。だけど雨が降ると、時にそれは記憶に残ります。そういうわけで、今日の午後に稀な雨が降った後の街の様子を収めるのに、フォトプロジェクトをやりました。下の写真が今日撮ったものです。
楽しんで下さい。

October 5, 2012

Watching Tennis テニス観戦

My brother Shoki Hachiya is a pro tennis player. He came all the way from Japan to Southern California to play tournaments, so Glen and I got some wine and cheese and went out to support him. Glen voluntarily became a mascot for Shoki during the tournament. I bet it is such a cheering that there is a mascot fight with the player.

私の弟、蜂谷翔希は、恥ずかしながらもプロのテニスプレーヤーであります。ショウキがはるばる日本から南カリフォルニアまでテニストーナメントを戦いにやってきたので、わたしとグレンはチーズとワインを携えて応援に出かけました。ちなみに、グレンは今大会中、ボランティアでショウキのマスコットとしても活躍してくれました。やはり一緒に戦ってくれるマスコットがいるときっと選手も心強いでしょう。

(Volunteer Mascot Glen ボランティアマスコットのグレン)

What’s really entertaining about watching tennis for me is to watch players’ change of emotions and meltdown. Tennis is a mental sports. Players have to fight not only their opponents but also themselves. You can’t survive in the tennis world without tough mental strength. I saw many players who looked extremely bummed during their matches. The way they get bummed is so obvious sometimes that I can’t help cheering them up in my head.

テニス観戦の目玉は、何と言っても選手達の激しい感情の変化やメルトダウンです。テニスはとても感情の変化が目立つスポーツです。相手とはもちろんですが、ある意味では自分とも激しく戦わなくてはいけないのです。タフな精神力なしに、テニスの世界で飯を食ってゆくことはできないのです。アーヴァインであった今回の大会予選では、たくさんの凹んだ選手達を見ました。時に選手達は敵でも味方でも思わず励ましてあげたくなるような凹み方をします。

I saw many players flipped out as well. Some of them started fighting with referees. And the referee gave  them court violation and racket abuse, and they got even more angry.

怒って大声を出したりレフェリーと喧嘩になる選手達もよく見かけました。そして彼らはレフェリーにコート・バイオレーションやラケット・アビュースの違反を取られ、さらに逆上していくのでした。

Of course there were lots of great matches and good sportsmanship. It’s always great to see those.

もちろん素晴らしいスポーツマンシップや良い試合もありました。

Shoki Hachiya

Mitchell Krueger

Besides watching tennis, I really enjoyed staying at Ayres Hotel, one of the official hotels for the tennis tournaments. I never went out unless I had to because outside the hotel was just an identical demonic industrial maze of Costa Mesa/ Irvine. I was very happy and surprised to find a place I liked in Costa Mesa.

テニス観戦の他には、テニストーナメントのオフィシャルホテルになっていたアイレス・ホテルでの滞在をとても楽しみました。外に出かけても、コスタメサやアーヴァインのアイデンティカルな悪魔のようなインダストリーの迷路が待っているだけなので、必要が無い限りずっとホテルにいました。コスタメサでこのような場所を見つけられて、とてもラッキーでした。

Court Yard

Free Cookies. Fuck Yeah!

I really should try Alibaba Motel that I drove by as well if I have another chance to stay in Orange County again.