Archive for July, 2012

July 17, 2012

7/17: The 1st Eagles Nest Night at the Tin Can

Eagles Nest will be putting together a show tomorrow night at Tin Can Alehouse, San Diego.

イーグルズネストがアーティストを収集した第一回のライブショーが明日、火曜日の夜にティンキャンであります。

You don’t have to underestimate it because it is Tuesday night. Tomorrow night will be a debut for The Sound Grove (Mike Groves). Unfortunately, he is not British Ex-police officer Michel Groves who is chosen for “The Badass of the Week” for fighting off Somali Pirates attacking British cruiser. But this Mike is a musician with high sensibility who starts to bake bread at home out of nowhere because he wanted to be competitive against local Mexican bakery and make a music video its main subject is his own foot. I also owe him because he fixed a dryer of my house. I’m sure he will pull out a great show tomorrow night.

火曜日の夜だからといって見くびってはいけません。明日の夜は、マイク・グローブスのデビューショーです。残念ながら彼は「今週のすごい奴」に選ばれた、ソマリアの海賊を撃退したイギリス人元警察官ではありませんが、こちらのマイクはある日突然メキシコ人の経営する近所のパン屋に対抗意識を燃やして自宅でパンを焼き始めたり、メインサブジェクトが自分の足という奇抜なミュージックビデオを作ったりする感性豊かなミュージシャンです。彼は私の家の乾燥機を直してくれた恩人でもあります。そんな彼のデビューショーが明日なので、私の家の住人はみなそわそわしています。

Rebuilder is a mysterious musician. My roommate told me that he is a boy who was wasted and puking in and out of the bar when we all went out to see Matthewdavid, DIVA, Illuminauts and Balloons at Soda Bar. I am very looking forward to seeing him play tomorrow night.

Rebuilderはミステリアスなミュージシャンで、先月皆でSoda BarにMatthewdavid、DIVA、Illuminauts、Balloonsのラインアップのライブを観に行った日に泥酔してバーの外で吐き散らしていた男の子がそれだ、と私のルームメイトが教えてくれました。彼にもおおいに期待しています。

Californino is a solo project of Jesse from D/Wolves, and people say his musical sense is so keen that it makes crying babies shut up. Seeing young fearless talented musicians always makes us feel refreshed, so I highly recommend seeing Californino for people after work. Tin Can also has a great selection of beer and liquor.

CaliforninoはD/Wolves出身の若く才能溢れるジェシーのソロプロジェクトで、彼の音楽センスは泣く子も黙らせるほどだと人々は言います。それに若く才能溢れる怖いもの知らずのミュージシャンのショーを見るのはいつも気持ちをスカッとさせてくれるものなので、仕事帰りの人にもおすすめです。ティンキャンには多くのビールやリカーが揃っています。

Mystery Cave and Killer Swan are critically-acclaimed from local music critics and are necessary musicians for San Diego’s beats scene. They are childhood friends and they are inseparable like tacos and salsa, or pasta and tomato sauce.

Mystery CaveとKiller Swanは地元の音楽批評家からも、クレイジーだと絶賛され、サンディエゴのビートシーンにはなくてはならない存在となりました。彼らは幼なじみであり、タコスとサルサのように、もしくはスパゲティとトマトソースのように切っても離せない存在となっています。

In addition, DJ Recycled Dolphin will be spinning his precious old records, not MP3, and Eagles Nest Productions will be taking over the visual for the show. And Danica Molenaar’s art is on the display at the tine can.

その他にも、DJ Recycled DolphinはMP3ではなく古い彼のとっておきのレコードをDJし、Eagles Nest Productions によるビジュアルも行われます。そしてベニューにはDanica Molenaarのアートが展示されています。

It’s only $5, and it’s a great night to get in touch with local culture in San Diego.

明日のショーはたったの$5で、地元サンディエゴの文化に触れるにはもってこいの機会です。

*Reference about Michael Groves, ex-British police officer who fought Somali Pirates

Michael Groves on BBC (http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/6664677.stm)

Badass of the Week (http://www.badassoftheweek.com/groves.html)

 

Advertisements
July 10, 2012

Real ART: Reflection of the reality

Lately I’ve been hearing lots of good news from Japan about anti-nukes movement that’s been going on after 3.11 nuclear power plant incident.

最近3月11日の福島の原子力発電所事故によって反原発に関するいいニュースがたくさん日本から聞こえてきます。

This street performance by Frying Dutchman is very informative, moving, poignant and straight to the point.

このフライングダッチマンの路上パフォーマンスはとてもインフォーマティブ、感動的で、痛切で、そして的を得ています。

Country like Sweden is already progressing towards generating energy without nukes. We already have the technology to achieve it.

スウェーデンのような国はすでに原発なしで発電していく方向に向かっています。私たちは、すでにそうするためのテクノロジーを持っています。

It is obviously wrong to put the country, citizens and the nature that keeps us alive in risk for the sake of some elites’ profits.

一部の人々の利益の為に、国や国民や私達を生かしてくれている自然を犠牲にするのは、明らかに間違っています。

Support clean energy.

クリーンな自然エネルギーを支持しましょう。

July 6, 2012

Sleep, Wake, Tendencies 眠り、覚醒、傾向

Sleeping is a rest for body and mind.

眠りとは心と体の休息です。

While people are sleeping, sleep fixes people’s “tendencies.”

眠っている間に、眠りは人々の「傾向」を癒します。

If there are muscles that are tended to overworked, sleep will fix that part of muscle.

使われすぎている筋肉があれば、眠りはその部分の筋肉を治します。

If there are heavy tendency in the thinking, sleep will disperse it as dreams.

もし考え方に重い傾向があれば、眠りはそれを夢として散らします。

I read things like that in TV People by Haruki Murakami

こういうことを村上春樹のTVピープルで読みました。

 

If the scientist program massive amount of data in the robot’s Artificial Intelligence, the robot won’t wake.

プロセスできないほどの量のデータを人工知能にプログラムされたロボットは目覚めない。

The scientist programmed 6 billion minds in the robots. There are too many varieties.

科学者は60億人分のデータをロボットにプログラムした。それは多すぎるバラエティーだ。

To wake the robot, the scientist needs to give it “tendencies”. Strong emotional tendency.

ロボットを覚醒させるために、科学者はロボットに「傾向」を与える必要がある。強い感情の傾向を。

Strong emotion simplifies the world, and tendency sorts out information.

強い感情は世界を単純化し、傾向は情報を取捨選択する。

That was what needed to wake the robot up from sleeping in eternal varieties.

それが永遠に続く選択肢の眠りの中からロボットを覚醒するのに必要なものでした。

TENDENCIES.

傾向。

I read this last night in Japanese comic book series called Pluto, remake of Atom Boy by Osamu Tezuka.

昨日の夜私はこれを、手塚治虫の鉄腕アトムのリメイクの、プルートゥという日本のマンガで読みました。

In our sleep, tendencies are balanced out, cured, enhanced, added, and we wake.

私たちの眠りの中で、傾向はバランスを整えられ、治癒され、拡大され、加えられ、そして私達は目覚める。

The photo is a painting I finished lately. I tried to describe a boy falling into unconscious state.

写真は私が最近完成させた絵で、男の子が無意識に落ちていくのを絵で表現しようとしたものです。