Archive for January, 2012

January 28, 2012

A Canvas/ Part 4

This is a dream sequence.
これは夢のシーケンスです。

Dreams are good.
夢はいいもんです。

This dream contains national parks’ beautiful views, my friends’ music, Occupy Wall Street and Terence McKenna and such.
この夢は国立公園の美しい景観や、私の友達の音楽、ウォルストリート占拠運動や
テレンス・マッケナなどを含んでいます。

Advertisements
January 24, 2012

A Canvas/ Part 3

Part 3 features my friends’ band called Primitive Noyes.
The band consists of a naturally curly haired man, Jordan Hammond, a pizza man that migrated to the South West from Philadelphia, Glendon Romett, and a girl with fairy like face features and beautiful voice, Shannon St.John.

フィルムのパート3では私の友達、天然パーマ男ジョーダン・ハモンド、フィラデルフィアから南西にやって来たピザ男のグレンドン・ロメット、妖精のような顔立ちと美声を持つシャノン・セントジョンのバンド、プリミティブ・ノイズをフューチャーしました。

Primitive Noyes is a very special band for me.

プリミティブ・ノイズは私にとってとても特別なバンドです。

Right around the time I was moving from North County to San Diego due to transferring school I met Jordan and Glen at a house show that my friend Jesse threw. And ever since I moved to San Diego, I started to see them almost everyday.

私が大学の編入の為にノース・カウンティーからサンディエゴに引っ越すのと
ほぼ同じタイミングでプリミティブ・ノイズのジョーダンとグレンと
友達のジェシーが開いたハウス・ショーで出会い、サンディエゴに引っ越して以来
毎日のように彼らと会うようになりました。

Meeting them simultaneously and inevitably meant meeting music, many fabulous local musicians, and the San Diego music scene. Through meeting them I got a lot of inspiration.

彼らとの出会いは同時に音楽との出会いであり、たくさんの素敵なローカル・ミュージシャン達との出会いでもあり、サンディエゴのミュージック・シーンとの出会いであり
私はその出会いによってたくさんのインスピレーションを得ました。

Even though I didn’t paint or draw for really long time, closely watching them putting so much time and energy into making good music
became a trigger for me to start making art again.

長い間描いていなかった絵を描き始めたのも、一生懸命音楽を紡ぎ出す
彼らをいつも身近で見ていたのがきっかけでした。

I feel very grateful that I met Primitive Noyes
because they changed the course of my life more than a little
and enriched my sensibility.

私の人生の軌道を少なからず変え、感性を豊かにしてくれた彼らとの出会いに
私はとても感謝しています。

I hope you enjoy a little bit of their world through this film.
You can download Primitive Noyes 1st album for free here.
http://www.primitivenoyes.com/

このフィルムを通して彼らの世界の少しを楽しんでくれると嬉しいです。
彼らのサイトでファーストアルバムを無料でダウンロードできます。

This live performance was at Tin Can Ale House on November 3, 2011.
*Shannon didn’t play this show.

ライブは2011年の11月3日、ティン・キャン・アレ・ハウスで撮影しました。
※シャノンは体調不良の為このライブでは演奏していません

January 18, 2012

A Canvas/ Part 2

This is the part 2 of the film.
これはフィルムのパート2です。

A trivial story associated with this film
このフィルムにまつわるトリビア

This film was my final project for a media studies class that I had at SDSU.
And the professor of that class and I were not very good friends because we were both pretty honest with each other.
このフィルムは私がSDSUで取ったメディア学のクラスのファイナル・プロジェクトでした。
このクラスの教授と私とは決して良い友達だったとは言えません。
それは私たちがお互いに正直であったからです。

Through varieties of communication tools including face-to-face, he told me my writing seriously sucks. And I politely and softly told him the class sucks.
直接の会話も含めて、様々なコミュニケーション・ツールを通して、彼は私のライティングのスキルが最低だと言い、私は丁寧に、柔らかく、このクラスが最悪だと伝えました。

He had this YouTube contest in the class. Several groups made up in the class post YouTube videos and the group who got the most views get 20 points. And I thought it was kind of stupid. I didn’t know which video won, but it probably was a video of cats or dogs.
彼は最も多くのYouTubeヒットを獲得したビデオを作ったグループが
20ポイントを獲得するというコンテストをクラスで催しました。
それを私は少なからず下らないと思いました。私はどのビデオがもっとも多い
ヒットを獲得したのか知りませんが、それはおそらく猫か犬のビデオだったのでしょう。

At least to me, that professor didn’t seem like he believed in students that much.
I’ve seen some of the students in the class who did a presentation about Jersey Shore to explain Italian culture, so I understand teaching is a tough job. But it would be a wonderful thing if teachers believe students’ power to be creative.
少なくとも私には、その教授が生徒達をあまり信じていたとは思えませんでした。
私はクラスの何人かの生徒がイタリアの文化を説明するのに「ジャージー・ショアー」の
プレゼンテーションをやったのをみたことがあるので、教えるというのは簡単な
仕事ではないというのはよくわかります。だけど、教授達が生徒達にはクリエイティブになる力があると信じてくれるならそれは素晴らしいことだと思います。

January 16, 2012

A Canvas/ Part 1

This is a first 20 minutes of the film project called “A Canvas” that I did with my talented friends.

これは私が才能ある友達と一緒に作った「キャンバス」というフィルムの最初の20分です。

The film is rather experimental. The contents include varieties of elements such as fiction, documentary and stop motion animation.

このフィルムはどちらかというと実験的で、内容はフィクション、ドキュメンタリー、ストップモーション・アニメーションなど、様々な要素を含んでいます。

In the fiction part, the story revolves around a canvas that I steal from a homeless lady in the beginning of the film. And the documentary part features 3 San Diego bands that are friends of mine, Scruffles, Primitive Noyes and Bruisecaster.

フィクションの部分のストーリーは、私がフィルムの最初にホームレスの女性から盗むキャンバスを中心に展開します。ドキュメンタリーの部分はサンディエゴ出身の友達のバンド、スクラッフルズ、プリミティブ・ノイズ、ブルーズキャスターをフューチャーしています。

I honestly can’t say the film is very well done, but this is the very first thing I made a film that is almost 2 hours long. I definitely spent a lot of time shooting and editing and put effort to make it enjoyable.

正直言ってフィルムはとてもよくできているとは言えませんが、今回が2時間の長さのものを作るのは私にとって初めてでした。私はもちろんたくさんの時間を撮影や編集につぎ込みましたし、フィルムが楽しめるものになるように努力もしました。

So I hope you enjoy this.
I will post other parts of the film later.

なのであなたがこのフィルムを楽しんでくれると願っています。
フィルムの続きはまた後でポストします。

January 13, 2012

Visual Poem/ Oh Man Poem

This is the second visual poem I made.
The first one is called “Sound of Rain”
Compared to the first one, this one is more fun and humorous.

これは私が作った2つ目の視覚的な詩です。
最初のは「雨の音」という題です。
最初の詩と比べて、これはもっと楽しくユーモラスな詩です。

Hope you enjoy this.

楽しんでくれると嬉しいです。

January 12, 2012

Che Cafe Fest 1/8/2012

Lineup

Health
XBXRX
Innerds
Witt
Upsilon Acrux
Realization Orchestra
Kenseth & Brandon
Dead Animal Mod
DJ Mnstrapsy

After attending this fest, all the dictators cried
このフェスの後、全ての独裁者が涙し

Capitalism showed itself out of a pile of zine
若者達によって書かれ発行された刊行物の中から資本主義が姿を表し

Cats and Dogs shook hands
猫と犬が握手し

A high-paid actress smashed a window of TV station
女優がテレビ局の窓を叩き割った

And Baby Glendon became unable to talk for 3 days.
そしてベイビー・グレンドンは3日間口が利けなくなった

P.S. “The drummer pushed me dude!” Fernando Astorga

January 8, 2012

Jamuel Saxon hangs out with Haruki Murakami ジャミュエル・サクソン、村上春樹と遊ぶ

Keith Milgaten and Jayson Ehm from Jamuel Saxon are San Diego’s musicians that I have genuine admiration for.
I feel very lucky that I could contribute a little bit in their
creative process by making an album cover for their album Pre-Madonnna that is going to be released from Single Screen Records on January 17th. The album release party is on Jan 19th at Casbah.
Thanks!

ジャミュエル・サクソンのキースとジェイソンは私が心から賞賛する
サンディエゴのミュージシャンです。今月17日にシングル・スクリーン・レコードからリリースされるプレ・マドンナのアルバムカバー作成という形で、少しだけ彼らのクリエイティブ・プロセスに関わる事ができてとても幸運に思っています。今月の19日にカスバでアルバム・リリース・パーティーがあります。
ありがとう!
——————————————————————-

One night, When I and Keith and Jayson and Haruki Murakami were drinking whisky together, Haruki said, “Act of making something from absolute zero nothing takes lots of whisky and beer, and imagination and energy that are so intense and enormous that could distort and deform your head.”

ある夜、私とキースとジェイソンと村上春樹がウィスキーを飲んでいると
春樹が「ゼロからものを作り出すという作業は、たくさんのウィスキーやビール、
そして、頭がねじれて変形してしまうくらい強烈な想像力と膨大なエネルギーを要する」と言った。

Haruki is a guy who was usually quiet. Because Haruki suddenly came out with dense sentences, Jayson looked at him skeptically, Keith stopped his thoughts about his new remix, and I forgot 3 nights worth of dreams and 2 mathematical equations in a split second.

普段あまり喋らない春樹が突然密度の濃いセンテンスを口走ったので、ジェイソンは
懐疑的な目つきで春樹を見つめ、キースは新しいリミックスに関しての思考を一端中断し
私は3日分の夢と2つの数式を一瞬にして忘れた。

The sound o Haruki eating pistachio echoed in the room as if it’s some sort of foretaste.
When Jayson drunk beer, the sound of liquid running through his throat made surprisingly loud sound.
The sober world of Keith is about to reach 3 month of its existence, and only the birds who cry at night know what it’s like.
I observe bizzarre dynamic of three guys and drink straight whisky.

春樹がピスタチオを食べる音が、なにかの予兆のように部屋に響いた。
ジェイソンがビールを飲むと、液体が喉を流れて行く音が驚く程大きく聞こえた。
3ヶ月に及ぼうとしているキースのシラフ世界がどのような世界なのかは、夜に鳴く鳥
だけが知っている。私はそんな3人の奇妙なダイナミックを見つめ、ウィスキー
をストレートで飲む。

Haruki said, “There are kinds of things you can realize only in the superior music. In some cases, it is so powerful that it changes people’s lives when the raw sound seeps through not only ears but also skins to shake organs then to reach brain.”

「世の中には優れた音楽の中でしか気づけないタイプのものがある。生の音が耳だけでなく皮膚を通過して内臓に力強く響き、それが脳に届くとき、場合によってはそれは人の人生を変えてしまうくらいの力がある」と春樹が言った。

When Keith and Jayson started playing music from laptop and keyboard and drums set up in the room, Haruki started dancing as if it was some sort of predestination he couldn’t change anything about it.

部屋にセットしてあるラップトップを使ってキースが音楽をやりだすと
春樹は、これはある種の宿命で、自分でもどうしようもないんだ、という感じで
踊り出した。

When I woke up in the morning, Haruki was gone. And there was a memo that wrote,”I like brave people who are able to create something. Intelligent Dance Music. And All God’s Children Can Dance.”

次の日の朝目覚めると、春樹はいなくなっていて「僕は何かを作り出すことができる勇敢な人々が好きだ。インテリジェント・ダンス・ミュージック。そして、神の子どもたちはみな踊る」と書いた紙が置いてあった。

※This is a fiction
※この話はフィクションです

Bandcamp
http://jamuelsaxon.bandcamp.com/

Article on Reader
http://www.sandiegoreader.com/weblogs/jam-session/2011/dec/12/jamuel-saxon-new-year-new-video-new-album/

January 5, 2012

ゆく年くる年 \Year In and Year Out

私は年末年始が好きだ。古くなった年の最後の日々が傾き始め、新しい年に倒れ込もうとしている頃、私は心の底からほっとする。もちろん、年が変わるからといって、自分がより良い人間になったり、世界が抱えている問題が帳消しにするわけではない。全ては容赦なく継続していても、 節目や印があるというのはなんだかありがたい。

I like the end and the beginning of the year. I feel very relieved when the last days of the aged year starts to tilt and fall into the new fresh year. Of course I do not become a better person and the world’s problems do not disappear when the year changes. Even though everything continues unmercifully, I am still very grateful for milestones and sings that mark the beginning and the end.

今年も1年頑張ったね〜、いろいろ失敗もしたけど、年も変わるしもういいじゃん、みたいないつもよりも和やかかつおおらかな雰囲気の中で、たくさんの友人や家族に会えるのもとても楽しい。

It is really fun to see many friends and family I don’t see all the time in more genial and laid-back mood than usual. We all hustled a year, we failed a bit here and there, but it’s all good because the year is going to change. Let’s move on.

家族と言えば、お父さん、お母さん、大学を卒業させてくれてありがとう。SDSUっていう大学は、最後まであまり好きになれなかったけど、自分なりに授業だって熱心に聞いたし、スイミングプールとジャクジーには熱心に通いました。ただ、大学っていう場所は、人をより深みのある人間に成長させたり、未来を形作っていける賢い人々を生み出す場所、というよりは、就職前の単なる通過点になっているような気がした。

Speaking of family, I have to say thank you to my parents. Thanks for supporting me to graduate college. I couldn’t like SDSU till the end, but I always listened to lectures enthusiastically and went to swimming pool and jacuzzi a lot. But I couldn’t help feeling that the college is not the place to make people grow up or make wise people who can shape the future. It is just a passing point that students go through before they start working.

昔、大きなお屋敷の前に何台も高給スポーツカーが並んでいる絵のポスターを見たことがある。そして、ポスターの下の部分に「高度教育の正統化」と書いてあった。SDSUっていう大学では、まさに、重要なのは知識ではなく、将来の安定した収入なのだ、というような意識が蔓延しているような気がした。教授達も生徒は学ぶためにそこにいるのではなく、仕方なく義務的にそこに座っているのだ、と諦めている感じがしなくもなかった。学部によって雰囲気も違うんだろうけど、そういう意識がある分、生徒と教授の間にも壁があるような気がした。クラスの規模や講義時間も関係あるんだろうけど、あまり良い突っ込んだディスカッションがクラス内で起きたのを私はあまり思い出せない。もちろん素晴らしい教授や、勉強熱心な学生友達とも会う事もできたけれど。

Before, I have seen a poster that has a mansion with several sports cars parked in front of it. And below that image it writes “Justification of Higher Education.” I felt that this was the very idea going around at SDSU. The idea that it isn’t the knowledge it is important, it is the future stable income or wealth that’s important. I even felt professors are giving up that students are sitting in front of them because it is their obligation. I am sure that different department has different atmosphere, but I feel like that general underlining idea, students are not really there to learn, created a wall between students and professors. Size and length of the classes put some limitations to the quality of the classes, but I cannot remember good discussions in depth happen in any class. Of course I met some wonderful professors and enthusiastic students there too though.

もしくは私が単に大学向きの人間ではないのかもしれない。自分は「いい成績を取る為に」勉強をするのだ、と考えるだけで、私の試験へ向けての意欲はすごく萎える。教授が「このクラスでAを取りたいのなら…」と繰り返し言うのを聞くのにもうんざりしている。私はもらえるアルファベットがなんであろうと別にかまわないのだ。問題は体の中に何が残るかだ。

Or I am not just a person who doesn’t fit in the college environment. My passion for studying wilts dramatically when I think the reason why I study is grades. I am fed up with listening to professors repeatedly say, “If you want to get A in this class…” I really don’t care about which alphabet letter I get. What matters is what remains inside me.

なにはともあれ、ゆく年来る年で、2012年も始まって最初の4日が経ちました。去年の教訓を生かした年になるように頑張ろうと思います。少し暗い、もしくは無神経な言い方かもしれないけど、人間誰もがいつかは死ぬんだから、他の誰かが言うことや、社会一般の流れに飲まれず、自分が価値を置くものの発展にしっかり貢献していける人間になりたいと私は思う。

Anyway, year in and year out, the first 4 days of 2012 have passed. I will work hard to make use of the lessons I learned last year to make this year productive. This might be a bit dark and inconsiderate way to put it, but I want to be a person who can contribute to what I value without getting carried away by what others say and the direction of general public because we all gonna die one day.

2012年、恐れや不安があなたや私を飲み込みませんように。

2012, I hope fear and worry do not swallow you and me.