Archive for November, 2011

November 22, 2011

Accidental Visual Poetry 偶然の視覚的な詩

I filmed around my house when it was raining to made a video about a rainy day.
雨の日に自分の家の周辺をフィルムして、雨の日についてのビデオを作りました。

The video was beautiful but also boring.
それはとても綺麗でしたが退屈でもありました。

So I layered random old videos I shot on top of it.
なので私は昔とったランダムなビデオをビデオの上に重ねました。

It was fun but also didn’t make sense.
それは愉快でしたが意味がわからなくもありました。

So I wrote some words that go along with the video and edited them in the video.
なので私は編集したビデオに合う言葉を書き、ビデオに加えました。

And it ended up being like a visual poetry.
そんなわけで、ビデオは視覚的な詩になりました。

translation of the words in the video
ビデオの中の言葉

雨の音

私は雨の日に空を見つめ、その音を聞く。一粒一粒の雨粒について考える。
そうしていると、毛並みの良い馬達が私の心の中にやってくる。
馬達がやってくるのを合図に空に花火が上がる。
立体的な空の一点で花火は炸裂し色を散りばめくらげの火の粉を残してゆく。
地上では美しい馬達が駆けている。
放たれたくらげはぼんやりと濡れた空気の中を舞い、私の耳元にやってきて言葉をささやく。
人々は数を数えることや賭け事に忙しく、オレンジのクラゲに気づかない。
オレンジのくらげは言う、世界はとても柔らかい場所なのだと。
白い鳥がやってきて、ジャングルの話を聞かせてくれる。
雨が降る時、それは全ての物ものに対して平等に降るのだと。
空と海、そして雨、全ての物は繋がり、私たちはその繋がりの中に含まれている。
私が歩くと馬達も歩みを進める。
100歳まで生きる白い賢い鳥は、体を膨らませ、羽根を逆立たせてひとふるいした後
1、2、3歩で私の意識の中から出て行った。
外を見ると、雨は全てのものを濡らしながら、地面の深いところへとしみ込んでいった。
雨の日の空は幻想的な色に染まり、その色が無くなる時、夜が全てのものに訪れる。

Advertisements
November 4, 2011

Halloween Monster March

What did you do this Halloween?
このハロウィーンは何をしましたか?

Occupy San Diego protesters used this Halloween to learn and spread scary facts about this nation of corpocracy.
サンディエゴ占拠のプロテスター達はこのハロウィーンを利用して、この企業主義の国の怖い事実を学び
広めました。

アメリカはこのまま発展途上国の奴隷同然の労働者によって支えられ、税金すら払わない企業の発展と侵略によって
人々の文化は衰退し続け、資本主義にのっとって利益を生まないものには価値を見いだせない人間を生み出し続け
国民の声を反映しない政府は何兆円もの国費を使って海外で石油の為に人殺しをし
教育への予算のカットが続く為大学へ行くことはますます難しくなり、知識と貧富の差もさらに広がり
環境へ多大なダメージを与えなければ維持不可能な物質や食物の大量生産を続け
致命的なダメージを認識しながら
カルト的な熱心さで自由市場と資本主義を神のように崇め続けるのでしょうか?

I don’t even wanna translate this part.
It’s way scary.

November 2, 2011

Occupy San Diego, Interviews on the street サンディエゴ占拠、路上インタビュー

I started interviewing Occupy Wall Street movement’s protesters.
On October 28th, I interviewed 6 protesters at Occupy San Diego.

私はウォルストリート占拠運動のプロテスター達のインタビューを始めました。
10月28日、サンディエゴ占拠にて、6人のプロテスター達のインタビューをしました。

I strongly feel it is necessary to get people’s raw voice out, unedited by mainstream media who maintains its financial health by selling advertising space for corporations.

企業に宣伝スペースを売ることによって経済的に健康な運営が可能になっているメインストリームメディアによって
編集されていない、人々の生の声を伝えることが必要だと私は強く感じます。

Protesters are smart enough not to believe everything the government and corporations say and recognize their agenda that is hidden behind the scene.
They are smart enough to know any “ism” is not absolutely perfect.
They recognize the need for fundamental change in the system.
They are very brave people.

プロテスター達は政府や企業の言うことを鵜呑みにせず、どのようなアジェンダが舞台裏にあるのかを認識している
スマートな人々です。
彼らはどんな「主義」も完璧ではないと知っている人々です。
彼らは今のシステムには根源的な変化が必要だと認識している人々です。
彼らはとても勇敢な人々です。

I respect the protesters who are exercising Freedom of Speech peacefully and non-violently.
I will keep supporting the movement.

私は非暴力主義にのっとって平和的に言論の自由を行使しているプロテスター達を尊敬しています。
私はこの運動をサポートし続けます。