知らない人々とすれ違うこと。Walking pass by strangers

旅先で目にするのは、そこに染み付いている日常性だ。
Stained day-to-dayness is what I see in the travel destinations.

旅行に出発する前には、旅行先に着いた瞬間何かが劇的に変わってサウンドトラックが
流れてきそうな気がするけれど、実際そこにあるのは日常的な音だ。
Before the departure, I feel like something changes drastically and soundtrack starts to play when I arrive there, but what’s there is the day-to-day sound.

日常性とはいくら拭いても洗っても焼いても取れない染みのようなもので、それは世界中の
どんな場所にもちゃんと存在し、人々はそれぞれの日常性の中で生きている。
Day-to-dayness is like a stain cannot be wiped, washed or burnt away.
It exists anywhere in the world, and each day-to-dayness has people living in it.

そして私が見たニューヨークの日常性の1つは、人の多さである。
コンクリートの都市の密度は濃く、絶えず何かが動き回り、クラクションの音がし、ゴミの匂いが
少し混ざった生温い空気がそこに座っている。だけど、そのどれよりも印象深いのが、とにかく人が多いこと。
And one of the day-to-dayness I saw in NYC is overwhelming numbers of people there.
The concrete city is dense, something constantly moves around, klaxons sounds, and lukewarm air with some smell of garbage sits there. But the strongest impression I got was the number of people in the city.

街が選り好みせずに人々を惹き付け、そして世界中から様々な理由で街に引きつけられた人々が
街を創っていく。「何が起きてもおかしくない」という街のカオス的な雰囲気は、街に惹き付けられる
ランダムな人々と、人々を惹き付け続ける街の共同産物だ。
The city attracts people without daintily, and people attracted from all over the world creates the city. Anything-can-happen-like chaotic atmosphere is co-created by random people attracted by the city and the city attracts those people.

私は今日1日歩き回っている間、天文学的な数の人々とすれ違った。
その数は私がサンディエゴで1日にすれ違う人々の数よりも明らかに多い。
夏と冬が違うのと同じくらい明らかに。ある種のものはものすごく明らかだ。
I passed by astronomic numbers of people when I was walking around all day.
That number is obviously greater than the number of people I pass by in San Diego.
It is as obvious as the difference between summer and winter. Certain kind of things are very obvious.

そして私は今日すれ違った人々のことを全く知らない。
そして彼らは私のことを全く知らない。
And I don’t know any of those people I pass by.
And they don’t know me at all.

ここでの誰かを知ることというのは、俗に言う有名であるかどうかではなく
本当の意味で誰かを知っているか、誰かに知られていないかということ。
I don’t mean “knowing” in terms of fame here.
What I mean is if I truly know someone or someone truly knows me.

他の人間を知ること、他の人間に知られないこと。
それは多分人間が社会的な動物だから、人々に、私にとても大きな
インパクトを与える。
Knowing other people, not being known by other people impacts people
and me tremendously probably because humans are social animal.

私の場合、天文学的な数の知らない人々とすれ違うとき
自分の存在が少し揺さぶられる。自分がどんな人間であるはずなのか
少しわからなくなる。
Walking pass by astronomic numbers of people shakes my existence a little bit.
I slightly lose a sense of what kind of person I am or I think I am.

サンディエゴで親友と話しているとき、私は自分がどんな人間なのか
わりとはっきりとしたイメージを持つことができる。
When I talk with my close friends in San Diego, I can have a pretty clear
image about what kind of person i am.

だけど、知らない土地で知らない人々と話し
すれ違うとき、彼らはある種の可能性を見せてくれるだけで
私がどんな人間なのかは教えてくれない。
But when I talk and pass by strangers in the place I don’t know
they don’t tell me what kind of person I am, they only show me possibilities.

それは鏡を覗き込んでも自分の姿がよく見えないのと少し似ている。
It is similar to not being able to see myself well in the mirror.

彼らは私が誰なのか知らない。
そして私は彼らを知らない。
They don’t know me.
And I don’t know them.

外的な要因に影響されにくいタイプの人々も世の中にはかなりいるけれど
私はけっこう周りの人や環境に合わせるタイプだから、旅の間に、方向感覚を失って
道に迷ったり、数えきれない知らない人々とすれ違うことは、自分の存在を調整したり
色濃くしたり、考え直したりすることである。
Some people are resistant to exogenous factors, but I tend to modify a bit
of myself to people around and the environment. So losing a sense of direction , walking pass by countless people are to adjust my existence, strengthen my color and rethink.

そして新しい日常性に馴染みながら、私はまた自分を形成していく。
And I build up myself as I warm up in the new day-to-dayness.

Advertisements

One Comment to “知らない人々とすれ違うこと。Walking pass by strangers”

  1. Peke is impressed with your comprehesion of both languages

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: