プラスチックのプチプチ The Bubble Wrap

金曜日の朝起きると、頭の中がプラスチックのプチプチでいっぱいになっていた。壊れやすいものを郵送するときに使用されるあのプラスチックのプチプチだ。大人も子供もねじってパチパチ音をだして喜ぶあれだ。頭の中がプラスチックのプチプチでいっぱいになってしまうと、その日一日の大半をプラスチックのプチプチをパチパチ潰す作業に費やすことになる。

When I woke up on Friday morning, the bubble wrap was filling up inside my head. Yes, that plastic bubble wrap used when people mail something fragile. Yes, that bubble wrap everyone, kids and adults, enjoy twisting and popping. I end up spending all day when the bubble wrap fills up my head.

やれやれまたこの日が来たか、と思いながら私は柔らかい泥の中から起き上がるみたいにベッドから起き上がる。そしてAlbert Hammond.Jr. の音楽をかけ、服を着替える。Albert Hammond. Jr.は今何をしているんだろう?私は時々会ったこともない人達の生活について想像する。彼の人生も、私の人生と同じように、頭の中にいっぱいに詰まったプラスチックのプチプチを潰すのに丸一日を費やさないといけないような日々をかかえているはずだ。そういう日が彼の人生を訪れるとき、Albert Hammond. Jr. はどう対処するんだろう? ”I’m not gonna change till I want to,” Albert Hammond. Jr. は歌った。

Good grief, this day again, I tiresomely think and get up from my bed like getting up from soft mud. I play Albert Hammond Jr.’s music and change my clothes. What is Albert Hammond Jr. doing right now? Sometimes I imagine lives of people I have never met. Like my life, his life has to contain days he has to spend all day long popping bubble wrap filled inside his head. How does he deal with it when that kind of day arrives to his life? “I’m not gonna change till I want to,” Albert Hammond Jr. sang.

“I’m not gonna change till I want to.” 「変わりたくなるまで僕は変わらない」

気持ちはわかるけど、ある種の変化は必然だ。そして自発的に見える変化も、外的な要因にけっこうちゃんと影響されている。

I understand that feeling, but certain kinds of changes are inevitable. And external factors are often causing the seemingly spontaneous changes.

だけどもし自分に選択する自由があるなら、いつ、どこで、なぜ、どんな人達と、どんな風に自分は変わっていくだろうか。

But if I had freedom to make choices, when, where, why and who would I going to change with?

ある種の変化は、連鎖反応的に劇的な変化をもたらすことがある。社会的に言えば、原油の発見、教育の発展、ダイヤモンドの発見、外国による侵略、蒸気機関車の発明、原子爆弾の投下、観光事業の発展、高度資本主義の発達、メディアの発達。そしてそこには常にメリット、デメリットがある。

Certain kind of change brings chain-reaction like dramatic change. Socially speaking, discovery of crude oil, development of education, excavation of diamonds, invasion by foreign country, invention of steam engine, drop of atomic bomb, development of tourism industry, development of advanced capitalism, development of media. And there always merit and demerit.

パーソナルなレベルで言ったら、誰か1人の人間に対して接し方や内面的な構えを変えることは、他の全ての人達に対するそれを変えることになるかもしれない。特定の思想や宗教を選ぶなら、一緒に時間を過ごす人々や、支援するものしないものも、食べるもの食べないものも変わるかもしれない。全ての人に対してやさしくなろうとするなら、特定の人に対して(そういう人達は身近にいる場合が多い)意地悪く振る舞うことはできなくなる。もしそこに一貫性のような統一されたロジックを求めるなら。

In personal level, changing an internal attitude toward just one person, or how to treat just that one person might lead to the change of your attitude toward all the other people. People you spend your time with, things you support or not support, what eat and what you don’t eat might change when you choose particular thoughts, philosophy or religion. If you try to be nice to everyone equally, you cannot be mean to particular person (and they are often close to you.) If you seek an integrated logic, consistency.

私の個人的な小さな人生は、現実的な変化の時期にゆっくりと、だけど確実に近づいている。今年の冬に私は大学を卒業する。そして私は大学生活という時間割やら必須科目やら五段落のエッセイみたいな枠組みの中から一端逃れて、完全にフリーな状態になる。そのときに自分が取るべき方向性、いるべき場所、一緒にいて影響し合うべき人々について考える。そしてそれによってもたらされる結果や可能性について考える。

My very small personal life is approaching the time of realistic change slowly but steadily. I’m going to graduate from a University this winter. And I will be free from the frames of college life like class schedules, required courses, 5 paragraph essays, and I temporally will be in a completely free state. I think of the actions I should take when I’m there, direction I should take, the places I should be and people I should spend time with and influence each other.
And I think about the results and possibilities being brought by my decisions.

今の自分が知ってて、昔の自分が知らなかったことは、世界は限りなく自由な場所で、そこで何をするかも完全に自由だということ。限りないっていう宇宙的な形容詞を使うのが正しいのかはイマイチわからないけれど。だけど、それは私が何かを選ぼうとするときに頭をよぎる。

What I know now, which is what I didn’t know before, is that the world is the place without limit, and I also have complete freedom about what I do there. I’m not sure if the word “without limit”, such a cosmic-like description, is the right way to describe it. But it crosses my mind when I try to choose something.

だけど、そういった限りない可能性について知らず知らずの内に考えていると、何かが煮詰まってしまう。なんか立派で野心的な感じの心理状態から、ただの考え過ぎになっているわけである。そして目の前にあるものに上手く集中できなくなり、透明で暗いガラスケースの中に座っているような気持ちになり、目の前で起こっていることが上手く捉えられなくなり、声を出すと他人の声のように聞こえ、頑張って喋ろうとするとやたら噛んだりする。

But before I realize, my brain boils down to nothing when I think about that kind of unlimited possibilities. Seemingly fine and ambitious state of mind turns into a mere over-thinking. I end up not being able to focus on what’s in front of me, feeling like I’m sitting in a transparent and dark glass case, being unable to recognize what is happening right in front of me, and my own voice sounds strange and I stutter badly if I try to speak.

そして、そんなこんなを小さな頭の中で繰り返し繰り返し繰り広げた後の金曜日の朝、目覚めると頭の中にプラスチックのプチプチがいっぱい詰まっている、みたいな事態になってしまう。そして私は、外はとてもいい天気なのに一日中頭の中のプラスチックのプチプチを潰しながら過ごす羽目になる。

And when I wake up Friday morning, after I repeat such things over and over and over again in my little head, I find myself in the situation like the plastic bubble wrap densely filling up my head. And I end up spending all day popping the plastic bubble wrap in a very nice sunny day.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: