もっさり白髪おじさん Mr. Aplenty-Gray-Hair

私は週に2、3回、大学のプールに泳ぎにいく。現代人はある意味、文明的に呪われているから、少しは意識して運動しないと(時にはそれなりに運動していても)いつの間にか体がぽちゃつくし、単純に泳ぐのが好きでもあるからだ。そして泳ぎ終わった後、ジャグジーに浸かりながら本を読む。だから30分くらいはジャグジーに浸かっている。そんなわけで、今日もひと泳ぎした後ジャグジーで本を読んでいた。イタリア人の天気予報士の激しいジェスチャーと天気の変化に見事なまでに影響されるイタリア人天気予報士の激しい感情の起伏についての記述を読みながら、1人心の中でケラケラ笑っていた。

I go to a swimming pool at my university a couple times a week. Since modern humans are cursed by civilization in some ways, my body get chubby before I realize it if I don’t consciously exercise (sometimes even if I do exercise), and I simply like swimming. After swim, I read a book in the Jacuzzi. So I’m in the jacuzzi for about half an hour. So I was reading a book in the jacuzzi after I had a swim today. I was incessantly cackling inside when I was reading a description about Italian weatherman’s exquisite gestures and his emotions heavily affected by weather in a wonderful degree.

すると、50歳代の、もっさりとした白髪で、立派なお腹を有したアメリカ人のおじさんに「いやー今日はプールの水がいつもより冷たかったね」と話しかけられる。どことなく楽観的で満足そうな顔をしていて、サングラスの奥の片目は、どういった理由かはわからないけど開かないようで、常に閉じている。そしてプールの水温の話から、大学の話になり、日本の話になる。知らない人と話すことは、アメリカだとけっこう日常茶飯事です。アメリカで生活したことのある人はわかると思うんだけど、初対面の人と話をすると、ほぼ必然的と言っていいくらい日本の話をする羽目になる。それは多分アメリカだと私は未だに外国人だからだと思う。大抵のアメリカ人達は、アメリカで何をしているのか、アメリカは好きか、卒業後にアメリカに残りたいのか、日本へ戻るのかとかそのあたりについて質問をしてくる。

Then, an American man in his 50’s with aplenty gray hair and respectable belly talked to me, “Hi there, water was cold today.” His facial expression somehow optimistic and satisfied, one eye behind his sunglasses is always closed for the reasons I don’t know. And the topic shifts from the water temperature to the university to Japan. Chatting with strangers is pretty daily happening in America. Though you probably know if you have lived in the U.S., I almost inevitably end up talking about Japan when I talk with new people I meet. Probably it is because I am still a foreigner in the U.S. Almost always, they ask if I like America, what I am doing in America, if I want to stay in America after graduation or go back to Japan.

そしてこのもっさり白髪のおじさんとも、まずは社交辞令的にそういう話をした。そしてアメリカに残るか否かについて話していたとき、「働くのもいいけど、もしアメリカに残りたいなら、結婚しちゃうのもありだと思うよ」ともっさり白髪おじさんは言った。アメリカ人と日本人の結婚に対するイメージや意識やリアリティーにどのくらい差があるのかはわからないけど、アメリカは離婚率が50%を超える国だから、やっぱり同じとは言い切れないと思う。「知り合いのブラジル人の女の子で、君みたいな状況だった女の子はどうやら結婚してアメリカに落ち着いたみたいだよ」と、もっさり白髪おじさんは私に教えてくれた。一時的にアメリカにいる外国人は、基本的に後々はアメリカに残りたいと考えている、と想定するのもアメリカ人の傾向だと私は感じる。私は「まぁそれもありですね」と適当に返事をし、そう言えばかわいいベトナム人の知り合いの女の子が数年前にアメリカ人と結婚したな、と思い出した。

And I talked over that same old topics diplomatically with Mr. Aplenty-Gray-Hair as well. And when we were talking about if I wanted to stay in the U.S., Mr. Aplenty-Gray-Hiar said, “If you want to stay, working is fine but getting married is a pretty good option too.” I don’t know what the actual difference of image, consciousness and the reality about marriage between Americans and Japanese, but it probably safe to say that it is not the same since the device rate in America is over 50%. “A Brazilian girl I know, she was in a similar situation as you were, got married to a American guy and settled down,” Mr. Aplenty-Gray-Hiar told me. I feel it is another tendency of Americans to think that foreigners temporally staying in the U.S. basically want to be American citizens. “Well that’s not impossible,” I lightly responded and recalled a cute Vietnamese girl I knew got married to an American guy a few years ago.

もっさり白髪おじさんは、15年前くらいに日本に行ったことがあるらしく、ネタは尽きなかったので、私たちは日本とアメリカの話を続けた。日本とアメリカのデーティングの違い、セックスに対する意識の違い、国民性の違いみたいな話だ。その中でも一際デーティングの際のコミュニケーションの微妙なニュアンスや、フィジカル的、性的な行為の順序の違いなんかについて話した。もっさり白髪おじさんは、日本で女性を口説くのに苦労したのか、デーティングの文化的な違いについてけっこう熱心に質問をしてきた。15年前、彼は日本人という集団の中に外国人として、1人の人間として混じってみて、日本人の中に民族的に内在する固有の文化の癖や国民性を肌で感じ、少なからず戸惑ったのだと思う。そして時々、あの時感じたあの歯がゆい違和感のようなものは一体何だったんだろう?と疑問に感じながら人生を送ってきたのかもしれない。

We kept talking about the differences between Japan and America because the topics kept coming up especially after Mr. Aplenty-Gray-Hair told me he visited Japan 15 years ago. Topics like the difference in dating, the difference in attitude about sex and the difference in national characters. Among those topics, we talked especially about small nuance in communication at dating, different steps people tend to take in physical and sexual interaction. Assuming that Mr. Aplenty-GrayHair had a hard time hitting on Japanese ladies in Japan, he enthusiastically asked questions about cultural differences of dating. 15 years ago, when he jumped in and got mixed into a collective group of Japanese people as a foreigner, as a person, he probably felt that there were internal existence of ethnically distinct culture and nationality shared inside people. He felt it on his own skin and puzzled more than a little. And perhaps, he might have spent his life sometimes wondering what was that irritate feeling of strangeness he felt.

こういうアメリカ人の素直なところはすごくかわいいと思う。それに年隔てなく誰とでもわりとまっすぐな会話ができるのもすごく楽。アメリカ人は日本人と比べて物事をかなりはっきり言うし、性的な描写とかも激しかったりする。それが普通なのだ。そしてこの初対面のもっさり白髪おじさんとも、セックスの話だとか、少し個人的な恋愛観のようなものについてまで話したりしていることに、はっと気づいたりする。私は源来シャイで根暗ではなかったのか?よくよく考えてみれば、こういう話は日本の両親とさえまともに話したことがないのだ。そして最近の私は、もうここまできたらなんでもいいじゃないかと、終末的にオープンになってきている。西と東の2つの両極端な文化に揉まれていると、私はそんな感じになってきてしまう。シャイで根暗だった時代を考えると、我ながらなかなか図太く立派になったものだと思う。

I think this kind of straightforwardness of Americans is very cute. And it is a nice easy feeling that I can talk with anyone pretty straight without being too conscious and careful about age differences. Americans spell things out very clearly compared to Japanese, and often do pretty sexually explicit description. It is normal here. And in the middle of conversation with this Mr. Aplenty-Gray-Hair who I just met, I was kind of surprised that we were talking about sex and some personal views about relationships. If I think about it twice, these topics are the ones I have never even really discussed with my parents. And recently, I am becoming apocalyptically open. I’ve come this far, whatever, everything is just great. I cannot help being like that when I am constantly caught up in the 2 extremely distinct cultures from East and West. If I thought of how I used to be shy and gloomy, I had to admit myself I became pretty tough and esteemed.

しばらく異文化デーティングの話をしていて、(もっさり白髪おじさんはのぼせないように既にジャグジーから出てコンクリートの上に座っている)もっさり白髪おじさんは、「今好きな男の子はいるのかな?」と私に聞く。私は「いる」と答える。「好きな男の子がいるなら気持ちを伝えなさい」と彼は言う。そういったアドバイスから、何となくもっさり白髪おじさんの世界観のようなものが伝わってくる。結婚指輪はしていない。「君はとても奇麗な女の子なんだから、好きな男の子がいるなら素直に恋をしなさい」みたいなことをもっさり白髪おじさんは私に言う。この辺も日本とアメリカの違いだ。日本だったら、「彼氏が欲しいなら、あと5キロくらい痩せたほうがいいかもね」的な、冷静かつ固定観念的、さらにひどい場合では統計的かつ攻撃的なリアリズム調な言葉を浴びせられそうなところだけど、そういうことはアメリカではほぼない。不思議な話っちゃ不思議な話だ。

After we talked about cross-cultural dating for a while (Mr. Aplenty-Gray-Hair was getting too hot and already out of jacuzzi, sitting on the concrete), Mr. Aplenty-Gray-Hair asked me, “do you like someone in your mind right now?” I say, “Yes.” “If you like someone, you should tell him,” he says. Such advice somehow gives me some ideas about Mr. Aplenty-Gray-Hair’s world-view. He is not wearing a wedding ring. Mr. Aplenty-Gray-Hair says something like, “you are a really beautiful girl, you should genuinely date someone” to me. This is a difference between Japan and America too. If I this was happening in Japan, I am likely to hear something like, “if you want a boy friend, you should loose about 10 pounds,” kind of thing, something coolly fixed-concept, if worse, something statistically aggressive realism comment. But it almost never happens in the U.S. It is kind of a myth if I try to think about it.

初対面の人達と話すのはけっこうおもしろい。シャイと根暗を大分克服したせいもあって、昔よりも人の話を聞くのが上手くなった気もする。したいとさえ思えば、ジャグジーみたいな一時的な場所で、けっこうゆったりと、運が良ければ本音で赤の他人とでも話すことができる。私は大学のジャグジーで、インド人の学生や、ヒッピー風のアート専攻の学生や、年下の若干精神的に不安定な人生を送っているミュージシャンの男の子や、今回のもっさり白髪おじさんみたいな人達といろんな話をした。もう彼らとは会わないかもしれないけど、こういうのって悪くない。もしかしたら、もう2度と会うことはないかもしれないからこそいいのかもしれない。

It is pretty fun to talk with strangers. Thanks to not being shy and gloomy like before, I feel like I am better at listening as well. Only if I wish to do so, I can converse pretty relaxingly, genuinely if lucky, with strangers in a temporary place like a jacuzzi. I have talked about many things with an Indian student, a Hippie-like art-major student, a young musician spending a little bit mentally unstable life and this Mr. Aplenty-Gray-Hair in the jacuzzi. I might never see them again, but this isn’t bad. Maybe it is good because we might never see each other again.

個人的な好みを言えば、特に年配の人達やアーティスト系の人達と話すのが私は好きだ。同年代の普通のアメリカの大学生達は、どことなくせかせかしている感じがする。多分彼らは典型的学生的に忙しいのだ。違ったタイプの忙しさの中で呼吸している年配の人達やアーティスト達の言葉にはいやらしさや浅はかさがなく、微妙な言葉の響き方や、目を見れば本心や好奇心から話しているのがわかる。それに、もちろん例外はあるけれど、年配の人達ってのはやっぱり落ち着いているし、押し付けがましさがない。彼らは経験済みなのである、私のやったことのない何かを、私の感じたことのない長い時間の流れを。

If I tell me personal preference, I especially like talking with elderly people and artist types. Typical American students in my age somehow seem driven and busy. Maybe they are very busy in a typical student way. There is no fakeness or shallowness in words of elderly and artists who breathe in a different kind of busyness, and I can tell they are speaking genuinely and curiously when I hear how their voice sounds and by the look of their eyes. Though there always are exceptions, elderly people are calm and have no oppressive pushy attitude. They had already experienced, something I haven’t done, a flow of a long time I haven’t felt.

「好きな男の子がいるなら気持ちを伝えなさい」年配の人からこういう言葉を聞くと、人生は太陽の良くあたる平らな原っぱみたいに、平和でシンプルなものに感じられる。実際的なあらゆる面での曖昧さというのは一時的にどこかに行ってしまう。ラブ アンド ピース。みたいな感じで。

“If you like someone, you should tell him.” When I hear something like this from an older person, the life seems like a very peaceful and simple thing, like a wide plain field in the sun. All kinds of practical ambiguities go away temporally. Love and Peace. Sort of like that.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: