Archive for April, 2011

April 29, 2011

プラスチックのプチプチ The Bubble Wrap

金曜日の朝起きると、頭の中がプラスチックのプチプチでいっぱいになっていた。壊れやすいものを郵送するときに使用されるあのプラスチックのプチプチだ。大人も子供もねじってパチパチ音をだして喜ぶあれだ。頭の中がプラスチックのプチプチでいっぱいになってしまうと、その日一日の大半をプラスチックのプチプチをパチパチ潰す作業に費やすことになる。

When I woke up on Friday morning, the bubble wrap was filling up inside my head. Yes, that plastic bubble wrap used when people mail something fragile. Yes, that bubble wrap everyone, kids and adults, enjoy twisting and popping. I end up spending all day when the bubble wrap fills up my head.

やれやれまたこの日が来たか、と思いながら私は柔らかい泥の中から起き上がるみたいにベッドから起き上がる。そしてAlbert Hammond.Jr. の音楽をかけ、服を着替える。Albert Hammond. Jr.は今何をしているんだろう?私は時々会ったこともない人達の生活について想像する。彼の人生も、私の人生と同じように、頭の中にいっぱいに詰まったプラスチックのプチプチを潰すのに丸一日を費やさないといけないような日々をかかえているはずだ。そういう日が彼の人生を訪れるとき、Albert Hammond. Jr. はどう対処するんだろう? ”I’m not gonna change till I want to,” Albert Hammond. Jr. は歌った。

Good grief, this day again, I tiresomely think and get up from my bed like getting up from soft mud. I play Albert Hammond Jr.’s music and change my clothes. What is Albert Hammond Jr. doing right now? Sometimes I imagine lives of people I have never met. Like my life, his life has to contain days he has to spend all day long popping bubble wrap filled inside his head. How does he deal with it when that kind of day arrives to his life? “I’m not gonna change till I want to,” Albert Hammond Jr. sang.

“I’m not gonna change till I want to.” 「変わりたくなるまで僕は変わらない」

気持ちはわかるけど、ある種の変化は必然だ。そして自発的に見える変化も、外的な要因にけっこうちゃんと影響されている。

I understand that feeling, but certain kinds of changes are inevitable. And external factors are often causing the seemingly spontaneous changes.

だけどもし自分に選択する自由があるなら、いつ、どこで、なぜ、どんな人達と、どんな風に自分は変わっていくだろうか。

But if I had freedom to make choices, when, where, why and who would I going to change with?

ある種の変化は、連鎖反応的に劇的な変化をもたらすことがある。社会的に言えば、原油の発見、教育の発展、ダイヤモンドの発見、外国による侵略、蒸気機関車の発明、原子爆弾の投下、観光事業の発展、高度資本主義の発達、メディアの発達。そしてそこには常にメリット、デメリットがある。

Certain kind of change brings chain-reaction like dramatic change. Socially speaking, discovery of crude oil, development of education, excavation of diamonds, invasion by foreign country, invention of steam engine, drop of atomic bomb, development of tourism industry, development of advanced capitalism, development of media. And there always merit and demerit.

パーソナルなレベルで言ったら、誰か1人の人間に対して接し方や内面的な構えを変えることは、他の全ての人達に対するそれを変えることになるかもしれない。特定の思想や宗教を選ぶなら、一緒に時間を過ごす人々や、支援するものしないものも、食べるもの食べないものも変わるかもしれない。全ての人に対してやさしくなろうとするなら、特定の人に対して(そういう人達は身近にいる場合が多い)意地悪く振る舞うことはできなくなる。もしそこに一貫性のような統一されたロジックを求めるなら。

In personal level, changing an internal attitude toward just one person, or how to treat just that one person might lead to the change of your attitude toward all the other people. People you spend your time with, things you support or not support, what eat and what you don’t eat might change when you choose particular thoughts, philosophy or religion. If you try to be nice to everyone equally, you cannot be mean to particular person (and they are often close to you.) If you seek an integrated logic, consistency.

私の個人的な小さな人生は、現実的な変化の時期にゆっくりと、だけど確実に近づいている。今年の冬に私は大学を卒業する。そして私は大学生活という時間割やら必須科目やら五段落のエッセイみたいな枠組みの中から一端逃れて、完全にフリーな状態になる。そのときに自分が取るべき方向性、いるべき場所、一緒にいて影響し合うべき人々について考える。そしてそれによってもたらされる結果や可能性について考える。

My very small personal life is approaching the time of realistic change slowly but steadily. I’m going to graduate from a University this winter. And I will be free from the frames of college life like class schedules, required courses, 5 paragraph essays, and I temporally will be in a completely free state. I think of the actions I should take when I’m there, direction I should take, the places I should be and people I should spend time with and influence each other.
And I think about the results and possibilities being brought by my decisions.

今の自分が知ってて、昔の自分が知らなかったことは、世界は限りなく自由な場所で、そこで何をするかも完全に自由だということ。限りないっていう宇宙的な形容詞を使うのが正しいのかはイマイチわからないけれど。だけど、それは私が何かを選ぼうとするときに頭をよぎる。

What I know now, which is what I didn’t know before, is that the world is the place without limit, and I also have complete freedom about what I do there. I’m not sure if the word “without limit”, such a cosmic-like description, is the right way to describe it. But it crosses my mind when I try to choose something.

だけど、そういった限りない可能性について知らず知らずの内に考えていると、何かが煮詰まってしまう。なんか立派で野心的な感じの心理状態から、ただの考え過ぎになっているわけである。そして目の前にあるものに上手く集中できなくなり、透明で暗いガラスケースの中に座っているような気持ちになり、目の前で起こっていることが上手く捉えられなくなり、声を出すと他人の声のように聞こえ、頑張って喋ろうとするとやたら噛んだりする。

But before I realize, my brain boils down to nothing when I think about that kind of unlimited possibilities. Seemingly fine and ambitious state of mind turns into a mere over-thinking. I end up not being able to focus on what’s in front of me, feeling like I’m sitting in a transparent and dark glass case, being unable to recognize what is happening right in front of me, and my own voice sounds strange and I stutter badly if I try to speak.

そして、そんなこんなを小さな頭の中で繰り返し繰り返し繰り広げた後の金曜日の朝、目覚めると頭の中にプラスチックのプチプチがいっぱい詰まっている、みたいな事態になってしまう。そして私は、外はとてもいい天気なのに一日中頭の中のプラスチックのプチプチを潰しながら過ごす羽目になる。

And when I wake up Friday morning, after I repeat such things over and over and over again in my little head, I find myself in the situation like the plastic bubble wrap densely filling up my head. And I end up spending all day popping the plastic bubble wrap in a very nice sunny day.

Advertisements
April 20, 2011

もっさり白髪おじさん Mr. Aplenty-Gray-Hair

私は週に2、3回、大学のプールに泳ぎにいく。現代人はある意味、文明的に呪われているから、少しは意識して運動しないと(時にはそれなりに運動していても)いつの間にか体がぽちゃつくし、単純に泳ぐのが好きでもあるからだ。そして泳ぎ終わった後、ジャグジーに浸かりながら本を読む。だから30分くらいはジャグジーに浸かっている。そんなわけで、今日もひと泳ぎした後ジャグジーで本を読んでいた。イタリア人の天気予報士の激しいジェスチャーと天気の変化に見事なまでに影響されるイタリア人天気予報士の激しい感情の起伏についての記述を読みながら、1人心の中でケラケラ笑っていた。

I go to a swimming pool at my university a couple times a week. Since modern humans are cursed by civilization in some ways, my body get chubby before I realize it if I don’t consciously exercise (sometimes even if I do exercise), and I simply like swimming. After swim, I read a book in the Jacuzzi. So I’m in the jacuzzi for about half an hour. So I was reading a book in the jacuzzi after I had a swim today. I was incessantly cackling inside when I was reading a description about Italian weatherman’s exquisite gestures and his emotions heavily affected by weather in a wonderful degree.

すると、50歳代の、もっさりとした白髪で、立派なお腹を有したアメリカ人のおじさんに「いやー今日はプールの水がいつもより冷たかったね」と話しかけられる。どことなく楽観的で満足そうな顔をしていて、サングラスの奥の片目は、どういった理由かはわからないけど開かないようで、常に閉じている。そしてプールの水温の話から、大学の話になり、日本の話になる。知らない人と話すことは、アメリカだとけっこう日常茶飯事です。アメリカで生活したことのある人はわかると思うんだけど、初対面の人と話をすると、ほぼ必然的と言っていいくらい日本の話をする羽目になる。それは多分アメリカだと私は未だに外国人だからだと思う。大抵のアメリカ人達は、アメリカで何をしているのか、アメリカは好きか、卒業後にアメリカに残りたいのか、日本へ戻るのかとかそのあたりについて質問をしてくる。

Then, an American man in his 50’s with aplenty gray hair and respectable belly talked to me, “Hi there, water was cold today.” His facial expression somehow optimistic and satisfied, one eye behind his sunglasses is always closed for the reasons I don’t know. And the topic shifts from the water temperature to the university to Japan. Chatting with strangers is pretty daily happening in America. Though you probably know if you have lived in the U.S., I almost inevitably end up talking about Japan when I talk with new people I meet. Probably it is because I am still a foreigner in the U.S. Almost always, they ask if I like America, what I am doing in America, if I want to stay in America after graduation or go back to Japan.

そしてこのもっさり白髪のおじさんとも、まずは社交辞令的にそういう話をした。そしてアメリカに残るか否かについて話していたとき、「働くのもいいけど、もしアメリカに残りたいなら、結婚しちゃうのもありだと思うよ」ともっさり白髪おじさんは言った。アメリカ人と日本人の結婚に対するイメージや意識やリアリティーにどのくらい差があるのかはわからないけど、アメリカは離婚率が50%を超える国だから、やっぱり同じとは言い切れないと思う。「知り合いのブラジル人の女の子で、君みたいな状況だった女の子はどうやら結婚してアメリカに落ち着いたみたいだよ」と、もっさり白髪おじさんは私に教えてくれた。一時的にアメリカにいる外国人は、基本的に後々はアメリカに残りたいと考えている、と想定するのもアメリカ人の傾向だと私は感じる。私は「まぁそれもありですね」と適当に返事をし、そう言えばかわいいベトナム人の知り合いの女の子が数年前にアメリカ人と結婚したな、と思い出した。

And I talked over that same old topics diplomatically with Mr. Aplenty-Gray-Hair as well. And when we were talking about if I wanted to stay in the U.S., Mr. Aplenty-Gray-Hiar said, “If you want to stay, working is fine but getting married is a pretty good option too.” I don’t know what the actual difference of image, consciousness and the reality about marriage between Americans and Japanese, but it probably safe to say that it is not the same since the device rate in America is over 50%. “A Brazilian girl I know, she was in a similar situation as you were, got married to a American guy and settled down,” Mr. Aplenty-Gray-Hiar told me. I feel it is another tendency of Americans to think that foreigners temporally staying in the U.S. basically want to be American citizens. “Well that’s not impossible,” I lightly responded and recalled a cute Vietnamese girl I knew got married to an American guy a few years ago.

もっさり白髪おじさんは、15年前くらいに日本に行ったことがあるらしく、ネタは尽きなかったので、私たちは日本とアメリカの話を続けた。日本とアメリカのデーティングの違い、セックスに対する意識の違い、国民性の違いみたいな話だ。その中でも一際デーティングの際のコミュニケーションの微妙なニュアンスや、フィジカル的、性的な行為の順序の違いなんかについて話した。もっさり白髪おじさんは、日本で女性を口説くのに苦労したのか、デーティングの文化的な違いについてけっこう熱心に質問をしてきた。15年前、彼は日本人という集団の中に外国人として、1人の人間として混じってみて、日本人の中に民族的に内在する固有の文化の癖や国民性を肌で感じ、少なからず戸惑ったのだと思う。そして時々、あの時感じたあの歯がゆい違和感のようなものは一体何だったんだろう?と疑問に感じながら人生を送ってきたのかもしれない。

We kept talking about the differences between Japan and America because the topics kept coming up especially after Mr. Aplenty-Gray-Hair told me he visited Japan 15 years ago. Topics like the difference in dating, the difference in attitude about sex and the difference in national characters. Among those topics, we talked especially about small nuance in communication at dating, different steps people tend to take in physical and sexual interaction. Assuming that Mr. Aplenty-GrayHair had a hard time hitting on Japanese ladies in Japan, he enthusiastically asked questions about cultural differences of dating. 15 years ago, when he jumped in and got mixed into a collective group of Japanese people as a foreigner, as a person, he probably felt that there were internal existence of ethnically distinct culture and nationality shared inside people. He felt it on his own skin and puzzled more than a little. And perhaps, he might have spent his life sometimes wondering what was that irritate feeling of strangeness he felt.

こういうアメリカ人の素直なところはすごくかわいいと思う。それに年隔てなく誰とでもわりとまっすぐな会話ができるのもすごく楽。アメリカ人は日本人と比べて物事をかなりはっきり言うし、性的な描写とかも激しかったりする。それが普通なのだ。そしてこの初対面のもっさり白髪おじさんとも、セックスの話だとか、少し個人的な恋愛観のようなものについてまで話したりしていることに、はっと気づいたりする。私は源来シャイで根暗ではなかったのか?よくよく考えてみれば、こういう話は日本の両親とさえまともに話したことがないのだ。そして最近の私は、もうここまできたらなんでもいいじゃないかと、終末的にオープンになってきている。西と東の2つの両極端な文化に揉まれていると、私はそんな感じになってきてしまう。シャイで根暗だった時代を考えると、我ながらなかなか図太く立派になったものだと思う。

I think this kind of straightforwardness of Americans is very cute. And it is a nice easy feeling that I can talk with anyone pretty straight without being too conscious and careful about age differences. Americans spell things out very clearly compared to Japanese, and often do pretty sexually explicit description. It is normal here. And in the middle of conversation with this Mr. Aplenty-Gray-Hair who I just met, I was kind of surprised that we were talking about sex and some personal views about relationships. If I think about it twice, these topics are the ones I have never even really discussed with my parents. And recently, I am becoming apocalyptically open. I’ve come this far, whatever, everything is just great. I cannot help being like that when I am constantly caught up in the 2 extremely distinct cultures from East and West. If I thought of how I used to be shy and gloomy, I had to admit myself I became pretty tough and esteemed.

しばらく異文化デーティングの話をしていて、(もっさり白髪おじさんはのぼせないように既にジャグジーから出てコンクリートの上に座っている)もっさり白髪おじさんは、「今好きな男の子はいるのかな?」と私に聞く。私は「いる」と答える。「好きな男の子がいるなら気持ちを伝えなさい」と彼は言う。そういったアドバイスから、何となくもっさり白髪おじさんの世界観のようなものが伝わってくる。結婚指輪はしていない。「君はとても奇麗な女の子なんだから、好きな男の子がいるなら素直に恋をしなさい」みたいなことをもっさり白髪おじさんは私に言う。この辺も日本とアメリカの違いだ。日本だったら、「彼氏が欲しいなら、あと5キロくらい痩せたほうがいいかもね」的な、冷静かつ固定観念的、さらにひどい場合では統計的かつ攻撃的なリアリズム調な言葉を浴びせられそうなところだけど、そういうことはアメリカではほぼない。不思議な話っちゃ不思議な話だ。

After we talked about cross-cultural dating for a while (Mr. Aplenty-Gray-Hair was getting too hot and already out of jacuzzi, sitting on the concrete), Mr. Aplenty-Gray-Hair asked me, “do you like someone in your mind right now?” I say, “Yes.” “If you like someone, you should tell him,” he says. Such advice somehow gives me some ideas about Mr. Aplenty-Gray-Hair’s world-view. He is not wearing a wedding ring. Mr. Aplenty-Gray-Hair says something like, “you are a really beautiful girl, you should genuinely date someone” to me. This is a difference between Japan and America too. If I this was happening in Japan, I am likely to hear something like, “if you want a boy friend, you should loose about 10 pounds,” kind of thing, something coolly fixed-concept, if worse, something statistically aggressive realism comment. But it almost never happens in the U.S. It is kind of a myth if I try to think about it.

初対面の人達と話すのはけっこうおもしろい。シャイと根暗を大分克服したせいもあって、昔よりも人の話を聞くのが上手くなった気もする。したいとさえ思えば、ジャグジーみたいな一時的な場所で、けっこうゆったりと、運が良ければ本音で赤の他人とでも話すことができる。私は大学のジャグジーで、インド人の学生や、ヒッピー風のアート専攻の学生や、年下の若干精神的に不安定な人生を送っているミュージシャンの男の子や、今回のもっさり白髪おじさんみたいな人達といろんな話をした。もう彼らとは会わないかもしれないけど、こういうのって悪くない。もしかしたら、もう2度と会うことはないかもしれないからこそいいのかもしれない。

It is pretty fun to talk with strangers. Thanks to not being shy and gloomy like before, I feel like I am better at listening as well. Only if I wish to do so, I can converse pretty relaxingly, genuinely if lucky, with strangers in a temporary place like a jacuzzi. I have talked about many things with an Indian student, a Hippie-like art-major student, a young musician spending a little bit mentally unstable life and this Mr. Aplenty-Gray-Hair in the jacuzzi. I might never see them again, but this isn’t bad. Maybe it is good because we might never see each other again.

個人的な好みを言えば、特に年配の人達やアーティスト系の人達と話すのが私は好きだ。同年代の普通のアメリカの大学生達は、どことなくせかせかしている感じがする。多分彼らは典型的学生的に忙しいのだ。違ったタイプの忙しさの中で呼吸している年配の人達やアーティスト達の言葉にはいやらしさや浅はかさがなく、微妙な言葉の響き方や、目を見れば本心や好奇心から話しているのがわかる。それに、もちろん例外はあるけれど、年配の人達ってのはやっぱり落ち着いているし、押し付けがましさがない。彼らは経験済みなのである、私のやったことのない何かを、私の感じたことのない長い時間の流れを。

If I tell me personal preference, I especially like talking with elderly people and artist types. Typical American students in my age somehow seem driven and busy. Maybe they are very busy in a typical student way. There is no fakeness or shallowness in words of elderly and artists who breathe in a different kind of busyness, and I can tell they are speaking genuinely and curiously when I hear how their voice sounds and by the look of their eyes. Though there always are exceptions, elderly people are calm and have no oppressive pushy attitude. They had already experienced, something I haven’t done, a flow of a long time I haven’t felt.

「好きな男の子がいるなら気持ちを伝えなさい」年配の人からこういう言葉を聞くと、人生は太陽の良くあたる平らな原っぱみたいに、平和でシンプルなものに感じられる。実際的なあらゆる面での曖昧さというのは一時的にどこかに行ってしまう。ラブ アンド ピース。みたいな感じで。

“If you like someone, you should tell him.” When I hear something like this from an older person, the life seems like a very peaceful and simple thing, like a wide plain field in the sun. All kinds of practical ambiguities go away temporally. Love and Peace. Sort of like that.

April 18, 2011

両親への手紙。歯と目の近況。A letter to my parents. recent update about my teeth and eyes.

最近はもっぱらクリエイティブな人として生きていこうとしています。
子供っぽく聞こえるかもしれないけど、写真を撮ったり、絵を書いたり、文章を
書いたり、音楽を弾いたりしているときに1番幸せで、1番自然だと感じるので、自分の生きる道は多分そっち側なんだとひしひしと感じています。

It might sounds childish, but I feel the happiest and most natural when I take pictures, paint, write sentences and play music. So recently, I desperately feel that’s the side I’m gonna walk on.

最近気づいたことは、みんながみんなそういう風に感じているわけでは
ないということです。

The latest thing I realized was not everyone feels the same way as I do.

官僚になりたい人もいれば、何らかのエリートになりたい人もいれば、有名に
なりたい人もいれば、できるだけめいいっぱいお金を稼ぎたい
ひともいれば、ただただ日々生きることが楽しいひともいれば、最先端にいると
感じることに幸せを感じる人もいれば、人助けが生き甲斐みたいな人も
いれば、社会批判をすることで自分の中の何らかのバランスを保っている人
もいれば、消防士になって火を消したい人もいれば、人々の髪をこぎれいに
切りそろえたい人もいれば、海で漁をしたい人もいれば、クリエイティブに
新しいものを生み出したいひともいます。

Some people want to be government officials, some people want to be some sort of elite, some people want to be famous, some people want to make as much money possible, some people want to just feel happy about living, some people love feeling cutting edge, some people feel alive when they help other people, sow people somehow balance something inside them by criticizing society, some people want to extinguish fire, some people really want to cut people’s hair neatly, some people want to fish in the ocean, some people want to give a birth to new things creatively.

最近、自分の中に潜在するポテンシャルに届く為にはクリエイティブに生活するのが1番いいんじゃないかと感じています。

Lately, I feel it is the best to live creatively to reach my own subconscious potential.

P.S. この間ピザの耳をかじったときに、昔詰めた死んだ銀歯がポロリと取れました。
そして昔作った眼鏡の度が合っていません。コンタクトも買い足す必要があります。
視力がますます弱まっています。

そういうことが立て続けに起こるとき、どういうわけかいろんなものが
生々しく感じられ、自分の体が永遠ではないことを実感し、妙なものに感謝したり
自分の存在というものを客観的に知覚したりします。

P.S. The old dead stuffing in my tooth lately came off when I had a big bite off pizza. I can’t see too well in my old glasses anymore, I need to buy brand new contacts. My eye sight is getting weaker.

When something like that happens in sequence, somehow many things feel very raw, my body feels like something very temporary, appreciate bizarre things and perceive my self-existance objectively.

April 15, 2011

Conversation about nothing at all 2. 意味のない会話2

“Who is worth listening to? People talk too much about nothing sometimes. It wears me down sometimes.”
「誰の話を聞けばいいんだろう?人々はくだらないことについて話すのをやめない。時々それがとても僕を疲れさせるんだ」

“What about listening to people who are about to die? What they say might or might not be wise, but at least they don’t really have nothing lose at that point. That’s one of the times people really show what’s inside them even so cruelly.”
「死にかけてる人達の話なんかどう?彼らの言うことは賢い言葉かもしれないし、そうじゃないかもしれない。だけど少なくとも彼らにはもう特に失うものはないんだ。人間が残酷なくらい内側を見せるのはそういうときだよ」

“Why the best quotes come out when we are drunk? I can never write them down. It is gone, but it is kinda beautiful.”
「なんでいい言葉は私たちが酔っぱらっているときにでてくるんだろう?書き留めることは決してできない。それはある意味ではとても美しいけどね」

“Layers on top of layers… density, compressed time, history…”
「層の上にさらに重なる層…密度、圧縮された時間、歴史…」

“What are you talking about?”
「何のこと?」

“A painting I’m working on right now. I’m trying to make it look like a style of photos I’ve been taking lately. When I take pictures of flowers and trees with fish-eye lense, it looks like a circular colorful maze.”
「今やってる絵画。最近撮ってる写真のスタイルに似せようとしてるんだ。魚眼レンズで花々や木々の写真を撮ると、円形のカラフルな迷路みたいに見えるんだ」

“It makes me wanna dive into it.”
「その中に飛び込みたくなるね」

“Getting outside of the routine, the circle, the repeat, is the escapism. Escapism could be a reality when people dig it really deep. How people perceive the reality makes the reality although it is still under the gravity. I hope people have a wonderful taste in escapism.”
「日常的な日課、サイクル、繰り返しの外側に行くことは現実逃避ではある。人々が現実逃避に真剣になるとき、現実逃避は現実になり得る。それは重力のルールから逃れることはできないけれど、人々が現実をどう知覚するかが現実を形作っていく。人々が趣味のいい現実逃避をしてくれるといいな」

“I don’t like assholes. ”
「嫌な連中は嫌いだ」

“Are you listening to me?”
「私の話聞いてるの?」

“Yes, I’m taking it very personally.”
「聞いてるよ。とても個人的にね」

April 11, 2011

Art History Class アートの歴史のクラス

“This is a very famous painting done by Jordan Hammond. Anyone in the class know when he painted this particular painting?”

「これはジョーダンハモンドによるとても有名な絵画です。誰か彼がどの時期にこの絵画を描いたかわかる人はいますか?」

“Is it ‘fuck it era’?”
「ファックイット時代ですか?」

“No, Dustin, this one is from ‘fuck you era’.”
「いいえ、これはファックユー時代のものです。」

“I heard he painted series of paintings in this style when he lived close to Casbah and got parking ticket every single week.”
「彼はカスバの近くに住んでいて、駐車違反のチケットを毎週切られていた頃にこのスタイルの絵画が書かれたと聞きました。」

“That’s right Dustin. Very good. His apartment also had considerable amount of mold, so he was refusing to pay rent at that time.”
「その通りですダスティン。彼の当時住んでいたアパートには考慮されるべき量のカビが生えていて、彼は家賃を払うことを拒否していた時期でもあります。」

“It’s incredible how art reflects reality so precisely.”
「アートが芸術を正確に反映するのは本当にすごいですね。」

“Can you tell when he painted this particular style?”
「この特定のスタイルがいつのものかわかりますか?」

“Was it ‘fuck it era’?”
「ファックイット時代でしたっけ?」

“That is correct. And everyone was a little bit creeped out by ‘fuck me era’.”
「正解です。そしてファックミー時代の絵画は大衆を多少気持ち悪がらせました。。」