Archive for February, 2011

February 21, 2011

A Meeting ミーティング

I had a meeting this weekend.
この週末にミーティングがあった。

We met at a bar on Saturday night.
我々は土曜の夜にバーで会った。

The topics were rather broard, but somehow intertwined.
トピックはどちらかと言うと広く、だけどどことなく絡み合っていた。

First, we talked about dysfunctional individualism and depressing collectivism.
まず、我々は機能不全の個人主義と抑圧的な集団主義について話した。

Then we talked about the ratio of an certain kind of people throughout history, and if the ratio of the people could be changed by the better connectivity provided today.
それから歴史を通しての、特定のタイプの人間の比率、そしてその人々の比率が今日の供給された接続性によって変わるかどうかについて話した。

While we talked, people were busily moveing around and stumbling at the bar. I saw a black-haired woman who had puked in the booth she was sitting at. And I saw her dozy facial expression.
我々が話をしている間、人々はバーの中を忙しく動き回り、よろめきながら歩いていた。私は座っているブースで嘔吐した黒髪の女性を見た。そして彼女のぼんやりとした顔の表情を見た。

Then we shifted to the topic to how a person could be carried away and change over time. And how subtle that change starts. Then about how one becomes less and less naive as one goes through one’s life. And what that means to be less naive.
それから我々は人間がどう我を忘れ、ゆっくりと時間とともに変わるのかというトピックに移った。そしてその変化がいかに捕らえにくいか。それから人生の経過の中で、人間がどう世間に慣れてゆくか。そして世間に慣れてゆくというのはどういうことなのか。

Despite the matter of fact people were always drunk there, this night was a bizarre night. The way people got drunk was slightly different and somehow bizarre to my eyes.
実際問題、そこにいる人々は常に酔っていたけれど、この夜は奇妙な夜だった。人々の酔い方が微かに違い、どういうわけか私の目には奇妙だった。

And that strangeness could come from outside or inside of us. It is a reflection of inside or outside. But this night, it was because of something inside me. Something was changing inside me. And people were not kind.
そしてその奇妙さは、私たちの外側、もしくは内側から来ている。奇妙さは、内側かもしくは外側の反射なのだ。だけどこの夜の奇妙さは、私の内側の何かの為だった。何かが私の内側で変わっていた。そして人々は親切ではなかった。

Advertisements
February 18, 2011

Weather Channel 天気予報

Hey, do you wanna start a weather channel?
天気予報チャンネルやらない?

It will be the easiest thing because we don’t have to make shows.
Weather is always there.
ショーの中身を作らなくていいから、至極簡単だよ。
天気はいつも存在するからね。

Maybe we’ll do some fun stuffs when we are on TV.
テレビに映ってるときに楽しいことだってできるよ。

Maybe we should drink beer or something when we are reporting really sunny weather.
すごくよく晴れた日にはビールなんか飲むのもいいかもね。

You know? it’ll put people in a good mood. Who cares about scientific explanation of weather? Some Americans don’t believe in science anyway. Especially fat ones.
だろ?見てる人はいい気分になるよ。科学的な天気の説明なんていらないよ。科学をさらさら信じてないアメリカ人だっているんだ。特に太ってるタイプは。

I actually don’t know which demographics don’t believe in science besides Christians, so never mind, whatever whatever.
実際キリスト教徒以外はどのあたりのデモグラフィックが科学を信じてないのかは知らないから、気にすんな。どうでもいいどうでもいい。

Hurricane? Harricane will be a big time. It will be like Superbowl for us. Yeah. We gonna report it. We gonna dive into the river and rescue poor kids and ducks and stuffs. Maybe we can hire our neighbors too.
ハリケーン?ハリケーンなんかきたらすごいよ。スーパーボールみたいなもんだね。
もちろん報道するよ。川に飛び込んでかわいそうな子供やアヒルなんかを救助したりしてさ。近所の連中も雇えるかも。

Are you in? are you in?
仲間に入る?入る?

Tags:
February 11, 2011

Conversations About Nothing 1 意味のない会話 一

“What if three of us try to make money? We are not going to give a shit about anything but money.”
「3人で金儲けしようとしたらどうだろう?他のことは気にとめないでお金のことだけ考えてさ。」

“How are we gonna do that?”
「どうやってやるんだい?」

“What are we gonna sell?”
「何を売るんだい?」

“…We can sell intelligence?”
「僕らの知性を売れる?」

“We certainly look pretty smart.”
「確かに僕らはなかなかスマートに見えるな。」

“Ill just talk very smart and intelligent, and people gonna be like ‘can I just pay you?'”
「僕がとてもスマートに知的に話して、人はみんな『お金払っていいですか?』みたいになるよ。」

“Yes you can.”
「はいできますよ。」

“If we fail and end up being poor, we can start playing soccer on the street.”
「もし僕らが結局貧しくなったら、路地でサッカー始められるな。」

“And play music.”
「楽器弾いたりね。」

“And make art.”
「アート作ったりね。」

“And post high quality blogs.”
「やたら質のいいブログポストしたりね。」

“Or maybe Ill just go to developing countries to do volunteer works to help little kids there while manipulate them, and tell them to get on my website when they are older.”
「もしくは発展途上国に行ってボランティアして子供達を助けつつ、彼らを操作して大人になったら僕のウェブサイトに行くように言うとか。」

“That’s messed up.”
「それはめちゃくちゃだな。」

“I heard a lecture about a history of leisure. Apparently people during the industrialization was stoked about their free time. There were so many more varieties of leisure compare to before the industrialization because people had more money and time.”
「今日レジャーの歴史って講義聞いたんだ。産業革命の頃、人々はフリータイムができてかなり喜んでたらしいよ。みんな産業革命以前と比べてお金と時間があったから、すごくいろんな種類のレジャーがあったんだってさ。」

“Really?”
「ほんとに?」

“Yeah, they had to work only 14 hours a day instead of 16 hours a day.”
「うん、彼らは1日16時間の代わりに14時間だけ働けばよかったらしいよ。」

“That’s shitty.”
「最悪だな。」

“Well, I gotta get going. I’m gonna go see a pop band. have you checked out their song called ‘fuck you?'”
「さて、そろそろ行かないと。このポップ・バンドを見に行くんだ。ファックユー、って曲もう聴いた?」

“Nope. But sounds like they might save the pop music.”
「いいや。けど、彼らはもしかしたらポップ・ミュージックを救うかもしれないね。」