Archive for December, 2010

December 27, 2010

End of the Year 年末

I realize there is a part of me trying to preserve old version of myself so hard for old friends and family.
古い友達や家族の為に、古い自分を必死に保存しようとしている自分がいることに気づいた。

I didn’t want to confuse them and I didn’t want to tell them I was not into what I was into when I spent time with them in the past.
彼らを混乱させたくなかったし、私が過去に彼らと時間を過ごしたときに夢中だったものに、今はもう感心がないとも言いたくなかった。

But I noticed that I should just tell them. I keep changing and experiencing new things so it’s impossible for me to preserve the way I used to be, and it’s too confusing.
けど彼らにそれを言ってしまえばいいと気づいた。私は変わり続けるし、新しいことを経験しつづけるから、古い自分を保存することは不可能で、とてもややこしい。

I speak new languages, eat different foods, hang out with new friends, study different things, work different jobs, dream new dreams, value different things, draw different things, write different things, and travel different places.
私は新しい言語を話し、違う食べ物を食べ、新しい友達と遊び、違った物事を勉強し、違った仕事をし、新しい夢を持ち、違ったものに価値を見出し、違ったものを描き、違う事柄について書き、違う土地を旅する。

So I’m not the same person. I’m the same but I have so many more layers inside my body and a little bit of more depth.
そういうわけで、私は同じ人間ではない。同じだけれど昔よりもずっとたくさんの層が体の中にあり、少し深みがある。

I might end up forgetting your birthday, but I still want to change.
君の誕生日を忘れることになっちゃうかもしれないけど、それでも私は変わりたい。

I love how I feel like I can write everything off at the end of the year.
Let’s write everything off, both good and bad things, and celebrate 🙂
年末の全て帳消しになる感じがすごく好き。いいことも悪いことも、全部帳消しにしてお祝いしましょう:)

Advertisements
December 5, 2010

食に対する意識 Awareness Against Diet

人間には、食べたいものを食べないといけないときというのがある。
There are times when human-beings have to eat what they want to eat.

食事のポイントは、行動するためのエネルギー補給、健康維持などにあり、大抵の場合適当なものを食べて、適当に生きていればいいんだけれど、食べたいものを食べないといけないときというのは、ガソリンの値上げのように、何の前兆もなく訪れる。
The point of diet is in supplying energy to act and maintaining health, so it is completely fine for us to eat whatever and do whatever, but the time we have to eat what we want to eat arrives without any predictor like price increase of gasoline.

それはどちらかと言うと、秋や冬、寒い時期に頻繁に起こる傾向がある。
That tends to happen more often in cold seasons, fall and winter.

だけどその時が来たときに、周りが自分が食べたいものを食べれるようにいろいろ都合をつけてくれるということはほとんどない。
But it is rare that people around us are supportive about making our desperately desired meal happen when that time comes.

自ら戦場へ行く兵士のように決意を固めて、目的の食べ物へと向かわないといけないのである。
We have to firm up our determination like soldiers going to a battlefield and forward to the objective meal.

お金がないとか、食事を共にしたい友達や家族がみんな忙しいとか、店の雰囲気がしっくりこないとか、いろんな障害が我々を惑わせ、目的達成をさまたげようとする。
Many obstacles such as having little money, unavailability of friends and family to share the meal, or restaurants not having a congenial atmosphere confuse us and try to fail our mission.

そんなこんなで妥協して、お腹の中や、舌の上、脳の深いところで騒いでいる動物的な激しい欲求にそぐわない適当なものを食べると、何とも言えない嫌な反応を体がするのである。
All told, if we light-mindedly compromise and carelessly eat something against the violent creatural demand making huge noise in the stomach, on the tongue and deep down in the brain, our bodies react in an indescribably unpleasant way.

その食べたいものを食べないといけないときには、舌は決してその目的の食べ物以外の味や食感や温度を楽しむ余裕を持たない。
In that time we have to eat what we want to eat, the tongue never has any room to enjoy taste, texture and temperature of food other than demanded food.

本能の要求というのは、それくらい真っ直ぐで強力で、ごまかしが効かないのだ。Instinctive demands are that straight and strong, and we can never cover them up.

それでも私たちは暗い気持ちの中、神様仏様の意思にそぐわない食べ物を咀嚼し続け、なんとか冷たい泥沼を渡りきるように気力を振り絞って食事を終える。
Still we keep chewing food against the will of all gods and Buddha and rouse ourselves to finish the meal in a dark mood by making an effort like crossing a cold swamp.

だけど、必死の思いでやっと食事を終えた後には、決まって腐った野菜の緑と茶色の混じった汁でぐちゃぐちゃになったビニール袋を飲み込んでしまったような気持ち悪さに襲われ、体中が後悔の念でいっぱいになり、頭がクラクラしてくる。
But after we finally finish the meal in desperation, we feel sick as if we swallow the messy plastic bag soaking wet with brown and green liquid coming out of rotten vegetables, the feeling of regret fills up the body, and the head starts to spin.

そして嫌々喉を通した食べ物には申し訳ないし、今回が食べたいものを食べないといけない時だったと判断し、適切に行動できなかった自分の不甲斐なさにも腹が立ち始め、欲求通りの食べ物を食べていれば、最高に幸せな食事となりえた機会は、不幸な経験値として自分自身の胃にたまるのである。
We feel sorry for the food we reluctantly put through our throat, feel mad about ourselves unable to judge this time was the time and act accordingly, and the opportunity that possibly could be the happiest meal experience accumulates in the stomach as an unfortunate empirical value in our stomachs.

今回それがイナゴの大群のような勢いでやってきたとき、私には温かい日本食が必要だった。
This time when that came like a cloud of locusts, I needed a warm Japanese meal.

だけど私は、魚がのってるからいいか、という安易な妥協策のもと、カフェのメニューにあったサーモンののっているベーグルを選んでしまった。
But I light-mindedly compromised and chose a bagel with smoked salmons on just because the menu included a fish.

ベーグルはふっくらとした白米のように口の中をやさしく潤さないし、しっかりとした頼りがいのある存在感とともに胃の中に落ちていかない。
Bagel doesn’t nicely moisten inside the mouth like soft white steamed rice and doesn’t go down to the stomach with steady reliable presence.

それに、ベーグルの上のクリームチーズもトマトもオニオンも冷たすぎた。それにサーモンは不自然にしょっぱかった。
Also the cream cheese, tomato and onions on the bagel were all too cold. And salmon was unnaturally salty.

食後、内臓が妙な音を出し始め、目が乾き、近未来が少し暗くなった。
After the meal, my organs started making weird noise, my eyes dried up, and my near future became a little bit dark.

こういった具合に、食事に対する意識次第で、人は数ミリずつ不幸になったり、逆に花が咲いたように広々とした幸せに浸れたりする。
Like this, people become unhappy inch by inch or can enjoy bathing in the spacious festive happy feeling.

だから、食べたいものを食べないといけないときを感知し、それを実行に移す能力というのは、人間にとってけっこう重要な能力なのだ。
So, perceiving the time we have to eat what we want to eat and implement that is a quite important ability for human-beings.