Allergic Reaction アレルギー反応

私はハロウィンの後の11月の火曜日に誰にも邪魔されることなく、自分の部屋で1日中1人もくもくとキャンバスに絵を描いていた。

On the first Tuesday of November after Halloween, I was painting by myself all day in my room without any interruption.

考えるな…考えるな…

Don’t think about it… Don’t think about it…

ハロウィンの夜に皮膚の分厚いテディベアに言われた通り、最初は意識して思考を止めながら、次第に自然に流れやランダムな思いつきに任せてキャンバスの上に色を広げ塗りたくった。

As I was told by a thick-skinned teddy bear on Halloween night, I spread and painted colors on canvas, first by consciously keep myself from thinking, then gradually by naturally going with flow and random ideas.

不思議だけど、考えないと確かにうまくいくように感じた。

It was a wonder though, it surely felt going well when I don’t think about it.

思考は正しく注意深く行われないと、1つの何かに向かって動こうとしている私を、許可証がないとか適当な理由をつけて、無理矢理アジェンダのはっきりしない会議へと放り込んでしまう。

If thinking is not conducted properly and carefully, my thought finds a warrant to prevent me from proceeding to something concrete, and forcibly lock me in a meeting room where an agenda isn’t clear.

その会議室では、様々なエゴを持つ複数に分裂した私自身がイスに座りながらあれこれ心配事を話し合っている。

In the meeting room, multiple numbers of myself with various egos sits around and discuss worries I have.

全てを計画し、計画通りに進め、計画通り完成させることは極めて困難、もしかすると不可能なのかもしれない。

Planning everything, doing everything as planned, completeing something as it is initially planned is extremely difficult, perhaps, impossible.

夜になり、私はリビングのソファの上に1人横になった。

It became night time, and I laid down on the counch in the living room alone.

どういうわけか、体に違和感があり、上手く筋肉を緩めることができず、心臓の音がいつもより大きく生々しく響き、手足がかすかにかすかにしびれていた。

For some reasons, my body had a feeling of strangeness, I couldn’t relax my muscles, my heart beat felt eerily fresh and louder than usual, and arms and legs were slightly numb.

いつの間にか私はソファの上で眠っていた。

I was asleep on the couch before I knew it.

そして目覚めたとき、私は右目のまぶたの上に違和感を感じた。

And there was a feeling of strangeness on my right eyelid.

蚊が耳元を飛ぶ音を聞いた記憶があったので、まぶたを蚊にさされたんだろうと思った。

I remembered hearing a mosquito buzzing around my ear so thought it bit my eyelid.

トイレに行って鏡を見ると、やっぱり右のまぶたが腫れていて、その腫れは私に発見されたのを合図に生きているみたいにどんどん大きくなって、図々しくまつげの上にもたれかかり、右目の視界を半分くらいにした。

When I went to the bathroom and looked at my face on the mirror, my right eyelid was swelling as suspected, and as if being discovered by me was a sign, it started growing bigger like a living matter,brazenlyleaned on the eyelashes without modesty and halved my right sight.

半年くらい前に生魚が原因のアレルギーを同じまぶたの上に経験し、その時は薬を飲んで氷で冷やしたら、礼儀正しく晴れは一晩でどこかへ行ってしまったので、今回もそんな調子で、次の日には普段通り学校に行くのだと思った。

I thought I was going to go to school the next morning as usual because I had experienced an allergic reaction by raw fish on the same eyelid half a year ago, and it politelly went away overnight after I took medicines and iceing.

だけど今回は目の腫れはすぐに引かずにまつげの上に意地悪く執拗に、私の弱みでも握っているかのように堂々と居座った。

But this time, the swelling kingly, meanly and relentlessly stayed on my eyelashes as if it held my weak point.

ルームメイトがくれたピンク色のアレルギーの薬を2粒飲むと、すぐに脳の働きが鈍くなり、それに伴って身体が重くなるのをはっきりと感じた。

Right after I swallowed 2 pink allergy medicine my roommate gave me, I felt my brain hebetated and my body got heavier clearly.

ベッドに横たわると、身体がさらにあからさまに重くなり、手足がしびれ始め、私はそのまま朝まで電気も消さずに洗濯された服の中に埋もれて眠ってしまった。

When I laid down on the bed, my body got heavier in an obvious manner, my arms and legs started numb, and I ended up sleeping without turning off the light, buried under the freshly washed laundry.

すぐに眠ってしまったけれど、薬によって不自然に持ち込まれた眠りは、心地よくはなく、確かではないけれど、蚊の飛ぶ音が聞こえた気がした。

Although I swiftly fell asleep, the sleep brought by drugs wasn’t comfortable, and felt like I heard a mosquito flying.

朝になって起床し鏡を見たとき、目の腫れはとても学校に行けるような状態には見えなかった。

When I looked at the mirror in the morning, the swelling on my right eyelid looked far from the condition I could go to school. 

その時感じたうっとうしさときたら、遊びのつもりだった相手に意外に好かれてしまったようなうっとうしさだったし、起きた時刻が普段遅刻して行くクラスに余裕で間に合う時間だったというのもすごく理不尽に感じた。

The annoying feeling was like when someone I’m not interested in at all liked me despite my prediction, and it felt very unfair the time I woke up was plentily early enough to go to class on time. I’m always late for this class.

だけど仕方なくアレルギーの薬をとなりの酒屋から買い求め、冷凍庫の中に転がっていた南国の得体の知れないゴツゴツした果物で右目を冷やした。

But reluctantly I went to a liqur store next door to buy allergy medicines and iced my right eye with a mysterious lumpy tropical fruit found in the freezer.

死んだ南国の果物から降りてくる手厳しい冗談抜きの冷たさは、まぶたを貫き、目玉を包み込み、ついに脳まで達した。

The iciness coming down from the dead tropical fruit was severe and no joke, and it penetrated my eyelid, wrapped around my eyeball and finally reached my brain.

一体何時間こうしていればいいんだろう?

How many hours would I have to be like this?

南国の果物が右まぶたの上で少しずつ室温で解凍されぐにゃぐにゃになっていくにつれて、やろうと思っていたことは1つずつまぶたの腫れによって黙殺されていった。

My plans were ignored in silence by the swelling as the tropical fruit gradually melted and became mushy on my eye in the room temperature.

予定は狂わされる。

Plans go wrong.

いつもはもっとしっかりした形を持つ時間は、ピンク色のアレルギーの薬にかき乱されながら、ぐちゃぐちゃと、そしてぼんやりと進んだ。

Pink allergy medicines shooke up the time and made the shape of time more ambiguous than usual, and the messy time went forward abstractedly.

私が次に気が付いたときは夕方の4時過ぎだった。

It was 4 in the afternoon the next time I woke up.

私は雑然とした自分の部屋の緑色のベッドシーツの上でまどろんでいた。西日でオレンジ色に染められた部屋の中を、海中の単細胞生物のように意識がさまよっていた。

I was dozing on the green bed sheet in my chaotic room. My consciouss was floating in the west sun orange colored room like a marine single-cell organism.

だけど問題の目の腫れは大分引いていたので、3時間後のインターナショナル・シネマのクラスには行こうと私の意識は天井を歩いているときにぼんやり決定した。

But the swelling in my eye in the subject was getting better, so when my consciouss was walking on the ceiling, it blankly decided to go to the International Cinema class in 3 hours.

ふらつきながら家を出て、本当なら運転するべきではないとういう認識の下エンジンをかけた。

I tottered out of my house and started the engine of my car under the recoginition that I really shouldn’t drive.

車がきちんと真っ直ぐ走っているのを確認するのにいつもより時間がかかり、夜のフリーウェイからの景色がいつもと違う印象を脳に送った。

It took more time than usual to assure the car was driving straight, and brain perceived the view from the freewey at night differently. 

人工の明かりが街や家々や道路の形を闇の中で示していた。

Artificial lights showed the shape of cities, houses and toads in the dark.

全ての情報は私が正しいと、または間違っていると証明するためにある。

All the information exist to prove me right or wrong.

脳はそういう情報の集め方をするんだろうか?

Would brains collect information in such a way?

と、深いようでどうでもいい自問自答をした。

I did a seemingly deep but valueless internal argument.

私は無事シネマの大きなシアター型の教室に辿り着き、500人くらいの生徒と一緒にフランスの白黒映画を観て、新しいアイディアを映画に取り入れようとした昔のフランスの若者たちについて学んだ。

I safely arrived in the big theater style cinema class, watched a black and white French film with about 500 students and learned about young French people in history tried to experiment new ideas in cinema.

「君はたくさんの男と寝るくせに、君の事を本当に気にかけている男とは寝ないタイプの女だ。」とうそつきのフランス男は不満げに愛する女性に言った。

“You are like those women who sleep with many men but not with the one actually cares about you,” an frustrated French liar said to a woman he loves.

全てを見届けてから、私は出席のシートに自分の名前とIDを書き込み、家へ向かっていつもよりハンドル操作に気を使いながら車を走らせた。

After I watched the whole thing, I wrote down my name and student ID on the attendance sheet and drove my car back home with careful handle control.

予定から外れた生活をたった2日間し、外にあまり出なかっただけで、夢と現実が入り交ざり、若干区別がつきにくくなっているのに私は気づいた。

I realized that the reality and dream were getting mixed up, and the line between was slightly less distinguishable after I spent 2 days off the plans and stayed most of the time inside.

自分の白くて四角い部屋に戻ったとき、シネマのクラスは夢の中で起きたと本気で信じようと思えば信じられるような気がした。

When I walked back into my white square room, I thought I could believe that the cinema classed happened in my dream if I tried really hard to believe so.

だけどそんなことはともかく、私は眠らなければならないので、眠ることにした。

At end of day, regardless my thought and everything, I decided to go to sleep because I had to.

そしてその水曜の夜も、サンタナによって引き起こされる秋の熱帯夜をなんとかやりきった。

And on that Wednesday night, I somehow slept through a fall sweltering night caused by Santana.

木曜は、覚悟を決めて、こうなったら身体を休めることに専念しようと昼までベッドの上でイモムシのように本物の夢の中で過ごした。浅い心地よい眠りの中で、自転車に関する情報が処理されていた。

On Thursday, I finally decided to focus on resting up and determindedly spent time in the real dream till noon like a worm. In the shallow comfortable dream, the information related to bicycles were processed.  

これ以上寝ても仕方ないと断定したところで起床し、ルーティーンのように右目の腫れをチェックしてから、本や教科書を広げ、英語のクラスのIdiocracyに関するエッセイを書き始めた。

When I couldn’t sleep anymore, I woke up, checked the swlling in the right eye like a routine, opened books and text books and started writing an essay about Idiocracy.

Idiocracyは正確な社会風刺であるというスタンスを私の脳は迷わず、素早く少し勝ち誇ったような調子でとった。

My brain quickly and slightly victoriously took a side that Idiocracy was an accurate satire without hesitation.

木曜日にはまぶたの腫れは引力にでも影響されているかのように腫れたり引いたりしていた。

On this day, the swelling on the eyelid kept gettin bigger and smaller as if it was effected by gravitational pull.

お腹が空いたのでキッチンに行くと、サンタナ産まれのオレンジ色の体積のある熱がゆっくりとカーテンを揺らしていた。

Orange heat with volume made by a seasonal climate phenomenon slowly wobbled curtains when I went to the kitchen to get some food.

私は冷蔵庫から冷えた果物を出して食べ、コーヒーを作り、意識して水を飲んだ。

I ate cold fruits from the fridge, made a cup of coffee and consciously drunk water.

私は部屋に戻りIdiocracyのエッセイに集中し、4時間ほどで仕上げ、インターネットがダウンしていたので、インターネットなしでできることを集中して行った。その集中はとても落ち着いた集中だった。

I got back in my room, focused on the Idiocracy essay, finished in about 4 hours, and concentrated on things I could do without internet because internet was down. That concentration was really calm feeling.

部屋と自分が比例してだらしなく汚らしく感じてくるのを別にすれば、3日間通して家にいるのも、案外悪くないという気持ちになった。そこには1日中家にいるなりの規則が生まれ始めているようだった。いつもなるべく外に出て行動的であろうとする自分が遠い昔の自分のように感じさえもした。

I felt like I and my room started proportionally getting messy though, thought it wasn’t that bad to stay inside the house 3 days in a raw. There seemed like a new routine being born for staying in. I could even perceive myself trying to be active and outgoing as me from a long time ago.

その日の夜になると右まぶたの腫れは、他の人が見たら気づかないくらい控えめに小さくなっていた。

That night, the swelling on the right eyelid modestly became small, so small that other people probably couldn’t tell. 

右まぶたは左まぶたと比べて微かに濃いピンク色をしていて、数グラムの違和感が昔クギで打たれたしるしのように、まぶたの右下の方に残っていた。

Right eyelid was slightly more pink compared to the left, and light weighted strange feeling remained lower right of my eyelid as if that part was nailed in the past.

明日は予定通りいくだろうか?と私は11月のサンタナ産の熱帯夜の中で考えた。

Would tomorrow go as planned? I wondered in the November sweltering night.

実際問題、いつまでもこうしているわけにはいかないのだ。

As a practical matter, I cannot keep going like this for ever and a day.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: