Empire of Illusion by Chris Hedges 勘違い帝国

Buddha: ……

ブッダ:……

Hachi: what are you reading?

はち:何読んでるの?

Buddha: A really depressing book by this guy Chris Hedges.

ブッダ:クリス・ヘッジズって人の書いた気の滅入る本。

Hachi: What is it about?

はち:何についてなの?

Buddha: It basically says people are manupulated by media and corporations so can’t see the reality. And we don’t really have democracy anymore because unregulated free market capitalism allowed corporate state to grow stronger than democratic state itself. And corporate state is fundamentally corrupted because it is all about money, not intrinsic humane values.

ブッダ:簡単に言うと、一般人はメディアや企業に操られてるから、リアリティーが見えてない、ってような類の話。アメリカは民主主義国家のようだけど、規制のないフリーマーケット資本主義のせいで、法人企業の力が民主主義国家自体よりも強いから、もはや民主主義ではないんだよね。で、法人国家は基本的に人間の本質的な価値じゃなくてお金に価値を見出すから根本的に腐敗してるんだね。

Hachi: So that the book helps you wrapping your head around the harsh depressing reality huh?

はち:この本は厳しい現実を把握するのになかなかよさそうだね?

Buddha: The capitalistic society commodify almost literary everything including ourselves and losing the sacred dimension of nature and human being.

ブッダ:資本主義の社会は文字通りほぼ全てのものを商品化するから、自然や人間の神聖なディメンションを失ってしまうんだね。

Hachi: Now you sound like how Buddha is supposed to. Good for you.

はち:ブッダらしく聴こえるよ。よかったね。

Buddha: I need a beer.

ブッダ:ビールが必要だね。

Hachi: IPA?

はち:IPA?

Buddha: I usually don’t drink to get over depression. But this book is harsh.

ブッダ:普段はメンタル回復するのに酒は飲まないけど、この本はきついね。

Hachi: You better enjoy that beer though because some kids in India are sober.

はち:インドにはシラフの子供がたくさんいるから、ビールは楽しく飲まないとね。

Buddha: The book had 5 chapters so I need at least 5 beer.

ブッダ:本は5章だったから、ビールも少なくとも5本必要だね。

Hachi: The chapter one is called …Illusion of Literacy?

はち:第一章は識字率のイルージョン?

Buddha:  Yea, third of Americans are apparentlly illiterate or barely literate.

ブッダ:3割のアメリカ人は字がやっと読めるか全く読めないかみたいだよ。

Hachi: “The cult of self dominates our cultural landscape. This cult has within it tha classic traits of psychopaths: superficial charm, grandiosity and self-importance; a need for constant stimulation; a pechant for lying; deception and manipulation, and the inability to feel remorse or guilt. This is, of course, the ethic promoted by corporations… We have a right, in the cult of the self, to get whatever we desire. We can do anything, even belittle and destroy others around us, including our friends, to make money, to be happy, and to become famous. Once fame and wealth are archieved, they become their own justification.”

はち:「自我のカルトが文化の景観を支配している。このカルトはクラシックなサイコパスの特徴を持っている、表面的な魅力、尊大さ、絶え間ない刺激への要求、嘘をつく才能、ごまかしと操作、自責の念を感じる能力の欠落。そしてもちろんこれらは法人企業によって推奨されている道徳である。自我の文化では、私達は望むものはなんでも手に入れる権利がある。私達はお金の為なら、裕福になるためなら、有名になるためならなんでもできる、たとえそれが友達を含む私達の周りの人々を軽視することでも。そして名声や富が手に入れられるとき、私達がやったことは結果論として正当化される。」

Buddha: pretty severe right?

ブッダ:なかなか厳しいでしょ?

Hachi: And chapter 2 is Illusion of Love.

はち:で、第二章は愛のイルージョン。

Buddha: that’s about porn and Vegas and stuffs.

ブッダ:それはポルノとかベガスの話。

Hachi: That’s awsome.

はち:いいね。

Buddha: It’s fucked up. kinda hot though.

ブッダ:なかなかアツイけど、めちゃくちゃだね。

Hachi: But we are kinda all about getting laid though.

はち:けど、私達はある意味みんなやるために生きてるようなもんだけどね。

Buddha: Well, that chapter is basically about how porn makes love look like it’s all about hot sex so it makes relationships hard. Do you have Jameson?

ブッダ:まぁ、その章はポルノが親密な意味のある愛と売り物のエンターテイメント用のセックスと混同させるから、ポルノに影響される人たちにとって異性と親密な関係を築くのを難しくさせるって話。ジェームソンある?

Hachi: No I finished the bottle last night. Is drinking OK in buddhism?

はち:昨日の夜飲んじゃったからない。仏教って飲酒OKなの?

Buddha: Well, heavy drinking is kinda like training. You know how some people stare at the sun and stuff. If it’s internaly destructive, it kinda works in a similar way.

ブッダ:泥酔するのはある意味修行みたいなもんだから。太陽を見つめ続ける人とかいるじゃん。内面的に破壊的なことなら似たような風に働くんだよ。

Hachi: “Las Vegas strips away the thin moral pretension and hypocrisy of consumer society to reveal its essence. The commodification of human beings, the heart of the consumer society, is garishly celebrated in Las Vegas.” …I see.

はち:「ラスベガスは消費者社会の薄いニセのモラルと偽善を引き剥がして、その実体を顕にする。人を商品化すること、消費者社会の心臓部、はけばけばしくラスベガスで祝われている。」……なるほどね。

Buddha: right? let’s not talk about it though.

ブッダ:でしょ?けどその話はやめようか。

Hachi: Let’s get high.

はっち:ハイになろうか。

Buddha: I don’t have weed.

ブッダ:葉っぱ持ってないよ。

Hachi: I found  a new way the other day. Let’s just drink some more and get on the roof. And we see the view upside down. It’s pretty fun.

はち:この前新しい方法を見つけたんだ。もうちょい飲んだら屋根に上ろう。で、景色を逆さまに眺めるの。けっこう楽しいよ。

Buddha: Sounds good.

ブッダ:いいね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: