Peter Pan In Modern Age

When Wendy arrived at her friend’s party, she followed the sound overflowing from the house and looked inside through the window.

友達の家のパーティーに到着し、ウェンディーは
小さな家から溢れてくる音につられて窓を覗き込んだ。

Peter was facing away from the audience and playing an electric guitar.

ピーターはオーディエンスに背を向けながら
エレキ・ギターを弾いていた。

Wendy and Peter’s eyes met through the window, and they looked at each other’s wondered face for 5 seconds.

ウェンディーとピーターの目が窓越しに合い
不思議な顔をしながら、5秒間2人は見つめあった。

That was how Wendy and Peter met.
それが2人の出会い。

After midnight, Wendy, Peter and people at the party walked to the ocean. They jumped into the ocean and rolled around in their underwears.

真夜中過ぎにウェンディーとピーターとパーティーにいた人々は
海へ歩いていき、下着になって海に飛び込み転げまわった。

A story of about one year ago.

約1年前の話。

Then Wendy followed the type of sound that were not sold everywhere and moved to Golden Hill, the town where Peter and his friends lived. 

それからウェンディーは、その辺に売ってないタイプの音につられて
ゴールデンヒルに引っ越した。ピーターと彼の友達が住んでいる街。

Intriguing things happened often when she spent time with Peter.

ピーターと一緒時間を過ごしていると、不思議なことがいろいろ起きた。

People who she met through Peter were all kind, fun and blithe, and Wendy felt that they all shared the same belief somewhere deep inside.

ピーターを通して会う人は、みんなやさしく楽しく陽気で
そして何か同じ信念を深いところでシェアしているのがわかった。

Wendy became able to detect majority like, artificial, unnatural, cold and mean values that she forced herself to bury inside her. And she was able to replace it with something absolutely valuable like soft compassion, science and happiness.
ウェンディーは今まで無理矢理自分の中に埋め込んでいた
多数派的で人工的で不自然で冷たく意地の悪い価値観を
探知できるようになり
それをやわらかい慈悲や科学や幸せみたいな、絶対的に
価値のあるものと置き換えることができるようになった。

“People are the same everywhere in the world,” Peter said.
「世界のどこに行っても人はみんな同じなんだよ。」

ピーターは言った。

Peter spelled out the things one by one Wendy didn’t know how to word them out although she was always wondering. He cleary and solidly made the words visible and lined them up on the table with his ordinary face. 

ピーターは、ウェンディーが心の中で疑問に思っていたけれど
言葉にする方法を知らなかったことを、次々に
はっきりとしっかりとした目に見える言葉にして、なんでもない顔
をしてテーブルの上に並べた。

Wendy started throwing away unnessesary things. And more material things she threw away, more words and wisdom accumulated inside her body. 

ウェンディーは、余計なものを捨て始め
物を捨てた分だけ体の中に言葉と知恵が積もっていった。

It was verified that she was fine without lots of things she had after she started keeping her mind to take only what she needed from the world.  She stopped going to shoppoing malls and rarely ate meat.

世界から必要なものだけを取るように心がけていると
たいていのものはなくても平気だと実証されていった。
モールに行かなくなり、肉をあまり食べなくなった。

Sometimes Wendy had absolutely no idea what Peter was thinking. She wished she could swallow what it was with beer as she poured IPA into her body, but it just didn’t happen. Peter looked like he was thinking about foreign places.

ウェンディーはピーターが何を考えているのか全くわからないときがあった。
IPAを体の中に流し込んで、それが何なのかビールと一緒に
飲み込めればいいと思ったけれど、そいうわけにもいかなかった。
ピーターは外国のことを考えているように見えた。

The world looked like a simple diagram when Wendy breathed the different air, shaped her 5 senses as much as possible and perceive everything as metaphor with Peter and his friends.

ピーターと彼の友達と、違った空気を吸いながら
五感をなるべく研ぎ澄まして、いろんなものをメタファーとして
とらえると、世界はシンプルな図式のように見える。

But she doesn’t know yet. She will never know. Because there is no need to know. Wendy takes 1 step back, 2 steps back, 3 steps back and jumps into the time right in front of her with momentum.

だけどまだわからない。ずっとわからない。わかる必要性はないから。
ウェンディーは、一歩下がって、二歩下がって、三歩下がって
勢いをつけて目の前にある時間の中に飛び込む。

like Peter.

ピーターのように。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: